Agile Cat — in the cloud

VMware の言うクラウド選択の自由と、Nicira の買収は矛盾しないのか?

Posted in .Selected, OpenFlow, SDN, VMware by Agile Cat on July 25, 2012

With Nicira buy, VMware claims cloud freedom of choice
http://wp.me/pwo1E-4u0

By
Derrick Harris Jul. 23, 2012
http://gigaom.com/cloud/with-nicira-buy-vmware-claims-cloud-freedom-of-choice/

_ Gigaom

Three weeks, two acquisitions — DynamicOps and Nicira — and a lot of talk about freedom of choice. What gives, VMware?

3週間のあいだに DynamicOps と Nicira という、2つの買収劇が起こり、選択の自由について、たくさんのトピックが溢れ出た。 それにより、なにが VMware にもたらされるのだろう?

The answer is simple: VMware sees the writing on the wall, it knows acting like a dictator won’t work in an IT society that craves democracy. Half of the story around VMware’s rumored cloud computing spin-out focused on the need for the company to focus on its core virtualization business in order to fend off advances from the likes of Microsoft, Citrix, OpenStack and others. Most experts agree that embracing those competitors is VMware’s best chance to blunt their attacks.

その答えはシンプルである。 つまり、VMware が発表することに、注意深く見ていくことである。そうすれば、民主主義のキャンバスを持つ IT の社会で、たとえば独裁者のように振る舞っても、その望みを達成できないことが分かるだろう。 VMware に関するウワサ話の半分が、同社の必要性に焦点を合わせるために、何らかのスピンアウトをクラウド・コンピューティングの周辺で起こすというものだ。そうすることで、Microsoft/Citrix/OpenStack などの先行者利得を回避するための、コアとなる仮想化ビジネスに焦点を合わせるという。 大半の専門家が同意するのは、それらのコンペティタを抱え込んでしまうことが、VMware へ向けた彼らからの攻撃を鈍らせる、最良の選択肢になるという点だ。

On July 2, VMware announced it was buying virtualization- and cloud-management vendor DynamicOps, which VMware rationalized in its press release thusly:

VMware believes that customers will benefit most by a standardized architecture, but will build solutions that make it easy for customers to choose the model that best works for their needs, including heterogeneous environments/management. … DynamicOps builds on the capabilities of vCloud Director by enabling customers to consume multi-cloud resources (e.g., physical environments, Hyper-V- and Xen-based hypervisors, and Amazon EC2).

7月2日のことだが、VMware は仮想化とクラウド・マネージメントのベンダーである DynamicOps を買収すると発表した。 それについて、VMware はプレス・リリースで、以下のように合理性を説明した:

VMware が信じているのは、最も標準化されたアーキテクチャから、顧客がメリットを得ることである。しかし、ヘテロジニアスな環境とマネージメントも含めて、そのニーズに応じて最も適切に機能するモデルを、容易に選べるようにするソリューションを、顧客は構築していくとも確信している。・・・ DynamicOps が vCloud  Director の機能をベースに構築する機能は、マルチ・クラウド・リソースを消費する(たとえば 物理環境/Hyper-V/Xen Based ハイパーバイザ/Amazon EC2など)、顧客により実現されるものとなる。

On Monday, it was software-defined networking golden boy Nicira. In his blog post explaining the acquisition, VMware CTO Steve Herrod goes out of his way to talk about openness:

They [Nicira] are major contributors to the networking capabilities of other hypervisors (via the Open vSwitch community) as well as to the “Quantum Project”, one of the key subsystems of OpenStack.

I can imagine skepticism as to whether we will continue this substantial embrace of non-VMware hypervisors and clouds. Let me be clear in this blog… we are absolutely committed to maintaining Nicira’s openness and bringing additional value and choices to the OpenStack, CloudStack, and other cloud-related communities.

そして月曜日(7/23)には、SDN のゴールデン・ボーイである Nicira だ。 この買収について説明する、VMware CTO の Steve Herrod のブログ・ポストでは、オープンネスの説明について、ことさらの努力が伺える:

彼ら[ Nicira ]は、他のハイパーバイザー上のネットワーク機能を推進する主要コントリビュータであるだけでなく(Open vSwitch コミュニティを介して)、OpenStack の重要なサブシステムである “Quantum Project” に対しても同様である。

こうして、VMware 以外のハイパーバイザーやクラウドを受け入れてきたわけだが、私たちが今後も継続するだろうかという観点で、懐疑心が生じると想像できる。 このブログで明らかにさせて欲しいのだが、私たちは Nicira のオープンネスを絶対に維持し、また、OpenStack や CloudStack といったクラウド関連コミュニティから見た、もう1つの価値と選択肢を維持していく。

VMware’s Herrod and I talking software-defined data centers at Structure.

It might sound counterintuitive that VMware would embrace the hypervisor and cloud-management competition, but it’s actually common sense. If VMware is going to position itself as the provider of intelligence in software-defined data centers, hypervisors have to be treated as the workers that merely carry out the management layer’s commands. If all they’re there to do is create virtual machines that are part of a resource pool, the hypervisor shouldn’t really matter.

ハイパーバイザーとクラウド・マネージメントにおける競合を、VMware が抱え込むという状況は、直感に反するように聞こえるかもしれないが、実際には共通の認識である。VMware が Software Defined Data Center におけるナレッジ・プロバイダーとして、自身のポジションを位置づけるなら、ハイパーバイザーについては、マネージメント・レイヤーのコマンドを実行する、単なるワーカーとして扱われなければならない。 もし、VMware の行うことが、リソース・プールの一部としての仮想マシン作成だけにあるなら、ハイパーバイザー重要なものになってはいけない。

If we’re talking about supporting multiple cloud environments, such as OpenStack and CloudStack, I have to assume VMware will simply claim its superiority. So it might not prevent people from using OpenStack for test-dev workloads and web sites, but it will make the case that customers will want to use VMware for mission-critical apps.

OpenStack と CloudStack といったマルチ・クラウド環境のサポートについて議論するなら、そこで VMware が優位性を主張するということも想定する必要がある。つまり、ワークロードと Web サイトに関するテスト/開発のために、OpenStack が用いられることを妨害するものではないだろうが、ミッション・クリティカルなアプリケーションに関して、顧客が VMware を使いたがるという状況をもたらすだろう。

Supporting multiple clouds doesn’t mean encouraging their use. It’s the same logic that underpins VMware’s efforts with CloudFoundry — developers are free to use whatever components they want, but writing in Java and using Spring means VMware support and access to the gamut of SpringSource tools such as Spring Hadoop and everything falling under the vFabric banner. Want to run Hadoop on your VMs? You might be interested in VMware’s efforts to make Hadoop run on its vSphere hypervisor.

マルチ・クラウドのサポートが、その利用を奨励すると考えるなら、そこに落とし穴がある。 それは、CloudFoundry を用いることで、VMware のインフラを支えようとするロジックに等しい。つまり、デベロッパーは、必要とされるあらゆるコンポーネントを自由に利用できるが、Java による記述と Spring の使用は、VMware をサポートすることであり、また、Spring Hadoop などの SpringSource ツールにアクセスし、vFabric の名のもとに集められた、すべての領域へアクセスすることを意味する。 そのような状況で、あなたは、自身の VM 上で Hadoop を走らせようと望むだろうか?おそらく、vSphere ハイパーバイザー上で Hadoop を実行する、VMware のインフラに興味を持つだろう。

But don’t mistake VMware’s newfound love of openness for a sign incredible vision. If anything, it’s reactionary. In a world where the alternatives — even Microsoft — all play increasingly nice with each other, VMware can’t afford to be the odd man out. And in this case, what’s good for VMware should be good for customers, too.

しかし、VMware が新たに見出した、信じ難いビジョンの兆候と、オープンネスへの愛情を誤解してはいけない。 どちらかと言うと、それは反動的なものである。 常に代替が存在する世界において、Microsoft でさえ競合に明け暮れる、このステキな世界において、お人好しでいられるほどの余裕は、VMware にもないのだ。 そして、今回のケースにおいて、VMware にとっての幸福は、顧客にとっての幸福でもあるべきなのだ。

Image courtesy of Shutterstock user Chris Howey.

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

imageこの 4月ですが、「アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ!」という抄訳をポストしました。 そこでは、そのうちの 4社が VMware を利用し、また、そのような背景からして、VMware 自身もリストに入れられています。 それほどまでに強大な VMware ですが、さまざまな OSS プロジェクトにコミットしてきた Nicira を買収したことで、オープン性が損なわれると危惧する声が大きいようですね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?
Paul Maritz が VMware CEO を退任するらしい
トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー
EMC が Pivotal Labs を買収!
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?

 

%d bloggers like this: