Agile Cat — in the cloud

SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ

Posted in Data Center Trends, Network, SDN, Strategy by Agile Cat on October 10, 2013

SDN Is Not a Technology, It’s A Use Case
http://wp.me/pwo1E-6Ly

Posted by
Greg Ferro – August 07, 2013
http://www.networkcomputing.com/data-networking-management/sdn-is-not-a-technology-its-a-use-case/240159609

_Network Computing

Commentators on software defined networking (SDN) often point out that no one has deployed SDN, or you that can’t buy SDN today. At a recent IETF meeting, someone stood up and said SDN stands for "Still Does Nothing."

SDN(Software Defined Networking )を取り巻くコメンテーターたちは、大半のケースにおいて、依然として誰もディプロイしておらず、どこへ行っても買い求めることはできないと指摘している。先日の IETFミーティングでは、SDN は Still Does Nothing の略だと、立ち上がって発言するオーディエンスもいたほどである。

This attitude fails to understand SDN is not a technology. It’s more practical to define SDN as a bunch of use cases that use many technologies to meet specific customer needs. Think of it in terms of the data center. Sometimes people will talk about purchasing a "data center network," but that phrase encompasses a variety of different technologies and functions. Do you mean top-of-rack and core Ethernet switches? MLAG and TRILL capability? QoS, MPLS or virtual contexts? Do you mean the OSPF and STP pathing software?

このような態度は、SDN がテクノロジーではないことを、理解できないところから生じる。つまり、特定の顧客のニーズを満たすために、数多くのテクノロジーを使用するユースケースの固まりとして、SDN を定義する方が実用的なのである。それについて、データセンターの観点から考えてみよう。 時として、人々は、"Data Center Network" の購買について話をするが、このフレーズが網羅するものは、それぞれのテクノロジーと、さまざまな機能という、とても幅広いものとなる。あなたは、トップ·オブ·ラックと、コア・イーサネット・スイッチを想像するだろうか?それとも、MLAG と TRILL のキャパシティ?QoS あれば、MPLS もあり、仮想コンテキストもある。さらに言えば、OSPF と  STP の Pathing ソフトウェアなのか?

Thus, a more reasonable discussion of SDN should focus the features it will provide and the technologies required to build it. Broadly speaking, SDN features deliver multi-tenancy, mobility, scalability and reliability on our networks. What differentiates SDN from existing networking is the use of controllers, APIs and software applications to achieve these features.

このように、SDN について合理的に議論を進めるなら、それが提供する機能と、それを構築するために必要なテクノロジーに、フォーカスしていくべきである。大まかに言えば、SDN の機能とは、それぞれのネットワーク上で、Multi-Tenancy/Mobility/Scalability/Reliability を提供することにある。そして、SDN と既存ネットワークの区別は、これらの機能を達成するために、Controller/API/Software Application を用いるところにある。

On the technology side, how you build and deploy SDN will vary according each network and the use cases of that network. Some networks will use OpenFlow, other will use SPB, TRILL, OSPF and others. The SDN platform you deploy might use the OpenDaylight controller or the BigSwitch Networks controller that interfaces to OpenStack. Or your SDN might be a full stack approach, such as Juniper’s Contrail V, Nuage Networks’ VSP or VMware’s NSX, that provides a different type integration and feature set to manage virtual switches in the hypervisor. For service providers, it’s likely that IETF efforts around I2RS will further enable "programmable MPLS" for WAN management to extend the tools that are available today, such as Cisco’s Cariden. And a careful look at Metro Ethernet shows that SDN functions have already arrived with SDH/Sonet already supporting external configuration.

テクノロジーの面から見ると、SDN を構築/ディプロイする方法は、それぞれのネットワークに依存するものとなり、また、対象となるネットワークのユースケースごとに異なるものとなる。 一部のネットワークでは OpenFlow が使用されても、他では SPB/TRILL/OSPF などが使用される。そしてデプロイすることになる SDN プラットフォームが、OpenStack とインターフェイスを取るにしても、そのコントローラは OpenDaylight にもなれば、BigSwitch Networks にもなるだろう。さもなければ、あなたの SDN は、Juniper の Contrail V や、Nuage Networks の VSPVMware の NSX といった、フル・スタックのアプローチを取るかもしれない。それらのアプローチでは、ハイパーバイザーの仮想スイッチを管理するために、それぞれのタイプに応じた統合が行われ、それぞれの機能が提供される。サービス・プロバイダーの視点から見ると、I2RS の関連する IETF での取り組みに似ている。つまり、Cisco の Cariden のように、現時点で利用が可能なツールを、WAN 管理のための "programmable MPLS" へと発展させていく可能性もあるのだ。そして、Metro Ethernet で注視すべきことは、SDN 機能が SDH/Sonet にまで到達し、すでに外部のコンフィグレーションをサポートしている点である。

And for more specialized or niche requirements, you can develop your own application to use proprietary APIs such as Cisco’s onePK for precise control over the network and its changes.

そして、さらに特化した要件や、ニッチな要件においては、このようなネットワークと、その変化を的確に制御する独自アプリケーションを開発し、そこで、Cisco の onePK のようなプロプライエタリ API を使用することも可能だ。

All of these approaches are Software Defined Networking. While some of the technology components are shipping today (as products or even updates to existing technology) many others are still under development. Vendors developing products seek feedback from the marketplace to determine if those products meets customer needs. This gives vendors insight into product viability and validates the investment plan. However, it also creates a good deal of uncertainty, which in turn generates a lot of noise that can distract from actual outcomes that these products create.

これら、すべてのアプローチが、SDN なのである。 いくつかのテクノロジー・コンポーネントが、現時点で出荷されている(新たなプロダクトや、既存テクノロジーのアップデートなど)。しかし、その一方では、依然として数多くのものが開発中である。 開発ベンダーたちは、自身のプロダクトが顧客のニーズを満たしているかどうかを判断するために、マーケットからのフィードバックを求めている。それによりベンダーたちは、そのプロダクトの生存能力に関する洞察を得て、投資の計画を検証していく。しかし、予期せぬビジネスが生まれることもある。 それにより、それらのプロダクトがもたらす、実質的な結果を曖昧にするという、数多くのノイズも発生していくだろう。

SDN is a major inflection in the curve of networking technology, but it’s not a revolutionary product that solves all of today’s challenges. Very few ideas in IT are new, and SDN is no exception. SDN is combining the useful features of existing products in new ways and adding some control methods with software interfaces that change configuration and operations. That’s not a single thing, it’s a strategy. In the same way that you don’t buy a "Data Center Network" today, you won’t buy "Software Defined Networking" tomorrow.

SDN は、ネットワーキング・テクノロジーの変遷に、大きな抑揚をもたらすが、今日における全ての課題を解するという、画期的なプロダクトではない。IT における新しいアイデアは、きわめて少なく、また、SDN も例外ではない。SDN は、既存プロダクトにおける有用な機能を、新しい方式で組み合わせている。 そして、コンフィグレーションとオペレーションを変更するための、ソフトウェア・インターフェイスを用いて、いくつかのコントロール・メソッドを追加している。それは、単一のものではなく、ストラテジーとして見なすべきだ。 つまり、現時点で "Data Center Network" を購入できないのと同じ理由で、明日になっても "Software Defined Networking" は購入できないのだ。

ーーーーー

imageとても刺激的なタイトルのポストなのですが、ずっと手つかずで、翻訳リストに残されたままになっていました。 訳してみて、Data Center Network との対比は分り易く、また、SDN の概念も自分なりに整理された感じがします。 なお、著者である Greg Ferro さんは、フリーランスの Network Architect and Engineer とのことで、Email および Twitter @etherealmind でコンタクトが可能とのことです。また、彼がホストしている、EtherealMind.com Packet Pushers というブログも、ご覧くださいとのことです。image

ーーーーー

<関連>

ネットワークの仮想化へ向けた論証 – Ben Cherian
Brocade が Vyatta を買収
Cisco は vCider を買収し、分散クラウドを加速する
Apigee は、テレコムのための SDN を考える
Cisco が占有する スイッチ と ルーターの世界 : それを示す1枚のチャート

3 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] SDN はテクノロジーではない : ユースケースとして捉えるべきだ | Agile Cat …. […]

  2. agilecat.cloud said, on October 10, 2013 at 5:15 pm

    いつも、有難うございます。
    これを読んでみて、スッキリした気分になりました(笑)

  3. blog.forever21.com said, on May 13, 2014 at 7:23 pm

    Hey there! Do you know if they make any plugins to assist with Search Engine Optimization?
    I’m trying to get my blog to rank for some targeted keywords
    but I’m not seeing very good success. If you know of any please
    share. Thank you!


Comments are closed.

%d bloggers like this: