Agile Cat — in the cloud

Qualcomm はスマホ・チップ市場を、完全に制覇してしまうのか?

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Post-PC, Qualcomm by Agile Cat on February 27, 2014

The first smartphone powered end-to-end by Qualcomm will debut this year
http://wp.me/pwo1E-7gk

By Kevin Fitchard – Feb 6, 2014
http://gigaom.com/2014/02/06/the-first-smartphone-powered-end-to-end-by-qualcomm-will-debut-this-year/

_ Giga Om

Summary: Qualcomm is on a mission to dominate the guts of our smartphones, and this year it will get one step closer as the first smartphone debuts using Qualcomm components from the antenna to the processor.

Summary: Qualcomm のミッションは、私たちのスマートフォンの核心を支配することにある。 そして、アンテナからプロセッサに至るまで Qualcomm のコンポーネントを用いた、初のスマートフォン・デビューへと、今年は一歩近づくようだ。

ーーーーー

Qualcomm dominates the smartphone silicon space so thoroughly that its hard to imagine there’s a component in a phone’s communication system that it doesn’t design. It leads the market in both the processors that run our phone apps and the baseband chips that interpret wireless signals. But if Qualcomm has it its way it will one day be supplying every communication component in the phone, from the base of the antenna to the multimedia engine.

スマートフォン・シリコン・スペースを、Qualcomm は完全に支配しており、そのコンポーネントを用いてデザインされない、スマートフォンの通信システムが存在すると、想像するのは困難なほどである。それらは、スマートフォンのアプリを駆動するプロセッサと、ワイヤレス信号を解釈するベースバンド・チップの双方で、このマーケットをリードしている。しかし、もし Qualcomm がその気になるなら、アンテナのベースからマルチメディアのエンジンに至るまでの、フォン内の全通信コンポーネントを、1日で供給できるだろう。

Until recently Qualcomm was a non-factor when it came to the myriad of radio frequency (RF) components that reside between the baseband and the antenna. That part of the phone has always been the playground of specialty companies like RF Micro Devices, Avago Technologies and Skyworks.

最近まで、Qualcomm の領域ではなかったが、ベースバンドとアンテナとの間に存在する、広範囲におよぶ無線周波数(RF)コンポーネントに、同社は参入してきている。 このスマートフォンにおける領域は、RF Micro DevicesAvago TechnologiesSkyworks といった特定の企業が、常に活躍する場として存在していたのだ。

Last February, though, Qualcomm signaled its intentions of treading deep into their turf with a new product called the RF360. Qualcomm’s claim was it could build a better set of RF technologies in the phone, one that consumes less power, takes up less space and, most importantly, supports the rapidly proliferating number of LTE bands used throughout the world.

しかし、昨年の 2月に Qualcomm は、RF360 と呼ばれる新しいプロダクトにより、その芝生を深々と削り取っていくという意図を示した。Qualcomm の主張は、それにより RF テクノロジーの、より優れたセットで、スマートフォンを構築できるというものであった。まず、消費電力が少なくなり、より少ないスペースに収まるという話であるが、最も重要なのは、世界中で使用され、急速に増殖している、各 LTE の帯域をサポートできるという論旨である。

Qualcomm’s quest toward phone domination has been slow going so far. The RF360 is actually a collection of four different components, each with a specialized task, and so far Qualcomm has only landed design wins for two of them. The Google Nexus 5 and the Samsung Galaxy Note 3 both use RF360’s envelope tracker, which cuts down on the power a phone needs to connect to a tower. Nokia is using Qualcomm’s antenna tuner in the new Lumia 1520.

Qualcomm における、スマートフォンのマーケットを支配しようとする歩みは、遅いながらも、これまで続いている。この RF360 は、4種類のコンポーネントのコレクションであり、それぞれが、それぞれのタスクを受け持っている。 これまでの Qualcomm は、その内の 2つの領域でしか、勝利を納めていなかったのだ。そして、Google の Nexus 5  と、Samsung の Galaxy Note 3 が、RF360 の Envelope Tracker を使用し、ワイヤレス接続で消費される電力を見定めようとしている。その一方で、Nokia の最新機種である Lumia 1520 でも、Qualcomm の Antenna Tuner が採用されている。

But according to Cristiano Amon, EVP and co-president of Qualcomm Technologies, the heart of the RF360 is a component called the RF Pop, a 3D circuit that can support up to 40 different 2G, 3G and LTE bands when paired with one of Qualcomm’s baseband chips. That RF Pop — along with the fourth component, a power amplifier — will make it into commercial handsets this year, Amon said. And by the end of the year, the first smartphone using Qualcomm technologies front-to-back will make its commercial debut, he said.

しかし、Cualcomm Technologies の EVP & Co-President である Cristiano Amon によると、RF360 の心臓部分はは、RF Pop と呼ばれる 3D 回路コンポーネントであり、Qualcomm ベースバンド・チップの 1つと組み合わせることで、40種類にもおよぶ 2G/3G/LTE バンドをサポートできるという。この、4番目のコンポーネントとして組み合わされ、パワーを増幅していく PF Pop は、年内には、商業スマートフォンに導入されると、Amon は述べている。そして、今年の年末までには、すべてに Qualcomm テクノロジーを用いた最初のスマートフォンは、コマーシャル・デビューをするだろうと、彼は続けている。

Cristiano Amon

Will that phone be a truly global phone? Not quite. Just because the RF360 can support 40 bands doesn’t mean it will support them all at once. But Amon said that device makers who use the RF360 will get a lot closer to that holy grail of a single phone that can work in every region of the world.

そのスマート・フォンは、ほんとうの意味でグローバル・フォンになり得るのか? その答えは、完全ではない、となる。RF360 が、40種類の帯域をサポートできるからといって、それがすべてが、一度にサポートされるわけではない。しかし、RF360 を採用するデバイス・メーカーは、世界の全地域で動作する、まるで聖杯のようなスマートフォンに、大きく近づくと、Amon は発言している。

Amon is hoping Qualcomm can cut the number of separate variants a vendor has to produce by a third if not half. For a device maker like Apple that means it could reduce the number of iPhone variants it produces from five to just two or three. And as Qualcomm improves its technology it hopes to eventually achieve that goal of a single global phone, Amon said.

Amon の考えは、ベンダーが生産しなければならない、派生物の数を削減することであり、その半分とまでは言わなくても、Qualcomm が支援することで 1/3 だけでも減らしたいというものだ。つまり、Apple のようなデバイス・メーカーは、その変種を、5種類から、2〜3種類に削減できることを意味する。

そして、Qualcomm におけるテクノロジーが進化するにつれて、グローバル・フォンという目標が、最終的には達成されるようにしたいと、Amon は述べている。

Of course, Qualcomm isn’t the only one working on these technologies. The traditional RF component makers, along with specialty vendors like Nujira and Quantance, all have their own envelope trackers and multi-band RF technologies either on the market or in the works. Peregrine Semiconductor this week unveiled an RF front end technology that it claims will let a single phone connect to more than 40 LTE bands.

もちろん、Qualcomm だけが、それらのテクノロジーに取り組んでいる、唯一の企業というわけではない。NujiraQuantance といった専業ベンダーと協調してきた、従来からの全 RF コンポーネント・メーカーたちが、自身の Envelope Tracker を持ち、また、マルチバンド RF テクノロジーを開発/商用化しようとしている。そして、今週のことだが、Peregrine Semiconductor が RF Front-End テクノロジーを発表した。 それは、単一のフォン接続により、40 種類以上の LTE 帯域に接続できると、主張するものである。

Related research

The rebirth of hardware demands new definition of design October 2013
Noteworthy mobile developments from the third quarter 2013 October 2013
How new devices, networks, and consumer habits will change the web experience January 2013

ーーーーー

image141Qualcomm は強力ですね。 この記事は、All Qualcomm チップのスマホが作れますという流れですが、裏を返せば、Qualcomm ブランドのスマホも可能ということです。実際に、$350 だった Toq smartwatch を、$250 に値下げしていて、ひょっとするとウェアラブル市場で、それなりのシェアを取る可能性も出てきています。 それとは別の話ですがChromecast を製造しているのは Marvell ですし、こうしたチップ・メーカーが大挙して、デバイス市場に参入し始めているのです。image

ーーーーー

<関連>

Qualcomm が HP から、Palm に関連する大量の特許を取得:その背景にあるのは?
Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代に突入する!
Apple は Qualcomm に頼ることなく、モバイル途上国を制するのか?
Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?
AT&T が Qualcomm に $1.9 Billion を支払う、超弩級の帯域契約とは?
MWC 2014 速報 : IntoMobile 版 ニュース・インデックス

Comments Off on Qualcomm はスマホ・チップ市場を、完全に制覇してしまうのか?

%d bloggers like this: