Agile Cat — in the cloud

Open Compute Summit 2013 : エコロジーと Asia Pacific

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on January 18, 2013

Facebook, Intel, & Rackspace get more open-source than ever with new designs
http://wp.me/pwo1E-5xj
January 16, 2013 – Jolie O’Dell
http://venturebeat.com/2013/01/16/facebook-intel-rackspace-get-more-open-source-than-ever-with-new-designs/

_ VB Dev

SANTA CLARA, Calif. — This morning, Facebook and a slew of big names in cloud computing and data center hardware unleashed a whole boatload of news — new hardware designs, new jobs, and new partnerships — all around the Open Compute Project.

SANTA CLARA, Calif. — 今朝のことだが(1/16)、Facebook および、クラウド・コンピューティング、そしてデータセンター・ハードウェアの大手たちが、大量のニュースを発信した。つまり、Open Compute Project に関連する、新たな ハードウェア・デザインと、新たな取組と、新たなパートナーシップに関連する情報である。

AMD and Intel both showed off some new hardware products. Rackspace announced it has customized its own server hardware around OCP designs — and contributed its customizations back to the project. And Fusion-io was talking about its new 3.2TB ioScale card, also an OCP product.

まず、AMD と Intel の両社が、いくつかの、新しいハードウェア・プロダクトを公開した。そして Rackspace も、OCP デザインを利用したサーバー・ハードウェアをカスタマイズし、その成果を、このプロジェクトにフィードバックしている。さらに Fusion-io も、OCP プロダクトとして開発された、新たな 3.2TB ioScale のカードについて説明した。

The Open Compute Project is the Internet and hardware industries’ attempt to make computing vastly more efficient by pooling knowledge and resources. Close competitors are actually working collaboratively to come up with a better motherboard, a better power supply. And it’s not just industry titans, either; anyone can download and modify the specs for Open Compute hardware.

この Open Compute Project とは、インターネットとハードウェアの業界が、ナレッジとリソースを共有することで、コンピューティングを非常に、その効率を大きく高めていこうする試みである。そして、コンペティタたちは、たとえば、より優れたマザーボードや電源などを生み出すために、協調して作業を進めている。さらに言えば、そこに居るのは、この業界の大手だけではない。そして、誰もが、Open Compute ハードウェアのスペックをダウンロードし、それをモディファイできるのだ。

Why should anyone with a day job and a social life care about this?

人々が仕事と日常において、この考え方を推進していく理由は、どこにあるのだろうか?

Two reasons: First, every time you click anything anywhere on the Internet, it takes a tiny toll on the environment — something with the impact of an ant’s footstep on a boulder. It takes electricity to power the machines that process the clicks and carry the data around the world, and most of that energy ain’t coming from wind farms.

2つの理由がある。まず、第一に、インターネット上の何処かで、何かをクリックするたびに、何らかの小さな負荷が、この環境に生じる。それは、巨石に記されるアリの足あとのような、影響力を持つものとなる。そして、クリックの結果として生じる、この世界をまたにかけたデータの移動により電力が消費されていくが、その大半が、従来からの非再生エネルギーとなる。

Second, every click, every bit of data costs the companies behind web services a tiny amount of money, maybe hundredths of a cent, maybe thousandths of a cent. They’re paying to power the services, to store the data, and to employ the folks who keep the machines running.

第二に、Web サービスと結び付けられる、あらゆるクリックと、すべてのデータは、それらをホストする企業に対して、1/100 〜 1/1000 セントというコストを要求する。つまり、データをストアし、また、それらのマシンを維持するという、サービスのために支出が生じることになる。

In aggregate, those tiny costs add up to tons and tons of carbon and billions of dollars in bottom-line costs for companies like Facebook, Amazon, et cetera. So by putting aside their differences and competitiveness just long enough to make better, faster, cheaper, kinder-for-the-planet servers, these companies are ensuring a better environment for all of us as well as lower operating costs (and higher profits) for themselves — something Facebook in particular can’t afford to overlook.

そして、それらを合算すると、たとえば Facebook や Amazon のような企業においては、膨大な量の二酸化炭素が排出され、また、莫大な費用が生じることになる。したがって、それらの企業間における差異と競合を、長期間にわたり取り除くことで、地球環境に優しいサーバーが、迅速かつ安価に、得られることになる。そして、それらの企業は、より優れた環境をユーザーに提供するだけではなく、自身の運用コストを引き下げ、また、利益を追求していける。とりわけ、Facebook にとっては、見逃すことのできない、非効率を取り除く必要があるのだ。

This open-source hardware movement is still in its early days. Today marks the start of the Project’s fourth Open Compute Summit; while the first Open Compute efforts were driven by Facebook, today’s summit is thick with IT corporations from around the world.

この、オープンソース・ハードウェアのムーブメントは、まだ黎明期にある。そして今日(1/16)は、このプロジェクトにおける、4回目の Open Compute Summit である。Open Compute の立ち上げは Facebook によるものであるが、今日のサミットには、世界から参加する IT 企業で満たされている。

“We’re seeing signs that the industry is changing, it’s becoming more open,” said Facebook hardware chief Frank Frankovsky (pictured above and below) today in his opening keynote. “Suppliers are seeing that there’s a radical change in this space.”

『 私たちが見ているものは、この産業が変化していく徴候である。 それは、よりオープンな方向性を持っている。サプライヤーたちは、この領域における、急進的な変化を目の当たりにしている 』と、Facebook の Hardware Chief である Frank Frankovsky は、今日のキーノートで発言している。

And as hardware becomes more open, not unlike the world of software, where open-source is the backbone of most systems, Frankovsky and others try to look into the near future and figure out where Open Compute and its network of partners should go next.

そして、ソフトウェアの世界と同様に、ハードウェアがオープンになるにつれて、オープンソースが大半のシステムにおけるバックボーンになるよう、Frankovsky たちは近い将来について目測を立て、Open Compute のパートナー・ネットワークが向かうべき先を、見定めようとしている。

“Where it’s all headed in my mind is about breaking up the monolith … disaggregating the system design,” he said.

『 私の考える方向性は、モノリスなものをバラバラにすることである。 つまり、いまのデザイン手法を分解することにある』と、彼は言う。

What that means, he continued, is changing the way data center hardware works. Instead of moving slowly and changing out whole stacks of hardware, Frankovsky says hardware should become — and is becoming — more flexible to meet consumers’ needs, more customizable to different configurations, and more quick to adapt to innovation.

それは、データセンターのハードウェアを機能させる方式を、変えていくという意味を持つと、彼は続けた。これまでの緩慢な動きから離れて、ハードウェアにおける全スタックを変化させることで、ハードウェアは消費者のニーズを満たすことが可能な、より柔軟なものになるべきであり、また、そう成りつつある。そして、異なるコンフィグレーションによるカスタマイズや、イノベーションの迅速な取り込みを可能にすると、Frankovsky は言う。

“Today, one of the biggest challenges in hardware design is trying to predict where the software’s gonna be,” said Frankovsky. “There’s an impedance mismatch between the speed at which software moves and the speed at which hardware can move.”

『 今日のハードウェア・デザインにおける最大のチャレンジは、ソフトウェアが辿り着く場所を予測することである。つまり、ソフトウェアが変化するスピードと、ハードウェアが追いつこうとするスピードに、インピーダンス・ミスマッチが存在するのだ 』と、Frankovsky は発言する。

He said “smarter technology refreshes and upgrades” is another challenge. So for OCP, breaking up the monolith means malleable configurations for data center gear, smarter tech upgrades, faster innovation for speedier components, and above all, openness.

よりスマートなテクノロジーにより、活力を与え、また、アップグレートしていくことが、もう一つのチャレンジであると、彼は言う。したがって、OCP により、このモノリスをバラバラにすることで、データセンター・ギアや、スマートなテクノロジー・アップグレード、コンポーネントにおける迅速なイノベーションのための、より柔軟なコンフィグレーションが実現される。そして、その全てが、オープンなものになる。

New OCP members announced today include players in storage, telecom, and microprocessors: SanDisk, EMC2, Fusion-io, HGST, ARM, Tilera, Calxeda, NTT Data, and Orange. Cole Crawford, a Linux Foundation advisor and former Nebula exec, has been named OCP’s COO and is its first full-time employee.

今日に発表された新しい OCP メンバーには、ストレージ/テレコム/マイクロプロセッサなどのプレイヤーが含まれる。具体的には、SanDisk/EMC2/Fusion-io/HGST/ARM/Tilera/Calxeda/NTT Data/Orange などである。また、Linux Foundation の Advisor であり、前職では Nebula の役員を務めていた Cole Crawford が、OCP の COO に指名された。 つまり、OCP としては、初めてのフルタイム従業員である。

Another exciting news item is the opening of OCP’s first international chapter, OCP Asia Pacific. With partners like Tencent, Baidu, and Alibaba, OCP already has a significant foothold in Asian markets, which are themselves hugely important hubs for hardware design and manufacturing. Interest in the region has been so strong that Frankovsky said some interested parties had taken it upon themselves to translate OCP specs into Japanese. Plus, he pointed out, “Asia’s going to have their own way to focus on their own issues,” such as earthquake tolerance and high-density physical spaces.

もう1つの興味深いアイテムは、OCP における最初のインターナショナル区分として、OCP Asia Pacific が始まることである。Tencent や、Baidu、Alibaba といったパートナーと伴に、OCP はアジア市場に重要な足がかりを持ち、それらの企業が、ハードウェアの設計/製造における極めて重要なハブとなっている。また、Frankovsky が発言しているように、いくつかの企業によるグループが、OCP のスペックを日本語に翻訳するなど、この地域では強い関心があるように思われる。それに加えて、『 Asia では、彼ら自身がフォーカスしていくべき、彼ら自身の問題がある(地震への耐性や人口の集中など)』と、彼は指摘している。

For Facebook’s part, the company is open-sourcing cold-storage versions of OpenVault and OpenStack, which are in use in its new-ish Sub-Zero cold storage facility, as well as Dragonstone, a new database server for its Swedish data center featuring high availability with dual motherboards and power supplies.

そして、Facebook の領域に注目してみると、同社は OpenVault のコールド・ストレージ・バージョンをオープン化している。そして、新設の Sub-Zero コールド・ストレージ・ファシリティでは OpenStack が使用されている。それだけではなく、Sweden の データセンター(Lulea)では Dragonstone が使用され、二重化されたマザーボードと電源により、高可用性が達成される。

For more specifics, check out the OCP’s blog post on today’s announcements, and stay tuned for more news from the Summit.

詳細情報に関しては、今日の発表に関する OCP ブログをチェックして欲しい。そして、このサミットに関する、さらなるニュースも探し出してほしい。

ーーーーー
image カリフォルニアは、いま 1月17日の深夜です。 昨日と今日に Open Compute Summit が開催されたわけですが、500人以上が入ると思われるキーノート会場は、超満員という感じでした。 また、主催者側は、約1900人のレジストリがあったと言っていましたので、それなりの規模のカンファレンスに成長してきたと思えます。 そして、本文にもあるように、これまでの日本における試みが、Asia Pacific の活動として承認され、なんとキーノートでは、ネコ入りスライドまで映されるという、きわめてメデタイ結果となったわけです。とは言え、ようやくスタート・ラインに立ったレベルであり、これから、どのように展開していくのか、皆さんと一緒に考えていかなければなりません。ご興味のある方は、OCPJ 事務局までお問い合わせください。
image
http://www.opencomputejapan.org/
ーーーーー

<関連>

Facebook は Open Compute を、コ・ロケーションにも適用する
Facebook 革命は、なにをハードウェア産業に強いるのか
Facebook が推進する Open Compute Project は、離陸できるのだろうか?
オープンなハードウェアは、データセンターに地殻変動を起こせるのか?

2 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 今週は、米国で「Open Compute Summit」が開催されています。この関係で参画している各ベンダーから大量のニュースが配信されていて、日本のメディアでもUpされています。上記のOCPJの発起人でもあるagile-catさんのサイトでも速報記事が掲載されています。  「Open Compute Summit 2013 : エコロジーと Asia Pacific」 […]

  2. agilecat.cloud said, on July 28, 2014 at 8:21 pm

    有難うござます。 これからも、よろしくお願い致します。


Comments are closed.

%d bloggers like this: