Agile Cat — in the cloud

Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

Posted in .Selected, Data Center Trends, Open IX, Strategy by Agile Cat on February 12, 2014

Open Internet Exchange Movement Organizing
http://wp.me/pwo1E-7cc

August 28th, 2013 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/08/28/open-ix/

_ DC Knowledge

A new group is seeking to change the way networks connect with one another in the United States, saying it believes it can improve the cost and reliability of the physical connections that tie the Internet together.

新しいグループが、アメリカ国内におけるネットワーク接続の方法を、別のものに変更しようとしている。そして、インターネットの物理接続における、コストを低減し信頼性を向上させることが可能だと言っている。

Open IX is a new organization seeking to adopt the European model for Internet exchanges in the United States.

Open IX wants to create a new network of Internet exchange points (IXPs), creating neutral, member-governed exchanges that allow participants to trade traffic. The group is embracing a non-profit model that is widely used in Europe and spreads exchange operations across multiple data centers in a market. In the U.S. these exchanges are typically hosted by commercial providers, with interconnections focused in a single facility or campus operated by that provider.

Open IX は、Internet exchange points (IXPs) による新しいネットワークを構成し、メンバーによる中立な管理を実現し、さらには、参加者がトラフィックを交換できる状況を目指している。このグループは、非営利のモデルを採用し、すでにヨーロッパで広く利用され、マーケットにおける複数のデータセンター間でのエクスチェンジ・オペレーションを拡大しているところである。また、アメリカ国内における、これらのエクスチェンジは、商用プロバイダーによりホストされるのが一般であり、それらのプロバイダー運用する単一のファシリティやキャンパスの中で、相互に接続されるように導かれている。

The organizers of Open IX have spent the past year developing the framework for the initiative, which will endorse network operators and data centers to participate, based on their acceptance of the basic principles of Open IX. This week they are creating a non-profit entity to manage the effort, which is coming out of stealth as companies announce ambitions to house Open IX exchanges in northern Virginia and the New York/New Jersey markets.

Open IX の主催者は、このイニシアチブのためのフレームワークを開発するために、つまり Open IX の原則を受け入れるネットワーク事業者やデータセンターの参加を支援するための、枠組みの作り込みに数年を費やしている。そして今週には、こうした取り組みを促進するための、非営利団体が立ち上がる。より具体的に言うと、Virginia 北部と New York/New Jersey のマーケットで、複数の企業が Open IX エクスチェンジをホストするという具合に、この大いなる野望は、水面下で静かに進んできたのだ。

“In the US, interconnection is limited based on the commercial terms that incumbent data center providers enforce on ISPs,” said David Temkin, one of the organizers of Open IX. “Certain service providers have terms that forbid from competing against them. You can’t build competing Internet exchanges.”

「 アメリカにおける相互接続は、既得権を持つデータセンター·プロバイダーが、ISP 上で強制するという商業的な条件により、制限されたものになっている。特定のサービス・プロバイダーが、彼らに対する競合を排除するという規約を持っている。 したがって、それと競合するインターネット・エクスチェンジの構築は不可能だ」と、Open IX の主催者の一人である、David Temkin は発言している。

In addition to the business issues, there are also concerns about the resiliency of the current model, which have been heightened by recent disasters.

こうしたビジネス上の問題に加えて、最近の災害により、現行モデルの弾力性につても懸念が高まっている。

“The idea really is to be able to not have all your servers in one building and all the world’s network connectivity in another,” said Martin Hannigan, a networking industry veteran who has worked with Temkin to launch Open IX. “There are concerns about resiliency, and these were highlighted by Hurricane Sandy in New York.”

「 実際のアイデアは、あなたのサーバーが 1つの建物に閉じ込められないようにすることであり、また、世界のネットワーク接続内を別の場所に移すことである。いまは、弾力性に関する懸念があるが、それが New York での Hurricane Sandy により強調されている」と、Open IX を Temkin と伴に立ち上げたネットワーキング界のベテランである、Martin Hannigan は発言している。

Volunteer Effort

現在の HP ⇒

Temkin and Hannigan are volunteers, and emphasize that Open IX is a grass-roots effort and they’re not representing their employers. Temkin heads network architecture at Netflix, while Hannigan holds a similar post at Akamai Technologies. Other members of the volunteer board have day jobs at Google, Comcast and Iron Mountain, illustrating the new project’s technical experience and familiarity with issues facing large networks.

Temkin と Hannigan の活動はボランティアとしてのものであり、また、Open IX は草の根の取り組みであり、自身が所属する企業を代表していないことを強調している。 Temkin は Netflix におけるネットワーク・アーキテクチャの指導者であり、Hannigan も Akamai Technologies で同様のポジションを担っている。そして、他のボランティア・ボード・メンバーも、Google/Comcast/Iron Mountain などで働いており、この新たなプロジェクトに相応しい技術的経験を持ち、また、大規模ネットワークが直面する課題に取り組んでいる。

Advocates of the European peering model say its strengths are that exchanges are managed by members and distributed across multiple data centers (See Bill Norton’s Dr. Peering site for a broader comparison of U.S. and European models). The London Internet Exchange (LINX), which this week announced plans to launch U.S. operations with EvoSwitch in northern Virginia, has 477 members in London and is spread across 10 data centers operated by four different providers. The AMS-IX in Amsterdam has 611 participants and is spread across 12 different colocation facilities.

ヨーロッパにおける同じモデルの提唱者は、その強みについて、このエクスチェンジがメンバーによて管理され、また、複数のデータセンターに分散している点にあると発言している(See Bill Norton’s Dr. Peering site for a broader comparison of U.S. and European models)。The London Internet Exchange (LINX) は、今週に Virginia 北部で EvoSwitchと共同で、アメリカでの事業を立ち上げる計画を発表しているが、London に 477人のメンバーを持ち、4つのプロバイダーが運用する、10ヶ所のデータセンターに分散されている。また、Amsterdam の AMS-IX は、611人のメンバーにより構成され、12ヶ所のコ・ロケーション・ファシリティに分散されている。

“A crucial part of the Open IX approach is to span the buildings of more than one operator,” said John Souter, the CEO at the London Internet Exchange. “The operator community is saying loudly and clearly that they want to have exchanges that span multiple buildings. The American operator community is saying it wants a level playing field, and we’re modeling what we’ve seen work in the rest of the world.”

「 Open IX のアプローチにおける最も重要な部分は、複数の事業はが提供する、複数のビルディングにまたがることである。 そして、それらの事業者のコミュニティは、複数のビルディングにまたがるエクスチェンジを持ちたいと、大きな声でハッキリと言っている。アメリカの事業者コミュニティは、あるレベルでの、活動の場を望むと発言している。 そして、私たちは、世界の他の地域で見てきたものモデリングしている」と、 London Internet Exchange の CEO である John Souter は言っている。

Role for Data Centers

The Open IX initiative has conducted surveys of U.S. providers and held several meetings to outline their plans, including one at a recent meeting of the North American Network Operators’ Group (NANOG) and another last week in New York. Both meetings were attended by “virtually all” of the major data center service providers, according to Hannigan. The largest data center landlord, Digital Realty Trust, has already announced its intention to earn endorsement.

Open IX イニシアチブは、アメリカのプロバイダに対する調査を実施し、また、自身の計画について概要を説明するために、何度かのミーティングを開催している。 そして、そこには、先週の New York で行われた、 North American Network Operators’ Group (NANOG) とのミーティングも含まれる。Hannigan によると、それぞれのミーティングには " 事実的に全て " の、主要なデータセンター・サービス・プロバイダーが参加したという。そして、データセンター不動産に関する最大の家主である  Digital Realty Trust も、承認を得るという意向を、すでの表明しているという。

“This is great for the entire industry – from the large CDNs, content providers and the end users,” said John Sarkis, Vice President of Connectivity and Carrier Operations at Digital Realty. “The current state of affairs, as an end user, is that service isn’t that great. In Europe, things run more efficiently and effectively. The Internet community here in North America wants to adopt the open structure.”

「 このことは、業界全体にとって、つまり、大規模 CDN や、コンテンツ・プロバイダー、そしてエンドユーザーにとって、素晴らしいことである。 エンドユーザーの視点から見ると、現在のサービスにおける状況は、決して素晴らしいとは言えない。ヨーロッパでは、それらが、より効率的かつ効果的に運用されている。したがって、北米のインターネット・コミュニティは、オープンな構造を採用したいと考えている」と、Digital Realty の VP of Connectivity and Carrier Operations である John Sarkis は発言している。

Open IX will be open to all data centers that meet its criteria. That includes Equinix, which is the leading player in the U.S. interconnection, hosting more than 110,000 cross-connects in its colocation centers. “To the extent that this is seen as a threat to Equinix, it’s because they have so many cross-connects,” said Souter.

Open IX は、その基準を満たす、すべてのデータセンターに対して開かれている。そして、そこには Equinix も含まれる。同社は、そのコロケーション・センターに、11万以上の Corss-connect をホストする、アメリカの相互接続におけるリーディング・プレーヤーである。「 この試みが拡大していくと、Equinix は脅威として見なすかもしれない。 なぜなら、彼らは大量の cross-connect を保持しているからだ」と、Souter は言う。

What About Equinix?

Temkin noted that Equinix has been involved in the Open IX discussions. “They’ve sent people who have collaborated and seem genuinely interested,” said Temkin. “They do have a lot of power in certain markets.”

Temkin は、Open IX の議論に Equinix 関わってきたことを指摘している。「 彼らは、協力するための人員を送り込んできており、純粋な興味を持ってように見える。そして、彼らは、特定のマーケットにおいて、大きなパワーを持っている」と、Temkin は言う。

While Equinix is the dominant player in the U.S. peering paradigm, they know the European model well from their participation in LINX, the AMS-IX in Amsterdam and DE-CIX in Frankfurt. ”We’re trying to make it so everyone can be included,” said Hannigan. “I do think it can work in (Equinix) facilities.”

Equinix は、アメリカ市場における支配的プレーヤーである。その一方で、それと同等のパラダイムである、LINX および、AMS-IX in Amsterdam、DE-CIX in Frankfurt などのヨーロッパ・モデルに、自身がうまく参加できていると認識している。「 私たちは、すべてのプレイヤーを取り込めるように、それを作っていきたい。 そして、(Equinix の)ファシリティでも、それが機能するようにと考えている」と、Hannigan は発言している。

Equinix didn’t want to comment specifically on Open IX. “Equinix’s view is that competition in the marketplace is good and ultimately benefits customers,” the company said in a statement.

Equinix は Open IX に対して、コメントしたがっていない。 そして、「 Equinix の視点は、マーケットにおける競争は善であり、最終的には顧客にメリットをもたらす」と、同社はステートメントで述べている。

Opportunity in the Suburbs?

It’s likely that if Open IX grows and succeeds, it will result in a more distributed ecosystem in which smaller data center operators would be able to offer exchange-level interconnections, including facilities that are some distance from existing network hubs.

Open IX が成長し成功するなら、小規模データセンター事業者が、エスクチェンジ・レベルの相互接続を提供できると思われる、エコシステムが結果として生じるだろう。そして、そこには、既存のネットワーク・ハブから少し離れている、ファシリティも含まれることになる。

“Various vendors have tried solutions in the suburbs,” said Temkin. “No one will move because you can’t get the connection densities.” Easing the ability to connect in secondary facilities, could extend that exchange ecosystem. For example, Equinix hosts a LINX node in Slough, 30 miles west of the exchange’s original site in London’s Telehouse. That could also have reliability benefits.

「 さまざまなベンダーが、郊外での運用というソリューションに取り組んできた。そして、接続密度が得られないため、誰も移動できなかった」と、Temkin は言う。しかし、二次的なファシリティへ接続する機能を容易にすることで、そのエクスチェンジ・エコシステムを拡張できる。たとえば、Equuinix は、London Telehouse のオリジナル・エクスチェンジ・サイトから、西に 30 miles 離れた Slough に、LINX ノードをホストしている。そして、信頼性という面でメリットも享受している。

“One of the biggest problems we see in the current environment, is that numerous cities, all of the density is in one building,” said Temkin. He cites 350 East Cermak in Chicago as one example. “If something happens to that building, the Internet goes down.”

「 いまの環境における、最大の問題の 1つは、数多くの都市で、すべての接続密度が、1つのビルディングに詰め込まれている点である」と、Temkin は言う。彼は、例として、Chicago の 50 East Cermak を挙げている。そして、「もし、そのビルディングに、何かが発生した場合、インターネットがダウンする」と付け加えている。

Hannigan says Open IX has no particular deployment strategy. It has surveyed members to gauge interest in different makets, but will be guided by who has interest and applies for endorsement.

Hannigan が言うには、Open IX には、特定のデプロイメント戦略は無いとのことだ。それぞれのマーケットに対する関心を測定するために、メンバーを対象とする調査を実施したが、興味を持つ人々に導かれ、また、承認されていくことになるだろう。

“There’s definitely room in the market for two exchanges,” said Hannigan. “It has to start organically. For the most part, everything will operate by consensus. The Internet has a long history of volunteers coming together to solve problems.”

「 2つのエクスチェンジのためのマーケットには、一定の空間が必ず存在する、それらは、有機的に起動しなければならない。そして、大半のパートは、合意に基づいて、すべてが動き出す。インターネットには、問題を解決するために、ボランティアが集まってくるという長い歴史がある 」と、Hannigan は言っている。

DCK Industry Analyst Jason Verge contributed to this story.

RELATED POSTS:

ーーーーー

2013年8月の記事ですので、だいぶ時間が経っていますが、文中で紹介されている計画が、今年に入ってから、次々と具体化されているように思えます。 先月末の OCP Summit の会場で、Data Center Knowledge の Rich Miller さんと立ち話したのですが、Open IX には大いに注目していると言っていました。 この記事も、かなり気合の入ったものに仕上がっていますが、その背景には、応援していこうという、彼の思いが有るのだと納得しました。 Agile_Cat も、追いかけていきます! image 

ーーーーー

<関連>

2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす?
Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる

Comments Off on Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

%d bloggers like this: