Agile Cat — in the cloud

IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!

Posted in .Selected, Data Center Trends, IBM, Storage by Agile Cat on July 2, 2013

Want 12TB of flash memory for your server rack? $331,000, please
IBM is investing $1 billion in R&D for new flash memory systems.
http://wp.me/pwo1E-6jY
by
Jon Brodkin – Apr 13 2013
http://arstechnica.com/information-technology/2013/04/want-12tb-of-flash-memory-for-your-server-rack-331000-please/

_ ars technica

IBM said yesterday that it will spend $1 billion on the research and development of new flash memory systems to accompany its various servers, storage, and middleware products.

昨日(4/12)に IBM は、各種のサーバー/ストレージ/ミドルウェア・プロダクトに取り込むための、新たなフラッシュ·メモリ·システムの R&D に、$1 billion を費やすと発言した。

Of course, IBM is expecting a big return on that investment. IBM already purchased flash memory vendor Texas Memory Systems last October for an undisclosed sum. Along with the $1 billion R&D investment, IBM announced the availability of all-flash storage appliances based on Texas Memory technology.

もちろん、IBM は、こに投資からの大きなリターンを期待している。 すでに同社は、昨年の 10月に、Texas Memory Systems(非公開企業)というフラッシュ・メモリ・ベンダーを買収している。そして IBM は、$1 billion の R&D 投資に加えて、Texas Memory のテクノロジーをベースにした、すべてをフラッシュで構成するストレージ·アプライアンスを発表した。

The president of IBM’s flash storage division.
DC Comics

The suggested price list for the new IBM FlashSystem appliances shows the big investment in solid state storage should be well worth it. The IBM FlashSystem 720 and FlashSystem 820, both 1U-sized rack-mounted systems, start at $16,000 each. A choice between four 8Gbps Fibre Channel or 40Gbps quadruple data rate InfiniBand interface ports adds another $8,000.

この、新しいIBM FlashSystem アプライアンスのた価格表は、ソリッド·ステート·ストレージにへの膨大な投資が、充分な価値を生み出すものだと示唆している。 IBM FlashSystem 720 と FlashSystem 820は、1U サイズのラックにマウントされるシステムであり、どちらの価格帯も $16,000 からスタートする。そして、$8,000 を追加することで、48 Gbps ファイバー·チャネル、もしくは、40 Gbps 4倍速 InfiniBand の、インターフェイス・ポートが選択できる。

Then you actually buy the flash storage. FlashSystem 720 comes with 6TB or 12TB of SLC flash (5TB or 10TB of usable capacity) for $166,000 and $331,000, respectively. FlashSystem 820 comes with 12TB or 24TB (10TB or 20TB usable) of eMLC flash for $166,000 and $331,000, respectively.

続いて、実際のフラッシュ・ストレージを購入する。 FlashSystem 720 には、6TB もしくは 12TB の SLC フラッシュが付属するが(使用可能な容量は 5TB と 10TB)、それぞれの価格は $166,000  と $331,000 になる。FlashSystem 820 には、12TB もしくは 24TB の eMLC フラッシュが付属するが(使用可能な容量は 10TB と 20TB)、こちらの価格も $166,000  と $331,000 になる。

SLC flash is well-suited to write-heavy workloads distributed across multiple servers, while eMLC flash is suitable for read-heavy workloads, according to Big Blue.

Big Blue によると、SLC フラッシュは 複数サーバーに分散された Write-Heavy なワークロードに適しているが、eMLC フラッシュは Read-Heavy なワークロード向きだとされる。

“FlashSystem 720 and FlashSystem 820 storage systems may deliver significant benefits to server-based infrastructures which depend on large quantities of locally attached flash devices, such as PCIe Flash cards or SAS/SATA SSDs,” IBM said. “While locally attached flash devices typically work well for accelerating applications located on single servers, such devices can be more difficult to share across multiple servers, scale to large capacities, and centrally manage than FlashSystem 720 and FlashSystem 820 storage systems. Additionally, FlashSystem 720 and FlashSystem 820 storage systems have sophisticated reliability features like Variable Stripe RAID that are typically not present on locally attached Flash devices.”

「 FlashSystem 720 と FlashSystem 820 ストレージ・システムは、サーバー・ベースのインフラに対して大きなメリットをもたらすだろう。それらのインフラとは、PCIe Flash Card や SAS/SATA SSD といった、ローカル接続された大量のフラッシュ・デバイスに依存しているものである。一般に、ローカル接続されたフラッシュ・デバイスは、シングル・サーバー上のアプリケーションをアクセラレートするには上手く機能するが、それらのデバイスと FlashSystem 720/FlashSystem 820 ストレージ·システムを比較すると、複数サーバー間での共有/大容量に対するスケール/一元化された管理などが困難になる。それに加えて、FlashSystem 720 と FlashSystem 820 ストレージ・システムには、一般的なローカル接続フラッシュ・デバイスでは対応していない、Variable Stripe RAID のような信頼性のための先進的な機能を備えている」と、IBM は述べている。

FlashSystem is at least the fourth flash storage product released by IBM, alongside the Storwize V7000, System Storage DS8870, and XIV Storage System.

FlashSystem は、 Storwize V7000/System Storage DS8870/XIV Storage System と並行してリリースされる、IBM としての 第4のフラッシュ・ストレージ製品である。

IBM’s expanded embrace of flash shouldn’t be called revolutionary. Old storage industry stalwarts like EMC have been selling flash products into data centers for years, as have a variety of newer vendors like Fusion-io and Violin Memory.

IBM が拡大していく、フラッシュ取り込み戦略は、革命と呼ぶべきものではない。 EMC のようなストレージ業界の重鎮たちは、Fusion-io や Violin Memory などの新しいベンダーと連携することで、この数年の間に、データセンターた対してフラッシュ製品を販売してきた。

But as it so often does, IBM will likely find a way to make flash storage a profitable part of its business. Already, Sprint Nextel has purchased 150TB of flash storage from IBM. And IBM has a good sales pitch, saying flash will improve data center reliability while cutting response times from milliseconds to microseconds.

しかし、いつものように IBM は、そのビジネスにおける収益を生み出す部門へと、フラッシュ・ストレージを展開していくための方法を見つけるだろう。すでに Sprint Nexte 社は、IBM から 150TB のフラッシュ・ストレージを購入している。そして IBM は、データセンターの信頼性を向上させながら、応答時間をミリ秒からマイクロ秒へと短縮するという、素晴らしいセール・トークを持っている。

“Flash systems can provide up to 90 percent reductions in transaction times for applications like banking, trading, and telecommunications; up to 85 percent reductions in batch processing times in applications like enterprise resource planning and business analytics; and up to 80 percent reductions of energy consumption in data center consolidations and cloud deployments,” IBM said.

「 フラッシュ・システムは、銀行/貿易/通信などのアプリケーションにおいて、そのトランザクション時間を 90% 低減できる。また、ERP や BI での分析といったアプリケーションでは、バッチ処理の時間を 85% 短縮する。さらに、データセンター・コンソリデーションやクラウド・デプロイメントでは、その消費電力を 80% も削減する」と、IBM は述べている。

IBM did not say how many years the $1 billion R&D investment will be spread over. But as part of its sales pitch, it will open 12 “Centers of Competency” across the globe to show customers proof-of-concept scenarios for speeding up performance of workloads such as “credit card processing, stock exchange transactions, manufacturing and order processing systems.”

IBM は、$1 billion の R&D 投資が、どれくらい継続するのかという点に言及していない。しかし、そのセールストークの一環として、「クレジットカード処理/株式交換取引/製造業/受発注」システムなどにおける、ワークロードのパフォーマンスをアップしていくと発言している。 そして、世界に 12ヶ所の “Centers of Competency” を開設し、顧客に対して POC(proof-of-concept)シナリオを示していくことになるようだ。

ーーーーー

imageたいへんな時代になったものですね。 こうした Flash Memory アプライアンスにより、データセンターにおけるワークロードが、大幅に改善されていくのでしょうが、いきなり 12TB で $331,000 と言われても、あまりのスゴさに驚くばかりですね。 そして、この IBM だけではなく、Intel も取り組んでいる、シリコン・フォトニクスにより、サーバーとラックの単位が、根本的なレベルから再構成されていくのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

OCP Summit 2013 キーノート : モノリスを破壊する!
Intel の Open Compute にかける意気込みがスゴイ : 100G Photonics!
Intel と Facebook が実現する、100 Gbps でラックを貫く光学素材とは?
やったぜ! Facebook の Open Compute Project がオープン・スイッチに挑戦だ!
Facebook と Open Compute は、$55B のサーバー市場を解体/再生する

Comments Off on IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ!

%d bloggers like this: