Agile Cat — in the cloud

Facebook は Open Compute を、コ・ロケーションにも適用する

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on December 6, 2012

Facebook Adapts Open Compute for Colo Space
http://wp.me/pwo1E-5k0

By: Rich Miller – October 25th, 2012
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2012/10/25/facebook-adapts-open-compute-for-colo-space/

_ DC Knowledge

We’ve been closely tracking the progress of the Open Compute Project, wondering if these uber-efficient open source hardware designs would ever be available at your local colocation center. Facebook has now shared details of its first use of Open Compute hardware in its third-party colo space.

この、きわめて効率の良いオープンソース・ハードウェア・デザインが、ローカルのコロケーション・センターで、いつかは利用できるという思いもあり、 Open Compute Project の進捗については、しっかりとトレースしてきた。そして、いま、サードパーティーのコロ・スペースにおいて初めて利用された、Open Compute ハードウェア詳細な情報を、Facebook が共有し始めた。

A rack of Facebook servers in a third-party data center in Virginia, adapted to work with Open Compute designs normally used in Facebook’s company-built facilities.
(Photo: Open Compute Project)

The Open Compute Project (OCP) was launched in April 2011 to publish data center designs developed by Facebook for its Prineville, Oregon data center, as well as the company’s custom designs for servers, power supplies and UPS units. The move was seen as a welcome departure from the historic secrecy surrounding data center design and operations. But Facebook’s energy-saving customizations provide challenges in multi-tenant facilities.

Open Compute Project(OCP)は、Prineville, Oregon データセンターのために Facebook が開発したデータセンター・デザインだけではなく、サーバー/電源/UPS ユニットなどのカスタム・デザインについても、その詳細な情報を提供するために、2011年 4月に開始された。 この動きは、データセンターのデザインとオペレーションを取り巻いてきた、歴史的な秘密主義を終わらせるものとして歓迎さた。 しかし、Facebook による省エネルギーのカスタマイズは、マルチ・テナント・ファシリティにも課題を提供する。

Facebook has now adapted Open Compute servers in leased data center space in Ashburn, Virginia, and is sharing the details. The process took about three months, and focused on hacking the racks.

そして、いま、Facebook は Ashburn, Virginia でリースされたデータセンター・スペースに、Open Compute サーバーを適用し、また、その詳細情報を共有している。 このプロセスには、およそ 3ヶ月が投じられ、ラックをハックすることにフォーカスするものとなった。

“Because we were deploying the servers into rooms designed for standard 19-inch racks, we ended up slightly modifying the standard rack to suit our needs,”wrote Facebook’s Pete Bratach on the Open Compute blog. Facebook is also operating its servers using standard power settings instead of the custom configuration used in its Prineville facility. The OCP power supplies were versatile enough to manage this change, which involved a slight loss of efficiency.

「標準的な 19 inch ラックのためにデザインされた部屋の中に、サーバーはディプロイされていた。したがって、私たちのニーズに合わせるために、標準的なラックを修正することになった」と、Facebook の Pete Bratach は Open Compute ブログに書いている。 さらに Facebook は、Prineville のファシリティで使われている、カスタムなコンフィグレーションに代えて、標準的な設定の電源を用いて、それらのサーバーを運用している。 OCP 電源は、こうした変更に対して充分に対応できるものであるが、わずかに効率をロスする。

Making ‘Open Hardware’ More Accessible

imageThe ability to implement Open Compute designs in leased data center space is important because it will eventually make Facebook’s energy-saving innovations available to a broader range of data center users. In the short term, it’s welcome news for Facebook and its data center service providers, as it will make it easier for Facebook to adapt its next-generation infrastructure in its existing leased space.

Open Compute のデザインを、リース用のデータセンター・スペースに実装行する能力は、最終的に、より広範囲のデータセンター・ユーザーに対して、Facebook の省エネルギー・イノベーションを提供していくため、とても重要な視点となる。 短期的に見ても、Facebook による次世代インフラを、既存のリース・スペースにも容易に適用していくことは、Facebook 自身とのデータセンター・サービス・プロバイダにとって、歓迎されるニュースとなる。

This could be important in markets like Ashburn or Santa Clara, Calif., two key connectivity hubs where Facebook leases large amounts of third-party space and is unlikely to build its own facility because of the cost of land and power.

それは、Ashburn あるいは Santa Clara, Calif というマーケットにおいて、重要な事柄になり得る。 つまり、この 2ヶ所は重要な接続ハブであり、また、Facebook が大量のサードパーティー・スペースをリースするロケーションではあるが、土地と電力のコストからして、自前のファシリティを構築しないと思われるからだ。

Bratach reviewed the alterations required to adapt the Open Compute servers to the service provider’s environment. They included:

したがって、Bratach は、サービスプロバイダーの環境に、Open Compute を順応させるために必要な、変更点を再検討した。 そこに含まれるのは、以下の項目である:

  • Riveting two shelves and side panels from an Open Compute “triplet” rack to a standard 19-inch rack to provide the right-angle tabs that can accommodate the OCP v2.0 chassis.
  • New power strips on the server racks, which run off 208V power instead of the OCP 277V. “We bought off-the-shelf strips from Server Technology. Some racks used both master and slave power strips, while others used only the master (the part number is for the master power strip is CS-24VYM313, the part number for the slave power strip is CL-24VYM313),” Bratahch wrote.
  • New power cords connecting the Open Compute power supply to the new power strips.
  • Open Compute の “triplet” ラックから、標準的な 19 inch ラックへ向けて、2つのシェルフとサイドパネルをリベットで止める。それにより、OCP v2.0 シャーシの収容が可能な、直角のタブを提供する。
  • OCP の 277V 代えて 208V に対応する、新しい電源ソケットをサーバーラック上に取り付ける。 「私たちは、規制のケーブルを、Server Technology から購入した。 いくつかのラックには、マスター/スレイブの電源ソケットを用い、その他には、マスターのみを配置した(マスター電源ソケットの型番は CS-24VYM313 であ、スレイブ電源ソケット肩張っbは CL – 24VYM313 )」と、Bratahch は述べている。
  • Open Compute パワー・サプライと、新しい電源ソケットを接続するための、新しいケーブルを用意した。

Since the facility has its own UPS battery backup power, there was no need for the Open Compute 48V battery backup system. Since the Facebook power supply is rated down to 190V, powering servers with 208V was within the normal operating range. “But at 208V, the current needs to increase to keep constant power, which makes the power supply a little less efficient (94.4% efficient) than when it’s running at 277V,” Bratach wrote.

このファシリティには、自身の UPS バッテリ・バックアップが備わっているため、Open Compute の 48V バッテリ・バックアップ・システムは不要となる。 Facebook パワー・サプライのレートを、190V まで引き下げたことで、サーバーへの 208V 供給は、標準的な運用の範囲内に収まった。 「 しかし、208V においては、供給電力を安定させるために、もう少し高い電流が必要になる。したがって、277V で走らせるときより、効率が若干落ちる(94.4% の効率)」と、Bratach は述べている。

He noted that it may be possible to install an Open Compute “triplet” rack in an existing colo center, but users will need to work closely with data center providers prior to installation. A key issue is the sturdiness of raised floors and ramps, as both the triplet racks (2,600 pounds) and OCP battery cabinet (2,200 pounds) weigh in excess of a ton. At 95 inches in height, the triplet racks are also taller than the 84-inch standard rack.

彼は、Open Compute の “triplet” ラックを、既存のコロ・センターに実装できるだろうと指摘しているが、導入に先立って、ユーザーとデータセンター・プロバイダの間で、緊密な調整が必要になるとも言う。 その、“triplet” ラック(2,600 pounds)と、OCP バッテリー・キャビネット(2,200 pounds)は、どちらも 1トンを超える重量があるため、フリーアクセス床と搬入路は、堅牢でなければならない。 また、全高において、“triplet” ラック は 95 inch であり、標準ラックの 84 inch のより高いため、注意が必要だ。

Facebook didn’t indicate which provider’s data center had been used for the OCP installation. In December 2011, Facebook said it was working with landlord DuPont Fabros Technology (DFT) to implement its Open Compute designs in its Ashburn, Virginia. But Facebook’s other Ashburn landlord, Digital Realty Trust, is also a member of the open Compute effort and adapting its multi-tenant data center floor plans to give customers the option of implementing elements of the Open Compute designs.

これまで、Facebook は、プロバイダーのデータセンターで、すでに OCP が導入されていることを公表してこなかった。 2011年 12月に、 Facebook は Ashburn, Virginia で Open Compute デザインを実装するために、家主である DuPont Fabros Technology(DFT)と共同作業していると発言していた。 しかし、Facebook にとって、もう一方の Ashburn の家主である Digital Realty Trust も、やはり Open Compute のメンバーである。 そして、自身のマルチ・テナント・データセンターのフロア・プランについて、Open Compute デザインの要素をオプションとして適用し、顧客に提供するための改造を行っている。

ーーーーー

imageimage正直なところ、OpenCompute とコ・ロケーションには、相容れないものがあると思っていました。 しかし、この記事を見ると、Facebook はユーザーの立場ですが、OpenCompute とコ・ロケーションに明確な接点が生じているようです。 また、DuPont Fabros Technology や Digital Realty Trust といった、データセンター事業者とも話が進んでいるとのことで、この先の楽しみが増えてきました。 image

ーーーーー

<関連>

Facebook 革命は、なにをハードウェア産業に強いるのか
Facebook の 巨大 DC を気化熱で冷やす、ミストの秘密について説明しよう
Facebook が北欧に建設している、冷気と水力をフル活用の DC とは?
Open Compute が創りだす、新世代 Web のためのビジネス・モデルとは?
Open Compute が1歳になったが、想像する以上に遠大な思想のようだ

Comments Off on Facebook は Open Compute を、コ・ロケーションにも適用する

%d bloggers like this: