Agile Cat — in the cloud

SeaMicro を買収した AMD は、ARM ライセンスの取得へと向かうのか?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Green IT by Agile Cat on March 2, 2012

After SeaMicro, why AMD’s next step will be an ARM license
http://wp.me/pwo1E-3Yq
By
Stacey Higginbotham – Feb. 29, 2012
http://gigaom.com/2012/02/29/after-seamicro-why-amds-next-step-will-be-an-arm-license/

_ Gigaom

Now that AMD has confirmed its purchase of low-power server maker SeaMicro, I think its next move will be an announcement around licensing the ARM architecture. That’s right: Intel’s long-abused x86 underdog should do a deal with Intel’s newest rival– the company that provides the architecture for chips inside your cell phone.

先ほど、AMD による、低電力消費型サーバーメーカー SeaMicro の買収が確認された。 そして、今後は、ARM アーキテクチャのライセンシングをめぐる動きが、発表されると推測する。 そうである。 Intel が提供する x86 という、虐げ続けられている敗者は、セルフォン・チップのためのアーキテクチャを提供する、その最新のライバルを相手にすべきである。

Six servers on a board
Click me! ⇒

With the SeaMicro purchase, AMD gets a company that has fundamentally redesigned the server to make it dense, low-power and able to handle a variety of different types of CPUs. SeaMicro’s CEO Andrew Feldman has told me on many occasions that the company’s box is flexible enough to handle a variety of different CPUs. Its real value is in the specialized chip that manages the communications between the hundreds of processors inside the SeaMicro server — its so-called fabric. And that fabric works with any chip, as Feldman and AMD executives said over and over again on the conference call discussing the deal.

今回の SeaMicro 買収により AMD は、集積度と低電力へ向けてサーバーを基本から再設計し、また、各種の CPU を取り扱える企業を、その手中に収めた。 SeaMicro の CEO である Andrew Feldman は、多様な CPU を柔軟に取り扱う、同社の BOX について何度も話してくれた。 その本当の価値は、SeaMicro サーバー内において、何百というプロセッサ間で交信を管理するために特化された、ファブリックと呼ばれるチップにある。 そして、 Feldman と AMD の経営陣が、カンファレンス・コールのディスカッションで、何度も繰り返して発言しているように、あらゆるチップに対して、そのファブリックを組み合わせることができる。

By the end of the year, AMD plans to offer SeaMicro’s boxes using AMD’s Opteron chips as opposed to the Intel silicon currently in the boxes. But because AMD doesn’t want to hack off its server-making customers at Dell, HP, etc., it will likely offer its customers access to SeaMicro’s “technology building blocks,” which can be interpreted to access SeaMicro’s fabric.

今年の終わりまでに、現在の Intel シリコン BOX に対抗するものとして、AMD の Opteron チップを用いた SeaMicro BOX を提供しようと、同社は計画している。 ただし AMD は、Dell や HP といったサーバー・メーカーを切ろうとしないため、おそらく、SeaMicro ファブリックにアクセスするはずの、“technology building block” を提供することになる。

These guys are building the future
of heterogenous computing.

However, the far more exciting story is how the SeaMicro buy plays into AMD’s heterogeneous computing strategy. AMD calls this its “ambidextrous strategy.” It clearly sees that the future in the cloud and webscale computing world is in providing the right kind of compute for the workload, a task that companies such as Calxeda, Tilera and SeaMicro were all attempting to do in varying ways. If AMD is really serious about this ambidextrous effort, it doesn’t make sense for it to focus solely on x86 chips. Lisa Su, SVP and general manager of Global Business at AMD, agrees. When asked about a potential ARM license in an interview, she said, “We’re not going to be religious on architecture.”

しかし、遥かにエキサイティングなストーリーは、SeaMicro という買い物が、AMD の異種のコンピューティング戦略に、どのように影響するかという点である。 それについて、AMD は「二刀流の戦略」と名付けており、クラウドと Web スケールに対応するコンピューティングの未来として、ワークロードを正しく捉えている様子が伝わってくる。 それは、Calxeda/Tilera/SeaMicro といった企業が、さまざまな方法でトライしてきたタスクであり、AMD が本気で二刀流を押し進めるなら、x86 チップだけをフォーカスする戦略は、無意味なものになっていく。 AMD の SVP と General Manager of Global Business を兼任する Lisa Su も、その点については同意している。 つまり、ARM ライセンスの可能性についてインタビューされたとき、「私たちはアーキテクチャに宗教を認めないだろう」と、彼女は答えているのだ。

And since Marvell, Calxeda and others are trying out ARM chips in servers at the behest of customers pursuing better efficiency (and SeaMicro can adapt its fabric to that architecture), AMD should quit dithering and call up ARM to get a license.

そして、Marvell や Calxeda などが、さらなる効率を求めてる顧客のために、ARM チップによるサーバーを試みているのだから(そのためのアーキテクチャに、SeaMicro のファブリックを適用できる)、AMD は優柔不断に陥ることなく、ライセンスを取得するために ARM と交渉すべきである。

Pat Moorhead, a former AMD executive and now president at Moor Insights & Strategy, said the SeaMicro deal is a “good move for AMD and gives them instantaneous access to the microserver market which at its worst would be 20-10 percent of the market.” Far more exciting from his perspective is that it underscores and gives AMD the technical pieces to build out its ambidextrous computing strategy. A strategy that should involve an ARM license.

Moor Insights & Strategy の President である Pat Moorhead は(以前は AMD の経営陣)、SeaMicro の件について、「 AMD に対して適切な方向性を提供し、また、全体の 10%~20% を占めると思われる、マイクロ・サーバー市場への瞬間的なアクセスを与える」と発言している。 彼の視点から見て、はるかにエキサイティングなのは、二刀流コンピューティング戦略を強調し、また、そのためのテクノロジーを AMD に提供すると言っている点にある。 つまり、ARM ライセンスを取り込んだ、なんらかの戦略が必要となる。

AMD actually had an ARM license when it purchased ATI, but it sold those businesses to Qualcomm and Broadcom. In fact, the Adreno graphics core inside the Snapdragon mobile application processor is former AMD technology by way of its ATI acquisition. If we dig further back into the previous decade, AMD also had a MIPs-based line of processors. So AMD is no stranger to the non-x86 chip world.

過去のことだが、AMD は ATI を買収したとき、ARM のライセンスを手にしたのだが、それらのビジネスは Qualcomm と Broadcom に売却されてしまった。 つまり、ATI 買収の際に、Snapdragon モバイル・アプリケーション・プロセッサ内の Adreno グラフィッス・コアは、AMD のテクノロジーになっていたのだ。 さらに 10年前にさかのぼれば、 AMD は MIPs ベースのライン・プロセッサも有していた。 したがって、AMD は非 x86 チップに世界において、決して部外者ではない。

And apparently other ARM-based server vendors would welcome the addition of AMD to the ARM server business. Barry Evans, the CEO of Calxeda emailed the following statement:

We are seeing accelerating market momentum for ARM-based solutions in the data center where an entirely new class of applications such as Big Data, Analytics, cloud and web demand drastic improvements in power efficiency. AMD’s announcement demonstrates that they realize that this new epoch requires a different approach.

そして、見たところでは、他の ARM ベース・サーバー・ベンダーたちは、AMD の ARM サーバー・ビジネスへの参加を歓迎しているようだ。 Calxeda の CEO である Barry Evans は、以下のステートメントをメールで送ってきた:

Big Data や Analytics といった新しいクラスのアプリケーションが集まり、また、クラウドと Web のための電力効率の改善が要求されるデータセンターで、ARM ベース・ソリューションへ向かって、マーケットの勢いが加速しているさまを、私たちは確認している。 AMD による発表は、この新しい時代が必要とする、これまでとは異なるアプローチに、彼らが気づいていることを証明している。

So unless AMD wants to buy Calxeda (which is located in Austin, Texas, where AMD has a huge presence) maybe it should call up Sir Warren East and talk licensing terms. Plus, if AMD does license the ARM core, there’s no reason it has to limit its application to servers. Perhaps it can develop processors for the mobile market, where all the action is — a market it has failed to develop for in the last five years.

したがって、AMD が Calxeda の買収を望まないなら(AMD の本拠 Austin, Texas にある)、Sir Warren East に電話し、ライセンス条件について話すことになるだろう。 そして、AMD が ARM コアをライセンスするなら、その適用をサーバーに制限する理由が見つからない。 おそらく、モバイル・マーケットのためのプロセッサが開発できる。そこは、これまでの 5年間で、同社が開発できなかった、すべてのアクションが集まっている領域である。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

 

 

ーーーーー

TAG indexSeaMicro に関しては、Hadoop インフラストラクチャの基礎に特化した、Intel Atom サーバーの翻訳記事をポストしたことがあります。そこでは、ARM ベースの Calxeda についても触れられ、典型的なエンタープライズ・データ・ウエアハウスが提供する、ハイエンドのハイパワーの装置を必要としない世界が語られています。よろしければ、以下の<関連>も、あわせてご覧下さい。ーーー ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Nvidia が開発する ARM ベースの Server CPU とは?
ARM ベースの Marvell Armada XP は、クラウドで革命を起こせるのか?
ARM A15 が登場! サーバーまでもカバーする性能
Smooth-Stone  – ARM チップで Intel とは別次元のデータセンターを目指す
ARM チップで 省電力データセンターを – Smooth-Stone が巨額の資金を調達
ARM – データセンターから Intel を たたき出せ!

 

Comments Off on SeaMicro を買収した AMD は、ARM ライセンスの取得へと向かうのか?

%d bloggers like this: