Agile Cat — in the cloud

Google の Chromecast は、ある種のゲーム・チェンジをもたらす

Posted in .Selected, Google, IoT, Mobile, Post-PC by Agile Cat on August 7, 2013

Marvell co-founder Weili Dai: Chromecast is a game changer
http://wp.me/pwo1E-6sP
By
Janko Roettgers Aug. 2, 2013
http://gigaom.com/2013/08/02/marvell-co-founder-weili-dai-chromecast-is-a-game-changer/

_ Gigaom

Summary: Semiconductor companies can’t just make chips anymore, they need to address the needs of consumers across devices, something that Chromecast enables.

Summary: 半導体メーカーたちは、もうチップを作るだけではダメなのだ。 彼らは、さまざまなデバイスを利用するコンシューマに対して、Chromecast が実現するような、何かのニーズに取り組んでいく必要があるのだ。

Marvell’s co-founder and president Weili Dai has been talking about the connected lifestyle for some time. Now, there’s finally a device that could make her vision a reality: Google’s new Chromecast video adapter, which makes it easy to beam media straight from mobile devices and desktop browsers to the TV. “This is a good example of a game-changing situation,” Dai told me in an interview Friday. “We are very excited.”

Marvell の Co-Founder and President である Weili Dai は、ライフスタイルに関連する話を、何度かしている。そして、彼女のビジョンを現実のものにするデバイスが、ようやく登場することになった。それは、Google が新たに投入した Chromecast ビデオ・アダプタのことであり、モバイル・デバイスやデスクトップ・ブラウザから TV へ向けて、メディア・ビームを容易に飛ばすものである。Dai は金曜日のインタビューで、「 典型的なゲーム・チェンジのソリューションであり、私たちは、とてもエキサイティングな状況にある 」と教えてくれた。

Chromecast is powered by Marvell’s ARMADA 1500-mini chipset, which enables 1080p video playback, common DRM standards and everything else you’d expect from a smart TV device with very little power consumption and a low price tag, allowing Google to sell the device for just $35.

Chromecast は、Marvell の ARMADA 1500 ミニ・チップセットからパワーを供給される。そして、スマート TV デバイスで期待される、1080p のビデオ再生、および、Common DRM 規格といった、すべての事柄を実現するが、その消費電力と価格は、きわめて低く抑えられている。 したがって、Google は $35 という対価で、このデバイスを販売できる。

Dai called Chromecast “strategically critical” during our conversation, explaining that Marvell’s vision has always been to provide the underlying technology to let consumers access any content, anytime and anywhere. “Chromecast really addressed that,” she said, by bringing mobile devices and the TV screen together. “I call it the magic glue,” she added.

Dai は、私たちとの会話において、Chromecast を 「 戦略的な要」と呼んでいた。それは、時間と場所を選ぶことなく、あらゆるコンテンツに対して、コンシューマがアクセスするための、基礎となるテクノロジーを提供することが、Marvell のビジョンであると説明するものでもある。 モバイル・デバイスと TV スクリーンを結びつけるという意味で、「 Chromecast は本質的に、それに取り組む、魔法の接着剤だ」と、彼女は付け加えている。

Dai painted Chromecast as part of a bigger change for the semiconductor business, arguing that for companies like Marvell, it’s not just about making chips anymore, but about providing complete solutions for today’s connected consumer.

Dai が思い描く Chromecast は、半導体のビジネスを大きく変化させるものである。そして、Marvell のような企業にとって、チップを生産するだけのビジネスはダメであり、コンシューマに関連する完全なソリューションの提供が、必要になってきたと主張している。

Media consumption across devices is one of those areas, but the next big frontier could be around big data and its use for our personal well-being, Dai said. “People talk a lot about big data,” she said, “but what do you do with that big data?” The next big opportunity for entrepreneurs would be to leverage all those data points from smart devices and sensors around us to make a difference in people’s lives, she said.

デバイスを横断するメディア消費は、これらの分野の 1つであるが、次の大きなステップは Big Data にあり、そのパーソナルな活用がカギになると、Dai は発言している。「 Bid Data を語る人は多いが、みんなは、何をしたいのだろう?」と、彼女は言う。起業家にとっての、次の大きなチャンスは、スマート・デバイスやセンサーから吸い上げられる、それら全てのデータを活用し、そのぞれの人々の生活に、どのような違いがあるのかを確認していくところにあるだろうと、彼女は言う。

Related research

ーーーーー

google-55aこれは、とても面白い試みですし、Marvell のような半導体メーカーが、新しいビジネス・レイヤを狙っていく理由も、それとなく見えてきますね。 昨夜、ある飲み会で、この Chromecast が話題になりましたが、たとえばカーナビデジタル・サイネージなどにも、応用できるという意見が出ていました。 さまざまなシチュエーションにおいて、モバイル・デバイスが要となり、それぞれの環境とインターネット・サービスを、簡単かつ経済的に接続していくというゲーム・チェンジを、あちらこちらで目にするようになっていくのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!
ARM ベースの Marvell Armada XP は、クラウドで革命を起こせるのか?
ARM vs. Intel : 主戦場は スマホ・サイズの サーバー?
SeaMicro を買収した AMD は、ARM ライセンスの取得へと向かうのか?
ARM チップは 5-watt の電力でサーバーを動かす
Nvidia が開発する ARM ベースの Server CPU とは?

 

Comments Off on Google の Chromecast は、ある種のゲーム・チェンジをもたらす

%d bloggers like this: