Agile Cat — in the cloud

IBM が開発した、自走式 DC 温度/湿度センサー・ロボットが凄い! まるで ルンバだ!

Posted in Data Center on Youtube, Data Center Trends, Weekend by Agile Cat on June 22, 2013

IBM Robot Maps Data Center Temperature and Humidity
http://wp.me/pwo1E-6gS
By: Colleen Miller – May 30th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/05/30/ibm-robot-maps-temperature-and-humidity-in-the-data-center/

_ DC Knowledge

Data center managers need to measure temperature and humidity in a data center, and now they can use small robot by IBM to perform that function. This 1:38 minute video shows the IBM robot and what it can do the data center. The data from the robot is used to develop an efficiency map, which shows temperature differences in the data center and can guide you in making your data center airflow more efficient.

データセンター管理者は、そのサーバー・ルームにおける温度と湿度を測定する必要があるが、これからは、その機能を提供する IBM の小さなロボットを、利用できるようになるだろう。この、1分38秒のビデオは、前述の IBM ロボットと、それによりデータセンターにもたらされるものを示している。ロボットから発信されるデータは、データセンター内の温度差を示す、効率化のためのマップを作成する。したがって、それを用いることで、データセンターにおけるエアフローの効率化を容易に達成できるようになる。

___space

___space

ーーーーー

imageすばらしい発想ですね! でも、ルンバのパクリのようにも思えてしまいます :)  そして、どのくらいプログラマブルなのか、そのあたりも気になります。 たとえば、熱溜まりの疑いのあるような場所を、ことさら入念に調べあげて、そのデータをリアルタイムに取得してくれるなら、エアーフロー・シミュレーションのコストを大幅に引き下げることが、可能になるかもしれません。 それにしても、面白いですね! image

ーーーーー

<関連>

OCP データセンターと、高温多湿気候との関係について
Facebook の空母のようなデータセンター: 効率/温度/湿度 を Web モニタリング!
コ・ロケーションのための、データセンター Hotsopt を探せ!
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
クラウドにより、どこまで データセンターの効率は高まるのか?

 

2 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. Shiro said, on June 22, 2013 at 2:32 pm

    やはりルンバを弄ってるそうで、この発想は大好きです!

    http://www.techweekeurope.co.uk/news/ibm-roomba-data-centre-heat-emc-117925

  2. agilecat.cloud said, on June 22, 2013 at 5:33 pm

    おぉ! そうなんですか。面白いですねぇ〜〜〜


Comments are closed.

%d bloggers like this: