Agile Cat — in the cloud

Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?

Posted in .Selected, Mobile, Network, Strategy, Telecom by Agile Cat on February 25, 2014

Sprint, Nokia squeeze a 2.6 Gbps connection out of a Spark network trial
http://wp.me/pwo1E-7fq

By Kevin Fitchard – FEB. 5, 2014
http://gigaom.com/2014/02/05/sprint-nokia-squeeze-a-2-6-gbps-connection-out-of-a-spark-network-trial/

_ Giga Om

Summary: Sprint and Nokia are showing off their latest feat, but it’s doubtful we’ll ever see such speeds in real life. Sprint likes to talk about the network it could build, but it never builds it.

Sprint と Nokia が、最新の偉業を披露しているが、私たちの実生活の中で、そのような通信速度が達成されるかというと、まだ、疑問が残る。Spring は、構築が可能なネットワークについて語るのが好きだが、それを構築したことがない。

ーーーーー

Nokia’s network division is returning to work at Sprint after a multiple-year hiatus, and it apparently wants to make a good impression. Nokia announced it has used its Flexi base station gear to transmit an eye-popping 2.6 Gbps downlink connection on Sprint’s Spark LTE network, breaking Sprint’s previous record of 1.6 Gbps.

Nokia のネットワーク部門が、数年の空白の後に Sprint での作業に戻ってきた。 そして、良い印象を与えたいと、明らかに望んでいるようだ。Nokia は、Sprint の Spark LTE ネットワーク上で、2.6 Gbps のダウン・リンクという、目を見張るような接続を実現するために、その Flexi 基地局ギアを使用したと発表している。それは、Sprint における 1.6 Gbps という記録を塗り替えるものとなる。

photo: Shutterstock / Ase

Nokia was able to accomplish this feat by tapping into Sprint’s enormous treasure trove of 2.5 GHz spectrum. Using LTE-Advanced carrier aggregation techniques, Nokia and Sprint bonded together 120 MHz of frequencies, giving it six times the bandwidth of most LTE networks deployed in the U.S. today.

Nokia は、2.5 GHz スペクトラムに存在する、Sprint の巨大な宝庫を活用することで、この偉業を達成できた。LTE-Advanced のキャリア・アグリゲーション・テクノロジーを用いて、Nokia と Sprint は 120MHz の周波数を結合することで、今日のアメリカにディプロイされている大半の LTE ネットワークに対して、6倍以上に達する帯域幅を提供する。

In addition, Nokia likely took advantage of the unique properties of the LTE technology variant Sprint uses in Spark. Time division-LTE uses the same frequencies to transmit to and from the tower – it just sends the uplink and downlink in different time intervals. Most other LTE network use frequency division configurations, which create separate channels for upstream and downstream connections. Think of FD-LTE as a divided highway, while TD-LTE is a single-track railroad.

それに加えて、Sprint が Spark で用いている、LTE テクノロジーの変種ともいえる、とてもユニークな性質を、Nokia は活用していると思われる。時分割 LTE は、タワーとの伝送において、同じ周波数を用いて、アップリンクとダウンリンクを時分割で送受信している。しかし、大半の LTE ネットワークは、周波数を分割するというコンフィグレーションがなされ、別個のチャネルを用いてアップストリームとダウンストリームが接続されている。つまり、FD-LTE は上下線が分割されたハイウェイに似ているが、TD-LTE は単線の鉄道のようなものである。

The advantage of TD-LTE is that it can devote a greater portion of its bandwidth to downstream communications if there isn’t much upstream traffic on the network. Consequently, Sprint can use nearly all of its 120 MHz to create a massive downlink pipe while other carriers would be limited to using half their bandwidth. Nokia and Sprint said they’ll recreate the trial at Mobile World Congress in Barcelona this year.

TD-LTE のアドバンテージは、ネットワーク上のアップストリームが空いているなら、その帯域幅の大部分を、ダウンストリームのトラフィックに費やせる点にある。その結果として、Sprint は、大規模なダウンリンク・パイプを作成するために、ほぼすべての 120 MHz 帯で使用できるが、他のキャリアは、使用できる範囲が半分の帯域幅に限定されるだろう。Nokia と Sprint は、Barcelona で開催される、今年の Mobile World Congress で、このトライアルを再構成すると述べている。

These trials show that Sprint has enormous pent-up capacity waiting to be unleashed. The problem is that the company isn’t in any hurry to unleash it. It just likes to flash these kinds of impressive speed results around, and talk about the network it could build.

これらのトライアルは、Sprint には膨大なキャパシティが鬱積しており、それが解放されるのを待っていると示している。ここでの問題は、それを必要とする状況が、同社を急がせていないという点である。つまり、それほど素晴らしいスピードが、結果として得られることを示し、それを構築できるネットワークについて話をするのが、好きなだけである。

Today, Sprint’s primary LTE network is the slowest in the country and has the smallest coverage footprint. Its new Spark service is definitely an improvement, but it’s still an average 4G system with the same capacity as the other carriers’ first-generation networks. Considering that Sprint is much smaller than AT&T or Verizon Wireless, it could get considerable mileage out of Spark – once it’s finally built. Right now Spark is in just 12 cities, and Sprint is moving very slowly to expand that coverage. Its target is 100 cities in three years.

今日において、Sprint の主たる LTE ネットワークは、アメリカ国内で最も遅く、また、カバレッジ・フットプリントも最小である。その、新たな Spark サービスは間違いなく改善されているが、依然として平均的な 4G システムであり、他のキャリアにおける第一世代のネットワークと同じキャパティシである。AT&T や Verizon Wireless と比べて、Sprint は遥かに小さな存在であることを考慮すると、Spark が構築された後に、かなりの有用性を引き出せると思われる。現時点において、Spark が供給されるのは 12都市に過ぎず、Sprint によるカバレッジの拡大は、きわめてユックリと動いている。その目標は、3年間で 100都市である。

As I’ve said before, Sprint has run out of excuses. With its acquisition of Clearwire it’s firmly in control of its spectrum future, and with SoftBank’s massive investment, it’s no longer financially strapped. If Sprint wants to convince us it’s investing in its network, then it should really invest in its network.

冒頭に述べたように、Sprint には、もう、言い訳が残っていない。Clearwire の買収により、将来におけるスペクトルのコントロールがシッカリとしてきたし、Softbank からの大規模な投資により、もはや財政難からも解放された。ネットワークへに投資すると、もし Sprint が、私たちを説得したいなら、本物のネットワークに投資する必要がある。

Photo courtesy of Shutterstock user SERHAT AKAVCI

Related research

What happened in mobile in the fourth-quarter 2013 – January 2014
Noteworthy mobile developments from the third quarter 2013 – October 2013
How new devices, networks, and consumer habits will change the web experience – January 2013

ーーーーー

image141新しい世界を期待させてくれる、とてもワクワクする話ですね :)  いま、Barcelona で開催されている MWC で、なにか、もっと具体的な発表があると良いですね。そして、この記事を訳してみて、なんとなく Sprint という会社の持ち味が見えてきました。 Softbank からの資金により、このように新しい ワイヤレス・テクノロジーが、実験から運用へと移行していくなら、同じ日本人として、これほど嬉しい事はありません。 頑張って欲しいですね! image

ーーーーー

<関連>

1G から 4G まで、ワイヤレスの歴史をインフォグラフィクスで!
2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす

Comments Off on Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?

%d bloggers like this: