Agile Cat — in the cloud

NVIDIA Tegra 3 アーキテクチャは、4-PLUS-1 という名前になる!

Posted in Miscs, Mobile, Post-PC by Agile Cat on February 25, 2012

NVIDIA Tegra 3 Architecture To Be Called 4-PLUS-1
http://wp.me/pwo1E-3X7
Feb 23 2012 – by
Roy Alugbue
http://www.talkandroid.com/93626-nvidia-tegra-3-architecture-to-be-called-4-plus-1/#.T0gJ0ofxrTQ

 

_ Talk Android

NVIDIA has officially coined a name for its unique quad-core architecture found in the Tegra 3 chip. It’s technology will be called the 4-PLUS-1 quad-core architecture and here’s the reasoning behind the naming choice:

NVIDIAはオフィシャルに、その Tegra 3チップ内に置かれる、ユニークな Quad-Core アーキテクチャの名前を決めた。 そのテクノロジーは、4-PLUS-1 Quad-Core アーキテクチャと呼ばれるが、そのネーミングの背景にある理由を推理したい:

“The more popular this technology became, the more our customers wanted a name for it that’s unique and descriptive. A name they could put on a box or a store sign that immediately represents its value”

このテクノロジーの人気が高まってきたので、私たちの顧客は、もっとユニークで実体を表す名前を欲しがった。 店舗に置かれる箱に、その名前を刻み、その価値を示すような名前だ。

クリックで拡大 ⇒ 

If you stop and think about it, the 4-PLUS-1 name makes total sense. NVIDIA’s Tegra 3 chip will utilize 4 powerful CPU cores in order do tasks such as gaming, but then feature a 5th low-power battery-saver core to do smaller jobs like processing emails. NVIDIA also gave a subtle hint for its plans of the Tegra 3 processor and its architecture by mentioning this:

あなたが立ち止まり、それについて考える場合なら、4-PLUS-1 という名前は成功している。 そして、Nvidiaの Tegra 3 チップは、ゲームなどのタスクを処理するパワフルな CPU コア・デザインを活用するが、電子メールを処理するような小さいジョブを実行するときは、5番目にローパワー・バッテリーな低電力消費も特徴とする。 そして Nvidia は、Tegra 3プロセッサとアーキテクチャのプランに関して、かすかなヒントを提供してくれた:

“Don’t be surprised to see it turning up more and more in devices at next week’s Mobile World Congress and beyond”

驚かないで欲しいのだが、来週の  Mobile World Congress 以降に、さらにデバイスをチューン・アップするテクノロジーを披露する。

Will we see more Tegra 3 devices than we think at MWC next week and in the near-future? Stay tuned with Talk Android to find out!

来週の MWC で Tegra 3 に関する情報が提供されるが、それ以上の詳細が知りたければ、この後も Talk Android に注目して欲しい。

source: NVIDIA Blog

ーーーーー

TAG index以下の関連にもあるように、これまでにも Quad-Core に関する報道がありましたが、いよいよ 4-PLUS-1 の時代に突入するのですね。 Agile_Cat のスマホは、Motorola の Single-Core ですが、使っていて気のなるのがバッテリーの減り具合です。 それが、Quad-Core になったらどうなるのかと、ちょっと心配してしまいますが、この図と照らし合わせてみると、4-PLUS-1 の [1] の由来は、どうやら Battery Saver Core にあるようです。 期待したいですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Tegra 3 だ! – Lenovo の Android 4.0 ICS タブレット
ARM チップは 5-watt の電力でサーバーを動かす
Motorola の 次期 Android Phone は、Quad Core を搭載する?
Nvidia が開発する ARM ベースの Server CPU とは?
Intel x86 で動く Android Honeycomb を Youtube で!

 

Comments Off on NVIDIA Tegra 3 アーキテクチャは、4-PLUS-1 という名前になる!

Microsoft は、もはや Office の会社と呼ぶべきなのか?

Posted in .Selected, Microsoft, Mobile by Agile Cat on February 24, 2012

CHART OF THE DAY: Microsoft Is No Longer The Windows Company
http://wp.me/pwo1E-3X0
Jay Yarow | Feb. 16, 2012
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-microsoft-is-no-longer-the-windows-company-2012-2

_ Business Insider

For the longest time, Windows was the most important part of Microsoft’s business. Turns out that’s changing.

これまでずっと、Windowsは Microsoft ビジネスにおける最重要パートであった。 しかし、それが変化していることが分かった。

As you can see in this chart, the Business Division, which is home to Office group, has blown past the Windows division as growing percentage of the company’s operating profit.

このチャートで確認できるように、Office グループのホームである Business Division は、Microsoft の営業利益における成長率として、すでに Windows Division を追い超している。

The two are symbiotic. The more people using Windows, the more people will use Office. However, the Windows business is in decline as mobile gadgets like the iPad and iPhone and Android phones become more and more popular.

この 2つは、共生している。 より多くの人々が Windows を使えば、さらに多くの人々が Office を使うだろう。 しかし、iPadiPhoneAndroidなどのモバイル・ガジェットが人気を博すにつれて、Windows ビジネスは下り坂となる。

Instead of denying what’s happening, Microsoft needs to profit from it by offering Office for all of these new, huge platforms.

現実に起こっていることを否定するのではなく、Microsoftは、それら全ての、巨大な新規プラットフォームに Office を提供することで、利益を確保する必要がある。

(One thing to note: The chart looks like it’s seasonal, and that right before a new Windows release, it dips. It’s a little misleading though because Microsoft deferred revenue for a quarter, which accelerated the drop. And, yes, the two divisions have see sawed back and forth, but we believe a new era of computing is going to lead to Office taking over.)

(1点だけ注意:このチャートは、新しい Windows がリリースされる直前のものである。したがって、したがって、青線は普段よりも下降する。 さらに Microsoft が、四半期の利益を繰り延べているため、ミスリードを誘うかもしれない。 そして、見てのとおり、2つのディビジョンは上下に交差してきた。 しかし、コンピューティングの新時代においては、Office がリードを保つと、私たちは信じる。)

ーーーーー

TAG index昨年の 10月には、iOS5 へ向けたアップデート・フィーバーが起こりました。 また、多種多様な Adnroid デバイスにおいても、常に OS のアップデートが行なわれています。 言うまでもなく、iOS はデバイスを売るための OS であり、Android は広告を売るためのデバイスです。 したがって、ユーザーに対価を求めることなく、こうしたアップデートが可能になりますが、そのアップデート・サイクルに Windows が追随していけるかとなると、そこには大きな疑問が生じてきます。 そのような背景が、この Windows と Office の比較にも反映しているのでしょうかね? ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

次期 Windows Phone には、Windows 8 が搭載されるらしい
Microsoft が新たに考えるべき、post-PC 時代の Office とは
Android 5.0 “Jelly Bean” が、2012年 Q2 に出るという 先走りすぎたウワサ
Mac の 28年分を、わずが 4年で追い越した iPhone
iPad 3 が 3月の 第 1 週に発表される、という ウワサ がヒートアップ

 

 

Comments Off on Microsoft は、もはや Office の会社と呼ぶべきなのか?

Hitachi がスマート・グリッドで Silver Spring と提携

Posted in Green IT by Agile Cat on February 24, 2012

Hitachi & Silver Spring link up over smart grid
http://wp.me/pwo1E-3WV
By
Katie Fehrenbacher Feb. 23, 2012
http://gigaom.com/cleantech/hitachi-silver-spring-link-up-over-smart-grid/

_ Gigaom

Japanese giant Hitachi and Valley smart grid network provider Silver Spring Networks are teaming up over product development as well as a potential investment. An announcement from the companies this morning states that “Hitachi will acquire convertible bonds with stock acquisition rights to be issued by Silver Spring,” and the companies say they will work on R&D for new products for the smart grid.

日本の大手である Hitachi と、Silicon Valley のスマート・グリッド・ネットワーク・プロバイダ Silver Spring Networks が、製品開発において協調だけではなく、資本提携も匂わしている。 今朝のことだが、両社からの発表によると「Silver Spring から発行される株式取得権利付きの転換社債を、Hitachi が購入する予定」と述べている。さらに両社は、スマート・グリッドの新プロダクトを開発するために、R&D に取り組むとも発言している。

Hitachi is a massive conglomerate with hundreds of businesses, including quite a few in the smart grid like energy management systems, transformers, battery storage technology, and lighting. Hitachi is also working on the Hawaii smart grid demonstration project with a variety of other companies.

Hitachi は広範囲におよぶ複合企業であり、エネルギー管理システム/変圧器/バッテリー・ストレージ・テクノロジー/照明といった、スマート・グリッド関連の事業も含めて、何百というビジネスを展開している。また Hitachi は、Hawaii スマート・グリッド・デモンストレーション・プロジェクトに、その他の企業と共に取り組んでいる。

Silver Spring, which filed for an IPO last summer, has yet to go public and has been turning to large companies for partnerships and investment. In December the company raised $24 million from storage and IT giant EMC. Will Silver Spring end up being sold off to one of these big players?

Silver Spring は昨年の夏に IPO 申請をしており、今後に控える株式公開へ向けて、大手企業とのパートナーシップや資本提携に目を向けている。 そして、昨年 12月には、ストレージと IT の大手である EMC から、$24 million を調達している。 それらの大手企業のいずれかに、Silver Spring は買収されることになるのだろうか?

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexアメリカのスマート・グリッドというと、必ず登場してくるのが Silver Spring です。この Hitachi との提携により、日本市場に良いかたちのプレッシャーがかかってくると良いなぁ~~~ と期待してしまいます。 まったく知りませんでしたが、Silver Spring は EMC からも資本を入れているのですね。 EMC と言うと、Greenplum と MarR で、スマートグリッドから吸い上げられる Big Data を Hadoop で解析というシナリオが目に浮かんできますが、そんな展開が実現すると、とても面白そうですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook Oregon データセンターが LEED の Gold を受賞
Cleantech Open で見かけた、5 つのスマートグリッド・スタートアップたち
NTT America が DC にディプロイする燃料電池とは?
Obama 政権が公表した、スマート・グリッドを構築するための具体策とは?
アメリカ政府は今日、スマート・グリッドの推進策を表明する

 

Comments Off on Hitachi がスマート・グリッドで Silver Spring と提携

Windows 8 on ARM は .NET とサヨナラしてしまうのか?

Posted in .Selected, Microsoft, Post-PC by Agile Cat on February 23, 2012

Windows on ARM: Yes, There’s a Desktop; No, It’s Not Compatible
http://wp.me/pwo1E-3WP
By
Scott M. Fulton, III / February 9, 2012
http://www.readwriteweb.com/archives/windows_on_arm_yes_theres_a_desktop_no_its_not_com.php

_ Read Write

While Apple’s preferred method for introducing customers to new products is with a gala stage event, Microsoft’s method has become the doling out of information in carefully timed lumps through corporate blog posts. Today, a rather hefty lump (almost the size of one of my analysis articles) was doled out by Microsoft’s Windows Division President Steven Sinofsky, shedding considerable new light on how Windows 8 will work on systems with ARM-based processors.

Apple は、華やかなステージ・イベントで、カスタマーに新製品を紹介するという方式を好む。 それに対する Microsoft の方式は。コーポレート・ブログのポスト介して、慎重にタイミングを見ながら、情報を小出しにするようになってきている。 そして、今日(2/9)、Microsoft の Windows  Division President である Steven Sinofsky から、 どちらかと言うと大量の情報が提供されたが(この分析記事と同じくらい)、どのようにして Windows 8 が ARM ベースのプロセッサで操作するのかという、新たな論点については、依然として光が当てられていない。

クリックで拡大 ⇒

ARM is not a processor, like Intel or AMD; rather, it’s a selection of technologies that a manufacturer licenses from an extensive ARM portfolio, that are condensed into a very small system – usually a system-on-a-chip (SoC). In Sinofsky’s blog post today, as well as in an accompanying video – a shot of which is shown above – Microsoft showed three examples of ARM-based devices from (left to right, above) Nvidia, Qualcomm, and Texas Instruments, which don’t use CPUs the way we know them, but behave enough like a PC to run Windows 8. Or at least, a new form of Windows 8 that resembles the Windows we use today only partly.

ARM は、Intel や AMD のようなプロセッサではない。 どちらかと言えば、広範囲におよぶ ARM ポートフォリオから、マニファクチャ・ライセンスとして選ばれたテクノロジーを、SoC(System-on-Chip)という小さなシステムの中に凝縮するものとなる。Sinofsky の今日ブログ・ポストだけではなく、それに伴うビデオと写真により、Microsoft は ARM デバイスのサンプルを紹介している。 左から右へと並ぶ Nvidia/Qualcomm/Texas Instruments 搭載の各デバイスは、これまでとは異なる方式で CPU をドライブするが、これまでの PC のように Windows 8 を充分にドライブする。 少なくとも、この新しい Windows 8 は、私たちが使用してきた Windows と部分的に似ている。

クリックで拡大 ⇒

“Using WOA [Windows on ARM] ‘out of the box’ will feel just like using Windows 8 on x86/64,” writes Sinofsky. “You will sign in the same way. You will start and launch apps the same way. You will use the new Windows Store the same way. You will have access to the intrinsic capabilities of Windows, from the new Start screen and Metro style apps and Internet Explorer, to peripherals, and if you wish, the Windows desktop with tools like Windows File Explorer and desktop Internet Explorer. It will have the same fast and fluid experience. In other words, we’ve designed WOA to look and feel just like you would expect. WOA enables creativity in PC design that, in combination with newly architected features of the OS, will bring to customers new, no-compromise experiences.”

「梱包を解いた WOA[ Windows on ARM ]を使うときも、x86/64 上の Windows 8 と、その感覚は変わりない。これまでと同じように Sign-in できる。 アプリケーションの起動方式も同じである。そして、これまでと同じように、新しい Windows Store を利用できる。あなたは、Start スクリーンから、Metro スタイル・アプリ、Internet Explorer、そして、周辺機器にいたるまで、Windows の本質的な機能にアクセスできる。そして、望むなら、この Windows デスクトップで、Windows File Explorer や、デスクトップ Internet Explorer といったツールを使用し、高速で滑らかなエクスペリエンスを得るだろう。 言い換えれば、まさにユーザーが期待するような、ルック&フィールのために、私たちは WOA をデザインしている。 WOA は、PC のデザインに創造力をもたらす。それは、新たにデザインされた OS の機能と組み合わされるものであり、カスタマに新しい世界を提供し、妥協しないエクスペリエンスをもたらすだろう」と、 Sinofsky は書いている。

Another World

Yet while Sinofsky made it very clear – in an abundance of words – that Microsoft will not be compromising on what it has not compromised on, today’s blog post does also reveal that those parts of WOA that don’t work “the same way” will work a different way. Most different of all will be the Desktop, which is the part of Windows 7 that used to go by the name “Windows.” As we noted when the Windows 8 Developer Preview was rolled out last September, the Desktop has become just one of two “worlds” where Windows 8 applications will run. The other is a completely new class of “Metro-style” apps, based on a new runtime called WinRT that is not downwardly-compatible. It’s not made for Windows 7, and it’s not compatible with Windows Phone 7.

いまのところ、Sinofsky は多彩な言葉づかい明確にしようとする一方で、Microsoft は諦めていないことについて、妥協することはないと思われる。つまり、今日の Sinofsky のブログ・ポストでは、WOA パートは同じようには機能せず、異なる方式で動作することが明らかにされたのだ。 最大の違いは、Windows という名前で使用する、Windows 7 のパートとしての Desktop である。 昨年の 9月に、Windows 8 Developer Preview が始まったとき、この Desktop は Windows 8 アプリケーション実行する、まさに 2つの世界のうちの 1つになったと、私たちは指摘した。 もう 1つの世界は、Metro-style アプリケーションのための、WinRT という新しいランタイム用の完全に新しいクラスだが、下位互換というわけではない。 それは、Windows 7 のために作られたものではなく、また、Windows Phone 7 と互換性を持つものでもない。

But at least with Windows 8 on PCs running Intel and AMD architectures (x86/x64), most Windows apps since version 3.0 will run on the Desktop. This will not be the case on Windows for ARM for an obvious and unavoidable reason: Applications compiled to run on these processors are not code-compatible with ARM-based platforms. And managed apps made for the .NET Framework – which as late as Spring 2011 was still being touted as the platform of Windows’ future – will not run on WOA because the .NET Framework is not code-compatible with ARM, at least not at this time. Sinofsky did not state these facts outright, though he gave plenty of information for an eight-year-old to make the correct deduction.

しかし、少なくとも、Intel と AMD のアーキテクチャ (x86/x64) 上の Windows 8 であれば、Version 3.0 以降の大半の Windows アプリケーションを、この Desktop 上で実行できるだろう。ただし、避けることのできない明白な理由により、この事実は Windows for ARM には当てはまらないだろう。 つまり、それらのプロセッサ上で実行するためににコンパイルされたアプリケーションは、ARM ベースのプラットフォームに対してコードの互換性がないからだ。 そして、未来の Windows プラットフォームとして推奨されていた、2011 Spring 以降の .NET Framework 対応のマネージド・アプリケーションも、WOA 上では実行できないだろう。なぜなら、少なくとも現時点においては、.NET Framework は ARM コード・コンパチブルではないからだ。これらの事実について、Sinofsky は完全に説明しなかったが、8歳の子供でも正しく推論できる、たくさんの情報を与えてくれた。

クリックで拡大 ⇒

“WOA does not support running, emulating, or porting existing x86/64 desktop apps,” the blog post reads. “Code that uses only system or OS services from WinRT can be used within an app and distributed through the Windows Store for both WOA and x86/64.” It also states that if a developer wishes to target WOA as a platform, all he really needs to do is write a Metro-style app using WinRT and regular OS services.

「WOA が、既存の x86/64 デスクトップ・アプリケーションを、実行/エミュレート/ポートすることはない。システムあるいは OS のサービスを、WinRT から呼び出すコードだけがアプリケーションの中で使用され、また、Windows Store を介して WOA と x86/64 の双方にディストリビュートされる」と、Sinofsky のブログ・ポストからは読み取れる。さらに、デベロッパーが WOA をターゲット・プラットフォームにするなら、そこで必要となる全ての事柄は、WinRT もしくは通常の OS サービスを用いて、Metro-Style のアプリケーションを書くことだ、とも述べている。

Another Office

So what is the Desktop for in WOA? Why is it there if it can’t run a great majority of the Windows apps we’ve come to know? Sinofsky states that the WOA Desktop will run built-in versions of Word, PowerPoint, Excel, and OneNote from the new “Office 15” (probably Office 2013). It will also run a desktop version of Internet Explorer 10 (as indicated by a blue “e” icon on the taskbar in the screenshot), as well as the Windows Explorer file manager.

そうだとすると、WOA の Desktop とは、いったい何なのだろう? これまでに認識してきたように、従来からの大量の Windows アプリケーションを、そこで実行できないなら、なんのために存在するのだろうか? Sinofsky の説明によるとでは、新規の Office 15(おそらく Office 2013)として提供される、ビルトインの Word/PowerPoint/Excel/OneNote を、WOA Desktop 実行できるようだ。さらに、Internet Explorer 10 の Desktop バージョン(スクリーン・ショットに青い[e]アイコンがある)だけではなく、Windows Explorer のファイル・マネージャーも実行できる。

imageクリックでジャンプ ⇒

The division president characterizes this degree of resemblance as “supporting the Windows Desktop experience,” adding that applications which can run on the WOA Desktop have been significantly re-architected to support ARM features such as low power consumption and multitouch. At one point, Sinofsky said, the question of how to approach the role of the Desktop for ARM architectures seems ever so faintly like a certain scene from Hamlet:

ディビジョン・プレジデントである Sinofsky は、ある程度は「Windows  Desktop エクスペリエンスのサポート」に類似する表現を用いるが、WOA Desktop 上で実行可能なアプリケーションは、低電力消費とマルチ・タッチ・パネルといった、ARM の特徴をサポートするために、アーキテクチャの大幅な再編を行なっていると、付け加えている。Desktop for ARM アーキテクチャにおける役割を、達成するためのアプローチの方式は、ハムレットの場面のように、ぼんやりしたものであるとも、Sinofsky は発言している:

“To us, giving up something useful that has little cost to customers was a compromise that we didn’t want to see in the evolution of PCs. The presence of different models is part of every platform. Whether it is to support a transition to a future programming model (such as including a virtualization or emulation solution if feasible), to support different programming models on one platform (native and web-based applications when both are popular), or to support different ways of working (command shell or GUI for different scenarios), the presence of multiple models represents a flexible solution that provides a true no-compromise experience on any platform.”

「私たちにとって、有用な何かを諦めるということは、カスタマにおける妥協という損失を伴うものであり、PC 革命において経験したくなかった出来事である。 それぞれのモデルにおけるプレゼンスは、プラットフォーム全体の一部である。 そこでは、将来のプログラミング・モデルへ向けた移行のサポートや(実現可能であれば、仮想化やエミュレーションといったソリューションを含む)、プラットフォーム上での異なるプログラミング・モデルのサポートがあるかもしれない(ネイティブと Web ベースのアプリケーションが、ともに好まれる場合)。もしくは、あらゆるプラットフォーム上で全く妥協しない、真のエクスペリエンスを提供する、複数の異なる方式での動作のサポートや(異なるシナリオのための コマンド・シェル と GUI)、マルチ・モデルによるフレキシブルなソリューションのサポートがあるかもしれない」

Which must give us pause, Sinofsky might have added.

つまり、それらが躊躇いを与えるはずだと、Sinofsky は付け加えているのかもしれない。

Another Form Factor

In a statement to ReadWriteWeb this afternoon, IDC program director for applications development software, Al Hilwa, calls WOA “separate but equal… a different OS on its own schedule, but Microsoft is doing its best to deliver it at the same time.”

今日の午後(2/9)だが、IDC の Program Director for Applications Development Software である Al Hilwa は、ReadWriteWeb へのステートメントの中で、WOA について「分離されているが同じである、独自のスケジュールを持った異なる OS を同時に提供するために、Microsoft は最善を尽くしている」と称していた。

Hilwa believes that the first WOA-based tablets will be released some time following the first Windows 8-based tablets with Intel and AMD processors, which means this class won’t be ready for back-to-school until 2013. In the meantime, he points out that AMD and Intel are feverishly working to improve the power consumption and efficiency of their CPUs.

Hilwa が確信しているのは、最初の WOA ベースのタブレットは、Intel と AMD のプロセッサを搭載した Windows 8 に続くかたちでリリースされという点である。 つまり、2013 年までは、新調されないということだ。 その一方で、AMD と Intel が、CPU の消費電力と効率を改善するために、必死で作業を進めていることを、彼は指摘している。

Assuming PC manufacturers – especially including those who produce Intel’s Ultrabook form factor – beat ARM producers to market with competitive street prices, and that their Windows 8 PCs run all the existing software (there’s no reason to think they won’t), then they could retain a distinct advantage. Today, Microsoft’s spokesperson told RWW that the work being done by competitors to produce AMD- and Intel-based PCs represents “an equally strong commitment, new designs, and improved architecture for Windows on this hardware. Microsoft could not be more excited or supportive of the new products from Intel and AMD that will be part of Windows 8 across a full spectrum of PC form factors.”

とりわけ、Intel の Ultrabook フォーム・ファクターを生産しようとする企業を含めた、マニファクチャたちの考え方を推測すると、彼らは競争力のある販売価格で ARM デバイスを叩きたいと思っているはずだ。 そして、Windows 8 を搭載する PCが、すべての既存ソフトウェアを実行できるなら(それを望まない理由は無い)、明確なアドバンテージを維持できる。 今日、 Microsoft のスポークスマンが RWW に語ったところによると、そのための作業は、AMD と Intel をベースにした PC を生産するマニファクチャたちにより完了し、「このハードウェア上の Windows のための、強いコミットメントと、新しいデザイン、そしてアーキテクチャの改善」が示されているとのことだ。「 しかし、Intel と AMD に基づく新しいプロダクトは、PC フォーム・ファクター全体を示す Windows 8 の一部であるため、Microsoft は、それほど熱狂的にサポートできない 」とも発言していた。

Nevertheless, besides the myriad, perhaps countless, ways in which Windows for ARM is completely different from Windows, it’s just the same as the product you haven’t come to know yet because it hasn’t been released. Because many consumers choose Windows because they need to run Office, Microsoft is making sure that four key Office apps are distributed with WOA. They will use different code bases, but because they’re pre-installed, that fact won’t matter. What will matter is whether consumers feel they’re running Windows while they’re using the applications that are the very reason they use Windows.

それにもかかわらず、Windows for ARM と Windows が、完全に異なると証明する、多数と言うより無数の方式がある。そして Windows 8 は、まだリリースされていない、私たちが知ることのない、未知のプロダクトでもあるのだ。数多くのコンシューマが Windows を選択するのは、彼らが Office を動かしたいがためである。 したがって Microsoft は、4つの主要 Office アプリケーションを、WOA 上に提供すると約束している。そこでは、異なるコードベースが用いられるが、新しい Office はプリ・インストールされているため、重要な事柄にはならないではない。何が重要になるかといえば、アプリケーションを動かすために Windows を使用するコンシューマが、Windows を実行していると実感するか、しないかである。

See Also

ーーーーー

TAG indexWindows 8 は、これまでのデスクトップから、Metro デスクトップへと向けた、ブリッジ的な役割を担うのでしょうかね? そして、ここで説明されている WOA(Windows on ARM)は、Windows Phone にも搭載されていくのでしょう。 .NET から WinRT への移行という、大きな戦略の変更も見え隠れする、Windows 8 に注目したいですね。 以下の<関連>も、あわせて ご覧下さい。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft が新たに考えるべき、post-PC 時代の Office とは
次期 Windows Phone には、Windows 8 が搭載されるらしい
iPad の OnLive Desktop から Windows 7 を操作する – これは使えそう!
Windows Phone の リーダーは、なぜ Amazon に行ってしまうのか?

 

Comments Off on Windows 8 on ARM は .NET とサヨナラしてしまうのか?

1秒間に8人のユーザーが増えていくインターネットの世界

Posted in .Selected, Asia, Research, Web Scale by Agile Cat on February 22, 2012

Almost 8 new Internet users added worldwide every second (infographic)
http://wp.me/pwo1E-3WB
February 16th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/02/16/almost-8-new-internet-users-added-worldwide-every-second-infographic/

By some measures, more than 7 billion people now inhabit the world, and more than a third of us are on the Internet. But how many Internet users are added each day, each week, or each minute? We think we have a pretty good idea.

いくつかの統計によると、いまの世界には 70億人以上の人々が暮らしているが、その 1/3 以上はインターネットの住民でもある。 それにしても、どれくらいのペースで、インターネット・ユーザーは毎週/毎日/毎分に増えているのだろうか? それについて、ゴキゲンなアイデアを見つけたのだ。

We relied on InternetWorldStats.com as our source for how many people worldwide are online as well as the world’s population. Its latest figures are from December 31, 2011, and show that 2,267,233,742 people are on the Internet worldwide, meaning an Internet penetration of 32.7%. The previous number published by Internet World Stats, from March 2011, said 2,095,006,005 people worldwide were on the Internet.

私たちは、世界のオンライン人口だけではなく、実際の人口についても、そのソースとして InternetWorldStats.com を活用した。 その、最新の数値は 2011年12月31日のものであり、インターネットの世界に 2,267,233,742人の人々が居住し、また、32.7% の Internet 浸透率を示している。それ以前に Internet World Stats から発表された数値は 2011年3月のもので、2,095,006,005人のインターネット人口を示している。

Let’s break the number of new Internet users down. In total, 172,227,737 people started using the Internet from March to December 2011. This breaks down as follows:

ここから、新規のインターネット・ユーザー数を分析していこう。2011年の 3月から 12月の間に、全体で 172,227,737人の人々がインターネットを使い始めた。そこからの分析結果は、以下のとおりである:

  • 19,136,415 – Per month.
  • 4,784,103 – Per week.
  • 683,443 – Per day.
  • 28,476 – Per hour.
  • 474 – Per minute.
  • 7.9 – Per second.

That’s almost 8 new people coming onto the Internet every second – that’s pretty amazing.

なんと、1秒間に 約8人の、新しいインターネット・ユーザーが誕生しているという、素晴らしい結果が得られた。

It’s clear where the potential is

To say that this is just the beginning though is an understatement. If you look at the Internet penetration numbers for the different parts of the world, you can clearly see where the growth is going to come from. North America is probably approaching saturation with 78.5% Internet penetration, and Europe and Oceania/Australia are not too far behind. The situation in Africa and Asia, however, is different, with only 13.5% and 26.2% Internet penetration respectively.

この分析は、まだ始めたばかりのものであるが、なかなかだと思う。 そして、これからインターネット人口が増大する、地球上のエリアが気になるなら、その場所も分かってくる。 North America の浸透率は、78.5% いう飽和点に近いところにあり、Europe/Oceania/Australia も大差ない。 しかし、Africa と Asia の状況は異なる。それぞれが、たった 13.5% と 26.2% という、インターネット普及率にある。

Imagine, when a bigger percentage of the huge populations of China and India come online, for example.

たとえば、China と India の膨大な人口の、相当数がオンラインに接続されるときを想像して欲しい。

ーーーーー

TAG indexもう、2年以上前になりますが、「なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?」という記事を翻訳しました。そのときに実感したのが、アジアにおけるインターネット・ユーザーのパワーです。そして、東シナ海と南シナ海を結び、世界最大のトラフィックを誇ることになる、Southeast Asia Japan Cable(SJC)という、超弩級の海底ケーブルの存在を知りました。今回の、Pingdom の記事でも裏打ちされた、アジアの潜在性に期待したいですね。いったい、8人のインターネット・ユーザーうち、何人のがアジアから誕生しているのでしょう? 考えるだけで、ワクワクしてきます。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google Chrome のシェアが、年末には 50% に到達する?
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/1月
2011年のインターネットを、数字を用いて検証していく
この 3年間で、インターネット上での攻撃が 2000% も増えている
世界のブロードバンド・ユーザー数が 6億人に達した

 

Comments Off on 1秒間に8人のユーザーが増えていくインターネットの世界

Android 5.0 "Jelly Bean" が、2012年 Q2 に出るという 先走りすぎたウワサ

Posted in Google, Mobile by Agile Cat on February 22, 2012

Crazy Rumor: Android 5.0 "Jelly Bean" in 2Q12
http://wp.me/pwo1E-3Ww
February 17, 2012 – By
Kevin Parrish – Source : DigiTimes
http://www.tomsguide.com/us/Android-Windows-8-Jelly-Bean-5.0-ChromeOS,news-14203.html

_ toms guide

Taiwan-based supply chain makers claim Google is launching Android 5.0 in 2Q12. Too funny.

Taiwan ベースのサプライチェーン・メーカーは、Google が Android 5.0 を 2012年 Q2 に立ち上げると言っているが、それは、あまりにも変だろう。

Earlier this week, Motorola said that the delay in launching Android 4.0 mainly rests on Google’s shoulders, as the company developed the platform based around one hardware set and is currently writing code that will make Ice Cream Sandwich edible on all hardware configurations. Motorola also released its upgrade schedule on Wednesday, clearly showing why devices have yet to receive the v4.0 upgrade.

今週のはじめに、このプラットフォームをベースとする、あるハードウェア・セットでの開発を進めていた Motorola は、主として Google の事情により Android 4.0 の立ち上げが遅れると発表した。そして、Ice Cream Sandwich を、すべてのハードウェア・コンフィグレーションに対応させるために、そのコードを書いている最中だと発言していた。そして水曜日(2/15)には、Motorola のデバイス用に v4.0 アップグレードが提供されていない事情を示し、新たなアップグレード・スケジュールをリリースした。

clip_image001Yet despite this, Taiwan-based supply chain makers claim that Google will launch Android 5.0 "Jelly Bean" — notice it doesn’t even follow the frozen treat theme — as early as 2Q12 because the adoption of Ice Cream Sandwich has fallen short of original expectations. They also claim Google will launch Jelly Bean in this specific timeframe so that it will be ready for Windows 8 this fall.

それにもかかわらず、 Taiwan ベースのサプライチェーン・メーカーが、Ice Cream Sandwich を適用した結果がが本来の期待に達しないため、早ければ 2012年 Q2 に、Google は Android 5.0  "Jelly Bean" を立ち上げるだろうと発言した 。  さらに、この秋に控える Windows 8 に対応するため、このタイムフレームの中で、Google は Jelly Bean を立ち上げるだろうと主張している。

According to the sources, Android 5.0 will be further optimized for tablets while also integrating Chrome system functions. This means Google plans to push for dual-operating system designs on Windows 8 devices. Vendors can either choose to use Android 5.0 solely on the device, or pack it with Windows 8 and provide the means to switch between the two operating systems without the need to reboot.

その情報源によると、Android 5.0 はタブレットに最適化されるだけではなく、Chrome System Function も統合するようだ。 つまり、Google の目論見は、Windows 8 対応のデバイスに、デュアル・オペレーティング・システムを押しこもうというものだ。 それぞれのベンダーは、対象デバイス用に Android 5.0 だけを選ぶことも、Windows 8 と組み合わせることも可能になる。 そして、後者の場合は、リブートすることなく、2つのオペレーティング・システムを切り替えられる。

_AndroidNotice the word "device." There’s indication by the unnamed supply chain makers that Google intends to use Android 5.0 "Jelly Bean" to enter the notebook and netbook markets again. But given that Android 4.0 did not perform as well as expected even though it’s really not completely available on the market, several Google downstream partners are turning conservative about the rumored Android 5.0.

ここで言う、[デバイス] という用語には注意が必要だ。その匿名のサプライチェーン・メーカーが指摘するのは、 Google が Android 5.0 "Jelly Bean" を用いる意図が、再びノートブックとネットブックに向けられている点である。 しかし、実際には Android 4.0 の、市場への投入が完了していないにもかかわらず、その性能が期待どおりで無かったとすれば、いくつかの Google 傘下のパートナーたちは、ウワサの Android 5.0に対して消極的になる。

What’s likely the case is that Android 5.0 "Jelly Bean" is actually a new version of ChromeOS, not Android. It may be a long time before we see the next version of Android released given Google’s developmental track record with the mobile OS.

おそらく Android 5.0 "Jelly Bean" は Android 用ではなく、ChromeOS の新しいバージョンであるというのが、今回のケースだろう。Google におけるモバイル OS の、開発トラック・レコードという条件のもとでリリースされる、Android の次期バージョンを見るのは、まだ先のことだろう。

ーーーーー

TAG indexたしか、HTC では Ice Cream Sandwich への移行が順調に進んでいるけど、Motorola は難航しているという、情報が流れていたように記憶しています。 このバージョンで、スマートフォンとタブレットが統合されるとも聞いていますが、気になるのは、そのタイミングです。 ARM on Windows 8 が出てくると、当然の事として、Android と iPad の両陣営で緊張感が高まります。 今年は、そのような意味で、タブレットの年になるのかもしれませんね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google Drive は、もう1つの Dropbox では無いのだ!
Google Chrome のシェアが、年末には 50% に到達する?
Chrome for Android ベータを Youtube で!
DOCOMO を撃沈した Android のトラフィック大食漢ぶり
2011年 Q4 の Android タブレット・シェアが、Kindle Fire 効果で 39% に ?

 

Comments Off on Android 5.0 "Jelly Bean" が、2012年 Q2 に出るという 先走りすぎたウワサ

アゼン! ボーゼン! iPhone が Apple にもたらした利益

Posted in .Selected, Apple, Post-PC, Research by Agile Cat on February 21, 2012

The world’s biggest startup
http://wp.me/pwo1E-3Wp
Feb 13, ’12
3:02 PM
Author
Horace Dediu
http://www.asymco.com/2012/02/13/the-worlds-biggest-startup/

_ Asymco

Last year we began offering revenue and operating income comparisons between Apple and Microsoft. It was becoming evident that the iOS franchise was beginning to overtake both in revenue and profitability the Windows franchise. To offer more dimensions of comparison this time I am adding Google’s top and bottom lines for comparison (click image for detail):

昨年末のことだが、私たちは Apple と Microsoft の売上と営業利益を比較し始めた。 そして、Windows の特権であった売上と収益の双方において、iOS の主力製品が、その座を奪い始めていることを明白にしてきた。 そして今回、さらに多様な比較を提供するために、Google の営業利益も加えてみた。

クリックで拡大 ⇒

Note that the graphs have the same scales when read horizontally. I’ve broken out the sub-divisions of revenues as the companies report them. Here are some observations:

これらのグラフが、水平方向で同じスケールを持つことに注意して欲しい。それぞれの企業のレポートに合せて、サブ・ディビジョンごとの収益を取り出している。 以下に、いくつかの観察ポイントを列挙する:

  1. The time spanned is 4.5 years (September 2007 to December 2011)
  2. If we compare the fourth quarter 2007 to fourth quarter 2011 the ratio of Google : Microsoft : Apple went from 1: 3.39:2:16 to 1:1.97: 4.38. In other words, Microsoft was 3.4 times bigger than Google but today it’s only about twice. Apple was twice and is now about 4.4 times bigger.
  3. In terms of operating income (i.e. before R&D, SG&A and OI&E) the ratios were 1:4.48:1.53 and are now 1:2.28:4.82. Microsoft’s income gap to Google halved while Apple’s more than tripled.
  4. Google and Microsoft have grown but not by adding new sources of revenue. Apple grew its base but, more importantly, added new businesses for spectacularly more growth.
  5. Compared to Microsoft and Apple, Google’s revenue is distinctly single-source: advertising. Though divided between own sites and those of affiliates, advertising is today 96.1% of revenue and was 98.6% four years earlier.
  1. 全体の時間軸は 4年半である (September 2007 ~ December 2011)
  2. 2007年 Q4 ~ 2011年 Q4 の売上を比較すると、 Google:Microsoft:Apple の比率は、 1: 3.39:2:16 から 1:1.97: 4.38 へと変化している。言い換えれば、Microsoft は Google に対して 3.4倍の規模を持っていたが、いまでは 2倍へと変化している。 また、Apple に対しては 2倍だったが、いまでは 約 4.4倍に変化した。
  3. 営業収入に関しては(i.e. before R&D, SG&A and OI&E)、その比率が 1:4.48:1.53 から、いまでは 1:2.28:4.82 に変化している。 Google から見て、Apple が 3倍以上になってしまったが、対 Microsoft でのギャップは半分になった。
  4. Google と Microsoft は成長したが、新しい収益源を加えることはなかった。 Apple はベースを引き上げたが、より重要なことは、ニュー・ビジネスを加えることで、華々しく成長したことである。
  5. Microsoft および Apple との比較において、Google の収入源はシングル・ソースの広告である。 自身のサイトとアフェリエイトに分類されるが、4年前の 98.6% から、今日の 96.1% へと、広告収益は減少している。

クリックで拡大 ⇒

If we compare the individual product/business operating incomes individually we see some interesting patterns:

個々のプロダクト/ビジネスごとの売上を比較すると、いくつかの興味深いパターンに気がつく:

  1. Google’s advertising profits have overtaken Windows as has the iPhone and the iPad may do so quite soon.
  2. Microsoft’s Business (Office) and Server businesses are growing more quickly than Windows
  3. The hardware oriented Apple’ operating margin is now 37% and exceeds Google’s 33% while being nearly equal to Microsoft’s 38% (see chart below)
  1. Google の広告利益は、iPhone の後に続いて Windows に追いついた。間もなく、iPad も追いつくかもしれない。
  2. Microsoft の Business(Office)と Server and Tools は、Windows よりも速いペースで成長している。
  3. ハードウェア指向である Apple の営業利益率は 37% となり、Google の 33% を超え、Microsoft の 38% に等しくなってきた。

I presented a subset of this material January 30th at a TechMeetups event titled “Apple – world’s biggest startup.” A presentation by Adam Lashinsky focused on the cultural and procedural aspects which highlight Apple’s “startup” nature. My presentation showed, using these graphs, Apple’s growth characterizes it as a “startup”. The growth did not come from a broadening of its core products markets. It came from the creation of new product categories. Google, a much younger company does not exhibit this non-secular growth any more than Microsoft which is about as old as Apple is.

1月30日に開催された、“Apple – world’s biggest startup” という TechMeetups イベントにおいて、資料のサブ・セットが提供された。 Adam Lashinsky によるプレゼンテーションは、Apple におけるスタートアップ的な特質である、文化と手続にフォーカスしたものだった。 私のプレゼンテーションではApple の成長における特徴がスタートアップ的であることを、これらのグラフにより示した。 この成長は、基幹プロダクトのマーケット・レンジから得られたものではない。 つまり、新しいプロダクト・カテゴリの創造からもたらされている。 Google は、この中で最も若い企業であるが、このような非長期的な成長を全く示していない。 また、Apple と Microsoft は、同程度の歴史を持っている。

クリックで拡大 ⇒

The lesson is perhaps that rapid growth is not the right of small companies alone. Apple has used disruptive innovation to transform itself and offers a stunning contrast to two other companies which are also seen as innovative leaders.

ここから得られる学習は、急成長が小規模な企業だけの特権ではないということだ。 Apple は、自身を変革するために、破壊的なイノベーションを用いた。 それは、同じく革新的なリーダーとして認識される、Microsoft と Google に対して、衝撃的な対比をもたらしている。

ーーーーー

TAG indexはい。 言葉がありません。Jobs の死も含めて、様々な要因が iPhone 4S を押し上げた結果だと思いますが、それだけでは納得できないほどの iPhone の勢いです。特に、2番目のチャートですが、2011年 Q4 における iPhone の利益は、なんと $12B に届いています。 それが、単独のプロダクトなのですから、開いた口がふさがりません。 正直いって、スゴイを通り越し、呆れてしまう iPhone の強さです。 ーーー ac-stamp-25

ーーーーー

<関連>

Mac の 28年分を、わずが 4年で追い越した iPhone
ついに Apple は iPhone 単独で、Microsoft の全てを追い抜いてしまった!
スマート・フォン市場の 75% を手にする、Apple の驚異的な利益率
iPad 単体で HP の出荷数を上回ったという、2011年 Q4 の市場レポート
iPad の成長と PC の衰退は、連動しているのか?
Apple は HP を追い抜き、すでに最大の PC ベンダーになっているのか?

Comments Off on アゼン! ボーゼン! iPhone が Apple にもたらした利益

Windows Azure のイカしたストレージがあれば、Dropbox キラーが作れるはずだ

Posted in Microsoft by Agile Cat on February 21, 2012

Don’t look now but Microsoft Azure is a kick-butt cloud
http://wp.me/pwo1E-3Wg
By
Barb Darrow Feb. 10, 2012
http://gigaom.com/cloud/dont-look-now-but-microsoft-azure-is-a-kick-butt-cloud/

_ Gigaom

Microsoft’s ambitious Windows Azure cloud is many things — it’s a full-fledged platform as a service (PaaS) for developers. But beneath all that, it is also a huge pool of foundational compute and storage infrastructure for rent.

Microsoft の大望である Windows Azure クラウドには、デベロッパーのための成熟した PaaS として、数多くのものが含まれる。しかし、その全てを支えるものとして、基礎をなすコンピューティングの巨大なプールと、ユーザーに貸し出されるストレージ・インフラストラクチャがある。

And that infrastructure layer is fine indeed, according to Andres Rodriquez, CEO of Nasuni, a Natick, Mass. startup that specializes in managing business customers’ storage securely in whatever public cloud best suits their needs. He’s checked out all the public clouds and his conclusion? “Microsoft has a kick-ass cloud.”

そして、 Natick, Mass のスタートアップ、Nasuni の CEO である Andres Rodriquez によると、そのインフラストラクチャ・レイヤは本当に素晴らしいいう。それは、顧客のニーズにベスト・フィットする、あらゆるパブリック・クラウドにおいて、そのストレージの管理に特化されたものとなる。 彼は、すべてのパブリック・クラウドと、自身の結論についてチェックしたのだろうか? その答えは、「Microsoft は本当に凄いクラウドを持っている」である。

That could come in handy now as more tech companies seek to replicate the success of Dropbox, the Silicon Valley darling that has more than 45 million users of its cloud-based storage since it was founded in 2007.

Dropbox の成功にあやかろうと、数多くのテクノロジー企業が努力するにつれて、クラウドは身近なものになってきた。Dropbox は 2007年に設立されて以来、45 million 以上のユーザーを持つクラウドベース・ストレージとして、Silicon Valley のお気に入りになっている。

Dropbox provides an easy, inexpensive way for consumers to put their documents, photos and other digital paraphernalia in the cloud and then access it from any device. Dropbox itself puts all that stuff on Amazon’s S3 storage, essentially acting as an on-ramp to a gigantic hard drive in the sky.

Dropbox はコンシューマに対して、ドキュメント/フォト/デジタル・ツールなどを、容易で安価なクラウドに格納する方式を提供し、さらに、あらゆるデバイスからのアクセスも実現する。 Dropbox 自身は、Amazon S3ストレージ上に全てを配置し、天空の巨大ハード・ドライブへつながる入口の役を務める。

Rodriguez says Dropbox is to Amazon storage as a USB stick is to a hard drive: It puts a user-friendly front end onto what is essentially an inscrutable block of storage.

Rodriguez は、 Amazon ストレージに対する Dropbox の役割について、ハード・ドライブに対する  USB スティックみたいなものだと言う。 つまり、本質的に計り知れないストレージ・ブロックの上に置かれた、にユーザ・フレンドリーなフロント・エンドとなる。

The discussion is relevant again because Google is apparently getting ready to launch its own Dropbox killer. But Rodriguez doesn’t think Google has a shot here. But Microsoft? That’s another story.

この論点が関心を集めているのは、Google が Dropbox キラーを送り出す準備を整えているからだ。 ただし Rodriguez は、ここで Google がヒットするとは考えていない。 しかし、Microsoft は? そこには、別のストーリーがある。

“Right now [all these companies] want to be the new Dropbox, but Microsoft is the only company I see as being able to do that,” Rodriquez said in an interview Friday. Microsoft has the front-end smarts to make the on boarding easy. (Outside of Azure, Microsoft already fields SkyDrive consumer storage.) And, unlike many other tech companies, it also has massive amounts of back-end storage in its data centers. It has both the USB stick and the hard drive.

「まさに、いま、[それら全ての企業]が、新しい Dropbox になりたがっているが、それを実現できる唯一の企業は Microsoft だけだと、私は見ている」と、Rodriquez は金曜日のインタビューで発言している。 Microsoft の持つスマートなフロントエンドにより、容易な利用が実現される。 (Azure の以外では、すでに Microsoft は SkyDrive コンシューマ・ストレージを運用している) そして、数多くのテクノロジー企業とは異なり、自身のデータセンター内に、巨大なバックエンド・ストレージを有している。 つまり、USB スティックとハード・ドライブの両方を持っていることになる。

imageNasuni is in a pretty good position to judge the relative merits of these public cloud platforms: It gauges the reliability and availability of all the major cloud storage guys and chooses the highest quality cloud storage provider for its customers. It then monitors clouds storage performance, availability and reliability and if it detects problems move customers’ data to another clouds (nondisruptively.) A few months ago the company released a report that put Amazon and Microsoft at the top of a very competitive heap of cloud storage providers, with Amazon edging out Microsoft for the top slot. Ever since then, Microsoft has been all over Nasuni about how to improve its offering, he said.

Nasuni のポジションは、これらのパブリック・クラウド・プラットフォームを相対的に比較し、それぞれのメリットを判断するのに最適である。つまり、主要なクラウド・ストレージの信頼性と可用性を測定し、その顧客に対して、最も高品質のクラウド・ストレージ・プロバイダを選ぶビジネスを展開している。 そして、クラウド・ストレージの性能/可用性/信頼性をモニターし、問題を検出された場合には、顧客データを別のクラウドに移行している(稼動状態は維持)。 数カ月前に同社は、きわめて激しく競い合う膨大なクラウド・ストレージ・プロバイダの中から、Amazon と Microsoft をトップと評価するレポートを発表した。 詳細を言うと、わずかに Amazon が、Microsoft に勝利するという状態であった。 そのとき以来、Azure の改善について、Microsoft は Nasuni に対して、熱心にアピールしていると、彼は発言している。

That’s fairly typical of Microsoft which is, in my opinion, at its best when it’s not in the power position and at its worst when it leads the pack.  Many would argue that Microsoft’s strongest efforts are in its mobile phone OS, where it is a decided underdog, and Azure. Where it leads the pack — as in Office and Windows —  things can get sloppy. As we saw with Office feature bloat and, well, remember Vista?

私の意見として、パワーと発揮できないときは最高の状態であり、先頭に立つときいは内容が最悪というのは、いかにも Microsoft らしい。  多く人々が、Microsoft はモバイル OS に、最も注力していると指摘ずるだろうが、そこでは依然として敗者であり、そして Azure がいる。Office や Windows のように、Azure も先頭に立つと、内容が劣化するのかもしれない。 Office の膨れ上がった機能を見るたびに、Vista を思い出さないか?

Microsoft Azure overall has not gotten as much traction as expected as a PaaS, he said, but the infrastructure is so solid and scalable that Microsoft can profit even in the extremely thin margins afforded by plain-old-but-very-important  cloud storage.

全体的に見て、Microsoft Azure は PaaS として、予想どおりの推進力を得ていない。しかし、そのインフラストラクチャは、きわめて強固でスケーラブルであり、簡素な旧式であっても非常に重要なクラウド・ストレージにより、Microsoft に対して広くて浅い利益ををもたらすと、彼は言う。

Photo courtesy of Flickr user D.Begley

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexこの、Azure におけるストレージの素晴らしさに関しては、2010年5月の「メジャー・クラウドの比較テスト Part_1 : 性能は Amazon S3 と Azure が圧勝」と、2011年12月の「クラウド・ストレージ の性能 – チャンピオンは Amazon S3 と Microsoft Azure」で、二度ほど取り上げています。 そして、後者のポストは、今回のレポートにある、Nasuni によるものです。 なるほど、良い視点ですと、納得していまう Nasuni の指摘ですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google Drive は、もう1つの Dropbox では無いのだ!
Linux を Azure に! OSS のエキスパートを求める Microsoft
Microsoft が新たに考えるべき、post-PC 時代の Office とは
次期 Windows Phone には、Windows 8 が搭載されるらしい

Comments Off on Windows Azure のイカしたストレージがあれば、Dropbox キラーが作れるはずだ

%d bloggers like this: