Agile Cat — in the cloud

Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!

Posted in .Selected, Apple, Google, Microsoft, Mobile, Patent, Strategy by Agile Cat on February 4, 2014

Google paid $4B for patents: why the Motorola deal worked out just fine
http://wp.me/pwo1E-7ag

By Jeff John Roberts – Jan 30, 2014
http://gigaom.com/2014/01/30/google-paid-4b-for-patents-why-the-motorola-deal-worked-out-just-fine/

_ Giga Om

Summary: A closer look at Google’s purchase and sale of Motorola shows the final price of the deal was around $4 billion for a big patent portfolio. That’s a reasonable price to pay in the face of a unreasonable patent system.

Summary: Google による Motorola の買収/売却を注視すると、巨大な特許ポートフォリオに対する $4 Billion が、結果としての買収価格であったことが見えてくる。つまり、不合理な特許制度に対向するために、合理的な対価が支払われたわけである。

ーーーーー

photo: 2@NixoR/Pond5

When Google bought Motorola Mobility for $12.5 billion in 2011, many people said it was all about the patents — and they were right. Now, on news that Google sold the device maker for just $2.9 billion, it’s worth examining if the deal made sense, and what role the patents played.

Google が 2011年に、Motorola を $12.5 Billion で買収したとき、そのすべてが特許のためだと数多くの人々が言及したが、彼らは正しかったことになる。そして、いま、このデバイス・メーカーを、わずか $2.9 Billion で Google が売却したというニュースが流れているが、この取引が理に叶っているのかどうか、そして、この特許が果たす役割は何なのかを、調べる価値があるはずだ。

The short answer is that the deal, including the patent part of it, worked out just fine. A look at the math, and the competitive landscape, shows that the purchase and sale of Motorola made strategic sense for Google, even at that $12.5 billion price tag.

端的に言うなら、それらの特許を含む一連の取引は、うまく機能したことになる。 たとえ $12.5 Billion の値札であったとしても、この競合の世界を見渡すと、Mtorola の買収/売却は Googleにとって、戦略的な意味があったことを示している。

The final outcome of the Motorola deal validates Google’s strategy at a time when most patents are business weapons unrelated to actual innovation. It also provides yet another reminder of how badly America needs patent reform.

大半の特許が現実のイノベーションから遊離したビジネス上の武器であるにもかかわらず、この Motorola に関する最終的な結果は、Google の戦略性を証明している。 さらに言えば、アメリカにおける劣悪な特許を改革しようという試みが、どれだけ必要とされているのかを、思い出させてくれる。

Google encircled, a controversial counter-attack

Recall that one month before the acquisition, Google’s rivals — including Apple, Microsoft and BlackBerry — had snapped up a coveted patent portfolio at auction, giving them a new stick to pummel Google in a global and ever-sprawling legal battle over smartphones.

話は 2011年に戻るが、Google が Motorola を買収した 1ヶ月前のことを思い出して欲しい。 Apple と Microsoft と BlackBerry を含む Google のライバルたちは、熱望する特許ポートフォリオをオークションで競り落とし、スマートフォンを不規則に覆い包む法廷闘争で、Google を叩くための新しいステッキを手に入れた。

The deal, then, gave Google a chance to counter-attack or at least hold its ground thanks to Motorola’s intellectual property, which reportedly amounted to 17,000 issued patents and 7,500 applications. Google has never been a big booster of a patent system that awards patents for inventions like a “method of swinging on a swing” but, given the context, this was a case of if you can’t beat ‘em, join ‘em.

しかし、そのときのオークションは、その後の Google にカウンター攻撃のチャンスを与えることになった。Motorola の知的財産の買収は、少なくとも 17,000 件の特許と、7,500 件の申請を含むものであったと、レポートされている。そして Google は、イノベーションのための特許を奨励する “method of swinging on a swing” のような、特許システムの推進者ではないが、これまでの文脈を考えると、協業も敵対も許さないという事例を作り出している。

Or, as programmer Robert Eric Raymond put it at the time:

プログラマである Robert Eric Raymond は、その時に、以下のように述べている

This is Google telling Apple and Microsoft and Oracle “You want to play silly-buggers with junk patents? Bring it on; we’ll countersue you into oblivion.”

それは、Google から Apple/Microsoft/Oracle に対する、「 ジャンク特許を振り回す、愚か者になりたいのか? それを持ち出すなら、あなた方は、忘却の彼方から、逆に訴えられるだろう」という宣言である。

Sure enough, Google went ahead and poured more gasoline on the smartphone patent wars, in part by asking the International Trade Commission to ban iPhone imports because the popular Apple devices infringed Motorola patents. The ITC lawsuit, however, was a flop and some of Google’s other legal adventures with the Motorola patents have outright backfired.

案の定、Google は、International Trade Commission(国際貿易委員会)に対して、iPhone の輸入を禁止すべきと要求することで、スマートフォンの特許戦争にガソリンを注いだ。その理由は、Apple の人気のデバイスが、Motorola の特許を侵害しているため、というものだった。 しかし、この ITC 訴訟は失敗であり、Motorola の特許を用いた Google の法廷での冒険は、その一部において完全に裏目に出た

Last fall, for instance, the company sued Microsoft for patent infringement but a jury ordered Google to pay up for fighting dirty with standards-essential FRAND patents, which must be licensed on Fair, Reasonable And  Non-Discriminatory terms. (Google, by the way, is not the only accused of messing with FRAND — the cable industry just sued an Apple-backed group over the same tactic).

続いて、昨年の秋に Google は、Microsoft が特許を侵害しているという提訴を起こしたが、ある陪審員が同社に命じたのは、不可欠なスタンダードである FRAND(Fair, Reasonable And  Non-Discriminatory)特許に対して汚れた戦いを仕掛けるなら、その代償を支払えというものであった。( ただし、FRAND を汚すとして批判されたのは、Google だけではない。ケーブル業界でも、Apple の支援するグループが、同じ策を弄していると訴えられている

The bottom line is that the Motorola patents haven’t always worked out as well as Google might have hoped. But that doesn’t mean buying Motorola was a mistake.

つまり、Motorola の特許は、Google が期待するほど、常に効果的ではないというのが、この件に関する結論となる。 ただし、そうだからと言って、Motorola の買収が間違いだったという意味ではない。

The math of irrational patents and the end of war

Sure, Google bought the company for $12.5 billion and sold it for around $3 billion, but that doesn’t necessarily mean it was a bad deal from a patent perspective. While the spread suggests Google lost its shirt, the amount it will actually spend on Motorola at the end of the day is around $4 billion — and it’s keeping the patents.

たしかに Google は、$12.5 Billion で Motorola を買収し、$3 Billion 前後で売却した。ただし、特許という観点からして、必ずしもそれが、ひどい取引だったというわけではない。Google は大損をしたと吹聴する向きもあるが、Motorola を手放す日において、そこに支払われた対価は $4 Billion だとする見方もある。 さらに言えば、論点となっている特許は、Google の手元に残るという計算である。

The $4 billion figure, as analyst Benedict Evans, the New York Times and Bloomberg noted, results from the fact that Motorola had around $3 billion in cash on hand, and from the $6 billion Google recouped from selling off units of the device maker.

この $4 Billion という数字であるが、アナリストの Benedict Evans や、New York Times、そして Bloomberg が指摘するように、買収時に Motorola の手元にあった $3 Billion を差し引き、さらには、このデバイス・メーカーを投げ売りしたことで控除される、$6 Billion を差し引いた結果となる。

As for the patents, CEO Larry Page had this to say:

この、一連の特許について、CEO である Larry Page は、以下のように語っている

Motorola’s patents have helped create a level playing field, which is good news for all Android’s users and partners … Google will retain the vast majority of Motorola’s patents, which we will continue to use to defend the entire Android ecosystem.

Motorola の特許により、すべての Android のユーザー/パートナーにとって朗報となる、公平な競争の場の創出が促進された… Google は、Motorola 特許の大部分を保持し、Android エコシステム全体と守るために、それを使用し続ける。

Page’s words are a reminder that while some of the Motorola patents didn’t pan out in court, there are still thousands more of them that Google can unleash at any time, including newly issued ones (recall that Motorola had 7,500 applications at the time of the deal). And, at $4 billion, the price doesn’t appear to be crazy, especially when considering that’s less than the amount that Google rivals paid at auction for the patent portfolio of Nortel (which took place shortly before Google acquired Motorola).

Page の言葉が思い出させるのは、いくつかの Motorola 特許は、法廷で効力を発揮しなかったが、新たに申請されているものを含めて、いつでも引き出すことができる数千の特許を、Google は依然として手にしているという事実である( 買収されたときの Motorola が、7500件の特許を、申請していたことを思い出してほしい)。そして、$4 Billion という対価であるが、Google のライバルたちが Nortel の特許ポートフォリオを手にするために、(Motorola 買収劇の直前に行われた)オークションで支払った金額よりも少ないことを考えれば、気違いじみたものとも思えない。

More importantly, the Motorola patents don’t stand alone; they are part of Google’s swelling intellectual property portfolio, which now includes access to Samsung’s patents as well as the rapidly increasing number of patents Google is obtaining internally.

さらに重要なことは、Motorola の特許が孤立していないことだ。つまり、それらは、Google 内で膨張する知的財産ポートフォリオの一部を構成し、たとえば Samsung 特許へのアクセスを許すだけではなく、Google が取得していく特許を急増させることになる。

All of this means that Google is in position to wage the smartphone patent wars for years to come. Even if the Motorola patents don’t give it a knock-out victory, the patents will allow Google to inflict incredibly expensive litigation on rivals since, under America’s bloated patent system, it can take years to invalidate even the flimsiest patent.

すべての要因において、Google は今後の数年を睨みながら、スマートフォンに関する特許戦争を仕掛けられる立場を保持する。そして、たとえ Motorola の特許だけでは、決定的な勝利が得られないにしても、一連の特許を組み合わせることで、Google はライバルたちに、とても厳しい訴訟を仕掛けられる。なぜなら、アメリカの肥大化した特許制度の下では、それらの説得力のない特許を無効にしたくても、何年かが必要になるからだ。

Fortunately, this may not be Google’s goal. According to a person familiar with the company, Google’s patent partnership with Samsung is part of a larger plan to defuse the patent wars over smartphones, and promote industry-wide cross-licensing deals instead. If this is the case, the $4 billion that Google paid for Motorola’s patent will help give it the necessary strength to promote peace.

しかし、幸いなことに、そこに Google の目的があるわけではない。 同社の内情に詳しい者によると、Samsung と Google の提携は、スマートフォンにおける特許戦争を打開し、この業界を横断するクロス・ライセンスを促進していくという、大きな計画の一部を構成することになる。 このような場合において、Google が Motorola の特許を支払った $4 Billion は、平和を促進するために必要な、力強さを与えるものになる。

At the end of the day, the Motorola patent purchase was a sane response to a patent system that is so irrational that all three branches of the US government are now trying to reform it.

すべてを総括するなら、Google による Motorola 特許の購入は、アメリカ政府内の 3つの組織が、まさに改革しようとしている不合理な特許制度に対する、正気の回答となる。

Related research

What to expect for the mobile OS market in 2013  – August 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile – January 2013
How tomorrow’s mobile-centric data centers will look – December 2012

ーーーーー

TAG indexいまから、ちょうど 3年前のことです。 すでに Google が手を挙げていた、Nortel の知的財産権の買収に対して、Android を止めたい Apple や Microsoft などがコンソーシアムを設立して、このオークションを競り落としたのです。そして、その直後に Google が Motorola を買収するという、どんでん返しが起こったのです。 この辺りの経緯は、「Android 特許 関連 ポスト 15 本 」にマトメていますので、ご興味あったら、ぜひ、ご覧ください。 これから生まれてくるスタートアップたちのことを考えると、がんじがらめの特許制度は、百害あって一利なしだと思います。image

ーーーーー

<関連>

モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは?
Apple と Google に妥協点はあるのか : Tim と Larry が水面下で協議を継続?
Apple や Microsoft などが、Google や Samsung などを訴える、特許裁判の最終決戦が迫る
クラウドから特許を追放するって、ステキ すぎます Google 先生

Comments Off on Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!

%d bloggers like this: