Agile Cat — in the cloud

ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る

Posted in .Selected, Green IT, Mobile, Telecom by Agile Cat on February 21, 2013

ARM is already the brains of your smartphone. Now it wants to run the network too
http://wp.me/pwo1E-5G2
By
Kevin Fitchard – Feb 20, 2013
http://gigaom.com/2013/02/20/arm-is-already-the-brains-of-your-smartphone-now-it-wants-to-run-the-network-too/

_ Gigaom

Summary: LSI is the latest silicon vendor to incorporate an ARM architecture into its mobile base station chips. And it’s going all out, combining 16 ARM cores onto a single module.

Summary: LSI は、モバイル・ステーション・チップに、ARM アーキテクチャを取り込む、新しいシリコン・ベンダーである。 そして、シングル・モジュール上で、16 ARM コアを結合するために、全速力で突っ走っている。

ーーーーー

imageARM cores pretty much have the mobile applications processor market locked up, though Intel is trying to peck away at the dominance. But ARM isn’t content with its single mobile kingdom. It’s encroaching on the neighboring realm of mobile infrastructure as well, aiming to make its cores the workhorse processors in cellular base stations.

モバイル・アプリケーション・プロセッサ市場では、Intel が優位性を取り戻そうと試みるが、大半のエリアで、ARM コア陣営の守備網に弾き返されている。 しかし、ARM は、そのモバイル王国だけでは満足しないようだ。 つまり、セル・ベース基地局でも、そのコアを機能させるために、モバイル・インフラという領域にも進入しようとしている。

This week LSI announced its first ARM-based chip for the mobile base station. You thought Nvidia and Qualcomm’s quad-core smartphone processors were impressive, well LSI is embedding 16 ARM Cortex A15 cores, along with LSI’s networking accelerators and ARM’s low-latency CoreLink interconnect technology, onto a single 28-nanometer chip.

今週のことだが、その LSI が、モバイル・ベース・ステーション用の、初めての ARM ベース・チップを発表した。 あなたは、Nvidia や Qualcomm の、Quad Core スマートフォン・プロセッサを素晴らしいと思うだろう。そして LSI は、28 Nano シングル・チップ上に、16 ARM Cortex A15 コアを埋め込み、そこに、LSI ネットワーク・アクセラレータと、ARM の低レイテンシ CoreLink インターコネクト技術を加えている。

imageThe chip family is designed for base stations of all sizes, scaling from the macrocell down to the picocell, making similar to the flexible and modular platforms offered by competitors Texas Instruments (TXN) and Freescale. Both Freescale and TI have begun incorporating ARM cores into their base station chips, though neither one is a complete ARM convert. Freescale leans heavily on the PowerPC architecture, while TI is pairing ARM cores with its bread-and-butter digital signal processors (DSPs). But ARM is definitely taking bigger and bigger strides into the mobile network with its increasingly powerful but energy-efficient silicon designs.

このチップ・ファミリーは、マクロ・セルからピコ・セルにいたる、すべての規模の基地局を対象とするように、デザインされている。そして、コンペティタである Texas Instruments(TXN)と Freescale による、モジュール式の柔軟なプラットフォームに類似したもの提供する。そして、Freescale と TIも、自身の基地局チップに ARM コアを取り込み始めたが、どちらも完全な ARM コンバートではない。 Freescale は、PowerPC アーキテクチャに大きく依存している。しかし TI は、基本的な DSP(digital signal processors )と、ARM コアのペアリングを可能にする。 しかし ARM は、パワフルさを増しながら、エネルギー効率も良いという、そのシリコン・デザインを用いて、モバイル・ネットワークにおける、さらに大きな進歩を目論んでいる。

One company that’s hoping to join ARM within the guts of the mobile network is Intel, which is no stranger to skirmishes with the U.K. silicon giant in the infrastructure market. Intel is trying to establish a foothold for itself in the emerging technology cloud-RAN (RAN stands for radio access network). Cloud-RAN would separate the base station from the tower and move baseband processing into the cloud.

モバイル・ネットワークの経路内に、ARM が参入することを望んでいる会社には、このインフラ市場において、英国のシリコン・ジャイアントと小ぜり合いしても当然な、Intel もいるのだ。 Intel は、これからのテクノロジーである Cloud-RAN(RAN stands for radio access network)の、足場を固めようとしている。 Cloud-RAN は、基地局をタワーから分離し、そのベース・バンド処理を、クラウドへと移行するものである。

Related research

ーーーーー

TAG indexARM の快進撃が止まりませんね。たまに、思い出した時に見ているのですが、Amazon の Laptop 売れ筋では、ARM 版 Chromebook が昨秋からトップを譲りませんし、Macbook も ARM シフトするというウワサもあるくらいです。 でも、こうしたコンシューマ市場だけではなく、以下にもあるように、データセンターにも進出しています。 そして今回は、モバイル基地局という話であり、全方位へ向けて進出という感じになってきましたね。image

ーーーーー

<関連>

ARM vs. Intel : 主戦場は スマホ・サイズの サーバー?
SeaMicro を買収した AMD は、ARM ライセンスの取得へと向かうのか?
ARM チップは 5-watt の電力でサーバーを動かす
Nvidia が開発する ARM ベースの Server CPU とは?

Comments Off on ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る

Yammer と Open Graph と エンタープライズ は、とても素敵なセットなんだけど

Posted in .Selected, Businesses, Enterprise Social, Microsoft, Open Graph, Social by Agile Cat on February 21, 2013

Yammer unveils the Open Graph for the enterprise, to help make business apps more social
http://wp.me/pwo1E-5FQ

By
Ken Yeung – 29 Oct ’12
http://thenextweb.com/insider/2012/10/29/yammer-using-the-enterprise-graph/

_TNW

At its first-ever user conference, Yammer has announced what it’s calling “an enhanced” way for businesses to be more social.

Yammer における初めてのユーザー・カンファレンスで、同社がアナウンスしたのは、企業をソーシャル化していくための、「強化」の方式である。

At its YamJam 2012 conference, CEO and co-founder David Sacks told the crowd that his company is unveiling its Enterprise Graph — a new platform that will enable developers and customers to “seamlessly connect people, conversations, and data across all their business services.”

その YamJam 2012カンファレンスで、Yammer の CEO and Co-Founder である David Sacks は、集まった聴衆に対して、Enterprise Graph を公表した。 それにより、デベロッパーとカスタマーは、「人対人のシームレスな接続、および、会話の支援、そして、すべてのビジネス・サービス横断するデータ」などを実現していく。

Photo credit
Jim Merithew
Wired.com

YamJam is the enterprise social network’s first public event since Microsoft closed its acquisition of the company. Companies that are at this event are looking to see just how enterprise software is being reinvented and can help transform a business.

今回の YamJam は、Microsoft による買収が完了してから初めて行われる、このエンタープライズ・ソーシャル・ネットワークの、パブリックなイベントである。 そして、イベントに集まった企業は、エンタープライズ・ソフトウェアが改革される方式や、それによりビジネスの変化が促進される様子を、確認したいと望んでいる。

And there are quite a lot of organizations interested in being at the forefront of this “transformation” — currently over 200,000 businesses use its product, including 7-eleven, UNICEF, eBay, Intuit, Ford, Boehringer Ingelheim, and many others. 85% of all Fortune 500 companies leverage the service as well, including four of the largest US companies, three of the top 10 beverage companies, three of the top global gas companies, and three of the top 10 pharmaceutical companies.

さらに、この「変化」の最前線に立とうと考える、きわめて多数の組織がある。現時点で、200,000以上の企業が、同社のブロダクトを使用しているが、そこには、7-eleven/UNICEF/eBay/Intuit/Ford/Boehringer Ingelheim などが含まれる。 具体的に言うと、Fortune 500 企業の 85% が、このサービスにテコ入れしているだけではなく、アメリカの最大手企業の 4社と、飲料企業の Top-10、グローバル・ガス企業の Top-3、そして、製薬会社の Top-10 が含まれるのだ。

With its Enterprise Graph, Yammer is hoping that it will help solve the problem they call “social network sprawl”: where businesses find that they are interacting with multiple social networks inside their own company. The company is interested in finding a way to develop a standard to bring everything together and working off the same database. You might think of this as the Open Graph for the enterprise.

この Enterprise Graph を用いることで、Yammer が期待しているのは、顧客である企業が「ソーシャル・ネットワークの不規則な広がり」と呼ぶ問題が、解決されていくことである。つまり、それらの企業は、それぞれのエンタープライズ・システム内から、多数のソーシャル・ネットワークとインタラクトする方式を探しているのだ。 そして、Yammer は、すべてを集めるスタンダードを開発し、また、共通のデータベースを提供することに関心を持っている。 それは、エンタープライズのための Open Graph だと、あなたは考えるかもしれない。

If you’re wondering what the Open Graph is or why it sounds so familiar, then you’re not alone. Perhaps the most well-known implementation of the Open Graph belongs to Facebook. By utilizing this language, companies will be able to take advantage of the user’s profile links, updates, and other useful information — it allows Yammer’s users to develop ways to draw information about more objects than simply people, such as photos, events, relationships between each other, etc. It doesn’t even need to apply to individuals — it can work for virtual non-human objects between individuals.

Open Graph について、関心が生じる場合も、よく耳にするという場合も、あなたは孤独ではない。 おそらく、最も有名な Open Graph の実装は、Facebook によるものである。 この言語を利用することで、それらの企業は、ユーザーのプロファイル・リンクや、アップデートなどの有益な情報を、利用することが可能になるだろう。つまり、Yammer のユーザーは、人々に関連するオブジェクトについて、単なる写真/イベント/相互関係といったもの以上の、さらなる情報を引き出すための、洗練された方式を開発できる。加えて言えば、それは個人に対して適用される必要もない。 つまり、人々の持つ、実質的には人間以外のオブジェクトに対しても、機能していくことが可能になる。

Sacks says that Yammer would like to figure out how to make application and businesses more social but also develop a way where humans can interact with any piece of data they’re working with. As part of this new platform, users will be able to take advantage of several new features: embeddable feeds, follows and like buttons, pages, and the app directory.

Sacks が言うには、アプリケーションやビジネスを更にソーシャル化するだけではなく、人々が作成しているデータの一片であっても、それらとインタラクトする方式の開発手法について、Yammer は理解したいと望んでいるようだ。 この新しいプラットフォームの一部として、いくつかの新機能を、ユーザーは利用できるようになる。 具体的には、エンベッド対応の Feed/Follow/Like ボタン、そして、ページとアプリのディレクトリなどである。

Yes, Yammer did have many of these features before. What this Enterprise Graph appears to do make data more readily accessible. So with respect to the embeddable feeds, businesses can now insert conversations about “business data” in context. With pages, you can now follow them and they act similarly to profile pages for individuals and view the page’s activity, followers, and conversations.

YES! すでに Yammer は、これらの特質を有している。 この Enterprise Graph が行うのは、データへのアクセスを、より容易にすることだと思われる。 したがって、エンベッド対応の Feed を用いることで、いまでもユーザー企業たちは、「 ビジネス・データ」に関するやり取りを、コンテキストに挿入することが可能である。 そしてページを使えば、それらの企業を Follow できる。 また、企業側は、個人のプロファイル・ページのように振舞い、ページのアクティビティや、フォロワー、会話などを表示できる。

Prior to today’s announcement, users had the ability to integrate other business applications into Yammer, starting with the Activity Stream API, which enabled the integration of existing enterprise business applications like Salesforce, Box, and TripIt so that data could be added to the social graph. Additionally, the company made available Yammer Connect, which enables users to port their account “identities” to their Intranet or other applications (think of it like Facebook Connect for the enterprise); Yammer Embed, a service that allowed you to instantly add Yammer feeds to any business application; and other noted integrations, specifically with Sharepoint, Salesforce, and SAP.

今日のアナウンスに先行して、ユーザーは Activity Stream API を使いはじめることで、他のビジネス・アプリケーションを Yammer 内に統合できるようになっている。それにより、Salesforce/Box/TripIt といった既存エンタープライズ・ビジネス・アプリケーションとの統合が実現され、このソーシャル・グラフにデータを加えられるようになる。 さらに同社は、Yammer Connect の提供も開始している。それによりユーザーは、自身のアカウント ID を、イントラネットなどのアプリケーションにポートできるようになる(エンタープライズ用の Facebook Connect のようなものと思える)。 また、Yammer Embed は、あらゆるビジネス・アプリケーションに対して、迅速に Yammer Feed を加えるためのサービスである。そして、その他の指摘しておくべき統合として、Sharepoint/Salesforce/SAP などがある。

All features within the Enterprise Graph will be available to Yammer’s customers starting today.

Yammer カスタマーは、この Enterprise Graph における、すべての機能が、今日から利用できるようになるだろう。

ーーーーー

TAG index実は、この記事、今月の初めにポストの予定だったのですが、Yammer の雲行きが怪しくなり、そのタイミングを失っていました。 『 こんな Yammer は、もう Yammer じゃない : レイオフに怒る従業員たち 』という抄訳でお伝えしたように、セールスとマーケティングにおける、20人の Yammer 従業員が解雇されてしまったのです。そして、今朝(2/21)の Business Insider ですが、Yammer の業績を、以下のように伝えています。

Full year 2012 sales nearly tripled year-over-year (as of Jan. 31, 2013)
Fourth quarter sales quadrupled year-over-year (as of Jan. 31, 2013)
Number of paying customers increased 165 percent in 2012
Yammer has surpassed 7 million registered users

これだけの成績を残して解雇されてしまった、セールスとマーケティングの人って、納得がいかなくて当然という話ですよね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
ソーシャル・エンタープライズでは、ビデオ共有が不可欠に?
モバイル・エンタープライズは、Facebook から学ぶべきだ!

 

Comments Off on Yammer と Open Graph と エンタープライズ は、とても素敵なセットなんだけど

Amazon AWS のビジネス規模は、あなたの推測を遥かに上回る

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Data Warehousing by Agile Cat on February 20, 2013

Amazon’s cloud is bigger, more profitable than we think, report says
http://wp.me/pwo1E-5FM

By
Barb Darrow – Jan. 7, 2013
http://gigaom.com/2013/01/07/amazons-cloud-is-bigger-more-profitable-than-we-think-report-says/

_ Gigaom

photo: Flickr/Will Merydith

Summary: In a new research note, Macquarie Capital contends that Amazon Web Services is not only profitable, it would be a $19 billion business if it were counted as a standalone entity. That’s not peanuts. Amazon, of course, isn’t saying boo.

Summary: Macquarie Capital における先日の調査では、もし Amazon Web Services を単体として計算するなら、収益を上げているだけではなく、$19 billion のビジネスに至ると指摘されている。 それは、とるに足らないという金額ではない。 もちろん、Amazon にとっても、悪い話ではない。

ーーーーー

If you want a good debate, just ask a group of pundits about the size and profitability of Amazon Web Services then sit back with some popcorn. There are two main schools of thought: One holds that AWS is a business with razor-thin margins that is underwritten by the Amazon retail juggernaut and should that business take a tumble, AWS will fall with it. The other holds that Amazon makes good dough off of AWS, and that it could be a viable standalone business unit.

もし、異論があるにしても、この優秀なグループに対して、Amazon Web Services の規模と収益性を尋ねれば、あとはポップコーンを抱え込んだまま、イスに座って黙るしかない。 そこには、メインとなる論派が 2つある。 1つは、 AWS が Amazon リテールという巨大な存在により支えられる、紙一重のビジネスであり、また、そのリテール・ビジネスになるなら、AWS も転落するという考え方である。 もう 1つは、Amazon は AWS をベースに収益を上げており、また、AWS は単体としても価値のあるビジネスだという考え方である。

Count Macquarie Capital in the second camp. In a new research note, Macquarie estimates that the overall cloud market will hit $71 billion in 2015 and pegged AWS’ addressable part of that market at $38 billion. Those numbers are considerably larger than Gartner’s previous estimates of $56 billion for the overall cloud market size and $28 billion for AWS’ piece of the pie. In the note, analyst Ben Schachter said AWS could now be worth $19 billion as a standalone entity, based on a 5X multiple of Macquarie’s 2013 AWS revenue estimate of $3.8 billion, or $30 billion using an 8X multiple.

Macquarie Capital の考え方は、2編目のグループに属する。 この新しい調査で Macquarie は、クラウド全体のマーケットが 2015年には $71 billion に達し、そのうちの $38 billion を、AWS が確実に取るだろうと推定している。 それらの数字は、以前に Gartner が見積もった、クラウド全体を $56 billion とし、AWS に与えられるパイを $28 billion とするものよりも、かなり大きい。 この指摘において、アナリストである Ben Schachter は、現時点の AWS 単体で $19 billion の価値があるとしている。それは、Macquarie の 2013年の予測である、AWS の収入を $3.8 billion をベースにすると 5倍である。そして、$30 billion は 8倍に相当する。

クリックで拡大 ⇒

Macquarie is betting that growing enterprise adoption — a key AWS priority — will feed that momentum. According to the report:

Macquarie は、エンタープライズへの適用(AWS の重点項目)の増加が、その勢いを加速させるという考え方に賭けている。それは、以下のレポートによる:

“We highlight that much of AWS‟s past growth has come from SMBs [small and medium businesses] and start-ups. While these will continue to drive growth globally, in 2013 we expect a more concerted effort to focus on growing the AWS business at large enterprises. Importantly, the broadening platform offered by AWS is helping to drive adoption in larger enterprises (moving up the tech stack, with RedShift and other recent product launches). Additionally, we think emerging markets offer a significant opportunity, as many enterprises in these regions will likely bypass traditional technology infrastructure and go straight to the cloud.”

私たちが強調したいのは、これまでの AWS における成長の多くが、SMB [small and medium businesses]やスタートアップに依存している点である。 それらの勢力が、世界的な規模で成長を遂げている一方で、私たちの 2013年に関する予測では、大企業での AWS ビジネスの増大に焦点が当たることになる。 重要なことは、 AWS が提供する幅広いプラットフォームが、大企業での採用を促進している点である(RedShift などの最新プロダクトにより、テクノロジー・スタックを上位へ広げている)。 それに加えて、途上国のマーケットが、大きなチャンスをもたらすと、私たちは考えている。つまり、それらの地域における数多くのエンタープライズが、従来からのテクノロジー・インフラを回避して、ダイレクトにクラウドへと向かうときに、AWS に機会が生じることになる。

Redshift is the new data warehousing solution Amazon announced at AWS:Reinvent two months ago and that takes aim at expensive solutions from Hewlett-Packard (Vertica), Oracle, SAP, and IBM

Redshift とは、2ヶ月前の AWS:Reinvent において、Amazon が 発表した、新しいデータ・ウエアハウジング・ソリューションのことである。そして、それは、Hewlett-Packard(Vertica)や、Oracle、SAP、IBM などが提供する、高額ソリューション・レイヤをターゲットにしている。

クリックで拡大 ⇒

Of course all of these estimates are based on analysis of numbers that Amazon doesn’t provide. The company lumps AWS revenue in  with “other” revenue from marketing and promotion activities, other seller sites and co-branded credit cards. Given that, AWS remains pretty much a black box, but I would be willing to bet, all of  Amazon CEO Jeff Bezos’ talk of low-margin, high-volume business aside, that Amazon is not doing cloud services as a philanthropic exercise.

もちろん、これらすべての予測は、数値データの分析に基づいたものであり、また、それらを Amazon が提供しているわけでもない。 同社は、AWS の収益について、他の項目と混ぜあわせたかたちで公表している、具体的には、マーケティングとプロモーションのアクティビティや、他の販売サイト、ブランド・クレジットカードなどの収入の中に、AWS の収入が隠されている。 つまり、AWS の大半がブラック・ボックス化されているのである。Amazon の CEO である Jeff Bezos が語っている、薄利多売のビジネスという観点は余談として、以下のように締めくくりたい。Amazon のクラウド・サービスは、博愛主義的な行動として、存在しているわけではない。

Related research

ーーーーー

TAG indexベールに包まれた Amazon AWS のビジネス規模ですが、Agile_Cat としては、2011年の 『Amazon AWS の年商は、どう見ても $ 1 billion を超えている』 と、2012年の 『Amazon AWS は、いったい どれくらい儲かっているのか?』 に続き、これで 3回目のレポートとなります。これまでの予測と異なり、Redshift の登場により、これからの成長率が上昇するという見方が入っています。 それだけ、このウェアハウジング・ビジネスが、大きな影響を業界に与えていくのだと思えてきますね。 image

ーーーーー

<関連>

Amazon の Redshift がスタート! 警戒する HP、IBM、Teradata、Oracle など
IDC:データ分析市場は、2016年までに $51 B ビジネスに成長する

AWS のコストを分析する:TripAdvisor と Pinterest
Pinterest : 自動シャットダウン・システムで、AWS の時間単価を $54 から $20 へ
トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー
CIO が クラウド とモバイル の分析を急ぐべき理由 : Gartner から学ぶ

Comments Off on Amazon AWS のビジネス規模は、あなたの推測を遥かに上回る

Google の Knowledge Graph は、スタートレックを目指す!

Posted in .Selected, Big Data, Google, Open Graph by Agile Cat on February 19, 2013

Larry Page on Google’s Knowledge Graph: ‘We’re still at 1% of where we want to be’
http://wp.me/pwo1E-5FG

January 22, 2013 – John Koetsier
http://venturebeat.com/2013/01/22/larry-page-on-googles-knowledge-graph-were-still-at-1-of-where-we-want-to-be/

_ VB Big Data

Google’s Knowledge Graph has a long, long way to go. At least according to Google CEO Larry Page.

Google の Knowledge Graph は、まだまだ先の長い話である。 少なくとも、Google の CEO である Larry Page は、そう考えている。

“We’re still in the early stages,” Page said on Google’s fourth-quarter 2012 earnings call. “We’re still at 1 percent of where we should be.”

『 私たちは、まだ、アーリー・ステージにいる。 そして、達成すべきことの、まだ 1% にしか届いていない 』と、Google の 2012年 Q4 収支説明会で Page は発言している。

 クリックで拡大 ⇒

Knowledge Graph is Google’s attempt to provide answers beyond simple keywords and queries. Answers, for instance, that an intelligent person or entity might provide and that demonstrate some degree of understanding of the concepts behind the questions.

Knowledge Graph は、シンプルなキーワードとクエリーを超えたレベルで、答えを提供しようとする Google の試みである。 たとえば、知的な人材や実体が回答するようなものとなり、また、問題の背景となる概念を、いくつかの視点から理解させていく。

In order to do that, Google has assembled a massive and growing “semantic network” of at least 570 million objects and 18 billion facts about and relationships between them, from sources such as the CIA World Factbook, Wikipedia, and Freebase, an entity graph of “people, places, and things” that is built the same way Wikipedia is: by interested volunteers.

それを実現するために Google は、少なくとも 5億7000万のオブジェクトと、実在している 180億のファクト、そして両者のリレーションシップの中で、成長し続ける膨大な Semantic Network を組み上げていくことになる。そのための情報源は、CIA World Factbook や、Wikipedia、Freebase などであり、そこに 『 People、Places、Things 』の Entity Garaph が加えられる。 なお、この Entity Graph は、Wikipedia と同じ方式により、つまり、興味を持つボランティアにより、構築されていく。

Those facts about things like “Lamborghini Countach,” “bike,” or “cat” — and the connections between them =– are what Google hopes to use to improve search results and make searching more natural, similar in some ways to how Wolfram Alpha and Siri work, at least in their limited contexts. Ultimately, the Star Trek experience would be nice: simply asking computers natural questions.

サーチ結果を改善するために Google が活用したいものはたとえば、“Lamborghini Countach”、“bike”、“cat” といった Things に関するファクトと、それらの関係となる。 そして、少なくとも限定された背景の中で、たとえば Wolfram Alpha や Siri が動くようなかたちで、より自然なサーチを作り上げていく。 究極的には、コンピュータに対して自然に質問するような、Star Trek エクスペリエンスが望まれるだろう。

That’s critical for Google, as Page acknowledged in a rare well-duh moment, saying that ”getting people correct answers is really important for our business.” But he also laid a finger on one of Google’s biggest challenges with Knowledge Graph: internationalization, saying that it was “hard work.”

当然のことのように、『 人々のために正しい答えを得ることが、私たちのビジネスとって、本当に重要なことである』と、珍しくも Page が素早く認めたのは、それが Google にとって、きわめて重要なことだからである。 さらに、彼は、Knowledge Graph を用いた、Google における大きなチャレンジにも目を向けている。 それは、Internationalization であり、きわめて「困難な仕事」であると発言している。

However, if humanity ever develops something that approaches artificial intelligence, it’ll probably be from something like Google Knowledge Graph. Perhaps when Page and team are at something like 75 percent.

しかし、もし人類が、人工知能にアプローチするために、何かを開発していくなら、Google Knowledge Graph のようなものから、始まっていくと思われる。 おそらく、Page のチームが 75% のレベルに達したとき、それが始まるのだろう。

ーーーーー

TAG indexFacebook に Open Graph があるなら、Google には Knowledge Graph があるというわけですね。この二社のような、他とは一線を画する、きわめて膨大なデータを蓄積しているサイトが、この方向へと向かうのは、とても自然なことだと思います。そして、それを実現するために、ハードウェア・インフラの進化も大きく寄与すると推測します。 先日の Open Compute の抄訳にある 『 サーバーの中でラックを走らせる 』という、Intel の 100 GBit 光コネクタなどが実用化されるにつれて、スタートレックへの道筋も見えてくるように思えます。でも、その前に、セマンティック Web の具体化であり、Web 3.0 への回答なんでしょうね。 image

ーーーーー

<関連>

Facebook の Graph Search について、簡単だが説明したい : GigaOM
Facebook の Open Graph を使うなら、Kinvey の BaaS が良さそうだ
Facebook が Open Graph アクションをアップデート
Facebook – Open Graph Beta の概説

Comments Off on Google の Knowledge Graph は、スタートレックを目指す!

Amazon の Redshift がスタート! 警戒する HP、IBM、Teradata、Oracle など・・・

Posted in .Selected, Amazon, Data Warehousing by Agile Cat on February 18, 2013

Watch out HP, IBM, Teradata, Oracle: Amazon Redshift is here
http://wp.me/pwo1E-5FB

By
Barb Darrow – Feb. 15, 2013
http://gigaom.com/2013/02/15/watch-out-hp-ibm-teradata-oracle-amazon-redshift-is-here/

_ Gigaom

photo: Barb Darrow

Summary: Can Amazon take on the giants of data warehousing and win? Now we’ll be able to find out as its Paraccel-based Redshift service comes online.

Summary: Amazon は、データ・ウエアハウジングの大手たちに挑戦し、勝つことができるのか? そして、いま、Paraccel ベースの Redshift サービスが登場したことで、私たちは、その戦いぶりを目の当たりにしていくだろう。

Amazon announced plans for Redshift, its answer to pricier data warehouses from IBM, HP, Oracle, Teradata last November and, as promised, it’s broadly available in the first quarter of 2013.

昨年の 11月の Amazon がアナウンスした Redshift の計画は、IBM/HP/Oracle/Teradata といった高額なデータ・ウエアハウスに対する回答であり、そのときの約束によると、2013年 Q1 には広範囲で利用が可能となっていた。

Redshift, based on technology from ParAccel, claims to offer big-time data warehouse capability for a tenth of the price of legacy suppliers and, as of today, customers can start finding out for themselves if it lives up to the hype. If it does, it will uphold Amazon’s reputation for disrupting tech giants. Redshift availability was announced on the AWS blog.

ParAccel のテクノロジーをベースとする Redshift は、レガシー・サプライヤの 1/10 の価格で、一流のデータ・ウエアハウス機能を提供すると主張する。そして、現時点において、顧客たちは自分自身のために、それが誇大広告なのかどうかを、調べ始めることが可能になった もし、このデータ・ウエアハウスが実現するなら、テック・ジャイアントたちを崩壊させ、Amazon の名声を保つだろう。 Redshift の提供開始が、ついに AWS ブログで発表されたのだ。

One of the service’s key attractions, according to several attendees at last November’s AWS: Reinvent show where it was announced, was that Redshift will let customers keep on using their analytics tool of choice, be it MicroStrategy, Jaspersoft or Cognos.  Since training up people on new analytics is a big expense and time suck, that is important. According to the blog:

昨年 11月に開催された、AWS: Reinvent に参加した人たちによると、このサービスにおける重要なポイントの 1つは、MicroStrategy/Jaspersoft/Cognos といった分析ツールを、ユーザーたちに使い続けさせる点にあるという。  新しい分析手法のトレーニングは、大きな支出と、時間の消費を伴うため、こうしたサポートは重要である。 同社のブログによると:

“You can use the High Storage Extra Large (15 GiB of RAM, 4.4 ECU, and 2 TB of local attached    compressed user data) for $0.85 per hour or the High Storage Eight Extra Large (120 GiB of RAM, 35 ECU, and 16 TB of local attached user data) for $6.80 per hour. With either instance type, you pay an effective price of $3,723 per terabyte per year for storage and processing. One Year and Three Year Reserved Instances are also available, pushing the annual cost per terabyte down to $2,190 and $999, respectively.”

ユーザーは、High Storage Extra Large(15 GiB の RAM、4.4 ECU、2 TB のローカル接続された圧縮ユーザーデータ)を、1時間あたり $0.85 で利用できる。 また、High Storage Eight Extra Large(120 GiB の RAM、35 ECU、16 TB のローカル接続されたユーザーデータ)の場合は、1時間あたり $6.80 となる。 いずれのインスタンス・タイプを用いるにしても、ストレージとプロセッシングの年間費用としては、1 TB あたり $3,723 という、とても経済的な価格体系が提供される。 また、One Year と Three Year の Reserved Instances も提供され、それぞれの 1TB あたりのコストは、$2,190 および $999 まで引き下げられる。

It’s clear that Amazon’s Redshift will compete not only with things like EMC Greenplum, IBM Netezza and HP Vertica, but also with BitYota and Treasure Data which also run on AWS infrastructure. And it will also spar with Paraccel’s own data warehouse. But Paraccel CEO Chuck Berger told InformationWeek that he expects Amazon’s version will whet the appetite of customers for Paraccel’s own on-premises implementation. For more on Redshift check out AWS’ introductory video here:

Amazon Redshift にとって明確なことは、EMC Greenplum/IBM Netezza/HP Vertica などと争うでけはなく、同じく AWS インフラ上に提供される、BitYota /Treasure Data などとも競合していく点である。 さらに言えば、Paraccel 自身のデータ・ウエアハウスとも、戦うことになるだろう。 しかし、Paraccel CEO である Chuck Berger が InformationWeekに語ったところによると、この Amazon バージョンにより、Paraccel 自身のオンプレミス実装に対する、顧客の欲望が刺激されているとのことだ。 また、以下の紹介ビデオにおいても、Redshift の詳細を確認できる:

___space

___space

Related research

ーーーーー

imageついに登場ですね。そして、AWS の新たなチャレンジの始まります。文中でも紹介されている、昨年 11月の発表と前後して、James Hamilton 先生の 『 Redshift により データ・ウェアハウスの魔法を解く 』という抄訳をポストしていますが、そこでは ーーー「ペタ・バイト・スケールのデータ・ウエアハウスにおいて、コアあたり $80,000 を上回るような価格戦略を、神経を使って使いこなす必要は、もはや無くなった。エンタープライズに対して、60%~80% のディスカウント価格を提供するという、無意味な努力など、もう、不要になったのだ。つまり、エンタープライズ・ソフトウェアの世界に、常に潜んでいた魔法が解けるのである。そして、アドミニストレータ・チームを雇うことさえ不要になる。 単純にデータをロードして、それを動かすだけで良いのだ。 素晴らしい、光景じゃないか」ーーー とマトメられています。ワクワクする話ですね。image

ーーーーー

<関連>

【AWS発表】Amazon Redshift がどなたでもご利用可能に!
ーーーーー
AWS のコストを分析する:TripAdvisor と Pinterest
NASDAQ の FinQloud は、AWS ベースの金融サービス・プラットフォームだ
Amazon Glacier は、DEEP & FREEZE なコールド・データを取り扱う
Amazon AWS の年商は、どう見ても $ 1 billion を超えている

Comments Off on Amazon の Redshift がスタート! 警戒する HP、IBM、Teradata、Oracle など・・・

Apple に負けるな : Google Store が準備されている?

Posted in Google, Wearable, Weekend by Agile Cat on February 17, 2013

Google going retail?
http://wp.me/pwo1E-5Fu

By
Barb Darrow – Jan 15, 2013
http://gigaom.com/2013/02/15/google-going-retail/

_ Gigaom

photo: Flickr / blakespot

Summary: Google isn’t just an internet search company any more. As it pushes Google TV, Google Glasses, and Chromebooks, it needs to let customers try-before-they-buy.

Summary: Google は、単なるインターネット・サーチの会社ではない。 同社が Google TV や、Google Glasses、Chromebooks などをプッシュするにつれて、顧客たちが購入前に、それらのプロダクトを試すための場所が必要になる。

Inspired by the wild success of Apple’s retail stores, Google plans to open some brick-and-mortar stores of its own, according to a report by the 9to5Google web site.

9to5Google のレポートによると、Apple のリテール・ストアにおける目覚ましい成功に触発され、Google もリアルなストアをオープンさせる計画を進めているという。

The move makes sense now given Google’s big push into physical (i.e. non-software) products including Chromebooks, Google TV, and Google Glasses. These are the kinds of products people want to touch and feel before buying. Microsoft launched its own retail stores (pictured above) a few years ago for many of the same reasons and is currently using those stores to drum up excitement around its new Surface devices and other products. According to 9to5Google:

こうした動きは、Chromebooks や、Google TVGoogle Glasses といった物理的なプロダクト(非ソフトウェア)を、Google がプッシュしていることを前提とすれば、辻褄が合ってくる。 それらのプロダクトは、購入する前に、触れて感じることが必要とされるものである。 同じ理由により Microsoft も、数年前から自身のストアを、数多く持つようになっている(上記の写真)。そして、いまは、Surface などの新しいプロダクトを広めるために、それらのストアを活用している。以下は、9to5Google からの引用である:

“The mission of the stores is to get new Google Nexus, Chrome, and especially upcoming products into the hands of prospective customers. Google feels right now that many potential customers need to get hands-on experience with its products before they are willing to purchase.”

このストアの使命は、とりわけ Google Nexus や Chrome といった新しいプロダクトを、潜在的な顧客に触れさせることにある。 Google が感じているのは、潜在顧客たちが購入しようとする前に、それらのプロダクトに対する、ハンズオン・エクスペリエンスを提供する必要性である。

The internet search giant is not totally new to the world of face-to-face retail sales: Best Buy hosts Google-themed stores in several locations.

このインターネット・サーチの巨人が、リテールの世界に取り組むとしても、まったくの素人というわけではない。 すでに、Best Buy が、いくつかのロケーションにおいて、Google をテーマにするストアをホストしているのだ。

Google could not be reached for comment.

この件について、Google からのコメントは、まだ得られていない。

Feature photo courtesy of Flickr user blakespot

Related research

ーーーーー

TAG indexGoogle Store ができると、とてもイイですね。 ほんと、Chromebooks にしろ Google Glass にしろ、なかなか現物に触れませんものね。先日には、『Google の Smart Watch 構想 : スマホ は もう古いって?』という抄訳で、ウェラブル・コンピューティングのウワサ話をお伝えしましたが、こういうプロダクトになると、触れて見ることが ますます重要になりますものね Smile 日本にも、早く出来て欲しいです。image

ーーーーー

<関連>

Google はハードウェア企業に、本気で転進するのだろうか?
Google Glass は、骨振動スピーカーで音声も届ける!
HP も Chromebooks 市場に参入 : 14-inch で $329

 

Facebook の本が出る:Zuck の姉さん Randi が書き手だ

Posted in Books, Facebook, Social, Weekend by Agile Cat on February 17, 2013

Zuckraking! Randi Zuckerberg Is Writing A Book About Facebook
http://wp.me/pwo1E-5Fm

David Hamilton – Fe 15, 2013
http://readwrite.com/2013/02/15/zuckraking-randi-zuckerberg-is-writing-a-book

_ Read Write (2)

Apparently it’s not enough being a former Facebook marketing manager, owner of your own self consciously hip-yet-somehow-bottom-feeding media company, executive producer of the Bravo realityfest dot-bomb Silicon Valley, and social-media manners maven. Oh, right, and Mark Zuckerberg’s sister.

前職が Facebook の Marketing Manager であり、何らかの方法で情報をかき集めようとする、イカしたメディア会社のオーナーであり、Silicon Valley に実弾を降らす Bravo の Executive Producer であり、ソーシャル・メディア・マナーの専門家でもあるのだが、それだけでは説明が不充分だろう。 そう! 彼女は Mark Zuckerberg の姉さんなのだ。

So the notoriously shy and retiring Randi Zuckerberg, who has never traded on her better-known billionaire brother’s success and influence to further her own ambitions, has decided to grace the world with what the Associated Press describes as a "memoir/lifestyle book" about her time at Facebook. Titled, naturally, Dot Complicated, which coincidentally is also what the demure Ms. Z calls her invitation-only "modern lifestyle newsletter." About which a little more in a moment.

内気だとされ、第一線から引いてしまった  Randi Zuckerberg だが、彼女の弟でもある億万長者を利用したこともなければ、自身の望みを達成するために、その影響力を行使したこともない。 その彼女が、自身の Facebook 時代を本に綴ると決めた。Associated Press によると、回想録/ライフ・スタイルの本になるという。 そのタイトルは Dot Complicated であり、控えめな Ms.Z が Modern Lifestyle と呼ぶ、会員限定のニュースレターと同じ名前になるようだ。 もう少し、詳細について説明したい。

A Good Zuckraking

What’s RZ going to tell us? HarperCollins tells us she’ll relate her "entrepreneurial journey" through her time at Facebook and beyond. You can probably count on her to give a whitewashed version of her parting of the ways with Facebook, which so far sounds pretty spicy. (Ms. Zuck herself has previously described herself at the time as being "a little irresponsible with my creativity" and going "a little rogue.")

RZ は、何を伝えたいのだろうか? HarperCollins は、彼女の Facebook 時代と、その後を通して見た、「企業家の旅」に関連するものになると言う。 おそらく、Facebook を去ることになった、彼女なりの理由が聞けるはずであり、これまでに伝えられてきた、かなりスパイスの効いた話とは、異なるものになるはずだ。 (Ms. Zuck は、「自分の創造力に対して少し無責任になり、疎外感を覚えるようになっていた」と、以前に発言していた

You’ll also doubtless be fascinated to learn that RZ’berg will also enlighten the masses on – believe it or not – "the multifaceted complications of our socially transparent world today, including issues of privacy, social identity, authenticity, crowd sourcing and the future of social change." Surely the ethics and human decency of photo sharing deserves its own chapter.

大衆を啓発しようとする RZ ‘berg にも、間違いなく魅了されるだろう。あなたが信じようが信じまいが、「 今日の世界における社会的な透明性には、多面的な複雑さが存在する。そこには、プライバシーおよび、社会的アイデンティティ、信ぴょう性、群衆情報源、未来へ向けた社会の変化が含まれる」と、彼女は発言しているのだ。 たしかに、写真の共有における倫理と品位は、一章に値する問題である。

But wait, that’s not all! Dot Complicated will also come as an enhanced e-book with "innovative and engaging interactive components," including a "platform for crowd sourced stories and social media integration" – whatever that is. Who wants to wager that Ms. Zuck will herself skillfully navigate the multifaceted complications of our socially transparent world by steering entirely clear of any controversies involving privacy, social identity, authenticity, crowd sourcing and the future of social change? The divine Ms. Z had this to say for herself in the HarperCollins press release:

しかし、待って欲しい。それだけが、すべてではないのだ! 詳しい形態は知らされていないが、この Dot Complicated は、先進のエンゲージ・コンポーネントによる、対話性を用いた拡張型 e-Book として登場し、そこに、群衆情報源およびソーシャル・メディアのインテグレーションも取り込むことになる。Ms. Zuck 自身が巧みにナビゲートする、私たちの世界の社会的な透明性における、多面的で複雑な問題について、誰が一緒に取り組むのだろうか? それは、プライバシーおよび、社会的アイデンティティ、信ぴょう性、群衆情報源、未来へ向けた社会の変化というテーマを含む、あらゆる論争を明らかにしようと、舵を取ることで達成されるものだ。この、Ms. Z が推し進めようとするものについて、彼女自身が HarperCollins のプレス・リリースで発言している:

Technology has changed virtually every part of our lives, resulting in a modern, digital society that feels a lot like the wild, wild west. I am thrilled to be working with HarperCollins to share some of my own crazy experiences on the front lines of social media, and to inspire people of all ages to embrace technology, as well as the new set of social norms that come along with it.

テクノロジーにより、私たちの実質的な生活における、大半の部分が変化した。そして、フロンティア精神にも通ずる、近代的なデジタル社会をもたらした。 そして、ソーシャル・メディアの最前線で得た、私自身の気違いじみたエクスペリエンスのいくつかを、HarperCollins と共に共有していくことに、胸を躍らせている。そして、すべての年齢層の人々に対して、このテクノロイジーに接するように触発し、新しい社会規範のセットが、それと共に登場してくるようにしたい。

As for what to expect from the "lifestyle" parts of the book, you can’t do better than to sample Z’s Dot Complicated newsletter and blog. (Invites to the newsletter are apparently pretty easy to come by, as I had no trouble acquiring one – though you never know when the velvet rope will go up.) The blog, for instance, currently features:

この本の Lifestyle の部分から、何を期待すべきかだが、Ms.Z が提供する Dot Complicated のニュースレターやブログを手本する以上に、あなた自身で上手くやることは不可能だろう。 (このニュースレターへの招待状を得ることは、かなり容易であり、私もまったく手こずらなかった。 ただし、ベルベットのロープが、いつ引き上げられてしまうかは分からない) 実際のところ、このブログは、以下のような役割を果たしている:

But even a talent as unassuming as Randi Zuckerberg can’t be confined to one book. She’ll also publish a children’s picture book simultaneously with Dot Complicated, about which she and HarperCollins had virtually nothing else to say. If you needed a new reason to fear for the next generation, you’re apparently in luck.

しかし、Randi Zuckerberg のような気取らない資質であっても、1冊の本に限定されることはない。彼女は、Dot Complicated と同じタイミングで、子供向けの絵本を発行するようだ。 それについては、彼女も HarperCollins も、何もコメントしていない。もし、次の世代を気遣う、新しい理由があるなら、あなたはラッキーなのかもしれない。

Both books are due out in the fall. At least you have plenty of time to brace yourself.

どちらの本も、この秋には発行される予定だ。 少なくとも、準備のために時間は、充分にあるはずだ。

Photo via Flickr user nrkbeta.no under CC 2.0 license.

See also Yes, Randi Zuckerberg, Please Lecture Us About ‘Human Decency’

ーーーーー

image昨年の 12月に、Randi のプライベートな写真が、パブリックに流れてしまい、ちょっとした騒ぎになったことを思い出しました。結局は、Facebook のプライバシー設定に関連する問題であり、誤解もとけて無事に沈静化したのですが、そのときの Randi のスタンスが、ちょっと印象的でした。 この本は、何となく期待してしまいますね。image

ーーーーー

<関連>

Zuck の 姉の Randi も困惑する、Facebook のプライバシー
Zuck の姉が、Facebook を辞めて 新会社を立ち上げる
次に来る Facebook ブランドは、Woodstock 世代の ジジ・ババ がターゲットだ!
Facebook の偽アカウント対策は、どうなっているのか?
Facebook の Graph Search について、簡単だが説明したい : GigaOM

Comments Off on Facebook の本が出る:Zuck の姉さん Randi が書き手だ

アカデミー賞のオフィシャル・アプリが、iOS と Android に提供されたけど・・・

Posted in Entertainment, Mobile, Weekend by Agile Cat on February 16, 2013

Official Oscar App Adds Android, Facebook Ballots
http://wp.me/pwo1E-5Fe
Christina Warren – Jan 10, 2013
http://mashable.com/2013/01/10/oscar-app-ios-android-2013/

_ Mashable

Hot on the heels of the nominations for the 85th Academy Awards, the Academy of Motion Picture Arts & Sciences have updated their award-winning Oscar companion app — this time with Facebook integration and Android support.

85th Academy Awards のノミネーションに引き続いて、Academy of Motion Picture Arts & Sciences は、その受賞をガイドするための Oscar アプリをアップデートした。 そして、今回は、Facebook のインテグレーションと、Android のサポートが加わっている。

The app is designed to offer fans an inside look before, during and after Hollywood’s biggest night. This is the third year that ABC and the Academy have worked together on the app and each year, the experience gets more refined and polished.

このアプリは、Hollywood のビッグ・ナイトの前後を通じて、その内側からの情報を、映画ファンに提供するようにデザインされている。 それは ABC と Academy が、3年前から共同で開発してきたアプリであり、毎年のアップデートにより、さらに洗練され磨き上げられたエクスペリエンスが提供されている。

Before the Oscars, users can check the app to find out the latest Oscar news, watch interviews with insiders and access Oscar trivia. Users can also browse past winners, past red carpet fashions and famous Oscar video clips.

このアプリのチェックは、Oscars が手渡される前から可能である。そしてユーザーは、最新の Oscar ニュースや、関係者のインタビューなどを楽しめる。それに加えて、これまの受賞者を調べ、また、レッドカーペット・ファッションを楽しみ、有名な Oscar ビデオクリップを参照することも可能である。

On Feb. 24 — Oscar Sunday — the app turns into a second screen companion with the Oscar.com Backstage Pass. The Backstage Pass will let users access over a dozen live cameras placed throughout the Red Carpet and inside the Dolby Theatre. Fans can also access the press room and see interviews with stars after they win.

2月24日の Oscar  Sunday には、Oscar.com の Backstage Pass を利用する 2番目のスクリーンへと、このアプリは様変わりする。 そして、この Backstage Pass によりユーザーは、Red Carpet と Dolby Theatre の至るところに設置された、ライブ・カメラにアクセスできるようになる。 さらには、プレスルームにアクセスし、受賞者であるスターたちのインタビューまで見ることができる。

Now on Android

This year, the official Oscar app is also available on Android and for the Kindle Fire. This is a big deal, if only because it further solidifys Android’s dominance in the mobile space.

今年のオフィシャル Oscar アプリは、Android とKindle Fire でも利用できる。ただでさえ、モバイル・スペースで優位に立つ、Android の集団が参加してくるなら、かなり重大な出来事になる。

In our tests, the app offers a similar experience across platforms, which is great news for Oscar fans, regardless of smartphone OS preference.

私たちのテストでは、スマートフォン OS のプリファランスには関係なく、このアプリは、複数のプラットフォームをまたいで、ほとんど変わらないエクスペリエンスを提供する。それは、Oscar ファンにとって、大きなニュースである。

Interactive Ballot With Facebook Support

A staple of the Oscars app is the ability to create your own Oscar ballot. This year, the app ballot is more interactive than ever.

そして、この Oscars アプリのポイントは、あなた自身の Oscar 投票用紙を作成できる点にある。 今年の、このアプリによる投票は、これまで以上にインタラクティブである。

When you select your choice in the app, an image of the film or of an actor/director appears behind your choice. It’s a subtle, but very cool effect.

このアプリでは、誰に投票しようかと操作するときに、対象となる映画の俳優や監督のイメージが、その背景として登場する。 それは、ほのかなエフェクトであるが、とてもクールである。

The bigger news is that using Facebook, you can play along with your friends. The ballot will update in real-time so you can see how you rank against your Facebook friends as it happens on Oscar Sunday.

この投票は、リアルタイムにアップデートされるだろう。したがって、日曜日の Oscar 選出が進むにつれて、トモダチ同士は Facebook を介して、お互いの投票結果を見比べることができる。

Fans can also share news and photos from the app directly to Twitter and Facebook, complete with the #Oscars hashtag.

さらにファンたちは、#Oscars ハッシュタグで補完されるニュースや写真を、Twitter と Facebook でダイレクトに共有できる。

You can download the Oscars app for iOS [iTunes link], Google Play [Google Play link] and Kindle Fire [Amazon link] now. The Oscars kick off at 7:00 p.m. EST on Feb. 24, 2013 on ABC.

この Oscars アプリは、iOS[ iTunes Link]、Google Play[ Google Play Link]、Kindle Fire[ Amazon Link ]から、すでにダウンロードできるようになっている。 そして、今年の Oscars は、EST タイムの 2013年2月24日 午後7時00分から、ABC で放映される。

Image courtesy of Oscars App, composite by Mashable

ーーーーー

image昨年の後半からでしょうか、こうした大きなイベントがあると、そのためのオフィシャル・アプリが、iOS と Android 用に提供されるようになってきました。おそらく、どこかの BaaS 屋さんの仕事だと思いますが、短期間に集中するトラフィックをクラウドを使って処理し、そのイベントが終了すると、さっと店じまいをして、どこかに消えていきます。お正月に提供されていた、Times Square の New Year イベントに引き続き、今回も、その仕事ぶりを見てやろうと、iPad にアプリを入れてみましたが、残念ながら日本からはアクセスできませんでした。 ABC がスポサードしているようなので、各国の TV 放映権との問題があるのでしょうかね orz image

ーーーーー

<関連>

Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
Google Glass は、骨振動スピーカーで音声も届ける!
おっと どっこい Google は、モバイルで $8B も稼いでた!
2012年 Q4 スマホ 市場調査 : iOS と Android が全体の 92% を占有
Facebook が1位で、Google Maps が2位 : モバイル・アプリ 2012 ランキング

 

Comments Off on アカデミー賞のオフィシャル・アプリが、iOS と Android に提供されたけど・・・

%d bloggers like this: