Agile Cat — in the cloud

Starbucks アプリの Android 版が、UK と Canada に進出した

Posted in Mobile, Weekend by Agile Cat on July 21, 2012

Starbucks Android app finally arrives in the UK and Canada
http://wp.me/pwo1E-4t1

By
Wayne Williams – July 11, 2012
http://betanews.com/2012/07/11/starbucks-android-app-finally-arrives-in-the-uk-and-canada/

_ beta news 2

Android-owning coffee addicts living in United Kingdom and Canada can, from today, start paying for their brewed beverages and food using a new Starbucks app. Once installed, all you have to do is link it to an existing Starbucks card and order some drinks. The app will display a barcode for the barista to scan, resulting in the total being automatically debited from the linked card.

Android を持っていて、コーヒー中毒で、United Kingdom および Canada に住んでいる人には朗報である。 今日から Starbucks アプリを用いて、注文したドリンクとフードの支払いが出来るようになったのだ。一度 インストールさえしてしまえば、これまでの Starbucks カードとの関連づけを行うだけで、ドリンクの注文が可能になる。 このアプリが表示するバーコードを、バリスタたちがスキャンする。その結果として、リンクされているカードに、支払額が自動的に取り込まれていく。

You can use the app to add some credit (using a credit card or PayPal account), check your balance, view your previous transactions, and track Stars in the My Starbucks Rewards program. You can also transfer credit between cards if you’re running low and a friend is happy to help. If you’re not sure where the nearest Starbucks is, the app will show you on a map. If you lose your phone, or have it stolen, all you need to do is cancel your Starbucks card and that will prevent the finder/thief from enjoying a Venti Doubleshot Caramel Macchiato, or similar, at your expense.

あなたは、このアプリを使って、クレジットを足し込むことや(PayPal などを利用)、使用量のチェック、前回のトランザクションの参照、そして My Starbucks Rewards プログラムの Star をトラッキングすることなどが可能となる。 もし、あなたのクレジットが少なく、友人が融通うしてくれるなら、カード間でクレジットを転送することもできる。 そして、最寄りの Starbucks が分からなければ、このアプリがマップ上に目的地を示すだろう。 さらに、デバイスの紛失や盗難に際しては、その Starbucks カードをキャンセルするだけで済む。それだけで、拾主や泥棒が Venti Doubleshot Caramel Macchiato を楽しんだ挙句に、あなたに支払いのツケだけを回すようなことも不可能となる。

The app has been available on iOS devices for a while, and the Android version thoroughly tested by US customers since June 2011.

これまで、このアプリは iOS デバイスで利用できていたが、2011年6月からは、Android バージョンがアメリカのユーザーたちによりテストされていた。

ーーーーー

imageこういうアプリは、なんとなく楽しそうで良いですね。 でも、よくよく考えてみると、モバイルの利点を見事に活用し、また、リアルな世界と経済との結びつきに、きっちりとフォーカスしてる様子が見えてきます。 おそらく、モバイル・アプリの、ある種のカテゴリを形成していくのでしょう。 日本だと、McDonalds アプリもありますが、なんと言っても、吉野家アプリ/松屋アプリ/すき家アプリの競合が見ものなんでしょうかね 🙂 ーーー  image

ーーーーー

<関連>

Apple Store 人気に便乗して、7.5% も売上を伸ばした Grand Central のテナント
さぁ 夏だ! iPhone を持って 海に潜ろう
Nail Design for iPad で、ネイル・アートをバッチリ決めちゃう!
Everyme が約束する、間違いのないモバイル・プライベート共有とは?
出資するのは Larry と 私で、宇宙に飛び立つのは君だよ Sergey

 

Comments Off on Starbucks アプリの Android 版が、UK と Canada に進出した

Microsoft の赤字について、GigaOm が内訳を精査する

Posted in .Selected, Microsoft, Research by Agile Cat on July 21, 2012

Microsoft charges lead to first-ever loss
http://wp.me/pwo1E-4sT

By
Barb Darrow Jul. 19, 2012
http://gigaom.com/cloud/microsoft-charges-lead-to-first-ever-loss/

_ Gigaom

Here’s a headline: For its fourth quarter ending June 30, Microsoft reported a loss of $492 million (six cents per share), compared to a profit of $5.87 billion (69 cents per share) for the year ago quarter. This was Microsoft’s first loss in its 26 year history as a public company,

これが見出しである:  Microsoft は、6月30日に締められる Q4 の収支で、当年度においては $5.87 billion(1株当たり 69 cent) の利益と、$492 million(1株当たり 6 cent)の経常損失があったと報告した。 つまり、株式公開会社としての 26年の歴史において、Microsoft は初めての赤字を計上したことになる。

The loss factors in a whopping $6.19 billion write down Microsoft announced two weeks ago on its struggling online services division. That charge dealt with Microsoft’s acquisition five years ago of aQuantive, a digital ad agency. And, as its usual practice, the company also deferred $540 million related to its Windows Upgrade offer. The new Windows version is due later this year.

苦闘しているオンライン・サービス部門において、2週間前に発表された $6.19 billion という膨大な損失計上が、Microsoft に大きくのしかかる。 それは、5年前に Microsoft が、デジタル広告代理店である aQuantive を買収したときの対価である。 さらに同社は、Windows Upgrade に関連する $540 million 支出を、通常の慣行として繰延計上している。 この、Windows の新バージョンは、今年の終わり近くに出荷の期限が迫っている。(注記:つまり、7月以降の支出として、この $540 million を処理する)

imageExcluding all that, Microsoft posted non-GAAP revenue of $18.60 billion (up 7 percent year over year), operating income of $6.93 billion (up 12 percent YOY), and earnings of 73 cents per share (up 6 percent YOY.)

それら全てを除くと、$18.60 billion(前年比 7% アップ)の売上と、 $6.93 billion(前年比 12% アップ)の営業利益、そして、1株当たり 73 cent(前年比 6% アップ)の株式配当があるという non-GAAP(非会計原則)情報を、Microasoft はポストしている。

On the earnings call Thursday afternoon, CFO Peter Klein did his best to rally the troops, playing up the company’s anticipated release of Windows 8 in October. And, in the sensitive area of online services, he said Microsoft continues to grow share and revenue per search but acknowledged that Microsoft’s “expectations for future growth and profitability are lower than we previously expected.”

木曜日の午後に開催された収支報告会において、CFO である Peter Klein は自身の戦力を総動員して、10月のリリースが予定される Windows 8 を、最善を尽くしながらプッシュしていた。 そして、センシティブな領域であるオンライン・サービスについては、そのマーケット・シェアとサーチごとの収益を成長させていくと発言したが、Microsoft は「以前に期待していた数値と比べて、今後は目標を引き下げていく」ことを認めた。

Klein reiterated that search, despite all the agita, remains “a strategic asset,” a priority, for the company. Microsoft bought aQuantive to counter rival Google’s earlier acquisition of DoubleClick, another online ad agency.

また、Klein はサーチ(Bing)について、すべての批判や挑発に対抗しながら、同社における優先的な「戦略上の資産」とポジションを維持すると、繰り返して発言していた。 Microsoft が aQuantive を買収した背景には、それに先行して DoubleClick(別のオンラインの広告代理店)を買収した Google へのカウンターという意味合いがある。

Here are other top items from the earnings release:

  • The Server & Tools business — including Windows Server and SQL Server grew 13 percent for the quarter, and 12 percent for full year.
  • Microsoft Business Division — which includes cash cow Office, fell 7 percent for the quarter and 7 percent for the year.
  • Revenue for the Windows & Windows Live Division – home of X-box and Kinect-– fell 13 percent for the fourth quarter and 3 percent for the full year.
  • Online Services Division revenue grew 8 percent for the fourth quarter and 10 percent for the full year, growth the company attributed to a growing Bing search business.
  • Revenue from the Entertainment and Devices Division — home of Xbox and Kinect — grew 20 percent for the fourth quarter and 8 percent for the fiscal year.

以下は、先日の収支説明会における、その他の主要項目である:

  • The Server & Tools business — Windows Server と SQL Server を含む。この Q4 では 13% のアップで、年間では 12 % のアップ。
  • Microsoft Business Division — キャッシュ・フローのこあである Office を含む。 この Q4 では 7% のダウンで、年間では 7% のダウン。
  • Windows & Windows Live Division -  この Q4 では 13% のダウンで、年間では 3% のダウン。
  • Online Services Division ー この Q4 では 8% のアップで、年間では 10 % のアップ。Bing サーチ・ビジネスの成長が要因と、同社では分析。
  • Entertainment and Devices Division — Xbox と Kinect を含む。この Q4 では 20% のアップで、年間では 8% のアップ。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

imageこれを訳してみて、まず気になったのは、「Office, fell 7 percent 」というふうに、Microsoft Business Division の下落が示されている点です。 いくつかの国内の報道によると、「7% の上昇」と伝えられているようですが、どちらが間違えているのでしょう? 今後の、PC vs. Post-PC を占う上で、とても重要な数字なので、ことさら気になります。

本題ですが、Google の DoubleClick 買収に対抗するための、aQuantive 買収における損失の計上が、全体の足を引っ張ったとされています。 そして、その背景には、「Google の進む方向にフォーカスして、それと同等の投資をしていけば、いつかは逆転できる」という、安易な発想があったことは否めないと思います。 このチャートをクリックしてみれば、aQuantive と DoubleClick を比較するのではなく、Google と Bing の違いに注目すべきという論点が見えてきます。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

Bill Gates が語る、iPad が成功した理由と、Microsoft Tablet に欠けていたも
Windows 8 のスケジュールと、エディションが発表された
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/6月
Windows Live 撤退を分析すると、いまの Microsoft が見えてくる _1
Windows Live 撤退を分析すると、いまの Microsoft が見えてくる _2

 

 

 

 

 

Comments Off on Microsoft の赤字について、GigaOm が内訳を精査する

%d bloggers like this: