Agile Cat — in the cloud

Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?

Posted in .Selected, AI ML, Hybrid, OpenStack, Rackspace by Agile Cat on July 17, 2013

Rackspace and CERN collaborate on massive OpenStack hybrid cloud
http://wp.me/pwo1E-6nl
By
Barb Darrow – JUL. 1, 2013
http://gigaom.com/2013/07/01/rackspace-and-cern-collaborate-on-massive-hybrid-cloud/

_ Gigaom

Summary: CERN openlab is working with Rackspace to build and deploy a massive hybrid cloud that could prove OpenStack’s worth in huge research applications.

Summary: CERN の OpenLAB は、研究を目的とした膨大なアプリケーションで OpenStack の価値を証明するために、大規模ハイブリッド・クラウドの構築/展開において Rackspace と協調していく。

CERN, the hotbed of physicists exploring the origin of, well of everything,was already using OpenStack for private cloud infrastructure and now CERN’s openlab arm is partnering with Rackspace to build out a hybrid cloud as well. Rackspace announced the collaboration Monday, positioning the project as a way to show that hybrid cloud can suit even the biggest, and most data intensive jobs.

CERN の起源は、すべての事象を解明しようとする、物理学者たちの住処であり、すでにプライベート・クラウドのインフラとして OpenStack を使用している。 そして、いま、CERN OpenLAB 部門は、ハイブリッド·クラウドを構築するために、Rackspace社と提携している。今回ののコラボレーションについて、月曜日に Rackspace が発表した内容は、その最大級の規模を誇るデータ集約的な作業に対して、ハイブリッド·クラウドがフィットすることを示すという、このプロジェクトの位置づけである。

This is a pretty big reference account win for Rackspace, which, along with Hewlett-Packard, Red Hat, IBM, and Microsoft  is trying to show that hybrid cloud is the go-to implementation model for many organizations that want to keep some data and applications in-house while tapping public cloud as necessary for some loads. All of these vendors hope to use this hybrid cloud pitch as a counterweight to Amazon web Services huge public cloud push.

それは、Rackspace のアカウント戦略における大勝利であり、また、Hewlett-Packard や、Red Hat、IBM、そして Microsoftなどが、ハイブリッド・クラウドへの取り組みにおいて、喉から手の出るほど欲しがっている成果である。言うまでもなく、それは、要求される負荷にパブリック・クラウドをしながら、特定のデータやアプリケーションは、社内に置いておきたいという、数多くの組織が望んでいる実装モデルである。それらすべてのベンダーは、Amazon Web Services という巨大なパブリック・クラウドからの圧力に抗して、このハイブリッド·クラウドというセールス・トークを用いたいと願っている。

imageRackspace CTO John Engates

“We’re helping them make the vision of hybrid cloud do-able —  [CERN is] starting to federate their existing cloud, the cloud we’re building with them and the public cloud at Rackspace,” said John Engates, Rackspace CTO in an interview. Cern openlab is a mechanism  facilitate collaboration between commercial companies and the physics lab. It was unclear if this effort will bring revenue to Rackspace, but Engates said there is big potential upside, although CERN is already a Rackspace public cloud customer.

「 私たちは、彼らのハイブリッド·クラウドにおけるビジョンを支援している。 つまり CERN は、既存クラウドとのフェデレーションに着手しようとしているが、その対象は Rackspace で構築されているパブリック・クラウドなのだ」と、Rackspace の CTO である John Engates がインタビューで答えている。CERN の Open LAB という組織は、この物理学研究所と民間企業のコラボレーションを促進するものである。この試みにより、Rackspace にもたらされる収益は不明であり、また、すでに CERN が Rackspace パブリック・クラウドの顧客でであるにもかかわらず、大きな可能性が生じると Engates は発言している。

“Both CERN and Rackspace are putting something in and we get the benefit of doing something at scale with CERN in a context we don’t serve very well yet. Research is not something we’ve targeted as a company yet — we were more focused on pure commercial customers but with CERN doubling down on OpenStack and bringing us in gives us a big test bed and venue. We have aspirations to put our cloud in every context.

「 CERN と Rackspace は、そこに何かを期待している。そして、Rachspace が上手くサポートできない世界で、CERN のスケールを活用することで、何らかのメリットを得たい。当社がターゲットするものに、研究という切り口は無かった。 つまり、 私たちは、よりピュアなコマーシャル・カスタマーにフォーカスしてきた。しかし、CERN は OpenStack に対して積極的であり、また、私たちに対して巨大なテストベッドと場所を提供してくれる。私たちは、すべてのコンテキストに対して、自身のクラウドを適合させるという願望を持っている」

As GigaOM’s David Meyer reported a month ago, CERN moved away from one open source cloud, OpenNebula, to another in OpenStack. The latter was born out of NASA and Rackspace, but is now governed by the OpenStack Foundation. CERN infrastructure manager Tim Bell was an early supporter of OpenStack, and now a foundation board member. He will speak about his experience at GigaOM’s Structure Europe  in London Sept. 18-19.

1ヶ月前に、GigaOM の David Meyer がレポートしたように、CERN は OpenNebula から OpenStack へと、そのクラウドを移行している。そして、OpenStack は、NASA と Rackspace により誕生しているが、いまでは OpenStack Foundation により管理されている。CERN の Infrastructure Manager である Tim Bell は、OpenStack の初期におけるサポーターであり、また、いまでもファンデーションのボードメンバーを務めている。London Sept. 18-19 で開催される GigaOM Structure で、彼は自身のエクスペリエンスについて講演する。

Related research

ーーーーー

image数ヶ月前ですが、CERN が OpenNebula から OpenStack に切り替えたというニュースが流れていましたが、この記事によると、その背後で Rackspace が動いていた感じですね。 それにしても、CERN のような組織が、ハイブリッドに取り込むというのは、その理由も明らかでり、また、納得しやすい感じがしますね。 そして、OpenStack としては、PayPal 以来の大型顧客の獲得となり、また、自身の存在をアピールする、とても大きなチャンスをモノにしましたね。image

ーーーーー

<関連>

Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査
OpenStack Summit から学ぶべき、5つのポイントとは?

VMware と Ubuntu が連携 : OpenStack とのインターオペラビリティ
Yandex と CERN がコラボ! 機械学習と物理学は 共鳴するのか?
OpenNebula クラウド : しずかに増え続ける エンタープライズ利用

 

2 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは? | Agile Cat — i…. […]

  2. agilecat.cloud said, on August 4, 2014 at 8:22 pm

    リンクを有難うございます!


Comments are closed.

%d bloggers like this: