Agile Cat — in the cloud

China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す: Tencent は語る

Posted in Asia, Mobile, Post-PC, Social, Tencent by Agile Cat on April 9, 2013

Out of 300 Million Total, Tencent’s WeChat Has 40 Million Overseas Users
http://wp.me/pwo1E-5WL

April 8, 2013 – by
Willis Wee
http://www.techinasia.com/tencent-wechat-40-million-overseas-users/

_ tech in asia

Yesterday at Boao Forum For Asia 2013, Tencent’s President Martin Lau revealed on stage that WeChat has over 40 million overseas users. That’s out of a total user-base of just over 300 million.

昨日(4/7)に開催された Boao Forum For Asia 2013 のステージで、Tencent の President である Martin Lau は WeChat4000万人以上の国外ユーザーがいることを明らかにした。同サービスの全ユーザー数はというと、ちょうど 3億人を超えたところである

Echoing the thoughts of Tencent founder and CEO’s Pony Ma thoughts, Lau believes that mobile internet growth has given a chance for Chinese and Asian technology companies to put themselves onto the global stage. That also includes WeChat competitors, such as NHN Japan’s Line and Korean-made KakaoTalk which has 120 million and over 70 million worldwide users, respectively. Lau also claims that WeChat has topped the app store in Malaysia, the Philippines, and Indonesia. For Malaysia and Indonesia, Lau said that WeChat has become the favorite smartphone application in the country.

Tencent の Co-Fouder であり CEO でもある Pony Ma の考えどおりに、モバイル・インターネットの成長により、China と Asia のテック・カンパニーに、グローバル・マーケットへ進出するチャンスが訪れたと、Lau も信じている。そして、WeChat のコンペティタとしては、たとえば NHN Japan の Line120 million)と、Korea の KakaoTalk70 million)などが含まれる。そして Lau は、Malaysia/Philippines/Indonesiaでのアップストアで、WeChat がトップに立っていると主張する。Malaysia と Indonesia においては、最も好まれるモバイル・アプリのポジションを、WeChat が占めているとも発言している。

Including China, WeChat has over 300 million users in total and has dedicated offices across the world, including Indonesia (a joint venture with MNC), the US and Thailand (via Sanook) to grow its user-base. Last year, Tencent generated $7 billion in revenue with an operating profit of $2.46 billion.

China を含めると、WeChat の総ユーザーは 3億人を数える。 そして、Indonesia (MNC とのジョイント・ベンチャー)や、US と Thailand (Sanook との提携) により、ワールドワイドにオフィスを展開し、ユーザー・ベースを拡大している。そして、昨年の Tencent は、$7 billion の売上と $2.46 billion の利益を計上している

ーーーーー

TAG indexう~ん、イイですね! WeChat も Line も KakaoTalk も元気があって、とても良いです!  PC 時代のアプリケーションは、どうしてもビジネス・ユースの方向へと引っ張られていましたが、Mobile と Post-PC の時代にはコンシューマへの回帰があり、それがアジアのプロバイダーに大きなパワーを与えているように思えます。デバイスが iPhone だろうが Android だろうが、ココを押さえれば、エコシステムが生まれ、成長していきます。ガンバレ Asia! ガンバレ Japan! ・・・です! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

LINE の ベトナム進出 : テレコムの抱き込み戦略は 上手くいくのか?
Tencent ユーザーがピンチだ : 中国のキャリアが課金を検討か?
中国の UC Browser が、1億人の海外ユーザーを獲得!
Docomo と SingTel が手を組む、Firefox OS と HTML5 の戦略とは?
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!

Comments Off on China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す: Tencent は語る

%d bloggers like this: