Agile Cat — in the cloud

0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化 – インフォグラフ

Posted in .Chronicle, .Selected, IoT, Post-PC, Research by Agile Cat on March 5, 2012

The single-atom transistor is here – the amazing evolution of microprocessors (infographic)
http://wp.me/pwo1E-3Z7
Posted in
Main on February 29th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/02/29/the-single-atom-transistor-is-here-the-amazing-evolution-of-microprocessors-infographic/

_ pingdom

A team of researchers in Australia has managed to create a transistor that is the size of an atom. That’s the smallest transistor ever created. Considering that the single-atom transistor is only 0.1 nanometer in size, the possible applications are mind-boggling.

Australia の研究チームが、アトム・サイズのトランジスタ開発に成功した。 それは、現在までに作られた中で、最も小さいトランジスタである。 そのシングル・アトム・トランジスタのサイズが、わずか 0.1 nano meter であることを考えると、その、予想される応用分野の広がりに唖然としまう。

image

It will be quite some time before we see the single-atom transistor technology implemented in microprocessors that we use in computers and other devices. But this is such a thrilling development that we wanted to find out how it fits in with how microprocessors have evolved so far.

こののシングル・アトム・トランジスタのテクノロジーが、コンピュータなどのデバイスで用いられるマイクロプロセッサに実装されまで、かなりの時間を必要とするだろう。 しかし、それは、とてもワクワクする開発であり、これまでのマイクロ・プロセッサが進化してきた道筋と、どのように適合するのか、見極めたいと思う。

クリックで拡大 ⇒ 

How small can a transistor be?

With the single-atom transistor now a reality, at least in research labs, we charted the evolution of microprocessor manufacturing. We think you will agree with us; it’s quite a dramatic development over just 41 years. And things get even wilder when we gaze into the future, comparing the microprocessor manufacturing processes of today and yesterday with what is waiting around the corner.

少なくとも研究室レベルで、このシングル・アトム・トランジスタが実現されたので、これまでのマイクロ・プロセッサ・マニュファクチャリングに関する進歩を図式化してみた。 それは、誰もが同意することだと思うが、わずか 41年の間に、きわめてドラマティックな開発が行なわれてきた。 そして、昨日までと将来のマイクロ・プロセッサ製造プロセスを比較し、また、明日に待っている出来事を考えると、その全てが、熱狂的なものへとかたちを変えていく。

Moore’s law will hit the wall

Gordon Moore gave name to the law that has been dominating the microprocessor evolution over the last 42 years.

Gordon Moore は、これまでの 42年間にわたって、マイクロ・プロセッサの進化を統治するような、不文律を与えてくれた。

Moore himself declared in 2005 that the law named after him was dead, when he said: “In terms of size [of transistor] you can see that we’re approaching the size of atoms which is a fundamental barrier, but it’ll be two or three generations before we get that far.”

しかし、彼にちなんで名付けられたムーアの法則が、すでに死んでいることを、Moore 自身が 2005年に宣言している。そのときに、彼は、「トランジスタの大きさと言う意味において、私たちがアトム・サイズに近づいていることを、誰もが知るようになるだろう。 そこには、ファンダメンタルな面での障壁が存在し、私たちが成功をおさめるのは、2世代~3世代 先になるだろう」と発言している。

That may just become reality possibly sooner than even Moore thought.

ひょっとすると、それは、Moore が考えるより早く実現するのかもしれない。

ーーーーー

TAG index先日、「 SeaMicro を買収した AMD は、ARM ライセンスの取得へと向かうのか? 」というコンテントをポストしました。 その中に「その本当の価値は、SeaMicro サーバー内において、何百というプロセッサ間で交信を管理するために特化された、ファブリックと呼ばれるチップにある」と書かれていましたが、このポストにあるようなトランジスタ技術と結びつき、私たちが想像し得ないコンピューティングを実現してくれそうに思えます。 ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

いま、1分間に 640TB のデータが、グローバル IP 上を飛び交っている
1秒間に8人のユーザーが増えていくインターネットの世界
2011年のインターネットを、数字を用いて検証していく
この 3年間で、インターネット上での攻撃が 2000% も増えている
20 枚の Charts – 2011年の後半

Comments Off on 0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化 – インフォグラフ

%d bloggers like this: