Agile Cat — in the cloud

Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?

Posted in .Selected, Mobile, Post-PC, Qualcomm, Strategy by Agile Cat on November 2, 2013

Exclusive: Intel Opens Fabs To ARM Chips
http://wp.me/pwo1E-6Rj

10/29/2013 –
Jean-Baptiste
http://www.forbes.com/sites/jeanbaptiste/2013/10/29/exclusive-intel-opens-fabs-to-arm-chips/

_ Forbes

As the old adage goes, if you can’t beat them, join them. Well, that’s exactly what Intel finally decided to do relative to its lagging mobile business.

古い格言にもあるように、その相手を倒せないなら、敵対せずに仲間になってしまうべきだ。まあ、モバイル・ビジネスで遅れをとった Intelが、ついに判断を下したようだが、まさに、そのことを指している。

At the ARM developers conference today, Intel partner Altera announced that the world’s largest semiconductor company will fabricate its ARM 64-bit chips starting next year. The announcement sent shockwaves through the technology industry as Intel is desperately trying to break ARM’s supremacy in the mobile market. Unlike Intel, ARM Holdings of the U.K. doesn’t manufacture chips but its designs are licensed and used worldwide in the mobile industry.

今日(10/29)の ARM デベロパー・カンファレンスで、Intel のパートナーである Alteraが発表したのは、この世界最大の半導体会社が ARM 64 Bit チップを、来年から製造するという話である。このアナウンスメントにより、テクノロジー業界に衝撃が走った。Intel は必死になって、モバイル市場における ARMの覇権を打破しようとしていると、誰もが思っているだけに、それも当然のことだ。Intel とは異なり、この UK ベースの ARM Holdings は、自社でチップを製造することはなく、そのデザインをライセンスし、それが世界のモバイル業界で広く採用されている。

“It’s huge. Imagine ARM’s most powerful and technologically advanced 64-bit processor built on Intel’s leading-edge fabs. A duo that will be hard to beat,” explains Nathan Brookwood, principal analyst at Insight 64.

「 それは、巨大な存在となる。最もパワフルで、高度なテクノロジーを持つ、ARM の 64 bit プロセッサが、Intel における最先端の製造ラインに乗ることを想像して欲しい。このデュオに打ち勝つのは、とても困難なことになるだろう」 と、Insight 64 の主席アナリストである Nathan Brookwood は解説する。

Intel opens world’s leading-edge factories to archrivals

But this is just the beginning of a much larger endeavor for the chip giant as Intel is even willing to compete with semiconductor foundry leader TSMC for the business of its fiercest rivals, like Nvidia or Qualcomm.

しかし、このことは、Intel というチップ界の巨人にとって、長い旅路の始まりに過ぎない。なぜなら、のビジネスにおける強大なライバルである、TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co)のリーダーたちと、つまり NvidiaQualcomm などと、競い合うことが避けられないからである。

“Intel will build Apple’s A7, Qualcomm’s Snapdragon or the Nvidia Tegra for the right price. Now, the question is, are they ready to pay that premium [to ARM] and feed their direct competitor? But that would actually make business sense for everyone,” adds Brookwood.

「 Intel は、Apple の A7 を製造したいだろうが、そこには Qualcomm の Snapdragon や、Nvidia Tegra などが、適切な価格で供給されている。さて、ここで質問だが、それらのコンペティタたちは ARM に対して、プレミアム(保証料)を支払う準備を整えているだろうか? そして、この直接のライバルに利益をもたらすのだろうか? しかし、実際のところ、業界全体に対して、意味のあるビジネスがもたらされるだろう」と、Brookwood は付け加えている。

With Intel ready to open up its leading-edge factories to whomever is willing to pay a premium, chip prices could actually come down, with the other foundries (TSMC, UMC, GlobalFoundries, Samsung, IBM or SMIC) feeling the pressure to compete.

そして Intel が、プレミアム(保険料)の支払いを厭わない、誰かに対して最先端の工場をオープンにする準備を整えるなら、競合のプレッシャーを感じるコンペティタ(TSMC/UMC/GlobalFoundries/Samsung/IBM/SMIC)たちにより、チップの価格が引き下げられるという可能性が生じる。

But will Apple ditch Samsung for Intel? Time will tell…

そして Apple は、Intel が来るなら Samsung と手を切るだろうか? 時が経てば、明らかになるのだろう・・・

ーーーーー

TAG indexいずれは、そうなるだろう・・・ と、誰もが思っていたことが、ついに訪れるのでしょうかね?  9月にポストした、『 Android が all Windows を逆転した:それを示す1枚のチャート 』という抄訳には、この、ショッキングなチャートが含まれています。 そして、いくら Intel が頑張っても、PC が主役に返り咲くことはないと、誰もが納得してしまう状況が示されています。 そればらば、Intel も ARM 陣営に参加すべきという、格言どおりの展開が見えてきます。

ーーーーー

<関連>

Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない
WINTEL による独占は終わった:それを示すチャートを二枚
Intel の時代が1つ終わる : PC マザーボード・ビジネスから撤退
Intel が減速、そして TABLET と PC の明暗: JP Morgan が分析する
MacBook の ARM シフトは起こるのか? それとも Intel に留まるのか?

 

Comments Off on Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?

%d bloggers like this: