Agile Cat — in the cloud

Google の モバイル売上 : 80% を iOS に依存

Posted in .Selected, Advertising, Apple, Google, Mobile by Agile Cat on February 27, 2013

Google earns 80% of its mobile revenue from iOS, just 20% from Android
http://wp.me/pwo1E-5GL

By
Daniel Eran Dilger – March 29, 2012
http://appleinsider.com/articles/12/03/29/google_earns_80_of_its_mobile_revenue_from_ios_just_20_from_android

image

<注記> 探しものをしていて見つけた、2012年3月 の記事ですが・・・

ーーーーー

While Google’s chief executive Larry Page recently described an $2.5 billion annual run rate for the company’s mobile revenues, the company has testified that it has earned less than $550 million from Android across four years from 2008 to 2011.

Google の CEO である Larry Page が、モバイル収益に関して、$2.5 billion という年次ベースの数字を上げている。 しかし、その一方で、2008年から 2011年の4年間において、Android から得た収益は $550 million 以下であると、同社は証言している。

Google doesn’t publicize its Android revenues, but has called out the the growing minority of its revenues attributed to mobile devices. Compared to the $2.5 billion it expected to earn on mobile devices this year, Google reported $38 billion in total revenues for 2011, most of which comes from paid search results presented to desktop PC users.

Google は Android による収入を公開せず、また、モバイル・デバイスに付帯する収入は、ごく僅かしか成長していないと強調している。モバイル・デバイスから得られたとする、今年の $2.5 billion に対して、Google における 2011年の総収入は、$38 billion だと報告されている。そして、その大半は、PC ユーザーのデスクトップにおける、サーチ結果から得られていることになる。

クリックで拡大 ⇒

In figures presented to the court overseeing Oracle’s patent and copyright infringement case, however, Google reports that very little of its mobile revenue actually comes from Android.

そして、Oracle の特許と著作権を侵害したとする、今回の訴訟に携わる法廷に提出された数字によると、Android から得られたモバイル収益は僅かであると、Google は報告しているのだ。

The last four years of Android revenue amounted to less than $550 million, the company’s documents stated, according to a report by The Guardian. Spread across four years, that indicates that Android contributes very little toward Google’s mobile revenues.

The Guardian のレポートによると、これまでの 4年間における Android の収入は $550 million 以下であると、同社は書面で説明しているという。 それが 4年間の合計であると考えると、Google のモバイル収益において、Android が僅かしか貢献していことが示される。

Google previously described a $1 billion run rate for mobile revenues in just 2011, which includes both mobile ad revenue and Google’s 30 percent cut on paid Android app sales through Google Play (formerly Android Market).

以前の Google の説明によると、2011年におけるモバイル収入は $1 billion であり、そこには広告収入と、Google Play(旧 Android Market)からの 30% のマージンが含まれることになる。

Many observers had mistakenly interpreted Google’s mobile revenues to mean Android revenues, but the majority of Google’s mobile search, maps and YouTube traffic come through Apple’s iOS devices, which make up more than half of all high end mobile devices and more than 80 percent of all tablets.

数多くのウォッチャーたちが、Google のモバイル収入について、Android から得られるものと、間違って解釈していた。 つまり、その大半は、Apple の iOS デバイスを介した、Google の Mobile Search/Maps/YouTube などのトラフィックで構成されている。そして、ハイエンド・モバイル・デバイスの 50% 以上と、すべてのタブレットの 80% 以上から、そのすべてが生じている。

Despite Android being widely used by smartphone makers, Google has struggled to gain traction for app sales in Android Market. Apple’s iOS platform continues to eat up around 90 percent of mobile software revenues.

広範囲におよぶスマートフォン・メーカーに採用されている Android ではあるが、Android Market におけるアプリ販売において、Google は苦闘していることになる。 つまり、Apple の iOS プラットフォームが、モバイル・ソフトウェアの収入における、約 90% を占有しているのだ。

Biting the hand that feeds ads

Google’s efforts to take over Apple’s iPhone sales with Android licensing and its attempts to blunt Apple TV with with its own Android-based Google TV in 2010 and eat up iPad sales with Android 3.0 Honeycomb tablets last year have all helped to sour the once close partnership the search giant formerly maintained with Apple.

Google は、Android ライセンスにより、Apple の iPhone セールスを追い抜こうとしている。そして、2010年には、Android ベースの Google TV で、Apple TV の足を引っ張ろうとした。さらに昨年は、Android 3.0 Honeycomb タブレットにより、iPad に対抗してきた。この一連の動きが、かつては、このサーチ・ジャイアントと Apple の間にあった、緊密な関係を悪化させている。

Apple has subsequently scaled back its support for Google services, ignoring many of Google’s enhancements to Maps (including navigation) and YouTube (including movie rentals) in its iOS client apps. Apple appears to be working to develop its own maps services, as evident in the new iPhoto app for iOS, following several acquisitions of smaller mapping companies.

それからというもの、Google サービスに対するサポートを、Apple は縮小してきた。 つまり、iOS クライアント・アプリにおける、Google Maps や(Navigation を含む)、YouTube に(Movie Rental を含む)に関する拡張を無視してきた。さらには、いくつかの小規模マップ会社を買収した後に、iPhoto for iOS を開発したことは、Apple 自身の Maps サービスを提供しようとする、証明のように思われる。

Apple has also added Microsoft Bing and Yahoo search to its desktop and mobile Safari browsers (albeit as optional search engines), and appears tilting toward making Baidu the default search engine for Chinese users.

それに加えて Apple は、Microsoft Bing と Yahoo を、自身のデスクトップとモバイルにおける Safari に加えている(オプションとしての設定であるが)。そして中国のユーザーに対しては、ディフォルトのサーチ・エンジンとして、Baidu の採用に傾いている

Apple is also resisting efforts by Google to force Safari users into web advertisement cookie tracking, something Apple has opted Safari users out of by default since its original release.

そして Apple は、Web アド・クッキー・トラッキングを Safari ユーザーを強制しようとする、Google の試みに対して抵抗している。それは、Apple が Safari ユーザーに対して、最初のリリースからデフォルトで排除させているものでもある。

In addition to developing its own mapping services, Apple has also launched iAd as its own mobile advertising unit to help developers monetize their free apps.

また、独自のマップ・サービスの開発に加えて、Apple は独自のモバイル・アド・ユニットとして iAd を立ち上げている。それにより、フリー・アプリを開発するデベロッパーの、マネタイズを支援しようとしている。

iAd market share in 2011.
Despite scathing predictions of death from competing ad networks and marketing organizations, iAd has successfully retained 15 percent of all US display ad revenue in 2011, despite only being available on iOS devices, which make up roughly half of all mobile devices.

競合するアドおよびマーケティングのネットワークから、強烈な反感を示されたにもかかわらず、2011年の iAd は、アメリカ国内のディスプレイ広告の 15% を維持するという、成功を収めている。その対象が、iOS デバイスに限定されるにもかかわらず、すべてのモバイル・デバイスの、約半分を確保しているのである。

ーーーーー

TAG index文中にもあるように、たしか 2011年の秋に、Google モバイルの $2.5B という話題に、注目が集まっていたと思います。 Aigle_Cat も 『 Google は Android で、$ 2.5 B の年商を計上したって? 』という抄訳で、この動きを追いかけていましたが、Larry Page に、まんまと 一杯食わされていたわけです。 悔しィー! iPhone と iPad が売れると、Google に利益が生じて、そこから Android の開発資金が調達されるという図式が見えてきます。だから Apple も、独自の Maps で、あんなに無理したわけです。 これも、モバイル・ビジネスにおける、1つのエコシステムなのでしょうかね?  image

ーーーーー

<関連>

おっと どっこい Google は、モバイルで $8B も稼いでた!
モバイル 広告の エコシステム について説明しよう
Facebook のモバイル・アドが、$0 から $1B ビジネスへと急成長している
Facebook が モバイル広告の 首位に! たった1年で 18.4% を支配
Facebook 広告が、ソーシャルの壁をのりこえ、外の世界へ溢れでる?

2 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. act2012bl said, on February 27, 2013 at 6:58 am

    アドバンストコミュニケーションテクノロジー's Blog でリブログ& コメント:
    いかにして「儲かる仕組み」をつくるかということですかね。いずれにせよこういう「絵」を事前に考えられる人のビジネスセンスは真似できないですね。

  2. agilecat.cloud said, on February 27, 2013 at 7:03 am

    まったく、大したものですよね! 昨年の数字ですが、この1年で、それほど大きく変化しているとは思えません。 Apple と Google には、蜜月の時代があり、それを裏切ったと Jobs は怒ったように思えます。
    Agile_Cat


Comments are closed.

%d bloggers like this: