Agile Cat — in the cloud

VMware が OpenStack に参加って マヂ ですか?

Posted in .Selected, OpenStack, VMware by Agile Cat on August 28, 2012

Surprise! VMware will join OpenStack
http://wp.me/pwo1E-4EM

Aug 26, 2012 – 5:52PM PT
http://gigaom.com/cloud/surprise-vmware-will-join-openstack/

_ Gigaom

Never say never. VMware is about to join the OpenStack Foundation, a group initially backed by other industry giants as a counterweight to VMware’s server virtualization dominance. Intel and NEC are also on deck to join as Gold OSF members.

世の中、何が起こるかわからない。 VMware が OpenStack Foundation に参加しようとしている。この団体は当初、サーバー仮想化における VMware の優位性に対するカウンターとして、業界の大手に支持されてきたのだ。 また、Intel と NEC も、Gold OSF メンバーとして参加しようとしている。

imageJust in time for VMworld, VMware is about to join the OpenStack Foundation as a Gold member, along with Intel and NEC, according to a post on the OpenStack Foundation Wiki. The applications for membership are on the agenda of the August 28 OpenStack Foundation meeting.

OpenStack Foundation Wiki へのポストによると、ちょうど VMworld に間に合うかたちで、 VMware は Intel や NEC と共に、Gold メンバーとして OpenStack Foundation に参加しようとしているとのことだ。  このメンバーシップに関する申請は、8月 28日の OpenStack OpenStack ミーティングにおけるアジェンダに載っている。

A year ago, a VMware-OpenStack hookup would have been seen as unlikely. When Rackspace and NASA launched the OpenStack Project more than two years ago, it was seen as a competitive response to VMware’s server virtualization dominance inside company data centers and to Amazon’s heft in public cloud computing.  Many tech companies including but not limited to Rackspace, IBM, Hewlett-Packard, Citrix, Red Hat and Microsoft saw VMware as a threat and were bound and determined to keep the company from extending its virtualization lock into the cloud.

1年前であれば、 VMware-OpenStack 接続なんて、トンデモナイと思われただろう。 2年以上も前になるが、Rackspace と NASA が OpenStack Project を立ち上げたとき、オンプレミス DC における VMware 仮想サーバーの優位性に対して、また、パブリック・クラウド・コンピューティングにおける Amazon からの圧力に対して、真っ向から戦っていく姿勢として見られていた。  Rackspace に限定されることなく、IBM や、Hewlett-Packard、Citrix、Red Hat、Microsoft を含む、数多くのテック・カンパニーたちが、VMware を脅威として見なしていた。 そして、同社が、クラウドにも仮想化ロックを拡大することを、阻止しようとする強い決意を持っていたはずだ。

image

Steve Herrod, CTO and SVP of R&D, VMware
(c)2012 Pinar Ozger pinar@pinarozger.com

But, things change. VMware’s surprise acquisition of Nicira and DynamicOps last month, showed there might be a thaw in the air.  For one thing, Nicira is an OpenStack player. By bringing Nicira and DynamicOps into the fold, VMware appeared to be much more willing to work with non-VMware-centric infrastructure, as GigaOM’s Derrick Harris reported at the time.

しかし、物事は変化する。 先月に起こった、VMware による、電撃的な Nicira と DynamicOps の買収が、雪解かもしれないという雰囲気をもたらしている。  1つには、Nicira が OpenStack プレーヤーだという現実がある。 以前に、GigaOM の Derrick Harris がレポートしたように、VMware は、この団体の中心に Nicira と DynamicOps を置くことで、Non-VMware セントリックなインフラの中で、振る舞っていくことも厭わないように思われる。

This is a symbolic coup for OpenStack and its biggest boost since IBM and Red Hat officially joined as Platinum members in April.  And it’s especially important since Citrix, a virtualization rival to VMware undercut it’s own OpenStack participation last April by pushing CloudStack as an alternative open source cloud stack.

これは、OpenStack に対する象徴的なクーデターである。そして、IBM と Red Hat が、4月に Platinum メンバーとして正式参加して以来の、最大の推進力を与えるものでもある。  そして、仮想化において VMware のライバルである Citrix が、もう 1つのオープンソース・クラウドである CloudStack をプッシュすることで、OpenStack から脱会していることも、きわめて重要な背景である。

OpenStack Gold members, which include Cloudscaling, Dell, MorphLabs, Cisco Systems, and NetApp, pay a fee pegged at 0.25 percent of their revenue — at least $50,000 but capped at $200,000 according to the foundation wiki. (VMware’s fee will be $66,666, according to the application, submitted by VMware CTO Steve Herrod, which is linked on the wiki post.) Platinum members —  AT&T, Canonical, HP, Rackspace, IBM, Nebula, Red Hat, and SUSE – pay $500,000 per year with a 3-year minimum commitment.

OpenStack の Gold メンバーには、Cloudscaling/Dell/MorphLabs/Cisco Systems/NetApp などが名前を連ねている。同ファウンデーションの wiki によると、それらの企業は、売上額の 0.25%(最低でも $50,000 以上)を会費として収めるが、上限は $200,000 となっている(VMware CTO Steve Herrod が提出した申請書によると、VMware の会費は $66,666 になる。この wiki 上のリンクから参照できる)。 また、 Platinum メンバーである、AT&T/Canonical/HP/Rackspace/IBM/Nebula/Red Hat/SUSE は、$500,000/年の支払を、3年間にわたりコミットしている。

Subscriber Content
Related research and analysis from GigaOM Pro

 

 

 

ーーーーー

imageあっと、驚く展開ですね。 8月 28日の OpenStack OpenStack ミーティングというと、これからの開催になりますが、拒まれることは無さそうですね。 そして、焦点となるのは、これからの VMware の立ち位置です。 ネットワークの仮想化などを取り込んだ、Datacenter as a Services を標榜するなら、OS の仮想化テクノロジーは何でも良いというスタンスを要求されるでしょう。 そして、そのような変化を遂げるなら、いまのビジネス・モデルを、その根本から変更しなければなりません。 これからの展開に注目です。 ーーーimage

ーーーーー

<関連>

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
CloudStack vs. OpenStack : Citrix の言う Amazon ライク説を論破する _1
NASA は OpenStack を捨て、Amazon に乗り換えたのか?

Comments Off on VMware が OpenStack に参加って マヂ ですか?

%d bloggers like this: