Agile Cat — in the cloud

Amazon の Redshift がスタート! 警戒する HP、IBM、Teradata、Oracle など・・・

Posted in .Selected, Amazon, Data Warehousing by Agile Cat on February 18, 2013

Watch out HP, IBM, Teradata, Oracle: Amazon Redshift is here
http://wp.me/pwo1E-5FB

By
Barb Darrow – Feb. 15, 2013
http://gigaom.com/2013/02/15/watch-out-hp-ibm-teradata-oracle-amazon-redshift-is-here/

_ Gigaom

photo: Barb Darrow

Summary: Can Amazon take on the giants of data warehousing and win? Now we’ll be able to find out as its Paraccel-based Redshift service comes online.

Summary: Amazon は、データ・ウエアハウジングの大手たちに挑戦し、勝つことができるのか? そして、いま、Paraccel ベースの Redshift サービスが登場したことで、私たちは、その戦いぶりを目の当たりにしていくだろう。

Amazon announced plans for Redshift, its answer to pricier data warehouses from IBM, HP, Oracle, Teradata last November and, as promised, it’s broadly available in the first quarter of 2013.

昨年の 11月の Amazon がアナウンスした Redshift の計画は、IBM/HP/Oracle/Teradata といった高額なデータ・ウエアハウスに対する回答であり、そのときの約束によると、2013年 Q1 には広範囲で利用が可能となっていた。

Redshift, based on technology from ParAccel, claims to offer big-time data warehouse capability for a tenth of the price of legacy suppliers and, as of today, customers can start finding out for themselves if it lives up to the hype. If it does, it will uphold Amazon’s reputation for disrupting tech giants. Redshift availability was announced on the AWS blog.

ParAccel のテクノロジーをベースとする Redshift は、レガシー・サプライヤの 1/10 の価格で、一流のデータ・ウエアハウス機能を提供すると主張する。そして、現時点において、顧客たちは自分自身のために、それが誇大広告なのかどうかを、調べ始めることが可能になった もし、このデータ・ウエアハウスが実現するなら、テック・ジャイアントたちを崩壊させ、Amazon の名声を保つだろう。 Redshift の提供開始が、ついに AWS ブログで発表されたのだ。

One of the service’s key attractions, according to several attendees at last November’s AWS: Reinvent show where it was announced, was that Redshift will let customers keep on using their analytics tool of choice, be it MicroStrategy, Jaspersoft or Cognos.  Since training up people on new analytics is a big expense and time suck, that is important. According to the blog:

昨年 11月に開催された、AWS: Reinvent に参加した人たちによると、このサービスにおける重要なポイントの 1つは、MicroStrategy/Jaspersoft/Cognos といった分析ツールを、ユーザーたちに使い続けさせる点にあるという。  新しい分析手法のトレーニングは、大きな支出と、時間の消費を伴うため、こうしたサポートは重要である。 同社のブログによると:

“You can use the High Storage Extra Large (15 GiB of RAM, 4.4 ECU, and 2 TB of local attached    compressed user data) for $0.85 per hour or the High Storage Eight Extra Large (120 GiB of RAM, 35 ECU, and 16 TB of local attached user data) for $6.80 per hour. With either instance type, you pay an effective price of $3,723 per terabyte per year for storage and processing. One Year and Three Year Reserved Instances are also available, pushing the annual cost per terabyte down to $2,190 and $999, respectively.”

ユーザーは、High Storage Extra Large(15 GiB の RAM、4.4 ECU、2 TB のローカル接続された圧縮ユーザーデータ)を、1時間あたり $0.85 で利用できる。 また、High Storage Eight Extra Large(120 GiB の RAM、35 ECU、16 TB のローカル接続されたユーザーデータ)の場合は、1時間あたり $6.80 となる。 いずれのインスタンス・タイプを用いるにしても、ストレージとプロセッシングの年間費用としては、1 TB あたり $3,723 という、とても経済的な価格体系が提供される。 また、One Year と Three Year の Reserved Instances も提供され、それぞれの 1TB あたりのコストは、$2,190 および $999 まで引き下げられる。

It’s clear that Amazon’s Redshift will compete not only with things like EMC Greenplum, IBM Netezza and HP Vertica, but also with BitYota and Treasure Data which also run on AWS infrastructure. And it will also spar with Paraccel’s own data warehouse. But Paraccel CEO Chuck Berger told InformationWeek that he expects Amazon’s version will whet the appetite of customers for Paraccel’s own on-premises implementation. For more on Redshift check out AWS’ introductory video here:

Amazon Redshift にとって明確なことは、EMC Greenplum/IBM Netezza/HP Vertica などと争うでけはなく、同じく AWS インフラ上に提供される、BitYota /Treasure Data などとも競合していく点である。 さらに言えば、Paraccel 自身のデータ・ウエアハウスとも、戦うことになるだろう。 しかし、Paraccel CEO である Chuck Berger が InformationWeekに語ったところによると、この Amazon バージョンにより、Paraccel 自身のオンプレミス実装に対する、顧客の欲望が刺激されているとのことだ。 また、以下の紹介ビデオにおいても、Redshift の詳細を確認できる:

___space

___space

Related research

ーーーーー

imageついに登場ですね。そして、AWS の新たなチャレンジの始まります。文中でも紹介されている、昨年 11月の発表と前後して、James Hamilton 先生の 『 Redshift により データ・ウェアハウスの魔法を解く 』という抄訳をポストしていますが、そこでは ーーー「ペタ・バイト・スケールのデータ・ウエアハウスにおいて、コアあたり $80,000 を上回るような価格戦略を、神経を使って使いこなす必要は、もはや無くなった。エンタープライズに対して、60%~80% のディスカウント価格を提供するという、無意味な努力など、もう、不要になったのだ。つまり、エンタープライズ・ソフトウェアの世界に、常に潜んでいた魔法が解けるのである。そして、アドミニストレータ・チームを雇うことさえ不要になる。 単純にデータをロードして、それを動かすだけで良いのだ。 素晴らしい、光景じゃないか」ーーー とマトメられています。ワクワクする話ですね。image

ーーーーー

<関連>

【AWS発表】Amazon Redshift がどなたでもご利用可能に!
ーーーーー
AWS のコストを分析する:TripAdvisor と Pinterest
NASDAQ の FinQloud は、AWS ベースの金融サービス・プラットフォームだ
Amazon Glacier は、DEEP & FREEZE なコールド・データを取り扱う
Amazon AWS の年商は、どう見ても $ 1 billion を超えている

Comments Off on Amazon の Redshift がスタート! 警戒する HP、IBM、Teradata、Oracle など・・・

%d bloggers like this: