Agile Cat — in the cloud

ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る

Posted in .Selected, Green IT, Mobile, Telecom by Agile Cat on February 21, 2013

ARM is already the brains of your smartphone. Now it wants to run the network too
http://wp.me/pwo1E-5G2
By
Kevin Fitchard – Feb 20, 2013
http://gigaom.com/2013/02/20/arm-is-already-the-brains-of-your-smartphone-now-it-wants-to-run-the-network-too/

_ Gigaom

Summary: LSI is the latest silicon vendor to incorporate an ARM architecture into its mobile base station chips. And it’s going all out, combining 16 ARM cores onto a single module.

Summary: LSI は、モバイル・ステーション・チップに、ARM アーキテクチャを取り込む、新しいシリコン・ベンダーである。 そして、シングル・モジュール上で、16 ARM コアを結合するために、全速力で突っ走っている。

ーーーーー

imageARM cores pretty much have the mobile applications processor market locked up, though Intel is trying to peck away at the dominance. But ARM isn’t content with its single mobile kingdom. It’s encroaching on the neighboring realm of mobile infrastructure as well, aiming to make its cores the workhorse processors in cellular base stations.

モバイル・アプリケーション・プロセッサ市場では、Intel が優位性を取り戻そうと試みるが、大半のエリアで、ARM コア陣営の守備網に弾き返されている。 しかし、ARM は、そのモバイル王国だけでは満足しないようだ。 つまり、セル・ベース基地局でも、そのコアを機能させるために、モバイル・インフラという領域にも進入しようとしている。

This week LSI announced its first ARM-based chip for the mobile base station. You thought Nvidia and Qualcomm’s quad-core smartphone processors were impressive, well LSI is embedding 16 ARM Cortex A15 cores, along with LSI’s networking accelerators and ARM’s low-latency CoreLink interconnect technology, onto a single 28-nanometer chip.

今週のことだが、その LSI が、モバイル・ベース・ステーション用の、初めての ARM ベース・チップを発表した。 あなたは、Nvidia や Qualcomm の、Quad Core スマートフォン・プロセッサを素晴らしいと思うだろう。そして LSI は、28 Nano シングル・チップ上に、16 ARM Cortex A15 コアを埋め込み、そこに、LSI ネットワーク・アクセラレータと、ARM の低レイテンシ CoreLink インターコネクト技術を加えている。

imageThe chip family is designed for base stations of all sizes, scaling from the macrocell down to the picocell, making similar to the flexible and modular platforms offered by competitors Texas Instruments (TXN) and Freescale. Both Freescale and TI have begun incorporating ARM cores into their base station chips, though neither one is a complete ARM convert. Freescale leans heavily on the PowerPC architecture, while TI is pairing ARM cores with its bread-and-butter digital signal processors (DSPs). But ARM is definitely taking bigger and bigger strides into the mobile network with its increasingly powerful but energy-efficient silicon designs.

このチップ・ファミリーは、マクロ・セルからピコ・セルにいたる、すべての規模の基地局を対象とするように、デザインされている。そして、コンペティタである Texas Instruments(TXN)と Freescale による、モジュール式の柔軟なプラットフォームに類似したもの提供する。そして、Freescale と TIも、自身の基地局チップに ARM コアを取り込み始めたが、どちらも完全な ARM コンバートではない。 Freescale は、PowerPC アーキテクチャに大きく依存している。しかし TI は、基本的な DSP(digital signal processors )と、ARM コアのペアリングを可能にする。 しかし ARM は、パワフルさを増しながら、エネルギー効率も良いという、そのシリコン・デザインを用いて、モバイル・ネットワークにおける、さらに大きな進歩を目論んでいる。

One company that’s hoping to join ARM within the guts of the mobile network is Intel, which is no stranger to skirmishes with the U.K. silicon giant in the infrastructure market. Intel is trying to establish a foothold for itself in the emerging technology cloud-RAN (RAN stands for radio access network). Cloud-RAN would separate the base station from the tower and move baseband processing into the cloud.

モバイル・ネットワークの経路内に、ARM が参入することを望んでいる会社には、このインフラ市場において、英国のシリコン・ジャイアントと小ぜり合いしても当然な、Intel もいるのだ。 Intel は、これからのテクノロジーである Cloud-RAN(RAN stands for radio access network)の、足場を固めようとしている。 Cloud-RAN は、基地局をタワーから分離し、そのベース・バンド処理を、クラウドへと移行するものである。

Related research

ーーーーー

TAG indexARM の快進撃が止まりませんね。たまに、思い出した時に見ているのですが、Amazon の Laptop 売れ筋では、ARM 版 Chromebook が昨秋からトップを譲りませんし、Macbook も ARM シフトするというウワサもあるくらいです。 でも、こうしたコンシューマ市場だけではなく、以下にもあるように、データセンターにも進出しています。 そして今回は、モバイル基地局という話であり、全方位へ向けて進出という感じになってきましたね。image

ーーーーー

<関連>

ARM vs. Intel : 主戦場は スマホ・サイズの サーバー?
SeaMicro を買収した AMD は、ARM ライセンスの取得へと向かうのか?
ARM チップは 5-watt の電力でサーバーを動かす
Nvidia が開発する ARM ベースの Server CPU とは?

Comments Off on ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る

%d bloggers like this: