Agile Cat — in the cloud

Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?

Posted in .Selected, Google, Mobile, Strategy by Agile Cat on February 15, 2014

Google Is Clamping Down On The Android Open Source Project — Here’s Why
http://wp.me/pwo1E-7cM
Tony Danova – Feb. 7, 2014
http://www.businessinsider.com/these-market-share-numbers-show-why-google-is-clamping-down-on-the-android-open-source-project-2-2014-2

_ Business Insider

Google may have just opened up Chromecast for app development, but as far as Google’s signature platform Android goes, BI Intelligence finds that Google is moving in a very different direction.

Google は、Chromecast に関するアプリ開発をオープンにしたようだ。 しかし、やはり Google が約束している、Android プラットフォームについては、きわめて異なる方向へと転換し始めていると、BI Intelligence は見ている。

Android is by far the biggest smartphone platform across the globe, thanks in large part to its decision to start the Android Open Source Project (AOSP) in 2007. Back then, with zero mobile market share, Google packaged mobile services like Search, Gmail, and Maps into an open-source platform that third-party vendors and developers could fork to run on their mobile devices. Originally, AOSP was a defense tactic against an Apple mobile monopoly.

Android は世界で最大のスマートフォン・プラットフォームであるが、それを支えてきた最大の要因は、出発点である 2007年当時に、Android Open Source Project(AOSP)を選択したところにある。そのときの Google は、モバイル市場のシェアがゼロであった。したがって、サードパーティであるベンダーや開発者が、自身のモバイル・デバイス上で走らすための、フォークが可能なオープンソース・プラットフォームを提供し、その上に、Search/Gmail/Maps などのモバイル・サービスをパッケージ化することにした。もともと、AOSP は、Apple のモバイル独占に対抗するための、防御的な戦術であった。

↓ クリックで拡大 ↓

BII

Now, AOSP is expanding beyond Google’s control. Here’s a look at the underlying data from BI Intelligence:

しかし、いまの AOSP は、Google がコントロールできない範囲まで拡大している。以下に示すのは、BI Intelligence が提供する、基礎的なデータである。

  • In the fourth quarter of 2013, phones running a forked version of Android made up 25% of all global smartphone shipments, with just over 71 million units shipped, according to new data from ABI Research.
  • That’s up from 14% of smartphone shipments one year earlier.
  • AOSP is the only platform that gained significant market share over the course of the year. All other platforms, including Android, declined or were essentially flat.
  • Looking at just the Android platform, AOSP phones accounted for 32% of all Android smartphone shipments in the quarter. That’s up from 20% in the same quarter a year ago.
  • ABI Research からの最新データによると、2013年 Q4  における Android のフォーク・バージョンは、グローバルでのスマホ出荷数の 25% を占めている。
  • 昨年同期の、この数字は 14% であった。
  • この AOSP だけが、昨年を通じて大きくシェアを伸ばしたプラットフォームとなる。Android を含む、その他 すべてのプラットフォームのシェアは、横ばいもしくは下降という状況にある。
  • Android だけに絞って見てみると、2013年 Q4 における AOSP の出荷数は、その中の 32% を占めている。昨年同期は、この数字が 20% であった。

The proliferation of these forked AOSP Android devices on the mainstream market is harmful to Google’s proprietary mobile services.

マーケットの主流と言える場所で、これらの AOSP Android フォーク・デバイスが急増することは、Google プロプライエタリのモバイル・サービスにとって有害なことである。

Right now, any developer or company can use AOSP to create an alternative Android operating system that cuts Google off from significant OS revenue. Amazon’s Kindle Fire ecosystem is a prominent example. The foundation OS is Android but Amazon developed its own app store, content store, Web browser, and email services, essentially cutting Google out of several of its key services and potential revenue streams.

そして、あらゆる開発者や企業が、代替の Android OS 作成するために AOSP の利用が可能であり、それにより、Google の OS 収益が途絶えてしまうという現状がある。 Amazon Kindle Fire のエコシステムは、その顕著な例である。基礎となる OS は Android であるが、基本的に Amazonは、独自の App Store/Content Store/Web Browser/Email Services などを開発し、その主要なサービスと、収益を生み出す流れから、Google を除外している。

Because of this, Google is attempting to pivot on its open-source ideals in order to protect its platform.

そのため Google は、独自のオープンソース理念の上で旋回し、自身のプラットフォームを保護しようとしている。

Back in October, Google took a crucial step in the fight against forks by locking down Google Play Services. Now, any apps developed using Google’s proprietary APIs will only work on non-forked versions of Google’s Android OS. Running apps developed with Google’s API on a Kindle, for example, is no longer possible.

昨年の 10月には、Google Play Services から、それらのフォークを締め出すことで戦っていくという、重要な一歩を踏み出した。そして、いま、Google のプロプライエタリ API を用いて開発された各種のアプリは、Google 純正 Android OS 上で、つまり、非フォーク・バージョンのみで動作する。つまり、Google API を用いて開発され、たとえば Kindle 上で走るようなアプリは、もはや不可能となっている。

Some may argue that the proliferation of AOSP operating systems, alongside Android, has helped Google fend off stronger competition from Apple. But for Google, a growing contingent of Android users not utilizing Google services is almost as damaging as Apple grabbing a massive market share.

一部の人々は、Android OS と伴に、AOSP OS が普及していくことで、Apple との厳しい競争から、Google は保護されると主張するだろう。しかし、Google にとって、自身のサービスを利用しない Android ユーザーが偶発的に増えてしまうことは、Apple が巨大なマーケット・シェアを掴むのと同じくらい、有害なことなのである。

Disclosure: Jeff Bezos, CEO of Amazon, is an investor in Business Insider.

ーーーーー

image悪に走らない Google と、超戦略的な Android の間で、さすがの G 先生も心が揺れると思いきや、ガッチリと締め付け始めたという感じですね。確信犯的曲解なのでしょうか? この記事を訳していて、Andy Rubin が外された理由とか、いろいろと考えてしまいました。でも、まぁ、Kindle Fire の例だけではなく、たとえば Yandex などの動向も、Google としては見逃せない、、、という展開になっているのも確かです。これから暫くは、Android の内側でのファイトから、目が離せませんね!ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/12月
世界のスマホ:総数の 70% 以上を Android が占有
Opera と Yandex の タッグ・チームが、Android エコシステムの再編を狙う!
Yandex が Bing を追い越した : 検索マーケットの4番手に踊り出る
いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている

Comments Off on Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?

%d bloggers like this: