Agile Cat — in the cloud

IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーではあるが、まだまだ課題が山積みだ

Posted in IoT, On Monday by Agile Cat on February 17, 2014

Internet of Things (IoT): Another Technology Poised to Revolutionize Businesses that Few Businesses Fully Yet Grasp
http://wp.me/pwo1E-7d5
By Dick Weisinger  – January 13th, 2014
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-another-technology-poised-to-revolutionize-businesses-that-few-businesses-fully-yet-grasp/

_ formtek

The Internet of Things (IoT) is targeted as one of the top-ten technologies that will make an impact in 2014.  Gartner has identified IoT as a top-ten strategic  technology for 2014.  It’s on Forrester’s top 10 technology trends for 2014 too.  Frost & Sullivan call IoT a ‘pivotal catalyst’ and ‘key technology’ for 2014.

Internet of Things (IoT) だが、2014年に影響をもたらすことになる、Top-10 テクノロジーの 1つとして注目を集めている。Gartner は、2014年の戦略的テクノロジー Top-10 として、IoT を指定している。それは、Forrester の、2014年 Top-10 テクノロジー・トレンドでも同様である。また、Frost & Sullivan は IoT を、2014年における「極めて重要な触媒」および「カギとなるテクノロジー」と呼んでいる。

Frost & Sullivan predicts that there will be 80 billion connected IoT devices by 2020.  Gartner’s predictions are a bit more subdued but still draw a picture of a technology that will experience tremendous growth.  Gartner estimates that there will be 26 billion IoT-enabled objects by 2020 and that the IoT market segment will be generating in excess of $300 billion annually.  IoT is poised to reach and touch every industry, particularly areas like healthcare, logistics, transportation, and automotive.

Frost & Sullivan は、2020年までに 80 Billion の IoT デバイスが接続されると予測している。Gartner の予測は、もう少し控えめであるが、それにしても驚異的な成長を経験するという、テクノロジーの風景を描いている。Gartner が推測するのは、2020年までに 26 Billion の IoT 対応オブジェクトが登場し、IoT マーケットのセグメントは、年間で $300 Billion 以上のビジネスを生み出すとしている。IoT は、あらゆる業界に到達/接触する態勢を整えているが、医療/物流/運輸/自動車といった領域で、特に活性化していくという。

Ian Ferguson, VP of Segment Marketing at ARM, said that “the first places where these connected devices are being deployed in enterprises is in manufacturing and the second was actually in construction and real estate. My sense from talking to a few people in those industries is that there are very obvious benefits to deploying these sensors. We have actually seen in manufacturing the use of sensors to give better ground level control of where resources’ are and managing how to deploy and manage equipment more efficiently such as within food plants for instance.

ARM の VP of Segment Marketing である Ian Ferguson は、「 これらの、接続されたデバイスがエンタープライズでディプロイされていくのは、最初が製造業であり、第二に建設および不動産になる。 これらの産業に従事する、何人か人々を話したところ、センサーを配置することで、きわめて明白なメリットが生じると感じている。実際に確認しているが、リソースが存在する場所において、基本的レベルでのコントロールを実現するために、センサーを使用することが可能となる。たとえば、食品工場内などの機器を効率よく管理するために、そのディプロイメントの方式をコントロールできる 」と、述べている

A report by ARM finds that 75 percent of companies across all industries are investigating the use of IoT technology.

ARM のレポートには、すべての業界を横断するかたちで、75% の企業が IoT テクノロジーに投資していると記されている。

James Chambers, editor of the report, said that “the self-stocking intelligent fridge is a step closer to becoming an everyday reality, but conversations about IoT are clearly moving on. Two in five C-level executives are now telling us that they discuss IoT regularly. Whether we will all end up wearing clothes connected to the Internet remains to be seen – but it’s hard to think of any business that can’t be part of the IoT revolution.”

そのレポートのエディタである James Chambers は、「 セルフ・ストックを実現する、インテリジェントな冷蔵庫が、日々の現実に近づいていくが、IoT に関する会話は明らかに移行していく。C-Level の経営層における、5人に 2人の人々と、定期的に IoT に関する議論の場を持っている。最終的に、インターネットに接続される服を着るようになるのかどうかは、依然として見守らなければならないが、IoT 革命に参加しない企業が存在すると、考えるのは困難だ」と、発言している

Chris Rezendes, president of INEX Advisors, said that ”The big challenge is that many companies do not have the internal resources to drive Internet of Things adoption or deployment. They are lacking the specific education, training and opportunity identification resources that are required to position themselves, and their partners, to make IoT investment decisions quickly and with confidence.”

INEX Advisors の President である Chris Rezendes は、「 そこでの大きな課題は、IoT の採用や展開を促進するための内部リソースを、多くの企業が持っていないことだ。 IoT 投資に関する判断を、自信を持って迅速に進めるには、自分自身とパートナーを位置づけるための、教育/訓練/機会発見といったリソースが必要とされるが、そのすべてが欠落している」と、述べている

Pam Sefrino, principal at INEX Advisors, said that “the challenge is getting beyond just the technology itself to deeply considering and mapping the authentic value that the new Internet of Things solution will provide.  A deep understanding of the requirements for creating real meaning and impact for stakeholders up and down the value chain is critical for driving scale, revenue growth and ultimately, sustainable margins. There are important considerations and questions, requiring new ways of thinking, that must be addressed before a company ever gets to the pilot stage.”

INEX Advisors の Principal である Pam Sefrino は、「 そこでの課題は、新たな IoT が提供することになる本物の価値について、テクノロジー自体を超えたところで深く考え、それらをマッピングしていくことにある。バリュー・チェーンを上下に見渡しながら、そこでの利害関係者たちに本質的な意味と影響をもたらす、要件を深く理解することが、スケールを拡大させ、収益を伸ばし、最終的には持続可能なマージンをもたらすために重要となる。検討と課題における重要な項目が、新たな発想の道筋を要求するが、パイロット・ステージに到達する前に、それらに取り組む必要がある」と、発言している

ーーーーー

一挙に普及しそうな IoT ですが、それ故に、慎重に考えなければならないのでしょうね。ふと気づいてみれば、モバイル・ネットワークや、Bluetooth や、NFC(Near field communication)などが遍在化していて、あらゆるものを簡単に接続できる世の中になっているのですが、闇雲につないでも、なんの意味もありません。 対象が物だけに、油断すると、そこに従事する人々への優しさを欠いてしまいそうで心配ですが、それこそ、日本の強い分野のはずなので、期待大ですね! image

ーーーーー

<関連>

Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない
Enterprise の調査:ここでもソーシャル・ネットワークが 急成長している
Cloud の調査:これからの2年間で、Top-100 プロバイダーの 25% が買収される
Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?
2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド

Comments Off on IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーではあるが、まだまだ課題が山積みだ

%d bloggers like this: