Agile Cat — in the cloud

Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Open Compute by Agile Cat on November 12, 2013

Quanta Launches Open Compute Solutions, Including Open Rack
http://wp.me/pwo1E-6TH

October 24th, 2013 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/10/24/quanta-launches-open-compute-solutions-including-open-rack/

_ DC Knowledge

For years, Quanta Computer has been building servers for Facebook and Rackspace based on design concepts advanced by the Open Compute Project (OCP). Today Quanta QCT launched a line of hardware products making those Open Compute designs available to a broader pool of customers.

Open Compute Project (OCP) の先進的なデザイン・コンセプトに基づき、Quanta Computer は長年にわたり 、Facebook や Rackspace のためにサーバーを構築してきた。そして、今日、Quanta QCT は、幅広い顧客層に対して提供が可能な、Open Compute ハードウェア・プロダクツのラインナップを立ち上げた。

Quanta QCT (short for Quanta Cloud Technology) is the U.S. business unit of Taiwan-based Quanta Computer, and is marketing its OCP server, storage and network gear under the Rackgo X brand. The new line includes two server solutions, one storage JBOD (model JBR) and one 10G SFP+ switch (model T3048-LY2). A server motherboard option, the Windmill F03, is also available.

Quanta QCT(Quanta Cloud Technology の略)は、Tairan ベースの Quanta Computer における、米国ビジネス・ユニットであり、Rackgo X ブランドの下で、OCPに対応するサーバー/ストレージ/ネットワークなどのギアを販売している。この、新しいラインナップには、2つのサーバー・ソリューションが取り込まれている。 1つは、ストレージである JBOD(モデル JBR)であり、もう1つは、10G SFP + スイッチ(モデル T3048-LY2 )であり、また、サーバーのマザーボード・オプションとして、Windmill F03 も選択できる。

The Quanta Windmill F03C is a half-width, Intel Xeon ES-2600 product family motherboard that features dual CPU sockets and 16x DIMM slots. (Photo: Quanta)

The Open Compute Project began as an open source showcase for Facebook’s design innovations, but over the past two years has evolved into an active community building cutting-edge hardware, disrupting the traditional IT supply chain, and laying the groundwork for future innovation.

Open Compute Project は、Facebook のデザイン・イノベーションに関する、オープンソースのショーケースとして始まったが、これまでの 2年間において、最先端のハードウェアを構築する、活発なコミュニティへと進化してきた。 それは、従来からの IT サプライ・チェーンを破壊し、将来へ向けたテクノロジー・イノベーションの基礎を築くものである。

“Our customers are on a continual quest for the most capital and operationally efficient data center design,” said Mike Yang, the general manager of Quanta QCT. “The Open Compute Project is intended to address this need, and Rackgo X is the culmination of our long-term OCP design and development effort. Working with innovators like Facebook and Rackspace, Quanta has developed the most comprehensive lineup of OCP spec products available on the market.”

「 私たちのカスタマは、最も投資効率がよく、また、効果的に運用できる、データセンター・デザインを継続的に探求している。Open Compute Project は、こうしたニーズに対応するよう意図されたものである。 そして、Rackgo X は、長期間にわたる OCP の設計と開発に取り組んできた、結果としての集大成である。Facebook や Rackspace といった革新的な企業と協力して、Quanta は OCP スペック・プロダクツを開発してきた。 そして、最も包括的なラインアップを、マーケットで入手できるようにした」と、Quanta QCT の General Manager である Mike Yang は述べている。

Adopting Wider Open Rack Design

Quanta provided design, engineering and manufacturing support for Facebook as the social network developed custom hardware for its first data center in Prineville, Oregon. The Rackgo X lineup is inspired by OCP’s Open Rack standard, which provides a 21-inch wide slot for servers, expanding upon the 19-inch width that has long been the standard for data center hardware. The wider form factor will create more room for improved thermal management, as well as better connections for power and cabling.

Facebook が Prineville, Oregon のデータセンター用に、初めてカスタム・ハードウェアをデザインしたとき、デザイン/エンジニアリング/マニュファクチャリングのサポートが、このソーシャル・ネットワークに対して、Quanta から提供されたのだ。Rackgo X ラインナップは、21 inch 幅のサーバー・スロットを装備する、OCP の Open Rack スタンダードに触発されたものとなっている。つまり、長年にわたり、データセンター・ハードウェアの標準であった、​​19 inch 幅を拡大したものである。この幅広のフォーム/ファクタは、熱処理のための空間を広げるだけではなく、電源とケーブルのための、より優れたコネクションを実現する。

All the products in the Rackgo X line will be contributed back to the Open Compute Foundation so others in the industry can build upon them.

Rackgo X ラインナップの、すべてのプロダクトは、Open Compute Foundation にコントリビュートされるため、この業界における他社であっても、それらをもとにプロダクトを構築できる。

“We are thrilled to see Quanta join the ranks of Open Compute Project Solutions Providers, and to see them expand their commitment to open source hardware by contributing their innovative designs back to the foundation,” said Frank Frankovsky, vice president of infrastructure, Facebook and chairman and president of the Open Compute Foundation. “Investments like this, from companies like Quanta, are exactly the kind of thing that is helping the OCP community make data center technologies more innovative, more efficient, and more sustainable.”

「 私たちは、Quanta が Open Compute Project Solutions Providers の仲間に入り、また、彼らの革新的なデザインが、このファンデーションにコントリビュートされることで、オープンソース・ハードウェアへのコミットメントが拡大される様子を見て、とても喜んでいる。Quanta のような企業からの、このような投資は、まさに OCP コミュニティを支援するものであり、それにより、データセンター・テクノロジーが革新的になり、効率性と持続性が実現されることになる」と、Facebook の VP of Infrastructure と、Open Compute Foundation の Chairman and President と兼任する、Frank Frankovsky は語っている。

Customers Include Rackspace

Quanta is the sixth company to qualify as an Open Compute solution provider, joining Hyve Solutions, Avnet, Amax, Penguin Computing and Racklive. But although it’s a little later than some rivals in getting official solution provider status, Quanta’s early mover status has earned it plenty of mindshare. With products QCT developed for Rackspace Hosting, it’s gaining market share as well.

Quanta は、 Hyve SolutionsAvnet/Amax/Penguin Computing/Racklive などで構成される、Open Compute Solution Provider としての基準を充たす、六番目の企業となる。しかし、オフィシャルなソリューション・プロバイダの死角を得るのが、それらののライバルより遅れたにもかかわらず、Quanta の立ち上がりとしての状況は、たくさんのマインドシェアを得ている。そして、Rackspace Hosting のために開発した QCT プロダクツにより、マーケット・シェアも獲得している。

“It’s important for Rackspace and the OCP community to innovate using open hardware standards,” said Wesley Jess, vice president of supply chain for Rackspace. “This enables us to leverage the best engineering talent across the globe and to bring products to market faster in an efficient and scalable way. To maximize on this opportunity, we have chosen Quanta as one of our technology providers because they offer substantial experience with OCP technology in demanding and highly scalable computing environments.”

「 それは、オープン・ハードウェア標準を、利用/革新していく Rackspace と OCP コミュニティにとって重要なことである。 つまり、世界にまたがるベスト・エンジニアリングの才能を活用し、また、効率的でスケーラブルな方法で、プロダクツを最短の時間で市場に届けられるようになる。 このチャンスを最大限に活用するために、私たちはテクノロジー・プロバイダーの一社として、Quanta を選択している。 なぜなら、彼らは、きわめてハイ・スケーラブルなコンピューティング環境で、OCP テクノロジーを活用するための豊富なエススペリエンスを提供してくれたからだ 」と、Rackspace VP of Supply Chain である Wesley Jess は語っている。

Product lineup details include:

  • F03A Server: A high-density, 2OU (Open Rack unit) high-density server designed for compute intensive workloads.
  • F03C Server: – This 2OU / 3 node design allows enhanced I/O flexibility, enabling simplified data center operations.
  • JBR Storage: Based on Quanta’s patented “hidden shelf” design, the JBR doubles density and storage capacity with 28 hot-swappable 3.5” drives in a 2OU configuration.
  • T3048-LY2 Switch: Designed for both public and private cloud deployments with layer 2 and layer 3 networking topologies, the T3048-LY2 delivers high performance, low latency and dual speed 1/10 gigabit Ethernet capabilities.
  • Windmill F03 Server Motherboard Option: The Quanta Windmill F03 is a half-width, Intel Xeon ES-2600 product family motherboard that features dual CPU sockets and 16x DIMM slots for workloads demanding high performance infrastructure. They can be inserted into different Rackgo X enclosures.
  • F03A Server:  高密度の  2OU (Open Rack ユニット) サーバーであり、主としてコンピューティング・ワークロードのためにデザインされている。
  • F03C Server:  2OU / 3 ノード・デザインにより、I/O の柔軟性を拡張し、データセンター運用を簡素化する。
  • JBR Storage: Quanta が特許取得している、 “hidden shelf” デザインを基にした倍密度のストレージ容量を持つ JBR であり、2OU コンフィグレーションに 28 台の、ホットスワップ対応の 3.5 "ドライブを取り込む。
  • T3048-LY2 Switch: Layer 2/Layer 3 のネットワーク・テクノロジー を用いて、パブリック/プライベート・クラウドにディプロイするためにデザインされている。この T3048-LY2 は、ハイ・パフォーマンスで、低レイテンシの、1G/10G ディアル・スピードに対応する、イーサネット機能を提供する。
  • Windmill F03 Server Motherboard Option:  Quanta の Windmill F03 は、ハーフサイズの Intel Xeon ES-2600 マザーボードを持ち、高性能インフラが要求されるワークロードに対応する、デュアル CPU ソケットと 16x DIMM スロットを提供する。また、それらのマザーボードを、別の Rackgo X エンクロージャに挿しこむことも可能である。

To help customers get started quickly with Rackgo X, Quanta also offers three reference architectures. The X300 architecture is designed for compute-intensive workloads, while the X500 architecture targets storage- and bandwidth-intensive workloads, and the X700 architecture is tuned for Hadoop and other, more balanced workloads.

Rackgo X を使用する顧客の、迅速な立ち上げを支援するために、Quanta は 3つのリファレンス·アーキテクチャを提供している。 X300 アーキテクチャは、コンピューティングを主体とするワークロードのためにデザインされている。 X500 アーキテクチャは、ストレージと帯域幅が重視されるワークロードをターゲットにしている。 そして、X700 アーキテクチャは、Hadoop などの、バランスが必要とされるワークロードに最適化されている。

Quanta QCT is headquartered in Fremont, Calif. Its parent company, Quanta Computer, Inc., is a $34 billion company with more than 100,000 employees. It is an original design manufacturing (ODM) provider that provides an alternative to working with original equipment manufacturers (OEMs) like Dell, HP and IBM that have dominated server sales in the U.S.

Quanta QCT は、Fremont, Calif に本社を置いている。その親会社である Quanta Computing は、10万人以上の従業員と、$34 billion の売上を有する。同社は、ODM(original design manufacturing)プロバイダーであり、米国内のサーバー市場を支配する Dell/HP/IBM といった、OEM(original equipment manufacturers)の代替として機能している。

RELATED POSTS:

Rackspace: We’ll Fill Data Centers With Open Compute Gear
New COO Named for Open Compute Foundation
How Open Compute is a Win for Rackspace
Open Compute Shakes Up Server Supply Chain
Scenes From The Open Compute Summit

ーーーーー

open-compute先月の Intel Dev Forum で、Quanta QCT から一連のプロダクツが発表されたというニュースが入り、とても楽しみにしていたことです。ハードウェアの Disaggregattion が進むと、こんなふうにプロダクツのラインナップが構成されるのだという、とてもわかり易い事例になっていると思います。それと、Gartner の 2012 Q4レポートでは、 無印サーバー が 22% UP と伝えられていましたが、ことしは、どれくらい伸びるのでしょうね? いろいろなものが、ドンドンと形になり始め、勢いを増す Open Compute Project です! image

ーーーーー

<関連>

Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?
Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築
Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
Facebook Hardware Labs は、エンジニアにとって夢のような空間だ

Comments Off on Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!

%d bloggers like this: