Agile Cat — in the cloud

Facebook が選んだ CA Technologies の DCIM:どのように ハイパー・スケールを管理するのか?

Posted in Data Center Trends, DCIM, Facebook, Open Compute by Agile Cat on February 7, 2014

Facebook Taps CA Technologies for Hyperscale DCIM
http://wp.me/pwo1E-7b7

January 29th, 2014 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/01/29/facebook-taps-ca-technologies-hyperscale-dcim/

_ DC Knowledge

SAN JOSE, Calif. – Facebook once contemplated building its own software to manage its massive data center infrastructure. But after a lengthy review of its options, the company has opted to use software from CA Technologies to track and manage its data center capacity.

SAN JOSE, Calif. – かつて、Facebook は、自身の巨大データセンターにおけるインフラストラクチャを管理するために、独自のソフトウェアを構築するという意図を持っていた。しかし、その選択肢について延々とレビューした後に、データセンターのキャパシティに関する追跡/管理を実現するために、同社は CA Technologies のソフトウェアを使用するという道を選んだ。

Facebook data center executive Tom Furlong discusses the company’s DCIm software during a session Tuesday at the Open Compute Summit in San Jose. (Photo: Rich Miller)

The announcement is a significant win for CA, which beat out a dozen companies for the high-profile deal. Facebook will use CA Data Center Infrastructure Management (DCIM) software to bring together millions of energy-related data points from physical and IT resources in its global data centers to improve power efficiency.

この発表は、CA にとって大きな勝利であり、誰もが注目するビジネスにより、競合他社を打ち負かすものとなる。Facebook は、グローバルに展開される各データセンター内の物理層から得られる、電力消費と IT リソースに関する無数のデータ・ポイントを、この CA Data Center Infrastructure Management (DCIM) により取りまとめ、 その電力効率を向上させることになる。

DCIM software is seen as a key growth sector, as companies struggle to gain control over increasingly complex data center environments. But many end users have struggled to make sense of the DCIM landscape, which is crowded with more than 70 providers selling software to manage the various aspects of data center operations.

こも DCIM ソフトウェアは、ますます複雑化していくデータセンター環境の、コントロールに苦労している各企業にとって、成長を実現するための重要な分野だと見られている。しかし、大半のエンドユーザー企業から眺めてみると、多様なデータセンター運用を管理するための DCIM ソフトウェアが、70 社以上のプロバイダーから提供されており、それぞれの意味を理解するのに苦労してきたという状況がある。

One System to Rule Them All

The hope is to find “one system to rule them all,” according to Tom Furlong, VP, Infrastructure Data Centers at Facebook, who discussed the company’s DCIM selection process Tuesday at the Open Compute Summit. Furlong said

Facebook の VP, Infrastructure Data Centers である Tom Furlong が、火曜日の Open Compute Summit で説明したところによると、同社における DCIM の選択プロセスは、「 すべてを規定する1つのシステム」を探し出すことにあった。

“We are on a mission to help connect the world, and our IT infrastructure is core to our success,” said Furlong. “We are continually looking at ways to optimize our data centers and bringing all of our energy-related information together in one spot was a core requirement.”

「 私たちのミッションは、つながり合う世界の促進であり、また、私たちの IT インフラは、私たちがビジネスを成功させる上でのコアとなる。 これまでも、私たちはデータセンターを最適化する方式に注目しており、電力消費に関するすべての情報を、1ヵ所に集めることが、要件におけるコアを形成していた」と、Furlong は述べている。

CA Technologies is a long-time player in the data center software arena that has repositioned itself for cloud computing workloads through a series of acquisitions. CA DCIM provides a web-based centralized solution for monitoring power, cooling and environmentals across facilities and IT systems in the data center as well as managing the use of space and lifecycle of assets which make up the data center infrastructure.

CA Technologies は、データセンター・ソフトウェアの分野における長年のプレーヤーであるが、それは一連の企業買収を介して、クラウド·コンピューティングのワークロードに対して、自社のポジションを適合させてきた結果でもある。CA DCIM は、データセンター内のファシリティと IT システムを横断するかたちで、電力/冷却/環境をモニタリングするための、Web ベースのセンタライズされたソリューションを提供している。 また、それだけではなく、データセンター・インフラストラクチャを構成する、資産としてのスペースとライフサイクルの用法も管理する。

Intensive Vendor Reviews

Facebook conducted an intensive DCIM vendor review process. CA was one of a dozen considered and completed a proof-of-concept, followed by a more extensive pilot in a 100,000 square foot section of Facebook’s data center in Prineville, Oregon. data center. This type of field test is a critical step in evaluating a DCIM vendor solution, Furlong said. “You have to figure out a way to try it before you buy it,” he said. CA then worked with Facebook to create a custom solution.

Facebook は、DCIM ベンダーに対する、徹底したレビュー・プロセスを実施した。そして CA は、10数社の候補に入り、POC(proof-of-concept)を達成し、Prineville Oregon における Facebook データセンターの 10万平方フィートのセクションで、より広範囲におよぶ試験を完了した。この種のフィールド・テストは、DCIM ベンダーのソリューションを評価する上で、とても重要なステップであると、Furlong は語っている。 そして、彼は、「 誰もが、それを購入する前に、実施する方式を理解する必要がある」と続けている。 その後に、CA は Facebook と協調して、カスタムなソリューションを構築することになった。

“Facebook’s IT team can now bring this energy-related data into their broader DCIM system for an even more complete view of overall system status.  said Terrence Clark, senior vice president, Infrastructure Management, CA Technologies. “They can then analyze all of the data in aggregate to make decisions to improve efficiency and reduce costs, while delivering a seamless customer experience and creating new opportunities for innovation.”

「 現時点において、Facebook の  ITチームは、全体的なシステム・ステータスを、より完全なかたちで参照するために、広範囲をカバーする彼らの DCIM システム内に、電力に関連する全データを取り込むことができる。そして、彼らは、効率の改善と、コストの削減に関する意思決定を行うために、すべての集約されたデータを分析できる。その一方で、この方式により、シームレスなカスタマー・エクスペリエンスを提供し、新しいイノベーションの機会を創出できる」と、CA Technologies の Senior VP of  Infrastructure Management である Terrence Clark は語っている。

Data Quality Matters

Facebook’s overall data center management strategy integrates several in-house tools, including Cluster Planner (used in deploying entire clusters) and Power Path, which provides data on electric consumption at many points within the data center.

Facebook における全体的なデータセンター・マネージメントの戦略は、データセンター内の多様な測定ポイントから、電気の消費量に関するデータを取り出す、Cluster Planner (全体的なクラスタをディプロイする際に使用) と Power Path を含む、いくつかの内製ツールを統合するところにある。

Despite its intense focus on data collection and management, the DCIM review process presented challenges and learning experiences, Furlong said.

そのフォーカスが、データの収集と管理に集約されているにもかかわらず、この DCIM のレビュー・プロセスが、課題と学習に関するエクスペリエンスを明らかにしてくれる、と Furlong は語っている。

“We learned how important data quality can be,” said Furlong. “You need to look at every single facility in nauseating detail. At the scale we’re at, you can miss stuff.”

「 私たちは、重要なデータの質を高める方式を学習した。 すべてのファシリティにおいて、気の遠くなるような詳細情報を調べる必要がある。 私たちが取り組んでいるスケールでは、その実態を取りこぼしがちになる」と、Furlong は述べている。

RELATED POSTS:

DCIM News: Nlyte Releases SaaS Version of DCIM Platform
RagingWire Boosts DCIM Offering With CA Technologies
A Storm of Servers: How the Leap Second Led Facebook to Build DCIM Tools
Schneider Electric Buys Viridity’s DCIM Software
DCIM: Creating a Holistic and Efficient Data Centre

ーーーーー

TAG index文中にもあるように、DCIM ソフトウェアは超乱立という状況であり、Agile_Cat としても、どのように調べれば良いのかが分からず、途方にくれていたところです。 それにしても、70 社以上ものプロバイダーがいることには、ちょっと驚いています。OCPJ からは HARDWARE MANAGEMENT(対訳付き)というドキュメントが提供されていますが、この Facebook の選択と、OCP で進めている体系化が、どのように関連して、また、どのように差別化されるのか、そのあたりが、とても興味深いですね。image

ーーーーー

<関連>

Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?
Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築
Facebook の 超絶 Web パフォーマンス : その秘密を解析する
SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ
インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる

2 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. Shiro said, on February 16, 2014 at 10:03 pm

    いくつか使ってみて思うのは、基本機能はどれも不足なく備えてきているので、これからはDC設備形態の細かい違いに対応できるがどうがでDCIMの優劣が決まるかと。あとは当たり前の話ですがコスト競争が今後激しくなるでしょう。

  2. agilecat.cloud said, on February 16, 2014 at 10:21 pm

    <関連>リンクにもありますが、FB のケースも、上位レイヤは CA で、下位は手作りのようです。こんなパターンが流行りそうだと思っています。


Comments are closed.

%d bloggers like this: