Agile Cat — in the cloud

Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on October 19, 2012

Video hands-on with Google’s new $249 Chromebook
http://wp.me/pwo1E-53r
Oct 18, 2012 – 10:24AM PT – By
Kevin C. Tofel
http://gigaom.com/mobile/video-hands-on-with-googles-new-249-chromebook/

_ Gigaom

Google’s newest Chromebook, made by Samsung, only costs $249 and offers the same general performance of ChromeOS is a smaller, lighter package. How’d they do it? This model uses the same chip type that powers smartphones and tablets. Take a look at my hands-on thoughts.

Google の最新 Chromebook は、Samsung により製造され、その価格はわずか $249 である。 そして、全体的な ChromeOS のパフォーマンスは、以前からの Intel 版と同等であるが、そのボディはコンパクトで、軽量化されている。 どのようにして、それは作られたのか? このモデルでは、スマホ/タブレットにパワーを供給するチップ・タイプが使われている。 私の感想については、以下のハンズオンで述べている。

ーーーーー

Google introduced a new Chromebook on Thursday that costs $249 and runs on the same ARM chips that power smartphones and tablets. The new device, made by Samsung, looks extremely similar to the current Chromebook Series 5 550 model that I bought in June and have used as an everyday laptop since. The newer model is lighter, thinner and has no fan, however, and costs $200 less than the prior edition. In 2009, I suggested that Google would use these chips for ChromeOS; I was wrong — until now — but hardware advances make it possible.

この木曜日(10/18)に Google は、スマホ/タブレット用の ARM チップで駆動し、価格が $249 という、新しい Chromebook を紹介した。この新しいデバイスは、Samsung により製造されているが、私がラップトップとして 6月に購入してから、毎日のように使用している、Chromebook Series 5 550 モデルに、きわめて似ているように思える。 しかし、この新モデルは、より軽く、より薄く、ファン・レスであり、以前のエディションと比べて $200 も安いのだ。 2009年の段階で、Google は ChromeOS においても、これらのスマホ用チップを使うだろうと、私は示唆した。 したがって、昨日までは間違いであったが、ハードウェア進歩が、それを可能にした。

I’ve spent a few hours with Google’s new device and have a short overview, comparison to the prior model and thoughts after some hands-on time. Take a look:

この、Google の新しいデバイスに対して、私は数時間を費やした。 そして、以前の Intel モデルとの比較および、いくつかの感想を、簡単なハンズオンとしてまとめてみた。 ぜひ、見てほしい:

ビデオは GigaOm サイトで ⇒

ChromeOS is still the same here, although it has a few subtle design tweaks that make it look more professional as a platform. The device comes with 16 GB of on-board storage, can be expanded with an SD card and gains 100 GB of free Google Drive storage; something we expected to see happen at some point. A faster USB port and full-sized HDMI jack for digital TV output is also here, but gone is the wired Ethernet port; it’s Wi-Fi or nothing for connectivity. Google will debut a 3G model in the future, however.

ChromeOS 自体は変わらないが、プロフェッショナルのためのプラットフォームと感じさせる、いくつかの工夫がデザイン面で施されている。 このデバイスは、16 GB のオンボード・ストレージを持つが、SD カードによる拡張が可能であり、また、100 GB の Google Drive ストレージが無償で提供される。 つまり、私たちが、ある時点において、予期した展開となっている。 また、高速化された USB ポートと、Digital TV 用のフル・サイズの HDMI ジャックが提供されるが、Ethernet ポートは無くなり、Wi-Fi のみのネットワーク環境となる。 しかし Google は、今後において 3G モデルをデビューさせるだろう。

The new Chromebook is just under 2.5 pounds and is both sleeker and thinner. Battery life appears the same as Google says “up to 6.5 hours.” While the 1366 x 768 screen is 0.5-inches smaller, it’s not a detriment. Of course, the biggest change is the ARM processor inside. It’s a Samsung Exynos 5250, which is a dual core, next-generation Cortex-A15 chip of Samsung’s own design. It handles 1080p video just fine and runs the ChromeOS quite well. I’d say the performance is comparable to the Intel-powered Chromebook I have, but perhaps a half-step behind; at least in my few hours of using the device.

この Chromebook の重量は、2.5 ポンド(1.13 kg)にも満たない。 そして、薄くなり、美しくなっている。 バッテリー・ライフに関しては、『 最大で 6.5 時間 』と、Google は発言している。 1366 x 768 Pixel のスクリーンは、以前と比べて 0.5 inch ほど小さくなったが、これといって問題はないだろう。 そして、もちろん、最大の変化は、ARM プロセッサを採用したことである。 それは Samsung Exynos 5250 であり、次世代 Cortex-A15 として Samsung 自身がデザインした、Dual-Core チップである。それにより、ChromeOS でも 1080p Video を、適切に処理することが可能になった。パフォーマンスに関しては、Intel パワーの Chromebook に相当するが、半歩下がったところに位置するだろう。 ただし、それは、このデバイスを数時間が使っただけの感想である。

At this price, however, Google has a large opportunity for students and general consumers to pick up one of these new Chromebooks. I still believe that a Chromebook isn’t for everyone; I’d never suggest otherwise. For everyday web tasks and basic productivity, however, the device is perfect and attractively priced.

そして、価格の設定であるが、学生やコンシューマに Chromebooks を提供するという意味で、Google は大きなチャンスを得たことになる。 しかし、Chromebook が万人向きかというと、そうとは思えず、また、推奨することもない。 ただし、日々の Web タスクと、基本的な作業において、このデバイスは完ぺきであり、また、魅力的な価格に設定されている。

Subscriber Content

ーーーーー

imageついに、Chromebook の本命というか、Post-PC の本命が登場ですね。 最近の ARM チップを見て、このようなデバイスを駆動するための、充分なパワーを持っているなぁ、とは感じていました。 しかし、Intel 版の Chromebook を、わずか数カ月前に デビューさせたばかりのGoogle + Samsung タッグが(6月に台北で見ました)、この時期に ARM 版を発表するとは、ちょっとした驚きであり、$249 という価格設定は、たいへんな驚きといったところです。個人的には、やはり 3G モデルが欲しいですが、Evernote のネイティブは載るのかなぁとか、Opera を走らせたいなぁとか、、、妄想してしまいますね。 image

ーーーーー

<関連>

New Chromebook と Chromebox を、Google と Samsung が発表!
Google はハードウェア企業に、本気で転進するのだろうか?
Chrome の Remote Desktop ベータ版が出たらしい
Google Chrome OS press conference : Part_1
Google Chrome OS press conference : Part_2

 

Comments Off on Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!

%d bloggers like this: