Agile Cat — in the cloud

Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?

Posted in .Selected, Mobile, Qualcomm by Agile Cat on April 6, 2012

The Japanese give up their attempt to try and compete with Qualcomm
http://wp.me/pwo1E-45m
By: Stefan Constantinescu, April 3rd, 2012
http://www.intomobile.com/2012/04/03/japanese-give-up-their-attempt-try-and-compete-qualcomm/

Image(4)_ into Mobile

Last September we heard rumors that NTT DoCoMo, Samsung, Fujitsu, NEC, and Panasonic were going to get together to try and take on Qualcomm. The news became official a few months later in December. Here we are, barely at the start of the second quarter of the year, and they’ve decided to call it quits. It’s a shame really, because Qualcomm needs some strong competition in order to keep prices in check and to guarantee that innovation doesn’t stagnate.

昨年の 9月のことだが、NTT DoCoMo/Samsung/Fujitsu/ NEC/Panasonic が、Qualcomm に挑戦するために力を合わせるといウワサが流れた。 そして、数カ月が経った 12月には、そのニュースはオフィシャルな情報となった。 そして、さらに、年が明けて Q2 に入ったところだが、この試みを停止するという決定があった。実際に Qualcomm は、低価格の保持と、イノベーションの促進のために、強いコンペティタを必要としているから、その判断は残念なことである。

So what does Qualcomm do so well anyway, what do they do that’s so hard to replicate? Back in 2009, these guys had the insight to put everything needed to create a smartphone into a single easy to sell platform. You’ve probably heard of it, it’s called Snapdragon. Whereas before handset vendors had to source a separate application processor, separate graphics processor, separate cellular modem, separate WiFi chip, and so on and so forth, Qualcomm just slapped all that into Snapdragon and made people’s lives a hell of a lot easier.

したがって、Qualcomm が順調に推進していくように、それらの企業群が、その方式に追随することに、どのような困難があるのかという疑問が湧いてくる。2009年のころから、スマートフォンの開発に必要なすべてを、容易に販売できる単一のプラットフォームについて、Qualcomm は洞察を持ち始めていた。 Snapdragon と呼ばれる、そのプラットフォームについて、聞いたことがあるだろう。 以前のハンドセット・ベンダーは、アプリケーション・プロセッサや、グラフィック・プロセッサ、セルラー・モデム、WiFi チップなどを、別々に調達せざるを得なかった。それに対して Qualcomm は、その全てを Snapdragon の中に取り込み、また、彼らの工程を大幅に簡素化した。

Other companies have definitely been trying to catch up, most notably ST-Ericsson. That company was formed several years ago as a joint venture between STMicroelectronics and Ericsson. Their latest creation combines two ARM Cortex A9 processors, an advanced PowerVR SGX 544 GPU, and a 4G LTE modem, and best of all it’s built on a 28 nanometer process. The problem? Said chip isn’t going to be sampling until the second half of this year, and it’s likely not going to come out until the first half of 2013.

その他の企業も、明らかに Qualcomm に追いつこうと努力しているが、最も注目すべきは ST-Ericsson である。 同社は、STMicroelectronics と Ericsson によるジョイント・ベンチャーとして、数年前に組織化されている。 そこでの最新の成果は、2つの ARM Cortex A9 プロセッサおよび、先進的な PowerVR SGX 544 GPU、4G LTE モデムの結合であり、また、それらの 28 nano meter プロセス上でのベストな展開である。 何が問題なのだろうか? 前述のチップは、今年の後半になるまでサンプルは提供されず、また、製品に関しては、2013年の前半まで待たなくてはならない。

So who is best positioned to actually defeat Qualcomm this year, or at least take some market share away from them? Samsung and NVIDIA. Rumor has it that Samsung’s next processor, the one that’ll be at the heart of the Galaxy S III, will have a built-in modem; and NVIDIA has already announced that they’re going to slap some 4G LTE inside their Tegra chips sooner rather than later.

それでは、Qualcomm に対抗し得るポジションを年内に確立し、少なくとも、いくらかのマーケット・シェアを奪い取るのは誰になるのか? それは、Samsung とNvidia である。 ウワサによると、Galaxy S III の心臓部となる、Samsung の次世代プロセッサには、モデムがビルトインされるらしい。 また、Nvidia に関しては、いくつかの 4G LTE が Tegra チップに、すでに取り込まれる段階にあるという。

ーーーーー

TAG indexほんと、この領域は Snapdragon と Tegra が席巻しているという感じですものね。 文中にもあるように、諦めてしまったとは、とても残念です。 Ericsson は偉いですね。 頑張って欲しいです! --- __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

NVIDIA Tegra 3 アーキテクチャは、4-PLUS-1 という名前になる!
Android 5.0 “Jelly Bean” が、2012年 Q2 に出るという 先走りすぎたウワサ
BYOD – エンタープライズは生産性の向上とセキュリティ・リスクを秤にかける
AppMobi の狙いは、Mobile + OSS + HTML5 の惑星大直列なのだ!
Samsung Galaxy Note のプロモーション・ビデオ – Youtube

 

Comments Off on Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?

%d bloggers like this: