Agile Cat — in the cloud

Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?

Posted in Data Center Trends, DCIM, Facebook by Agile Cat on October 30, 2013

The Facebook DCIM whale that got away, Facebook builds its own DCIM solution
http://wp.me/pwo1E-6PQ

TUESDAY, JULY 30, 2013 AT 4:06PM
http://www.greendatacenternews.org/articles/share/625489/

image

Some use the term Whale Hunting to describe going for the big sale, and I would expect that some had used this term going for a DCIM sale at Facebook.

何人かの人々は、捕鯨という言葉を、大売出しを表現するために用いる。 そして、私は、Facebook における DCIM の大売出しのために、この言葉が使われることを期待していた。

If you don’t like the Whale analogy.  Another one is the biggest wins are many times like the "belle of the ball" where companies are the most attractive for a sale.

捕鯨という比喩を、あなたは気に入らないかもしれない。それなら、企業にとって最も魅力的な買い物は、パーティの華と知り合うような思わぬ幸運に似ている、はどうだろう。

Whatever analogy you use the Whale or Belle these companies are smart and know what the market looks like and is used to turning away advances and not taking the bait on a hook.

クジラにしろ、パーティの華にしろ、それらをモノにする企業はイカしている。 そして、マーケットが注目するものを知り、前払いには背を向け、釣針が潜むエサに飛びつくこともない。

Then Facebook sends this message out discussing DCIM at DCD SF.

そして Facebook は、DCD SF で DCIM について議論しようと、以下のメッセージを発信している:

The management tools used today are already a hodgepodge of DIY and third-party solutions. The DCIM solution Furlong hopes will emerge from the current effort will establish a line of communication between management tools on the server side and management tools on the data center side.

今日において用いられているマネージメント・ツールは、すでに DIY と サードパーティ・ソリューションの寄せ集めになっている。Furlong が望む DCIM ソリューションは、現時点での取り組みから生じるものであり、サーバー側とデータセンター側という、2つのマネージメント・ツールの間で、コミュニケーション・ラインを確立していくものである。

Facebook is stuck. With as important as DCIM is, it is not a high enough priority to dedicate the resources to solve.

Facebook は、立ち往生している。DCIM と同じくらい重要であり、それを解決するための専門的なリソースが割り振られていないという、ハイ・プライオリティの領域は他にない。

At the same time, using software-engineer hours to build a solution from the ground up does not make business sense. “Our software developers are better utilized worrying about our infrastructure and worrying about product than they are worrying about data center space.”

それと同時に、ソリューションをゼロから構築するためにソフトウェア·エンジニアの時間を使用することは、ビジネス面で妥当ではない。 「 私たちソフトウェア・デベロッパーたちは、データセンター・スペースを心配する以上に、インフラの活用とプロダクト自身のことを気にかけている」

You don’t hear glowing reviews of DCIM SW from the Whales or Belles in the industry.  Does this mean DCIM is only good enough for the smaller less attractive companies?

つまり、業界におけるクジラやパーティの華から提供される、DCIM ソフトウェアに関する称賛のレビューなど聞いたことがない。 結局のところ、DCIM は、魅力的な企業にとって、小さな問題なのだろうか?

Digital Realty has chosen to build its own DCIM which is part of why they’ll discuss their solution.

Digital Realty は、独自 DCIM の構築を選択している。 以下は、そのソリューションにおける背景と説明の一部である。

SAN FRANCISCO, May 13, 2013 /PRNewswire/ — Digital Realty Trust, Inc. (NYSE: DLR), a leading global provider of data center solutions, announced today that it launched EnVisionSM, a comprehensive data center infrastructure management (DCIM) solution.  EnVision provides increased visibility into data center operations, including the ability to analyze data in a manner that is digestible and actionable; a user interface with displays and reports that are tailored to data center operators; and access to historical data as well as predictive capabilities.

SAN FRANCISCO, May 13, 2013 /PRNewswire/ –  今日のことだが、データセンター・ソリューションのリーディング·グローバル·プロバイダである Digital Realty Trust  (NYSE: DLR) は、包括的な Data Center Infrastructure Management (DCIM) ソリューションである EnVisionSM を立ち上げたことを発表した。EnVision が実現するのは、データセンターの運用に関する高度な可視性であり、理解と対応が容易な形式でのデータ分析能力および、データセンター事業者に合わせて調整された、ディスプレイやレポートによるユーザー・インターフェイス、そして、過去のデータへのアクセスだけではなく、許容量に関する予測機能などを、取り込むものである。

"Up until now, data has been collected, but it has not necessarily been easily accessed or arranged in an intuitive manner that is helpful to a data center operator," said David Schirmacher, senior vice president of portfolio operations at Digital Realty. "The goal in rolling out EnVision across our global portfolio is to give our customers a common database that is structured around the specific needs of data center operators and can therefore manage the millions of data points that are found in today’s large-scale facilities."

「 これまでの方式では、データは収集されるにしても、データセンター・オペレータにとって有用かつ直感的な形式で、容易にアクセスできるように配置されているわけではない。グローバル・ポートフォリオを横断する、私たちの EnVision で実現するゴールは、顧客に対して共通データベースを提供することである。それは、データセンター・オペレータ固有のニーズに合わせて構成され、また、今日における大規模ファシリティで見られる、数百万のデータ·ポイントを管理を可能にするものである」と、 Digital Realty の Senior VP of Portfolio Operations である David Schirmacher は発言している。

DataCenterDynamics discusses this is not a threat.

DataCenterDynamics では、それが驚異的なものではないと、説明している。

DCIM vendors should not see this trend among hyper-scale operators as a threat, however, Ascierto says. Yes, their physical footprint does represent a sizable chunk of the addressable market, but the market is so immature, and the market penetration rate of DCIM is so low, there are plenty of other operators to go after, she says.

しかし、DCIM ベンダーは、ハイパー・スケール・オペレータにおける、このトレンドを脅威として捉えるべきではないと、Ascierto は述べている。たしかに、取り組みが可能と思われる市場において、それらの物理的なフットプリントは、相当量のカタマリを表現しているが、その市場は、とても未熟である。そして、市場での DCIM 浸透率は、とても低い。 つまり、数多くのデータセンター事業者が、それに続いていくことになる、と彼女は発言している。

Not getting the big win may not be a threat, but it never feels good to miss the big sale that could be bragged about as the Whale or Belle of the Ball.

大きな成果が得られていないことを恐れる必要はないが、クジラやパーティの華を自慢するような、大売出しが欠落していることを、良しと思うべきでもないのだ。

ーーーーー

image23DCIM というと、このところは CA や Schneider といったベンダーが頑張っていますが、ここで取り上げられている Facebook をはじめ、Google にしても、Amazon にしても、何らかのソリューションを持っているはずなので、それを公開してほしいと願う人も多いはずだと思います。 とくに、Facebook においては、Open Compute Project もあるのですから、その期待が、更に膨らむのも当然です。先月に、『 Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築 』という抄訳をポストしましたが、そこでは、Facebook は Do It Yourself オプションを見出していると、説明されていました。 そうなると、クジラとか、パーティの華とか、やはり期待してしまいますよね! image

ーーーーー

<関連>

Open Compute について、知っておくべき 10 の事柄
Facebook の空母のようなデータセンター: 効率/温度/湿度 を Web モニタリング
Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう
Facebook が Iowa にもデータセンターを作る? これも デカイ!
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!

Comments Off on Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?

%d bloggers like this: