Agile Cat — in the cloud

AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Open IX by Agile Cat on February 26, 2014

AMS-IX Opens Internet Exchange in the New York Market
http://wp.me/pwo1E-7fD

November 6th, 2013 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/11/06/ams-ix-opens-internet-exchange-in-the-new-york-market/

_ DC Knowledge

The European Internet exchanges keep coming. The latest provider to enter the US market in AMS-IX (Amsterdam Internet Exchange) today announced plans to create an exchange spanning four data centers in New York and New Jersey. The move reflects growing momentum for Open-IX, the movement to spread the European model for exchanging traffic between major networks.

Europe  のインターネットエクスチェンジがやってくる。 最近になって、AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)の米国市場に参入することになった、このプロバイダーだが、本日、New York と New Jersey に展開される 4ヶ所のデータセンターにまたがる、エクスチェンジを構築していくという計画を発表した。この動きは、主要ネットワーク間のトラフィックを交換するために、ヨーロッパモデルを広めるという、Open-IX ムーブメントの勢いを反映したものとなる。

An aerial view of the DuPont Fabros NJ1 data center in Piscataway, New Jersey, which will be one of the sites for a new Internet Exchange from AMS-IX. (Photo: DuPont Fabros Technology.)

AMS-IX USA Inc. has struck deals with Digital Realty, DuPont Fabros Technology, Sabey Data Centers and 325 Hudson in the New York/New Jersey area to build and operate a distributed Internet Exchange, named AMS-IX New York.

AMS-IX USA Inc は、AMS-IX New York という名前の分散インターネットエクスチェンジを構築運用するために、New Jersy エリアにおける Digital Reallity および、DuPont Fabor Technology、Sabey Data Center、325 Hudson などと契約を結んでいる。

AMS-IX says it will also deploy new Open-IX exchanges in the Chicago and Silicon Valley markets, which will go live in the first and second quarter of 2014, respectively. This new business initiative is a response to the certification process by the Open-IX Association for the setup of neutral and distributed Internet Exchanges in the United States.

AMS-IX が言うには、Chicago と Silicon Valley にも、新しい Open IX エクスチェンジがディプロイされ、それぞれが、2014年の Q1 と Q2 に稼動するらしい。この新しいビジネス·イニシアチブは、アメリカ市場において、中立を維持する分散型インターネットエクスチェンジを構築するための、Open IX Association によるサーティフィケーション・プロセスに責任を持つ。

Surge of Entrants from Europe

This makes AMS-IX the third major European exchange operator to enter the US market this year. The London Internet Exchange (LINX) is launching the LINX NoVa exchange across three sites in northern Virginia, while Frankfurt-based DE-CIX is setting up an exchange in the New York market.

今回の AMS-IX による進出は、アメリカ市場に参入する主要ヨーロッパ・エクスチェンジとして、今年に入ってから三度目の出来事となる。London Internet Exchange(LINX)は、Virginia 北部の 3つのサイト連携する、LINX Nova エクスチェンジを立ち上げている。その一方で、Frankfurt ベースの DE-CIX は、New York 市場におけるエクスチェンジを立ち上げている最中だ。

The recent rise of the Open-IX movement has reinvigorated efforts to bring the European approach to exchanges to the US market. In the European interconnection model, Internet traffic exchanges are managed by participants, rather than the colocation providers hosting the infrastructure. This model has struggled to establish itself in the U.S., where peering has been focused on commercial exchanges, especially thoses operated by Equinix. The Open-IX framework is emphasizing a neutral governance model and the technical compliance of any participating data center providers.

このところの Open IX ムーブメントの盛り上がりは、アメリカ市場のエクスチェンジに対して、ヨーロッパのアプローチを持ち込もうとする展開を、さらに活発にしている。このヨーロッパ相互接続モデルにおいては、インターネット・トラフィック・エクスチェンジの管理が、インフラをホスティングするコロケーション·プロバイダーではなく、そこへの参加者により行われている。アメリカ市場において、このモデルがポジションを確立するのに苦労しているのは、ピアリングが商用エクスチェンジに集約され、さらに言えば、それらが Equinix により運営されているからである。Open IX フレームワークは、中立的なガバナンス·モデルを大切にし、また、そこに参加する、あらゆるデータセンター·プロバイダーによる、テクニカル・コンプライアンスを重視しているのだ。

The new AMS-IX exchange will be spread across three data centers in Manhattan and one in central New Jersey:

この新しい AMS-IX エクスチェンジは、Manhattan における 3つにデータセンターと、New Jersey のセントラルデータセンターに分散される。

  • Digital Realty Trust, 111 8th Avenue, New York
  • DuPont Fabros Technology, Piscataway, NJ
  • 325 Hudson Street, New York
  • Sabey Data Centers, Intergate.Manhattan (375 Pearl Street) in New York

AMS-IX said it could add more locations in the New York market if it sees market demand and interest from other data center providers. In Amsterdam, the AMS-IX exchange platform is distributed across 12 different data centers serving more than 600 IP networks from around the globe. Established in the early 1990s, AMS-IX has a traffic peak of around 2.5 terabits per second.

AMS-IX が言うには、マーケットにおける需要と、他のデータセンター·プロバイダーからの関心が見いだせるなら、より多くのロケーションを、New York 市場に追加していくようだ。 Amsterdam において、AMS-IX エクスチェンジ・プラットフォームは、12 ヶ所のデータセンターに分散され、世界と連携する 600 以上の IP ネットワーク・サービスを提供している。 1990年代の初頭に設立された AMS-IX は、毎秒約 2.5 Tera Bit のピーク・トラフィックを有する。

“The opportunity to start neutral, distributed Internet Exchanges in the US with the endorsement of the Open-IX community fits our strategy of building Internet Exchanges in connectivity hub locations around the world,” said Job Witteman, Chief Executive Officer of AMS-IX. “We believe the model will bring the North American IP interconnection market tremendous value by decreasing complexity as well as the associated costs. AMS-IX is committed to bringing about this market transformation, and is pleased to have found initial partners in two major market participants Digital Realty and DuPont Fabros Technology.”

「 Open-IX コミュニティ に承認された分散型の Internet Exchanges を、アメリカにおいて中立を維持しながら運営していくチャンスは、世界にまたがる接続ハブに適したロケーションで、Internet Exchanges を構築していくという、私たちの戦略に適合している。このモデルにより、複雑さが低減されるだけではなく、関連するコストが圧縮されることで、North American IP インターコネクションに莫大な価値をもたらされると、私たちは確信している。AMS-IX は、このマーケットに変革をもたらすことを約束し、また、Digital Realty と DuPont Fabros Technology という、2つの初期のパートナーを迎え入れられたことを喜んでいる」と、AMS-IX の Chief Executive Office である Job Witteman は述べている。

“We are pleased to be collaborating with AMS-IX on this important initiative,” said Michael Foust, Chief Executive Officer at Digital Realty (DLR). “By helping establish a truly open Internet Exchange environment, we are supporting the Open-IX community’s desire for neutral exchanges that are more efficient and cost-effective than those available today. The end result for our customers will be access to enhanced interconnectivity and Internet peering capabilities.”

「 私たちは、この重要なイニシアチブにおいて、AMS-IX とコラボレートできることを喜んでいる。真にオープンな Internet Exchange 環境の立ち上げを支援することで、現時点で利用できるものよりも、さらに効率と費用対効果に優れる、中立的なエクスチェンジを望む Open IX コミュニティを支援することになる。そして、強化された相互接続性とインターネット・ピアリング機能へのアクセスが、私たちの顧客にとっての最終的な結果となる」と、 Digital Realty の Chief Executive Office である Michael Foust は述べている。

Customer Benefit Seen

“Building upon our carrier-neutrality principle, we are glad to support the Open-IX Association and encourage the deployment of the AMS-IX New York Internet Exchange in our Piscataway NJ1 data center,” said Hossein Fateh, President and Chief Executive officer of DuPont Fabros Technology (DFT). The AMS-IX Internet Exchange at NJ1 will complement the network providers and the New York Stock Exchange currently providing connectivity services to our customers. We expect our customers to benefit from this open Peering and Interconnectivity environment.”

「 キャリアに対して中立で臨むという、私たちの原則を確立するために、喜んで Open-IX Association を支援していく。 そして、私たちの Piscataway NJ1 データセンター内への、AMS-IX New York Internet Exchange のディプロイメントを推進していく。 NJ1 における AMS-IX Internet Exchange は、私たちの顧客に対して、現時点でサービスを提供している、ネットワーク・プロバイダー や  New York Stock Exchange を補完するものとなる。私たちは、このオープンな Peering と Interconnectivity の環境から、顧客たちが恩恵を被ることを期待している」と、DuPont Fabros Technology の President and Chief Executive Office である Hossein Fateh は述べている。

“We are very happy to partner with AMS-IX New York on this important market-changing initiative. Offering more choice in the New York City market to carriers and customers is good for everyone,” added John Sabey, President of Sabey Data Centers.

「 私たちは、マーケットを変えていこうとする、この重要なイニシアティブを確立するために、喜んで AMS-IX New York と提携していく。キャリアとカスタマのための選択肢が、New York City マーケットで増えることは、誰にとっても素晴らしいことだ」と、Sabey Data Centers の President である John Sabey は述べている。

AMS-IX New York is currently accepting orders in the 111 8th Digital Realty facility, where it says it is ready to provision customer ports.

現時点において AMS-IX New York は、すでにカスタマーにポートを提供する準備を整えている、111 8th の Digital Realty ファシリティでオーダーを受け付けている。

“With our experience of building and managing Internet Exchanges in Europe, Asia, the Caribbean and East Africa we have a blueprint for rolling out new exchange platforms,” Henk Steenman, Chief Technical Officer of AMS-IX. “All of the configurations, management and monitoring systems are pre-defined and ready for deployment. The main priority is to extend the organization, the team and to deploy the equipment and local Dark Fiber between the several data centers, as well as with other companies that are willing to partner with AMS-IX, and are Open-IX certified and commercially feasible.”

「 Europe/Asia/Caribbean/East Africa などで、いくつかの Internet Exchange を確率/運用してきた経験により、新しい Exchange プラットフォームを展開するための青写真を手にしている。すべての、コンフィグレーション/マネージメント/モニタリングのためのシステムが、すでに定義され、また、デプロイメントの準備も整っている。そして、優先されるべき事柄は、この環境をディプロイするための組織とチームを拡張し、いくつかのデータセンター間に、ローカルな Dark Fiber を展開していくことである。 それに加えて、AMS-IX との提携を望む企業と連携し、Open-IX サーティフィケーションを推進し、商業的な可能性を具体化していくことになる」と、AMS-IX の Chief Technical Officer である Henk Steenman は述べている。

RELATED POSTS:

German Internet Exchange DE-CIX Enters NY Market
Open Internet Exchange Movement Organizing
London Internet Exchange Enters U.S. Market With EvoSwitch in Virginia
Digital Realty Launching Open Internet Exchange Initiative
CoreSite Connects With Amsterdam’s AMS-IX

ーーーーー

10月に相次いで発表された、London Internet Exchange (LINX) の Virginia 進出に続いて、11月には AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)のアメリカ市場進出が発表されました。 それが展開されるリージョンは、New York と New Jersey であり、4ヶ所のデータセンターにまたがる、エクスチェンジを構築していくという計画です。そして、本文では触れていませんが、このファシリティは NetFlix にも採用されたようです。昨日の Wireless Wire に「米でネットワーク中立性に赤信号 – ネットフリックス、コムキャストへの支払いに合意」という記事が掲載されていましたが、この Open IX をめぐる動向と、ひょっとすると絡み合っているのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX
Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

Comments Off on AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!

%d bloggers like this: