Agile Cat — in the cloud

Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX

Posted in .Selected, Data Center Trends, Open IX by Agile Cat on February 20, 2014

LINX to Open Exchange in Ashburn With Dupont Fabros
http://wp.me/pwo1E-7dR

October 31st, 2013 – By: Jason Verge
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/10/31/linx-to-open-exchange-in-ashburn-with-dupont-fabros/

_ DC Knowledge

The London Internet Exchange (LINX) will build and operate a member-owned Internet exchange in Ashburn, Virginia on DuPont Fabros Technology’s Ashburn Corporate Center campus. The deal with LINX supports DuPont Fabros’ plan to host an Open-IX certified Internet exchange in each of its four markets.

The London Internet Exchange (LINX) は、DuPont の Fabros Technology における Virginia Ashburn Corporate Center キャンパスで、そのメンバーたちが所有するインターネット・エクスチェンジを構築/運用していく。LINX との契約において、その 4つのマーケットで、Open IX が公認するインターネット・エクスチェンジをホストするという、Dupont の Fabros 計画がサポートされる。

The LINX node will be at DFT’s ACC5 data center becoming a part of LINX NoVa, a member-owned internet exchange that spans multiple data centers. LINX has already announced nodes at EvoSwitch in Manassas and CoreSite in Reston, and is now hitting all the key campuses in Northern Virginia. This node is particularly notable because it is in Ashburn, literally next door to Equinix, which runs the leading commercial traffic exchange in the area.

この LINX ノードは、DFT の ACC5 データセンターに配置される。 そして、複数のデータセンターにまたがり、また、メンバーたちに所有される、インターネット・エクスチェンジ LINX NoVa の一部になっていく。すでに LINX は、Manassas の EvoSwitch と、Reston の CoreSite におけるノードを発表しており、いまでは Northern Virginia における、すべての主要キャンパスとの接続を持つに至っている。このノードが、とりわけ注目に値するのは、ビジネスにおいて主要なトラフィック・エクスチェンジを運用する、Equinix の文字通り隣にある、Ashburn に置かれるからである。

The London Internet Exchange will open a new internet exchange inside the ACC5 data center in Ashburn, Virginia. (Photo: DuPont Fabros)

The LINX node at DFT’s ACC5 data center is expected to be live before the end of 2013 and LINX will offer incentivized port pricing through the end of 2014.

DFT の ACC5 データセンターにおける LINX ノードは、2013年末までに実運用に入ると予測され、また、LINX からは 2014年内いっぱい、ポート価格に関するインセンティブが提供されるだろう。

“Ashburn has been high on our list of potential sites since the beginning of the LINX NoVA project,” said John Souter, CEO at LINX. ”We are pleased to be partnering with DFT to build a LINX node in their Ashburn campus, which will contribute significantly to the number of networks able to join the LINX NoVA exchange.”

「 Ashburn は、LINX NoVA プロジェクトが始まってからというもの、ずっと候補地リストの上位に位置づけられていた。そして、DFT の Ashburn キャンパスに LINX ノードを構築するため、彼らと提携できることに、とても喜んでいる。それにより、LINX NoVA エクスチェンジに参加できる、数多くのネットワークに対して、とても大きな貢献がもたらされる 」と、LINX の CEO である John Souter は述べている。

DFT’s Ashburn Corporate Campus has an underground conduit system that connects each of the company’s five data center facilities in Ashburn, which will grow to include ACC7 upon completion. There currently are 26 network carriers on DFT’s campus providing connectivity services.

DFT の Ashburn Corporate Campus  は、同社における Ashburn の 5つのデータセンター・ファシリティを結ぶ、地下導管システムを持っており、ACC7(Ashburn Corporate Campus 7?)の完成を含めて、これからの成長が期待されている。そして、現時点で 26 のネットワーク・キャリアが、DFT キャンパスの接続サービスを利用している。

“We are very excited to be partnering with LINX NoVA to provide our customers and the Internet community a neutral Internet exchange ready for Open-IX certification in the fiber- and content-rich Ashburn region,” said Vinay Nagpal, Director of Carrier Relations at DFT. “The LINX NoVA node will enhance network density at our Ashburn campus.  In addition to providing our customers with additional connectivity and peering options, we anticipate the exchange to attract additional content, network and cable providers to our campus to connect to LINX for cost-effective peering and improved network performance.”

「 LINX NoVA およびインターネット・コミュニティと提携することで、Ashburn リージョンでファイバー/コンテント・リッチで、Open IX に認定された中立のインターネット・エクスチェンジを、私たちの顧客に提供できることを、とても喜んでいる。この、LINX NoVA ノードにより、当社の Ashburn キャンパスにおけるネットワーク密度が向上する。私たちの顧客に、付加的な接続とピアリング・オプションを提供することに加えて、LINX に接続するために私たちのキャンパスに参加する、魅力的なコンテンツ/ネットワーク/ケーブルのプロバイダの、エクスチェンジに参加することが可能になる。それにより、費用対効果の高いピアリングと、ネットワーク・パフォーマンスの向上をもたらされるだろう」と DFT の Director of Carrier Relations である Vinay Nagpal は述べている。

More Steam For the Open-IX Movement

In the European interconnection model, Internet traffic exchanges are managed by participants, rather than the colocation providers hosting the infrastructure. This model had struggled to establish itself in the U.S., barring recently.

この、ヨーロッパ型のインターコネクション・モデルにおいては、インフラストラクチャをホスティングするコロケーション・プロバイダというより、このネットワークへの参加者により、インターネットト・ラフィック・エクスチェンジが管理される。このモデルは、つい最近まで障壁に阻まれ、アメリカ国内でのポジションを確立するのに苦労していた。

Cue the recently-formed Open Internet Exchange (Open-IX), which hopes to import the European model stateside. Open-IX is a member owned, member governed non-profit looking to drive expansion of business-neutral Internet exchanges, reducing complexity, cost, and improving access within critical interconnection markets. The European approach seeks to extend the exchange across multiple data centers, offering participants a choice among providers and facilities.

最近に誕生した Open Internet Exchange (Open-IX) がきっかけとなり、このヨーロッパ型のモデルを、アメリカ本土に輸入するという希望が生じている。Open-IX は、そのメンバーたちに所有され、ビジネス・ニュートラルなインターネット・エクスチェンジを拡大する、非営利な発想により運営されていく。したがって、複雑さが軽減され、コストが低減され、重要なインターコネクション市場へのアクセスが改善されていく。このヨーロッパ型のアプローチは、複数のデータセンター間をまたいだエクスチェンジの拡大を目指し、また、プロバイダやファシリティに対する選択肢をメンバーに提供していく。

The new exchange introduces an approach that has thrived in London, Amsterdam, Frankfurt and several Asian markets. It represents an alternative to the market leadership of Equinix, whose Ashburn campus is the focal point for interconnection activity in northern Virginia.  LINX is now going to be right in the heart of it all: Ashburn, Virginia.

この、新しいエクスチェンジが導入しているアプローチは、London/Amsterdam/Frankfurt/Asia(一部)のマーケットで成功を収めている。それが示すのは、Equinix のマーケットにおけるリーダーシップの代替である。そして、同社の Ashburn キャンパスは、北 Virginia におけるインターコネクションの中心となっている。 つまり LINX は、Ashburn, Virginia  という、すべての中心のど真ん中に入り込もうとしているのだ。

Other activity spurred by Open-IX includes German Exchange DE-CIX entering NY, and Digital Realty’s plans to support the model.

Open-IX により拍車がかかる、他のアクティビティには、German Exchange DE-CIX entering NY や、このモデルをサポートする Digital Realty の計画などが含まれる。

LINX currently connects over 480 networks from mearly 60 countries with more than 1,100 ports. In May LINX announced plans to enter the US market with an initial Northern Virginia node at the EvoSwitch data center in Manassas.

現時点の LINX は、わずか 60カ国から、1,100 以上のポートを用いて、480 以上のネットワークに接続している。この 5月に、LINX が発表した計画は、Manassas の EvoSwitch データセンターに配置された、最初の Northern Virginiaを足がかりに、アメリカ市場に参入するというものである。

RELATED POSTS:

CoreSite to Host LINX Node in Northern Virginia
Open Internet Exchange Movement Organizing
LINX Housing IT Infrastructure in Interxion London
Huge Leasing Deals for DuPont Fabros in Virginia
DuPont Fabros Borrows $180 Million

ーーーーー

一昨日に ご紹介した CoreSite に続いて、DuPont の Virginia Ashburn Corporate Center キャンパスの話してす。ここでも、Open IX がディプロイされ、また、LINX NoVa の一部を構成するものとなるようです。アメリカ東海岸における Open IX の 展開が、さらに加速し始めることになるわけですが、ここに進出しようとしているのは London IX だけではありません。 次回は、Amsterdam Internet Exchange の動向を、ご紹介したいと思っています。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

Comments Off on Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX

%d bloggers like this: