Agile Cat — in the cloud

Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう

Posted in .Selected, Apache, PaaS, VMware by Agile Cat on March 19, 2013

Cloud Foundry faces fear of forking
http://wp.me/pwo1E-5MS

By
Barb Darrow – Feb. 27, 2013
http://gigaom.com/2013/02/27/cloud-foundry-faces-fear-of-forking/

_ Gigaom

Summary: Forking of open-source projects can be good or bad. Developers love freedom of choice but big customers fear lack of compatilbility. In either case the prospect of a Cloud Foundry fork is worth examining.

Summary: オープンソース・プロジェクトにおけるフォークは、良し悪しである。 開発者にとって選択の自由は魅力であるが、大口の顧客は互換性の欠落を恐れる。 いずれにしても、Cloud Foundry のフォークに関する見通しは、調べてみる価値を持っているようだ。

ーーーーー

photo: Flickr / Marshall Astor Food Fetishist

The rumblings have been around for weeks but now they’re breaking the surface: Cloud Foundry, the open source platform-as-a-service framework faces a bit of an insurrection. Several vendors, such as AppFog, ActiveState, Tier 3, Uhuru, etc. — have built PaaSes atop the framework and some have quietly been mulling forking the Cloud Foundry code, citing lack of clarity about the project’s future.

何週間も前から不満が募っていたようだが、いまでは、それが表面化している。つまり、PaaS である Cloud Foundry フレームワークに、ちょっとした反乱が生じているのだ。 たとえば、AppFog/ActiveState/Tier 3/Uhuru などののベンダーは、このフレームワーク上に、いくつかの PaaS を構築している。そして、Cloud Foundry の将来が不明確であることを引合いに出し、このプロジェクトからのフォークを、静かに検討しているところだ。

The attraction of the multi-vendor Cloud Foundry effort is that, in theory, it would provide customers an array of compatible PaaSes from different vendors. If they don’t like their experience with one, they can move their code elsewhere. But now the prospect of a “fork” looms with some other vendors thinking of splitting off and doing their own iterations. Worst case scenario: that could negate any promise of compatibility. And that raises the old bugaboo of vendor lock-in which even PaaS providers say has restricted business demand for PaaSes.

論理的にみて、マルチベンダーによる Cloud Foundry を促進してきたものは、それぞれのベンダーから顧客に提供される、一連の PaaSes が互換性を有している点に集約される。 もし、顧客が、何らかのエクスペリエンスが気に入らないのなら、彼らは他の PaaS へとコードを移動することが可能だ。 しかし、いま、それぞれのベンダーが分離し、それぞれのイテレーションを実施していくという、フォークの兆候が、ぼんやりと現われてきた。 最悪の場合、互換性に関するあらゆる約束すら、否定される可能性がある。 そして、さらに、それぞれの PaaS プロバイダが、そのビジネス・デマンドを制約してしまうと、昔からの心配の種である、ベンダー・ロックインの可能性も生じてくる。

Some background: late last year, VMware turned over the Cloud Foundry effort and related projects to the Pivotal Initiative spinoff. Since then some of the third-party Cloud Foundry crowd have complained that they have not gotten information  they need from Pivotal. And, they worry that Pivotal or VMware will push its own commercial, competitive version of Cloud Foundry. And so they privately discussed forking the Cloud Foundry code. Any fork or forks raises the specter of a fractured standard.

いくつかの背景:昨年の終わり近くに、VMware は Cloud Foundry の活動と、それに関連しするプロジェクトを、Pivotal Initiative に引き渡すことで、スピンオフした。 そのときから、Cloud Foundry のサードパーティーたちは、必要とされる情報が Pivotal から得られないと、不平を言い始めた。 そして、さらに、Cloud Foundry と競合する商用バージョンを、Pivotal あるいは VMware がプッシュすることを心配している。 したがって、彼らはプライベートな範囲で、Cloud Foundry コードのフォークについて議論している。 ただし、あらゆるフォークが、スタンダードの崩壊という不安を高めていく。

Sinclair Schuller, CEO of Apprenda, a non-Cloud Foundry PaaS, raised a ruckus last week when he posted his take on the impact of any fork or forks on Cloud Foundry. (Long story short: it will be bad for customers, Schuller wrote.) That caused a kerfuffle which Redmonk analyst Stephen O’Grady addressed in his blog post. O’Grady tried to downplay the negative impact of forks, writing:

先週(2月下旬)のことだが、Apprenda(非 Cloud Foundry PaaS) の CEO である Sinclair Schuller は、Cloud Foundry におけるフォークの影響について自身の見解を示し、ちょっとした騒ぎを引き起こした。 (簡潔に言うと、顧客にとって良くないことになると、Schuller はのべている) それが、Redmonk のアナリストである Stephen O’Grady を刺激し、彼のブログ・ポストにより、さらなる騒動がもたらされた。 O’Grady は、以下の文章により、フォークに対するネガティブな影響を軽視しようとした:

“We reject the notion that forking is an undesirable outcome. Forking is, to the contrary, provably beneficial to modern open source projects – at least from a developmental perspective.”

私たちは、フォークが望ましくない結果をもたらすという概念を、受け入れない。 それとは反対に、少なくとも開発という視点から見ると、近代的なオープンソース・プロジェクトの有益性として、フォークのメリットは証明されている。

But O’Grady also conceded that, because Cloud Foundry is not licensed under the General Public License (GPL) — as Linux was — it faces different issues;

その点については、O’Grady も認めている。 なぜなら、Cloud Foundry は Linux とは異なり、General Public License(GPL)の下でライセンスされていなからだ。 そして、それらとは、異なる問題に直面すると言う;

“Compatibility, ultimately, is the key to determining whether the forks which are so beneficial to development are a problem for customers. Java, for example, had multiple distinct implementations, which ensured competition and thus continued innovation to benefit customers.”

最終的には、互換性が最大の判断材料になる。つまり、フォークが、開発において大きなメリットをもたらすか、顧客に問題をもたらすかという点だ。 たとえば Java は、多様なインプリメンテーションを持ち、それが競争をもたらし、顧客にとって有益なイノベーションを継続してきた。

In his own blog post, cloud pundit Ben Kepes cites “tensions in the Cloud Foundry world, ” and maintains the possibility of a fork should concern customers.

彼は自身のブログ・ポストで、クラウド学者である Ben Kepes の発言として、「Cloud Foundry の世界における緊張」という言葉を引合いに出し、また、顧客を立場を考慮して、フォークの可能性を論じるべきだと主張している。

“Quite simply a fork, or even worse multiple forks, too early in a project is a sign of bad governance and questions the validity of the entire initiative. Let me reiterate – these are very early days and any doubt that factions in the community sow in end users minds are wildly damaging to the community. This is especially the case since, from what I’m hearing, some of the conversation around forking is happening for all the wrong reasons – it comes down to vendors making the right decisions for the right reasons.”

率直に言って、プロジェクトの早期におけるフォークは、さらに言えば複数のフォークは、イニシアチブ全体の妥当性という観点から、ガバナンスの面で悪影響をもたらす。 繰り返しになるが、いまは、きわめて初期の段階にある。 そして、このコミュニティには多様な派閥があると、エンドユーザーに疑念をもたらすような行動は、このコミュニティに損害を与えるだろう。 とりわけ、このケースにおいて、私が聞いた範囲では、いくつかのフォークに関する議論が、不適切な理由から生じているのが気になる。 つまり、ベンダーにおける適切な理由に対して、適切な判断を下すことで、フォークは実施されるべきである。

I’ve asked Cloud Foundry and some of the third-party PaaS providers for comment and will update this when they get back to me.

私は、Cloud Foundry と、この PaaS のサードパーティー・プロバイダーに対して、コメントを求めている。 そして、回答があったなら、アップデートしていきたいと思っている。

Related research

ーーーーー

TAG indexこの記事を読む限りでは、Cloud Foundry を推する立場にある Pivotal Initiative から、情報が出てこないのでデベロッパーたちが、フォークについて議論し始めているという感じですね。 そして、Pivotal が、もっとシッカリするなら、あえてフォークすることもないという論調だと感じます。これまでの経緯を考えても、もっと VMware が、舞台裏で頑張らるべきであり、また、それが不可能なら Apache に出してしまうとか、別の道を考えるべきなのでしょうね。 この動きは、引き続き、追いかける必要があると思っています。image

ーーーーー

<関連>

VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?
Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!
Cloud Foundry が .NET をサポートする!

Comments Off on Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう

%d bloggers like this: