Agile Cat — in the cloud

VMware が Nicira を $1.26B を買収 : その背景にあるものは?

Posted in .Selected, OpenFlow, SDN, VMware by Agile Cat on July 24, 2012

VMware to buy Nicira for $1.26B in a strategic leap of faith
http://wp.me/pwo1E-4tR

By
Stacey Higginbotham Jul. 23, 2012
http://gigaom.com/cloud/vmware-to-buy-nicira-for-1-26b-in-a-strategic-leap-of-faith/

_ Gigaom

VMware will shell out $1.26 billion in cash and an assumption of existing equity to buy Nicira, a company that has built software to do for networking what VMware has done to virtualize computing. That’s a lot of money, especially when you consider how few production-level implementations there are of the software-defined networks that Nicira is building.

VMware は Nicira に対して $1.26 billion のキャッシュを支払い、現時点で発行されている同社の株式を引き受けることになる。 Nicira は、VMware が仮想化したコンピューティングを、ネットワークで接続するためのソフトウェアを開発することになる。 この買収額は膨大なものであるが、Nicira が構築した SDN が、プロダクション・レベルでは僅かであると考えるとき、その思いが強くなるであろう。

Nicira’s CTO Martin Casado

Ncira was created five years ago and has raised $50 million from investors that included Diane Greene, an original founder of VMware. It makes controller software that helps free the act of moving data and packets around a network from the constraints of networking hardware  – an increasingly tough problem inside highly virtualized and webscale data centers. As I explained in a story on its launch (it was titled, “Meet Nicira. Yes, people will call it the VMware of networking”):

Ncira の創業は 5年前である、昔からの VMware ファウンダーである Diane Greene を含む投資家から、これまでに $50 million の資金を集めている。 同社のソフトウェアは、ネットワークにおけるデータとパケットを、ハードウェアの拘束から解放するための、コントローラという機能を持つ。つまり、高度に仮想化された、Web スケールのデータセンターにおいて、増殖している問題を解決するものなる。 私が、Nicira の立ち上げにおいて、以下の記事を執筆している(タイトル:Meet Nicira. Yes, people will call it the VMware of networking)。

Nicira is one of several companies attempting to solve the problem that Greene helped create when she co-founded VMware to push hypervisors and virtualization. Once servers were virtualized, it created an easy way to separate computing from the physical infrastructure. The benefits of server virtualization were more-agile compute infrastructures — a developer would spin up a server in minutes as opposed to waiting days for approvals — as well as consolidating IT. Storage followed, but holding the whole virtualized infrastructure effort back was networking. Like a bird with its wings clipped, IT was tethered to the physical hardware by networking.

この問題を解決しようとする企業の中に Nicira がいる。それは、ハイパーバイザと仮想化を推し進めるために、Greene が VMware を共同で設立したときに目指したものである。 サーバーが仮想化された直後から、コンピューティングを物理的なインフラから分離するための、容易な方式がもたらされた。 サーバーの仮想化から得られたものには、よりアジャイルなコンピューティング・インフラだけではなく(デベロッパーたちは、承認のために何日も待つのではなく、ものの数分でサーバーを立ち上げるようになった)、IT のコンソリデーションもある。(デベロッパーたちは、承認のために何日も待つのではなく、ものの数分でサーバーを立ち上げるようになった)それにストレージが続いたが、仮想化されたインフラ全体を支えるためには、ネットワークに対応せざるを得なかった。 小鳥のような身軽さで、ネットワークを用いいることで、IT と物理的なハードウェアが接続されていく。

Nicira has plenty of paying customers including eBay, AT&T, Rackspace and NTT, but it’s unclear how many of these are running Nicira’s controllers in their production environment. With this purchase, my sense is that VMware is paying big money to get in on this space because its collaborations with Cisco have failed to deliver on a true solution for many of its customers, and it can’t afford to be left behind as the wave of interest and eventual spending on software-defined networking hits a peak.

Nicira の収益は、eBay/AT&T/Rackspace/NTT などの、数多くの顧客によりもたらされているが、そのらのうちの何社のプロがクション環境で、Nicira のコントローラーが稼働しているかは不明である。 今回の買収により、この領域に対して VMware は、膨大な投資を継続することになったと、私は感じる。 なぜなら、Cisco とのコラボレーションが、それらの顧客の多くに対して、有用なソリューションを提供できなかったからであり、また、SDN への興味がピークを迎える前に、最終的な投資を実施するという観点において、残された時間が少なくなったからである。

imageIn a blog post covering the deal, VMware CTO Steve Herrod explains that Nicira will fit in with VMware’s vision of a software defined data center — although the specifics of that vision have yet to be unveiled. And it’s true that if we consider how Nicira customer Calligo is using the Nicira controller, it fits within what I would think of as a software-defined data center — essentially a pool of compute resources that are tied together with software and where the physical hardware can reside in different data centers and pulled up for use as needed. The whole process is programmable and automated.

今回の買収をカバーしているブログ・ポストにおいて、VMware CTO である Steve Herrod は、同社のビジョンである Software Defined Data Center に対して、Nicira がフィットすると説明するが、そのビジョンの詳細は明らかにされていない。 そして、Nicira のユーザーである Calligo が、どのように Nicira コントローラを用いているかと考えるなら、私たちが  Software Defined Data Center だと推測するものに、フィットすることも確かである。つまり、本質的な観点において、コンピューティング・リソースのプールは、ソフトウェアと密接に結び付けられる。そして、そこには、それぞれのデータセンターに配置された物理的なハードウェアが存在し、必要に応じて利用できるようになる。さらに、そのプロセス全体がプログラマブルなものであり、また、自動化されたものとなる。

In pushing this model, VMware was always going to have to sign partnerships to deliver the software-defined networking elements, because its own VXLAN option was more of a an encapsulation scheme than a true separation of the networking logic from the hardware pushing the bits. By buying Nicira, VMware has chosen a software-defined networking vendor that plays with open protocols such as Open Flow, but is still focused on keeping a proprietary edge to its business. That’s a similar strategy that VMware seems to be pursuing as well.

このモデルをプッシュする経緯において、SDN の要素を提供したがるパートナーたちと、VMware は契約をかわさなければならない状況にあった。なぜなら、同社における VXLAN の選択肢は、ビット転送を行うハードウェアから、ネットワーク・ロジックを完全に分離するための、さらなるカプセル化を提供する方式だからである。そして Nicira を買収することで、VMware は SDN ベンダーの道を選び、Open Flow などのオープン・プロトコルに取り組むことになるが、そのそのビジネスにおいては、プロプライエタリの優位性を、依然としてキープしていくことになる。 それは、VMware が追求している戦略に、沿ったものになるだろう。

The deal is expected to close during the second half of this year. The deal includes approximately $1.05 billion in cash plus approximately $210 million of assumed unvested equity awards.

この買収は、今年の後半にクローズすると予想されている。 また、取引額としては $1.05 billion のキャッシュが報じられているが、不確定な持株授与として $210 million も含まれるようだ。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

imageいやぁ~~~ ビックリしましたね。 でも、よくよく考えてみると、OpenFlow と SDN に関して、それを使う側からの発言を繰り返していたのは、Google と VMware であり、このような買収劇が起こるにしても、辻褄は合っているようにも思えます。 Paul Maritz のポジションまでも含めた、大幅な体制の刷新をおこなったばかりの VMware ですが、いきなりの大型爆弾投下ですね! ーーーimage

ーーーーー

<関連>

VMware が考える、ソフトウェア定義によるデータセンターとは?
VMware の考える SDN は、OpenFlow だけでは完成しない
VMware は OpenFlow を静観する_1
VMware は OpenFlow を静観する_2
VMware は OpenFlow を静観する_3

 

Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _1

Posted in .Selected, Google, SDN by Agile Cat on July 24, 2012

Where Google Compute Engine fits in
http://wp.me/pwo1E-4tJ
By
Serdar Yegulalp | InfoWorld – June 29, 2012
http://www.infoworld.com/t/cloud-computing/where-google-computing-engine-fits-in-196738?page=0,0

_Info World

At Google I/O, Google made it clear it will go head to head with Amazon. But how do you choose between their clouds?

Google I/O では、Amazon への激しい対抗意識が明らかにされたが、それらのクラウドを、どのような観点で選べは良いのだろう?

ーーーーー

InfoWorld described yesterday how Compute Engine is Google’s first unabashed IaaS (infrastructure-as-a-service) product, a cloud that allows users to spin up enormous numbers of virtual Linux machines that run on the same infrastructure powering Google.

昨日(6/28)のことだが、Google が臆面もなく提示する、初めての IaaS である Compute Engine について、InfoWorld は紹介した。それは、Google にパワーを供給している、共通インフラ上の膨大な仮想 Linux マシンに、ユーザーたちもサインインして利用する、クラウドのことである。

But how will customers decide whether to use Google Compute Engine, Rackspace Cloud, Windows Azure, HP Cloud, or another IaaS provider? For an informed answer to that question, InfoWorld turned to Michael Crandell, CEO and founder of RightScale, the cloud-management services company that helps customers work with everything from Amazon EC2 to Microsoft Azure.

しかし、それらの顧客たちは、Google Compute Engine および、Rackspace Cloud、Windows Azure、HP Cloud といった IaaS プロバイダーを、どのような観点で選択していくのだろうか? この疑問に対する、見識のある回答を得るために、InfoWorld は RightScale の CEO and Founder である Michael Crandell に問い合わせてみた。 周知のとおり、同社はクラウド・マネジメント・サービスの会社であり、Amazon EC2 から Microsoft Azure までをカバーしながら、それらの環境に取り組む顧客たちを支援している。

RightScale has been testing out Compute Engine for some time now as a run-up to integrating its services with theirs. Crandell told InfoWorld how, in the course of working with Google over the past year, he got a feel for what Google is offering and how Compute Engine is going to differentiate itself from the competition.

これまでの期間において、双方のサービスを統合するための準備段階として、RightScale は何度か Compute Engine をテストしてきた。 Crandell は、これまでの 1年を通じて Google と作業を進めてきたが、Google が提供しようとするものや、Compute Engine がコンペティタに対して示そうする差別化の要因について、彼が感じたことを InfoWorld に話してくれた。

“For the last decade, we’ve all thought of Google having their infrastructure as part of their ‘secret sauce’,” Crandell explains. “They’re pretty upfront about saying, ‘We’re now exposing that same secret sauce infrastructure. We know how to run infrastructure really well on a global scale, so now we’re exposing that to you.'”

「これまでの 10年において、誰もが Google について、かれらのインフラが ” シークレット・ソース” 一部だと思い込んでいた。 彼らは、その ” シークレット・ソース” であるインフラを開示していると、かなり率直に発言している。 そして、グローバルなスケールでインフラを適切に運用する方法を熟知しているからこそ、それらを開示しているとも、発言している 」と、Crandell は説明する。

Three points for Google Compute Engine

Even in this early stage, three major factors about Google Cloud stood out for Crandell. First was the way Google leveraged the use of its own private network to make its cloud resources uniformly accessible across the globe.

その初期の段階においてさえ、Crandell から見た Google Cloud には、大きく際立つ 3つの要因があった。 その最初は、自身のクラウド・リソースに対して、グローバルなレベルでアクセスを実現するために、Google のプライベート・ネットワーク用法にテコ入れしていく手法であった。

“When you create a Google Compute Engine account and use their resources,” he said, “they provide a private network, a LAN of sorts that spans different regions. For example, if you set up an architecture to replicate a database from region A to region B, in the Google cloud, you don’t need to traverse the public Internet to do it. You’re using their private network.”

「あなたが Google Compute  Engine のアカウントを作成し、そのリソースを使用するとき、異なるリージョンにまたがる、ある種の LAN と思えるプライベート・ネットワークが提供される。 たとえば、リージョン A から リージョン B へ向けて、データベースをリプリケートするためのアーキテクチャを構築するとき、Google のクラウドであれば、そのためにパブリックなインターネットを渡り歩く必要性がなくなる。 つまり、あなたは、彼らのプライベート・ネットワークを使っていることになる」と、彼は言う。

How precisely that network is implemented (as its own private fiber or simply a very efficiently-routed VPN) is not disclosed by Google. But the key thing is that the whole structure is seen as a single network from a programming point of view. “This makes it easier if you’re building cross-regional architectures,” Crandall says. It’s expected that Google will eventually expand Compute Engine to territories outside the United States.

そのネットワークが、どれほど精巧に実装されているかについては(自身のプライベート・ファイバーなのか、きわめて効果的にルーティングされたシンプルな VPN なのか)、さすがの Google も明らかにしていない。しかし、キーとなる事象は、プログラマーの視点から、その構造全体がシングル・ネットワークとして見えることにある。 「もし、複数のリージョンにまたがるアーキテクチャを構築したいなら、それが容易になる」と、Crandall は言う。

Another key difference was boot times, which are both fast and consistent in Google’s cloud. A basic Ubuntu image boots in about two minutes. “That [consistency and speed] matters in two contexts: Automation in scaling, which is more responsive if it works faster, and the daily rhythms of a dev-and-test environment, where folks are building up and tearing down multi-server environments, which allows faster iteration.”

もう 1つの、重要な差別化要因は、高速のブート・タイムであり、Google クラウドで一貫して実現されるものである。 基本的な Ubuntu のイメージを、約 2分でブートする。 「 この一貫性と高速性は、2つの状況において重要になる。 つまり、 スケーリングにおける自動化が、日々の Dev & Test 環境で、より高速に応答するなら、マルチ・サーバー環境の構築/解体を、迅速に繰り返していくことが可能となる」。 それは、United States の国外に、最終的には Google が、Compute Engine により拡張していくものと予測される。

Third is encryption. Google offers at-rest encryption for all storage, whether it’s local or attached over a network. “Everything’s automatically encrypted,” says Crandell, “and it’s encrypted outside the processing of the VM so there’s no degradation of performance to get that feature.” Amazon offers encryption for S3 objects, but it’s an optional, enabled-per-object feature.

3つ目は、暗号化である。  Google は、ネットワークとローカルの全てのストレージに対して、安心できる暗号化を提供する。 「すべてが、自動的に暗号化される。 さらに、VM のプロセスの外側で、暗号化のための処理が行なわれるため、パフォーマンスを劣化させることはない」と、Crandell は言う。 Amazon も、S3 オブジェクトに対して暗号化を提供するが、それはオブジェクトごとに提供されるオプションである。

ーーーーー

続く:  Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _2

ーーーーー

imageGoogle Compute Engine で最も気になっていたのが、同社が先行して発表している SDN/OpenFlow との関係です。 この記事を読むと、何らかのかたちでデータセンターの仮想化が行なわれているように思えますが、GCE を利用するユーザーは、それらをアプリケーション・レベルから制御できるのでしょうかね? その辺りが、とても興味深いです。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

Google Compute Engine は、どこで Amazon AWS を上回るのか?
Google Compute Engine の登場で、どのような影響が IssS 業界に?
Google の OpenFlow バックボーンは、どのように機能しているのか_1
Google の OpenFlow バックボーンは、どのように機能しているのか_2
iGoogle がダメなら、NetVibes があるぜ! ただいま引越し中

Comments Off on Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _1

%d bloggers like this: