Agile Cat — in the cloud

驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ

Posted in Asia, Baidu, Businesses, Google, Research by Agile Cat on July 12, 2013

These Two Graphs Show Painful Drops for Google and Baidu in China Search Engine Market
http://wp.me/pwo1E-6mq

July 4, 2013 – by
Steven Millward
http://www.techinasia.com/china-baidu-qihoo-google-search-market-share-war/

_ tech in asia

Now that it’s July we have market share data for China’s hard-fought search engine sector. The industry was reinvigorated last August by the entrance of Qihoo (NYSE:QIHU) (previously a web portal and software company) into the battle against Baidu (NASDAQ:BIDU) and Google (NASDAQ:GOOG). So how’s it panning out for Qihoo? Actually very well.

今年も半分が終わり、7月に入ったが、China における激戦区である、検索エンジン業界のマーケット・シェア・データを提供しようと思う。この業界では、昨年の 8月に Qihoo(QIHU NYSE:以前は Web ポータルやソフトウェアを提供)が参入したことで、Baidu(BIDU NASDAQ)と Google(NASDAQ:GOOG)に挑む戦いが繰り広げられ、再活性化が始まろうとしている。

New data (from CNZZ) for June shows that Baidu has hit an all-time low in the face of its new competitor, dropping below a psychologically important 70 percent market share in terms of search page-views. Baidu now stands at 69.37 percent share, down from 81.6 percent at the same point last year before Qihoo burst onto the scene. We’ve reached out to Baidu to comment on the latest numbers. Here’s the seething rivalry in one graph:

6月の動きを示す最新データ(from CNZZから)によると、この新しいコンペティタと直面する Baidu が、史上最低記録を更新し続けていることが分かる。そして、検索ページ・ビューの観点において心理的に重要とされる、70% のマーケット・シェアを下回ってしまった。Qihoo が登場する前の Baidu は、昨年同期に 81.6% のシェアを誇っていたが、それが 69.37% まで下がっている。私たちは、この最新の数値について、Baidu にコメントを求めているところだ。以下のグラフを見れば、新たなライバル関係が、熱を帯びていることが分かるだろう:

クリックで拡大 ⇒

Qihoo has grown from nothing to command, in less than a year, 15.26 percent of all China’s search engine page-views. That’s how it stands right now. It proves wrong those who said Qihoo would never get past the 10 percent share it quickly assailed after launch thanks to traffic driven to the new search engine by its popular PC browser that many in China use instead of Internet Explorer.

Qihoo は、わずか1年の間に、つまりゼロからのスタートにおいて、China の検索エンジン・ページ・ビューにおける 15.26% まで成長してきた。それが、まさに、今の状況である。Qihoo は、その立ち上げ後に 10% のシェアも取れないと言っていた人々が、間違っていたことを証明した。 そして、その背景にあるのは、独自に開発した PC ブラウザが、Internet Explorer の代替えとして人気を博しており、さらには、検索トラフィックを発生させるためである。

Note that those curves of Qihoo and Baidu look remarkably symmetrical.

Qihoo と Baidu の曲線が、きわめて対称的に見えることに注意して欲しい。

Google: Going, going, gone

The other battle is for third place in China. That’s one Google has lost spectacularly. (Indeed, Google was second before Qihoo came along). Google has lost a lot of share in the past year (5.54 percent down to 2.13 percent from June 2012 to June 2013) in China and is now mired in fifth place.

もう1つの戦いは、China における 3位のポジションを巡るものだ。それは、Google が見事に失ってしまったものでもある( Qihoo が登場する以前には、たしかに Google 2位だったのだ)。  China における Google は、昨年に大きくシェアを失っており(2012年6月~2013年6月で 5.54% から 2.13% へ)、いまでは 5位に陥っている。

Meanwhile, Tencent’s (HKG:0700) Soso has kind of struggled and Sohu’s (NASDAQ:SOHU) Sogou has grown slightly. Little wonder that everyone’s talking about the Sogou search division being acquired – possibly by Qihoo. Here’s the battle for third place, which seems to be unable to grow past 10 percent share:

その一方で、Tencent(HKG:0700)の Soso は苦戦し、また、Sohu(NASDAQ:SOHU)の Sogou は、わずかに成長しいるだけだ。おそらく、Qihoo により Sogou の検索部門が買収さると、人々はウワサしているはずだ。これまでにおいて、10% のシェアを達成できないと考えられてきた、3位のポジションを巡る戦いは以下のとおりである。

クリックで拡大 ⇒

Of course, as with all stats, we must keep in mind margins of error on a number of possible fronts. Perhaps Baidu is seeing a lot more searches via its native mobile search or voice assistant apps, which might not count as page-views by CNZZ. There are several other possibilities. As for Google, we know exactly how it’s losing out: it’s being unfairly partially blocked by China’s Great Firewall, making it appear to Chinese netizens that the service is slow or broken.

もちろん、すべての統計情報と同様に、これらの数値については誤りがあるかもしれないと、心に留めておく必要がある。おそらく Baidu は、独自のモバイル検索および、音声アシスタント・アプリを介して、より多くの検索を得ているが、CNZZ ではページビューとしてカウントされない可能性がある。また、その他にも、いくつかの間違いの可能性がある。 Google に関しては、負け続けている正しい理由を知っている。つまり、Google は China Great Firewal により、部分的ではあっても、不当にブロックされている。そして、China のネチズンには、サービスの応答が鈍く、また、壊れているように見えてしまうのだ。

Check out more data on CNZZ.
(Editing by Willis Wee and Enricko Lukman)

ーーーーー

TAG index中国マーケットにおける、検索サービスの詳細なシェアというものを、初めて見たように思います。 北京政府との対立の後に、Google が置かれた状況を知りたい方は、『 Google と 中国政府の予定調和を分析する - WIRED 』という抄訳を参照してください。Baidu とは異なり、Google に対しては、強大な政治的圧力が存在していることが分かりますが、それの無いロシア市場においても、Google は Yandex の後塵を拝しているようです。 新しいマーケットの、独自の発展形態を予測させる、なかなか興味深い現象ですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google だけに優秀な頭脳を独占させない :Baidu が Cupertino オフィスをオープン
キッシンジャー米元国務長官が、北京で Baidu トップと話したことは?
中国の UC Browser が、1億人の海外ユーザーを獲得!
iOS と Android のトータル: 中国 が 米国 を追い抜く!
中国の モバイル eコマース : 前年比で 600% の成長を達成
膨大な人口を抱える Asia のサークルにこそ、スタートアップの未来がある

 

Comments Off on 驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ

%d bloggers like this: