Agile Cat — in the cloud

Twitter の Trend API は、XML から JSON-Only へと移行する

Posted in API, Twitter by Agile Cat on September 1, 2011

Twitter API Ditches XML For Trends: New Features Are JSON-Only
Adam DuVander, August 26th, 2011
http://blog.programmableweb.com/2011/08/26/twitter-api-ditches-xml-for-trends-new-features-are-json-only/

_ ProgrammableWeb

Twitter is embracing the trend where 1 in 5 new APIs do not support XML. The trend is playing out, appropriately enough, with Twitter’s endpoint for accessing global and local trending topics. It follows a move in late 2010 where Twitter Streaming went JSON-only. All signs point to no XML support for new Twitter features.

Twitter は、新しい 5つの API のうち、1 つが XML をサポートしないという流れを容認しようとしている。 こうした傾向においても、グローバルおよびローカルで流行っている、トピックにアクセスするための Twitter エンドポイントを、充分に機能させることが可能である。 そして、こうした方向性は、Twitter Streaming が JSON だけに対応するようになった、2010年後半から継承されている。 Twitter の新しい機能では、XML をサポートしないという方向へ、すべてが向かっているようだ。

imageThe move to JSON is brought on by Twitter’s consolidation of the three separate endpoints for accessing trends into a single endpoint. The one solution is built off of Yahoo’s WOEIDs (Where on Earth IDs). WOEIDs have been the basis of location-related Twitter calls since Twitter originally released location trends nearly two years ago. The identifiers were also central to the Mixer Labs’ GeoAPI acquired by Twitter in late 2009. Global trends will still be available using a WOEID of 1.

こうした JSON への移行は、シングル・エンドポイント内のトレンドにアクセスするために、3つのエンドポイントをコンソリデートさせるという、Twitter の考え方に応じたものとなる。 1つのソリューションは、Yahoo の WOEID (Where on Earth ID)から構築される。 約 2年前に Twitter が独自のロケーション・トレンドをリリースした時から、それに関連する基本として WOEID が利用されている。 この識別子は、2009年後半に Twitter が買収した Mixer Labs の、GeoAPI の中心にもなっている。 グローバル・トレントに関しては、依然として WOEID の 1 と用いることが可能である。

注記:http://developer.yahoo.com/geo/geoplanet/guide/concepts.html
http://4rapiddev.com/php/get-woeid-of-a-city-name-from-ip-address-with-php/

Twitter’s Jason Costa explained why Twitter is removing XML:

As well as standardizing the trends URL we are also planning to switch the trends API to JSON only. The reason for this is because the use of XML on the trends API is significantly low and removing support would allow us to free up resources for other developments.

Twitter の Jason Costa は、XML を排除していく理由につ体、以下のように説明している:

トレンド URL を標準化することに加えて、それらの API を JSON only に替えることを計画している。 その理由は、トレンド API 上での XML の利用が、きわめて低レベルのものであること、そして、サポートの負荷を減らして、他の開発にリソースを振り向けることにある。

Running down the data formats supported by Twitter’s various APIs, there is still plenty of XML support (as well as RSS and Atom), but some of the newer features are JSON-only.

Twitter における各種 API がサポートするデータ・フォーマットを調べると、依然として XML(RSS と Amtom も)が数多くサポートされているが、いくつかの新しい機能は JSON only になっている。

Twitter API Data Formats

image

As we wrote then the JSON-only Streaming API was announced, it seems clear that XML does not have much future at Twitter, at least with new features. Since so many applications count upon some of the oldest Twitter functionality, such as the core timeline, we’d expect XML to be supported for awhile, if not indefinitely. That said, Twitter hasn’t shied away from forcing developers to make updates before. After several delays, Twitter shut off basic authentication one year ago. Most recently the company implemented changes for applications accessing direct messages.

JSON only の Streaming API が発表されたと、私たちの記事に書いたときから、少なくとも Twitter の新しい機能においては、XML が 将来に渡って利用されることは無いと思われる。 しかし、Twitter のコアである TimeLine など、従来からの Twitter 機能を、数多くのアプリケーションが利用している。したがって、無期限ではないにしてもに、しばらくの間は、XML がサポートされることを期待するだろう。 しかし Twitter は、アップデートに先行して、デベロッパーたちに更新を強いるようなことはしない。1年前にも、数日の猶予の後に、基本的な認証を止めてしまった。また、最近においても、ダイレクト・メッセージにアクセスするアプリケーションを、Twitter は変更している。

ーーーーー

TAG indexこと、API に関しては、XML も徐々に役割を減じていくのでしょうかね。 ともあれ Twitter の API が最新の技術により更新されていくは、様々なデベロッパー・コミュニティに影響を与え、また、そこでのスキルも蓄えていきます。 いろいろな意味で、Twitter と API には、がんばって欲しいですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Twitter の 圧倒的な API 消費量は、Facebook や Google の 3倍に達する
5 つのエクセレントな、クラウド開発コミュニティ
最新のミュージック・マッシュアップ API とは?
USA Today が提供する、アメリカ国勢調査の分析 AP

Comments Off on Twitter の Trend API は、XML から JSON-Only へと移行する

%d bloggers like this: