Agile Cat — in the cloud

IDC モバイル調査 2012 Q2 : 世界の 50% を Samsung と Apple が分け合う

Posted in .Selected, Mobile, Research, Samsung by Agile Cat on July 28, 2012

IDC: Samsung and Apple responsible for 50% of smartphones shipped in Q2 2012
http://wp.me/pwo1E-4uY

By:
Anthony Domanico, IntoMobile – Friday, July 27th, 2012
http://www.intomobile.com/2012/07/27/idc-samsung-and-apple-responsible-50-phones-shipped-q2-2012/

_ into Mobile

The IDC have released their Q2 report on the mobile market, and it paints the same picture we’ve seen in quarters past. Mobile customers are adopting smartphones than feature phones en masse, with a 42% increase in smartphone sales year over year. Overall, more phones were sold in Q2 than ever before, with 406 million units sold in the quarter, representing a 1% increase from the previous quarter.

IDC はモバイル・マーケットに関する Q2 レポートを発表したが、そこに描かれる傾向は、これまでの四半期レポートに似通ったものとなっている。前年比で 42% の増加となったスマートフォンのシェアは、モバイル・ユーザーがフューチャーフォンから大挙して移動した結果である。 全体をみると、この Q2 に販売されたユニット数は 406 million を数え、Q1 に対して 1% の増加という、これまで記録を塗り替えるものとなっている。

When it came to manufacturers, Samsung and Apple continued their global domination, with the two companies combined representing nearly 50% (49.5%) of smartphones shipped in Q2. Samsung shipped a record 50.2 million smartphones devices in the quarter (up 172.8% from Q2 2011), thanks in large part to the release of the Galaxy S III flagship device and continued success with the Galaxy Note superphone, while Apple’s sales showed a more modest year over year growth of 27.5%, resulting in a net smartphone market share drop of 1.9%. Apple device shipments showed a decline from the previous quarter ahead of the Q4 launch of the next iPhone.

マニファクチャに目を転ずると、 Samsung と Apple の合計が 50%(49.5%)に達するという勢いであり、この二社が世界を支配し続けている。 Samsung は、この Q2 に 50.2 million のスマートフォンを販売するという、記録を打ち立てた( 2011 Q2 に対して 172.8% の増加)。 その要因となったのは、フラッグシップ・デバイスである Galaxy S III のリリースと、順調な販売を継続している Galaxy Note である。その一方で、Apple は前年比で 27.5% の成長を示したが、スマートフォン市場におけるシェアとしては 1% を失う結果となった。 Apple のデバイスは、Q1 と比較して低調であるが、次期 iPhone の発売が Q4 に予定されていることから、買い控えが生じた結果だと思われる。

Nokia continues to struggle in the smartphone market, with a sharp decline in smartphone shipments in the quarter due to declined sales of the company’s Symbian and MeeGo smartphones. While its Windows Phone sales nearly doubled from the previous quarter, the company’s year-over year shipments declined almost 40%. Windows Phone 8 is due out in Q4 2012, and the company hopes it will see strong gains in the important holiday sales season. HTC’s year over year shipments also showed sharp declines, though the company gained enough in Q2 to retake the number 4 spot from ZTE, sparked by sales of the HTC One Series of devices in the Asia/Pacific region.

Nokia は、Symbian と MeeGo を搭載するスマートフォンが衰退したことで、この Q2 におけるスマートフォン出荷数が急激に落ち込むという苦境にある。 また、Windows  Phone に関する販売量は、Q1 と比較して倍増しているが、全体でみると 40% を失う結果となった。 Windows  Phone 8は、2012年の Q4 に発売が予定されており、このクリスマス・シーズンにおける販売の伸びに、同社としては大きく期待しているはずだ。 HTC も、前年比では大きくシェアを落としているが、Asia/Pacific 地域における HTC One Series の販売が絶好調だったこともあり、ZTE から 4番手のポジションを取り返すことができた

Competition is expected to heat up in the coming quarters, with the next iPhone, Windows Phone 8, Android 4.1 Jelly Bean, and BlackBerry 10 all on the horizon. As it stands now, however, Samsung has many reasons to celebrate as they’ve managed to drum up a killer Q1, setting a smartphone shipment record along the way.

今後の Q3 と Q4 においても、さらに競合が激化していくと予想される。なぜなら、次期 iPhone および、Windows Phone 8、Android 4.1 Jelly Bean、BlackBerry 10 などが出そろうタイミングとなるからである。しかし、これまでと同様に、Samsung には好材料が揃っている。同社は Q1 に大躍進を果たし、販売記録を伸ばしているが、その勢いは衰えないだろう。

[via IDC, Engadget]

ーーーーー

imageSamsung に勢いがあるのは分かっていましたが、今年に入ってから、これ程までの成長を示しているとは思っていませんでした。 これから先は分かりませんが、わずか 1年の間に、四強時代から二強時代へと、マーケットが変化しているのは明らかですね。ーーー image

ーーーーー

<関連>

Google Drive/Dropbox/SkyDrive/Box の 比較テスト: 30 日間
IDC:データ分析市場は、2016年までに $51 B ビジネスに成長する
Web と jQuery のラブラブな関係を、いくつかのデータで証明する
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/6月
iGoogle がダメなら、NetVibes があるぜ! ただいま引越し中

Comments Off on IDC モバイル調査 2012 Q2 : 世界の 50% を Samsung と Apple が分け合う

%d bloggers like this: