Agile Cat — in the cloud

Hadoop と Big Data の調査:企業ユーザーが指摘する問題点は、信頼性/使い易さ/ソリューションの欠落

Posted in Big Data, Hadoop, On Monday by Agile Cat on February 24, 2014

Hadoop and Big Data: Businesses Frustrated by Lack of Reliable, User-Friendly and Secure Solutions
http://wp.me/pwo1E-7eV

By Dick Weisinger – February 17th, 2014
http://formtek.com/blog/hadoop-and-big-data-businesses-frustrated-by-lack-of-reliable-user-friendly-and-secure-solutions/

_ formtek

While Big Data technologies made big headlines in the tech press in 2013, by the end of the year, the adoption of Big Data technologies across many businesses was only relatively modest. A survey by the SandHill group of a cross-section of global businesses found that:

Big Data テクノロジーは、2013年のハイテク・プレスで大きな話題をさらい、その年末までヘッドラインを賑わしていたが、大多数の企業における Big Data の採用となると、比較的に控えめであった。グローバル・ビジネスを横断的に見ている、SandHill Group の調査では、以下のような論点が見出されている:

  • 44 percent said that they are still in the exploration and education phase of Big Data technologies
  • 16.3 percent are conducting proof of concept trials
  • 11.1 percent are developing their first Hadoop-based applications
  • 回答者の 44% は、Big Data テクノロジーについて、依然として探求と教育の段階にあると述べている
  • 16.3% は、POC(proof of concept)トライアルを実施していると言っている
  • 11.1% は、自身にとって初めての、Hadoop ベース・アプリケーションを開発していると述べている

Not only has adoption been relatively slow, the types of solutions created to date have tended to be relatively mundane — Matt Assay comments that “by far the biggest use of Hadoop to date has been as a poor person’s ETL”.

その採用が、相対的に見て遅れているだけではなく、これまでに開発されたソリューションのタイプも、ありきたりのものあった。 それについて、Matt Assay は、「 これまでの Hadoop の用途において、群を抜いて多いのは、貧しい人々のための ETL(Extract, Transform, Load)である」と述べている

While there is a strong interest in the potential of Big Data from the business side of organizations, many are frustrated by usability issues of the technology.  A survey of business executives taken by 1010data, for example,  found that a majority feel that they are locked out of Big Data technologies like Hadoop.  53 percent said that Big Data solutions aren’t addressing the needs of business users.  49 percent said that current Hadoop-based solutions are too complex and that they’d like to see solutions for Big Data that have “fewer moving parts”, and 62 percent said that in order for them to more effectively use Big Data technologies like Hadoop to solve business problems that they need to be better educated about how the technology works.

ビジネス・サイドの組織からは、Big Data の可能性に強い関心が示されているが、その中の多くが、このテクノロジーのユーザビリティに対して不満を感じている。 1010data が実施した 企業エクゼクティブに対する調査では、その大多数が、Hadoop のような Big Data テクノロジーを、閉鎖的なものだと捉えられていることが分かった。 また、53% は、ビジネス・ユーザーのニーズに取り組んでいる、Big Data ソリューションが存在していないと述べている。 49% は、現在の Hadoop ベース・ソリューションについて、あまりにも複雑すぎると考え、また、Fewer Moving Parts を有する Big Data ソリューションを探したいと言っている。 そして、62% は、ビジネス上の問題を解決するために、Hadoop のような Big Data テクノロジーを用いるには、このテクノロジーが機能する方式について、より適切な教育が必要だと述べている。

Specifically, the 1010data survey considered how the latest Hadoop 2.0 release can improve business solutions.  Hadoop 2.0 includes YARN which allows Hadoop resources to be managed for multiple jobs running across an array of servers.  But business executives aren’t yet convinced that the technology is ready for prime time.  45 percent of them are worried about reliability.  42 percent say that they have major concerns about costs, and 35 percent say that there is still too much low-level coding required to apply the technology to business solutions.  41 percent say that Hadoop is still too new and not yet as stable as other existing technologies.

具体的にいうと、1010data の調査は、Hadoop 2.0 という最新リリースにより、ビジネス·ソリューションを改善する方式を検討するために実施されている。Hadoop 2.0 には YARN が取り込まれているが、それにより、なんらかのサーバー・アレイを横断するかたちで実行される複数のジョブのために、Haddop リソースを管理できるようになる。 しかし、企業エクゼクティブたちは依然として、このテクノロジーが最盛期を迎えるための、準備を整えているとはと確信していない。 そのうちの、45% は信頼性について心配し、42% はコストを最大の懸念としている。 そして、35%は、このテクノロジーをビジネス・ソリューションに適用するには、依然として低レベルのコーディングが必要だと述べている。 さらに 41% は、Hadoop は新し過ぎて、その他の既存テクノロジーのように、安定していないと言っている。

But software developers and integrators are well aware of the problems.  It’s likely that 2014 will see a surge in Big Data product offerings and add-ons that specifically try to create an improved experience for users.

しかし、ソフトウェアのデベトッパーやインテグレーターは、この問題を、よく理解している。そして、2014年には、Big Data のプロダクトとアドオンが急増し、とりわけ、その利用者に対して、改良されたエクスペリエンスが提供されると思われる。

ーーーーー

2009年10月に開催された、最初の Hadoop World NYC から、すでに 4年半の歳月が流れているのですね。 その頃は、もっと早く、Hadoop の事例が増えてくると思っていましたが、エンタープライズ・ユーザーにまで広がるには、まだまだ取り除かれるべき障壁が多いのだと、この記事を訳していて感じました。 いろいろな意味で、ちょっとガッカリする数字が並んではいますが、もう一息で、そのカベも乗り越えられるでしょう。 ガンバレ Hadoop & Big Data です! image

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーではあるが、まだまだ課題が山積みだ
Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない
Enterprise の調査:ここでもソーシャル・ネットワークが 急成長している
Cloud の調査:これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される
Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?

Comments Off on Hadoop と Big Data の調査:企業ユーザーが指摘する問題点は、信頼性/使い易さ/ソリューションの欠落

%d bloggers like this: