Agile Cat — in the cloud

シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

Posted in Asia, Data Center Trends, Equinix, Government, Research, Telecom by Agile Cat on May 24, 2013

Clement Goh (Asia) – Singapore Swings Ahead in 2013 Trends
http://wp.me/pwo1E-69l

Posted by Clement Goh Company Equinix 03/12/2013
http://www.idgconnect.com/blog-abstract/766/clement-goh-asia-singapore-swings-ahead-2013-trends?region=asia

image

After a year of robust growth, 2013 is poised to be another season of data-driven acceleration for the Asia-Pacific data center markets. Singapore has been uniquely placed to take advantage of the data surge.

力強く成長した 1年が終わり、2013年の Asia-Pacific データセンター市場は、データ駆動型という、もう 1つのテーマを加速させる時期を迎えている。 そして、Singapore は、急上昇するデータ量というアドバンテージを活かす、ユニークなポジションを確保している。

Image credit: taylor.f11 via Flickr

The new data stimulants of cloud services, mobile content, personal content, social media and the big data demands of MNC-driven sectors are set to take us to new data consumption highs in 2013. We spotlight the key themes facing the Singapore market.

クラウド・サービスや、モバイル・コンテンツ、パーソナル・コンテンツ、ソーシャル・メディア、そして MNC ドリブンなセクタからの要求であるビッグデータといった、新しいタイプのデータが刺激することで、2013年における新たなデータ消費は最高潮に達するだろう。したがって、ここでは、Singapore マーケットが直面している、主要なテーマにスポットライトを当てることにした。

Data protection

The Singapore government has committed heavily to the issues surrounding security and regulation for storing structured and unstructured data. It has implemented a lot of law and regulation around how this data is housed, providing a safer environment for data and protecting local investors.

Singapore 政府は、構造化/非構造化データのストアに関連する、セキュリティと基準の問題に、大胆に取り組んでいくと約束した。 そして、対象となるデータのハウジングについて、数多くの法律と基準を実施することで、データのための安全な環境を提供し、また、地元の投資家を保護した。

A regulatory trend is emerging across Asia-Pacific where data housing must be localized as countries have different key industries they want to protect. Data center operators that can invest locally will be well placed to be the heroes in the battle for data protection.

規制上のトレンドは、さまざまな国々が基幹産業を持ち、それらを保護したいと考えるにつれて、データ・ハウジングのローカライズが必要な、Asia-Pacific 全体に出現してきている。 ローカルで投資していくデータセンター事業者たちは、データ保護のための戦いにおける、ヒーローとしてのポジションを与えられるだろう。

Geography and digital destiny

As a regional subsea cable hub, Singapore enjoys the established position of being one of the biggest ports in the world for trade and for digital sailing. This is not just an efficient way to distribute traffic through the region but also the safest in terms of insulation from natural disasters.

この地域における海底ケーブルのハブとして、Singapore はデジタルの海を航海し、大きな交易を生み出すことが可能な、世界で有数の港としてのポジションを享受している。 それは、この地域にトラフィックを配給するための、効率の良い方式を提供するだけではなく、自然災害を遠ざけるという観点でも、最も安全な方式をもたらしいている。

なぜ、Google はアジアの
海底ケーブルに投資する? ⇒

Recently we have seen a shift in the types of investors in those cable consortiums, from pure telecommunications players to content providers like Google, Facebook and Yahoo! who are investing heavily in new cable projects. As bandwidth demands accelerate, the new protagonists driving the subsea cable investment market will emerge from the digital content sectors.

最近は、それらのケーブル・コンソーシアムにおける投資家のタイプが、純粋なテレコム・プレーヤーからコンテンツ・プロバイダーへと変化している。つまり、Google や、Facebook、 Yahoo などが、新しいケーブル・プロジェクトに大きく投資しているのだ。 バンドワイズへの需要が加速するにつれて、海底ケーブル投資マーケットを促進する新しい主役は、デジタル・コンテンツ・セクタから登場してくるだろう。

Singapore’s data honey hub

The Singapore government knows how to attract the Queen Bees of the economy. The strategy is simple, by attracting the big players in key sectors like the finance sector, the smaller competitors inevitably follow. This will lead to an increase in demand for data housing. To draw high value businesses and services into Singapore, the government offers a range of indirect or direct incentives from tax incentives to low cost industrial rate land allocation, to creating the right university courses to stimulate the talent pool for IT graduates in demand.

Singapore 政府は、この経済における女王バチを、どのようにすれば引き付けられるのかを知っている。 そのための戦略はシンプルである。つまり、金融セクターなどにおける重要で大規模なプレーヤーを引き付けることで、それよりも規模が小さいコペティタも必然的に、その後に続いてくるようになる。それにより、データ・ハウジングにおける需要を、増大の方向へと導けるだろう。 高い価値を持ったビジネスとサービスを Singapore に引き込むために、この政府は直接的/間接的に、広範囲におよぶインセンティブを提供している。それは、低コストの工業地域の提供するための税制優遇措置から、IT 教育における才能のプールを、要求に応じて促進するための、適切な大学コースを作成にまでいたる。

Skills pipeline

Producing the right talent for emerging industries is core to the Singaporean agenda. Looking ahead we will see an increase in the talent pool with local universities producing more graduates in electronic engineering and cloud specialists. Singapore has evolved from being manufacturing-focussed to a technology and biotech center of excellence.

新興産業のための、適切な才能を作り出すことは、Singaporean のコアとなる政策である。 今後の対策として、地元の大学がエレクトリック・エンジニアリングと、クラウド・スペシャリストの領域で、より多くの卒業生を産み出し、才能のプールを強化していく状況になるだろう。 Singapore の発展形態は、製造業へのフォーカスから、テクノロジーとバイオテックのセンターへと向かっている。

Data growth gets deeper than cloud demand

A driver that will remain key in the year ahead is mobile. The increasing use of mobile devices means that a constant stream of structured and unstructured data is being created. The next evolution will be the mining of this fixed and mobile data in more pervasive ways. Data mining will emerge as the dominant force for market analysis, decision-making and trend forecasts.

今年も、この市場を牽引していくのは、モバイルであり続けるだろう。 モバイル・デバイスの広く利用されると、構造化/非構造化データのストリームが、一定のレベルで作られるようになる。 そして、蓄積されたモバイル・データを、普及した方式によりマイニングしていくことが、次に来る進化となるだろう。 このデータ・マイニングは、市場分析および、意志決定、傾向予測のための、圧倒的なパワーとして登場してくるだろう。

The mobile battle will continue

The rise and growth of the mobile app economy will be unstoppable in the year ahead but the battle across competing standards will also continue without a resolution. It will take years for any kind of consolidation among competing operating systems to take place. The battle will not be won this year and ultimately may become more complicated. WiFi will also continue to embed itself and don’t be surprised if cameras enjoy liberation from the handset and vice versa.

モバイル・アプリにおける経済性の上昇と成長は、止められない勢いを、今年も維持するだろう。 しかし、競い合うスタンダードをまたいだ戦いも、解決を見いだせないまま、続いていくだろう。 そして、競合するオペレーティング・システムがもたらす、あらゆるコンソリデーションのために、何年も要するだろう。 その戦いにおいて、今年に勝者が登場することはなく、これから先は、さらに複雑になるかもしれない。 たとえば、WiFi がエンベッドされるカメラが、ハンドセットからの解放を喜ぶにしても、その逆が起こるにしても、驚いてはいけない。

By Clement Goh, Managing Director, Equinix South Asia

ーーーーー

TAG indexまいったなぁ~~~ というのが正直なところです。先日に 『 iOS と Android のトータル: 中国 が 米国 を追い抜く! 』という抄訳をポストしましたが、中国を別に勘定してみても、アジアのモバイル・トラフィックは、凄まじい勢いで伸びています。 そして、それらをホストする国が、ぐぐっとシンガポールに引き寄せられているというのが現状なのでしょう。文中にもあるように、経済における女王バチと表現されるデータセンターを、日本にも誘致していけると良いですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

NTT と KDDI の アジア戦略をアメリカ目線で確認する
なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?
Google の アジア・データセンター戦略とは?
Microsoft と 上海市 が提携 : 21Vianet の ローカル DC に Azure を!
アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
Agile_Cat アジア 特集 : クリックすると元気が出てくるリンク集です!

2 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. act2012bl said, on May 25, 2013 at 9:21 am

    アドバンストコミュニケーションテクノロジー's Blog でリブログ& コメント:
    シンガポールは常に目端が利く政策を素早く取ってくる印象ですね。日本はどうしても後手に回りがちですが。

  2. agilecat.cloud said, on May 25, 2013 at 9:44 am

    ほんと、そうですね。 ものすごく重要な産業だけに、日本でも政府の支援が必要ですね。


Comments are closed.

%d bloggers like this: