Agile Cat — in the cloud

Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい

Posted in Asia, Government, Huawei, Security by Agile Cat on December 6, 2013

Everyone hates Huawei: CEO says company is giving up on the US
http://wp.me/pwo1E-6Zq

December 3, 2013 –
Ricardo Bilton
http://venturebeat.com/2013/12/03/everyone-hates-huawei-ceo-says-company-is-giving-up-on-the-us/

_ VB Security

Okay, haters, you win: Huawei is nixing its growth plans in the US.

OK! 嫌っていた、あなたの勝ちだ。 つまり、Huawei が、アメリカ市場上における成長のプランを、投げ出そうとしているのだ。

For years, officials in the US and elsewhere have accused the tech company of being a proxy for the Chinese government. And while Huawei has long denied the claims, it seems like it’s just too tired to do it any longer.

この数年において、アメリカなどの政府当局者たちが、このハイテク企業は中国政府のプロキシであるとして、非難し続けてきた。そして Huawei は、こうした主張を長きにわたり否定してきたが、いまでは疲れ果ててしまい、これからも続けていこうとは思わなくなったようだ。

In a recent interview with French media, Huawei CEO Ren Zhengfei said the company will stop looking for new business in the US, where fears over its alleged spying are the highest.  ”It’s not worth it,” he said, according to a transcript of the interview.

最近のフランス・メディアとのインタビューにおいて、Huawei の CEO である Ren Zhengfei は、同社がスパイ活動をしたという疑惑が、最も深く浸透してしまったアメリカでの、新規事業を停止するだろうと発表した。 そして、インタビューのトランスクリプトによると、「 それは、単なる撤退というダメージ以上のものとなる」と、彼は発言したようだ。

Those fears sound like they’re torn out of a spy thriller: US officials say that Huawei, which makes routers as well as smartphones, could install backdoors into its products, making it easy for the Chinese government to spy on US companies that use them.

同社が、スパイ小説のような世界から、大急ぎで立ち去ろうとしているようにも聞こえる。 アメリカ政府の当局者は、ルーターに加えてスマホも作る Huawei であれば、そのプロダクツにバックドアを仕掛けることが可能だと発言している。 そして、それらを使用するアメリカ企業に対して、中国政府は容易にスパイ活動を行えるというわけだ。

While Zhengfei’s comments were a tad vague, a Huawei vice president told Foreign Policy that the company wasn’t pulling out of the US entirely — it’s just shifting its focus to markets like Europe, which “welcomes competition and investment.”

Zhengfei のコメントは少し曖昧だったのに対して、Huawei の VP は、同社がアメリカから完全撤退しなかったことを Foreign Policy 誌に語っている。つまり、「競争と投資を歓迎」してくれる、ヨーロッパ市場などに、フォーカスをシフトするという話だ。

While the shift seems drastic, it’s actually not surprising given that Huawei admitted as recently as this April that it had been effectively shut out of companies in the US.  That trouble came largely from a 2012 Congressional report that argued that Huawei and its fellow Chinese smartphone marker ZTE “cannot be trusted to be free of foreign state influence.”

このシフトは、ドラスティックなものに見えるが、いくつかのアメリカ企業から、Huawei が体よく締め出されてしまった 4月から、同社に対する認識が変化していないのなら、それほど驚くべきことではない。この問題は、Huawei および、中国のスマホ・メーカーである ZTE が、「 外国からの影響 」という面で信頼できない、2012 年版の議会レポートが主張したことで大騒ぎとなった。

Huawei denied those allegations (which weren’t built entirely on facts), but as the company’s recent news confirms, the damage has already been already done.

Huawei は、これらの主張( 実際には完全に立証されていなかった )を否定したが、最近のニュースで同社が認めているように、それによるダメージは、すでに排除できないものになっている。

ーーーーー

asia-pacificことの真意は、いったい何処にあるのか? それが曖昧なまま、Huawei が撤退してしまうという、きわめて稀な事件だと言えるのでしょう。 同じ、中国メーカーでも、たとえば Lenovo などは、しっかりとアメリカ市場でビジネスを確立しているのですから、やはり、腑に落ちないことだらけです。 文中にあるように、ヨーロッパへの参入がが本格化すれば、それなりの調査が実施され、シロなのかクロなのか、ハッキリするはずだと思います。 ぜひ、そうなって欲しいですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

中国の 2013年 スマホ 市場 : インフォグラフィックスで ど~ぞ!
Lenovo の Windows 8.1 タブレットは、8-inch で $299 だ!
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!
タイ大手銀行が愛の告白 : Line キャラのカードを発行します!
Asus と Acer に、合併というウワサが流れているらしい!

Comments Off on Huawei がアメリカ市場から撤退するらしい

%d bloggers like this: