Agile Cat — in the cloud

Web サイト Top-1000000 の、43% が米国にホストされている

Posted in .Selected, Asia, Research, Web Scale by Agile Cat on July 11, 2012

The US hosts 43% of the world’s top 1 million websites
http://wp.me/pwo1E-4q6

July 2nd, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/07/02/united-states-hosts-43-percent-worlds-top-1-million-websites/

_ pingdom

It should come as no surprise that the United States is the world leader in hosting websites. But just how many of the world’s top sites are hosted in the US? Following our study of web hosting in Africa, we now broaden the perspective and can announce that 43% of the world’s top 1 million websites are hosted in the United States.

Web サイトの運営において、アメリカが世界のリーダーであることは、決して驚くべきことではない。 それにしても、世界のトップ・サイトのうち、いったいどれだけがアメリカにホストされているのだろうか? 私たちは、アフリカにおける Web ホスティングの調査に引き続いて、その視野をアメリカにまで広げた。 そして、世界の Top-1 Million サイトの 43% が、アメリカにホストされていると、ここに発表するに至った。

Top 20 web hosting countries

After checking the IP addresses of the top 1 million websites as ranked by Alexa, we put them in order of how many websites are hosted in each country. You can read a bit more about our methodology at the end of the article.

Alexa によりランク付けされるとおりに、Top- 1 Million の Web サイトの IP アドレスをチェックした後に、それらの Web サイトをホストしている国々を、その順番にしたがって並べ替えてみた。 その方式については、この記事の最後で、詳細を説明している。

In total, we identified 191 countries as hosting one or more sites in the top 1 million, with the following 20 in the top:

全体について述べると、Top-1 Million の Web サイトをホストしている国は、191ヶ国であることが分かった:

As you can see, the US is in a clear lead with 431,214 sites, followed by Germany with 82,152, China with 49,730, UK with 37,829, and France with 35,777. In 20th place we find South Korea with 5,659 websites hosted out of the top 1 million.

そして、誰もが確認するとおり、アメリカは 431,214 のサイトをホストし、そこに ドイツの 82,152、中国の 49,730、UK の 37,829、フランスの 35,777 が続く結果となった。なお、この Top- 1 Million サイトの 20番目のポジションは、韓国の 5,659 となっている。

This is certainly a long tail if there ever was one Image(2)

1つのサイトを有する国まで入れると、まさに、ロング・テールになってしまう 🙂

Europe vs US

With the US in such a commanding lead, it would, of course, be interesting to see how it compares to other parts of the world. One of the obvious comparisons would be with Europe. Here’s what that comparison looks like:

このように、アメリカがダントツにリードすると、もちろん 世界の各地域との比較が、次の興味となってくる。 明らかに面白そうなのは、ヨーロッパとの比較だろう。 その結果は、以下のようになる:

Even compared to the countries in Europe combined, the US is still considerably larger, with 431,214 sites compared to the 313,252 in Europe.

ヨーロッパとアメリカの比較は、 431,214 対 313,252 であり、アメリカ単体のほうが依然として大規模となる。

You may have noted that Europe and the US together claim around 75% of the top 1 million sites.

また、特筆すべきことは、ヨーロッパとアメリカを合計すると、世界 Top- 1 Million サイトの 75% を占めてしまうことだ。

Top 100 countries

Here are the top 100 countries, which host the most sites in the top 1 million:

以下は、Top – 100 の国々であるが、それらにより、 Top- 1 Million サイトの大半が占められてしまう。

Pingdom サイトには、Top-100 が掲載されています

Will the rest catch up to the US?

Alexa may not be the definitive list to go by, but, at the very least, it should give a good indication of what the real numbers are. We doubt anyone is surprised that the US is in the lead, but it’s interesting to see how the countries seem to jockey for positions. Also, we just looked at the top 1 million sites, which is just a small fraction of all websites that exist.

Alexa が提供するリストは、決定的なものにはならないだろうが、少なくとも、実数については適切な示唆を与えてくれる。 アメリカがリードしていることに、驚く人はいないと思っているが、それぞれの国々がポジションを得ようと、画策しているように見えるところが興味い。 さらに言えば、私たちは Top- 1 Million のサイトだけに注目しているが、それは、すべての Web サイトの中の、わずか一握りに過ぎない。

We will keep an eye on this issue and see how it develops over the coming months and years.

私たちは、この論点に継続して集中していく。 そして、これから数カ月、そして数年のうちに、どのような展開になるのかを確認していく。

Do you think that, over time, the US will lose some of its importance in terms of web hosting and we’ll see more top sites hosted outside the US? Let us know in the comments below.

長い時間をかけながら、アメリカが Web ホスティングにおける重要なポジションを失うと、あなたは予想するだろうか? そして、アメリカ以外の国が、トップに座るようなことを、想像するだろうか? 何かコメントがあったら、知らせて欲しい。

About the data: The data was collected June 6-8, 2012, with a Pingdom-developed script that successfully scanned 945,472 out of Alexa’s top 1 million sites. The remaining sites failed for various reasons. We should point out that web hosting is a constantly moving target, so where a particular site is hosted may have changed by the time you read this.

ーーーーー

image圧倒的な アメリカの強さが見えてきますが、日本も 6位に入ってるが確認できて、なんとなくホッとしました。 この調査のベースとなっている Alexa は、誰でも簡単に使えるものなので、お暇がありましたら試してみてください。 Agile_Cat も自分を調べてみましたが、その結果を見ると、1つのサイトとして認識されているようです。 おそらく、WordPress だけでも何万というサイトが、この調査結果には含まれているのでしょうね。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

Google Drive/Dropbox/SkyDrive/Box の 比較テスト: 30 日間
Web と jQuery のラブラブな関係を、いくつかのデータで証明する
クラウドを バッチリ測定する、Cloud Harmony とは?
調査: ソフトウェアのイノベーションは OSS により推進される
世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める

Comments Off on Web サイト Top-1000000 の、43% が米国にホストされている

次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _1

Posted in .Selected, API, DaaP, Government, Research, Strategy by Agile Cat on July 11, 2012

The next generation business: Data is the new platform
http://wp.me/pwo1E-4pT

By Ken Oestreich, The Fountainhead Blog Jul. 5, 2012
http://gigaom.com/cloud/the-next-generation-business-data-is-the-new-platform/

_ Gigaom

ーーーーー

次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _1
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _2
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _3

ーーーーー

When thinking about the value of the data a company collects vs. the traditional value of the product it may produce, collecting and analyzing broad categories of customer + product data is becoming equally — if not more — valuable than the product itself.

企業が収集するデータの価値と、それを生み出すプロダクトにおける従来からの価値について考えるとき、広範囲におよぶ顧客と製品のデータを収集/分析することは、少なくとも、そのプロダクト以上の価値を持つようになる。 

And, if the data is becoming so valuable, then analyzing and mining it ought to provide incremental revenue streams beyond the traditional product-based business model. But consider going one step further: If treated right, access to enough quality data would be valuable to others outside of your enterprise too – assuming the correct federation and business models were constructed.

そして、データの価値が、それほど高まっているなら、従来からのプロダクト・ベースのビジネスを超えたレベルで、分析とマイニングによる収入が次第に増加していくはずだ。 しかし、もう一歩だけ先のことを考えたい。 つまり、高品質のデータが正しく管理/運用されているなら、社外の組織からのアクセスも期待できることだ。 ただし、その前提として、的確な企業間提携とビジネス・モデルが構築されている必要がある。

This accretion of value around large data sets – particularly alongside an external ecosystem – is analogous to what we’re familiar with in the product world: The Platform. Indeed, we may find that entirely new business models based on data platforms may arise from legacy product companies.

とりわけ、外部のエコシステムを伴うケースにおいて、大規模なデータセットにまつわる価値の変遷は、私たちがプロダクトの世界で慣れ親しんできたものに類似している。 それは、The Platform である。 現実的に捉えると、データ・プラットフォームに基づく新しいビジネス・モデルが、レガシー・プロダクトの企業から登場してくるはずだと、私たちは気付くことになるだろう。

What Constitutes a Platform?

In the traditional world, the platform is a piece of core technology and/or IP that third-parties write to or build upon, frequently using APIs. The platform helps form a market with value and inertia that attracts third-parties to provide complementary solutions. In turn, the ecosystem of third-party products is made more valuable because they are associated with a platform.

従来の世界におけるプラットフォームとは、コア・テクノロジーおよび知的財産の固まりのことであり、その上に提供される API を用いて、サードパーティーがアプリケーションなどを構築するものとなる。つまり、プラットフォームとは、サードパーティが補足的なソリューションを提供したくなるような、魅力のある価値と慣性を用いて、マーケットの構成を促進するものである。続いて、サードパーティ・プロダクトに関連するエコシステムが重要視されてくるが、その理由は、大もとのプラットフォームと結び付けられるところにある。  

In the new analogy, core data can become a platform. If there is sufficient size and uniqueness, if it’s useful enough to others, and if there are appropriate (legal, technical) methods to exchange/federate it with other data sources, it becomes the accretion point for even more new data, services and products.

この新しい類推においては、コアとなるデータがプラットフォームになり得るだろう。 もし、充分な規模と独自性があり、また、他者にとって有用であり、さらに、他のデータソースと接続/連携させるための、法律と技術における適切な方式が存在するなら、これからのデータ/サービス/プロダクトにおいても、その価値を高める重要なポイントになっていく。

The net-net is that amassing and exposing vast amounts of unique data to third-party ecosystem partners can effectively create Data-as-a-Platform.

独自性のある大量のデータを収集し、サードパーティ・エコシステムのパートナーたちに開示していくことで、最終的には純益が生じるだろう。 そして、 Data-as-a-Platform が効果的に構成されていくだろう。

ーーーーー

次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _1
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _2
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _3

ーーーーー

image今日から、3日連続でポストしていきます。 GigaOM のゲスト・ライターさんによるポストのようで、いつもとは異なる切り口で、Data-as-a-Platform を語ってくれます。 これを訳していて思い出したのは、「USA Today が提供する、アメリカ国勢調査の分析 API」というポストです。 日本でも、クラウド・テストベッド・コンソーシアムが設立されていますが、データがプラットフォームになるべきという発想は、きわめて妥当なものだと思えます。ーーー image

ーーーーー

<関連>

すべてが API になるべきだという、FCC の主張とは?
Data.gov が存続の危機! Data 2.0 カンファレンスは救えるのか?
New York City の地下鉄では、クラウド API が吊り広告に?
東日本大震災の規模と頻度を、Google Map + アニメーションで確認する
Java と Android をめぐる Oracle と Google の争い : API の適正な用法とは?

 

Comments Off on 次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する _1

%d bloggers like this: