Agile Cat — in the cloud

ミュージック・ロッカーの MP3tunes が米連邦裁判所で勝利 – Google と Amazon に追風か?

Posted in .Selected, Amazon, Entertainment, Google by Agile Cat on August 23, 2011

Federal Judge Finds Cloud Music Lockers Do Not Violate Copyrights
By
Jon Mitchell / August 22, 2011
http://www.readwriteweb.com/archives/federal_judge_finds_cloud_music_lockers_do_not_vio.php

_ Read Write

A federal judge in New York ruled today in the defendant’s favor on a copyright infringement case brought EMI and 14 record companies against cloud music locker service MP3tunes. Judge William H. Pauley III found that cloud-based music lockers are, for the most part, legally in the clear. The judge found that “MP3tunes did not promote infringement” by offering an open cloud storage service for music, meaning that it, as well as big-name services like Google Music and Amazon Cloud Drive, are on the right side of the law.

今日、New York の連邦裁判所は、 EMI と14 のレコード会社が、クラウド・ミュージック・ロッカー・サービスの MP3tunes に対して起こしていた著作権侵害のケースについて、被告側に有利な裁定を行った。William H. Pauley III 裁判官は、クラウド・ベースのミュージック・ロッカーの大部分が、法的に問題ないと評決を下した。 そして、音楽のためのオープンなクラウド・ストレージ・サービスを提供する、「MP3tunes が侵害を促進することはない」と評決した。それにより、Google Music や Amazon Cloud Drive などのメジャーなサービスも、法律を味方に付けたことになる。

clip_image001The record companies claimed that services like these duplicate files in ways that violate copyrights, that they don’t do enough to stop repeat infringers, and that playing back songs from a locker constitute a “public performance,” which would require a license for the material. The judge rejected all these claims, finding that MP3tunes is protected as a service provider under the Digital Millennium Copyright Act (DMCA). The plaintiffs also argued that works recorded prior to 1972 were not protected by the DMCA, but the judge overturned this charge as well.

このようなサービスは、著作権に違反する方式でファイルを複写するというのが、レコード会社の主張であった。つまり、繰り返えされる違法行為を、レコード会社には差し止める術がなく、また、ロッカーからの再生は  “public performance” により構成され、マテリアルに対するライセンスを必要とするものだと言う。 しかし、この裁判官は MP3tunes について、Digital Millennium Copyright Act(DMCA)により保護さてるサービス・プロバイダだそし、すべてのクレームを拒絶した。 さらに、原告は、1972年以前の録音は DMCA により保護されないと論じたが、その訴えも破棄された。

The record companies alleged that MP3tunes was responsible for 33,000 copyright violations, but Judge Pauley’s ruling reduced that number by 99% to only 350 works. The violations are specific, involving MP3Tunes’ technical failure to distinguish authorized copies of some songs, given away during “viral” marketing campaigns, and unauthorized copies that were still protected. The ruling found that these arrangements “contributed to the unauthorized use of EMI’s copyrighted works,” though MP3tunes founder/CEO and main defendant Michael Robertson says MP3tunes is “prepared to continue battling for the last 1%” of works cited in the case.

レコード会社は、MP3tunes が 33,000件の著作権違反を侵していると主張したが、Judge Pauley の裁定により 99% が除外され、350 件だけが認められた。 その違反とは、MP3Tunes の技術的な障害がもたらした、「ウィルス性」の販促キャンペーンにおいて、いくつかの保護されていた楽器のコピーが、不法に提供されてしまった事件のことである。 そして、「EMI の著作権を無許可で使用する行為に貢献した」という、裁定がくだされた。しかし、MP3tunes の Founde  / CEO であり、被告でもある Michael Robertson は、このケースで MP3tunes が召喚されたことについて「 最後の 1% のために戦い続けるつもりだ」と発言している。

clip_image001Overall, this is a resounding victory for cloud locker services and their users, though, as Robertson says, “it was not a complete victory[, and it was] not a final ruling,” because some elements can still be appealed. EMI’s case relied on several misconstructions of the nature of these services, and the judge turned those aside. EMI claimed that these cloud services host a “master copy” of a file within their service, so that users who upload the same song are just playing one digital copy hosted by the service. Playing that file would constitute a “public performance” that would require a license. But in reality, cloud locker services store individual copies of a user’s own music, so they are merely service providers, and they can’t be held accountable for copyright violations.

そして、全体を見ると、「 完全な勝利ではなく、また、最終の裁定ではない(いくつかの控訴があり得るため)」と Robertson は言うが、クラウド・ロッカー・サービスと、そのユーザーにとっては、特筆すべき勝利となる。 こうしたサービスの本質について EMI は、いくつかの曲解に依存するかたちをとったが、裁判官は取り合わなかった。 EMI の主張は、これらのクラウド・サービスが、”master copy” をファイルとしてホストし、同じ楽曲をアップロードするユーザーたちが、サービスにホストされた単一のデジタル・コピーを再生する、というものであった。 つまり、それらのファイルを再生することは、ライセンスが必要な “public performance” を構成すると論じた。 しかし、実際のクラウド・ロッカー・サービスは、ユーザー自身の楽曲コピーを個別にストアする。 したがって、それは単なるサービス・プロバイダの行為であり、また、著作権違反について責任を負わせることがができない。

A victory for consumer choice

When it comes to Web-based music services, the alternative to cloud storage is a subscription-based streaming model, many of which have gained in popularity this year. These services are dependent on licenses for the material, though, so if they don’t have the music a user is looking for, that user has to listen to it elsewhere. Alternatively, cloud lockers agnostically host whatever music a user wants to upload, and both Google and Amazon offer services like these, as does MP3tunes, the defendant in this case. Though record labels have accused these services of promoting piracy, today’s ruling finds that they aren’t responsible for the content uploaded by their users, and that’s a victory for consumer choice.

Web ベース・ミュージック・サービスの話になると、クラウド・ストレージに代わるものとして、サブスクライブ・ベースのストリーミング・モデルがある。 そして、今年に入り、その多くが利益を得ている。 しかし、これらのサービスはマテリアルのためのライセンスに依存している。 したがって、そこに求められるミュージックが無い場合には、ユーザーは他のところで聴かなければならない。 もう一方の選択肢であるクラウド・ロッカーは、ユーザーが必要とする音楽を、不可知論でアップロードさせる。そして Google と Amazon のサービスも、MP3tunes に類似したものであり、今回の訴訟のケースでは被告の側にいる。それらのサービスが海賊行為を促進するとして、レコード会社は告訴してきたが、今日の裁定は、ユーザーがアップロードするコンテントに対して、プロバイダーは責任を負う必要がないとするものだった。 そして、それは、消費者の選択の勝利でもあるのだ。

Do you use Web-based music services?

See Also

 

 

 

ーーーーー

ひとつクリアになって、よかったですね。 Agile_Cat も手元のデータを、どこかに預けたいと思っているのですが、ここを調べたら  50 GB (10,000 songs*) $39.95/year とのことです。高くもなく、安くもなくという感じですね。 また、API も提供されるので、いろいろなクライアントが使えるようになるかも知れませんね。とにかく 楽しみです 🙂  ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

最新のミュージック・マッシュアップ API とは?
Facebook Music が、やってくる!
Android で音楽を楽しむには?
Apple iCloud が挑むカベ – ヨーロッパを席巻する Spotify とは?
Facebook は Web のセントラル・ハブとなり、音楽とビデオを制覇する
iCloud はクラウドではないが、クラウドに福音をもたらす
Apple iCloud と iTunes Music Match の大成功を予測する調査結果

 

Comments Off on ミュージック・ロッカーの MP3tunes が米連邦裁判所で勝利 – Google と Amazon に追風か?

OpenStack の 1年を振り返り、次の 1年を予測する

Posted in .Selected, OpenStack by Agile Cat on August 23, 2011

OpenStack turns 1. What’s next?
By
Derrick Harris Jul. 18, 2011
http://gigaom.com/cloud/openstack-turns-1-whats-next/

_ Gigaom

ーーーーー

この 7月に、最初の誕生日を迎えた OpenStack です 🙂  昨日の NEC 参加表明に対する Agile_Cat からの お祝いとして、遅ればせながらポストで~す。 ーーー__AC Stamp 2

ーーーーー

imageOpenStack, the open-source, cloud-computing software project founded by Rackspace and NASA, celebrates its first birthday tomorrow. It has been a busy year for the project, which appears to have grown much faster than even its founders expected it would. A year in, OpenStack is still picking up steam and looks not only like an open source alternative to Amazon Web Services and VMware vCloud in the public Infrastructure as a Service space, but also a democratizing force in the private-cloud software space.

Rackspace と NASA により設立された、クラウド・コンピューティングのためのオープンソース・プロジェクトである OpenStack が、明日(7/19)に最初の誕生日を迎える。 とても忙しい一年間を過ごし、ファウンダーたちが予想したよりも、はるかに大きな成長を遂げたことになる。 それらの日々を通じて、OpenStack は活力を集め続け、また、パブリック IaaS 領域における  Amazon Web Services や VMware vCloud の代替 OSS としてだけではなく、プライベート・クラウド領域における民主化をも促進しているように見える。

Let’s take a look at what happened in the past year — at least what we covered — and what to expect in the year to come.

この 1年間のできごとを、Gigaom でカバーしたポストで確認し、新しい年に起こることを予測していこう。

OpenStack year one

クリックで拡大 ⇒

July

October

January

February

  • Feb. 3: OpenStack releases “Bexar” code and new corporate contributors, including Cisco.
  • Feb. 10: Rackspace buys Anso Labs, a software contractor that wrote Nova, the foundation of OpenStack Compute, for NASA’s Nebula cloud project.

March

April

May

July

Although the new code, contributors and ecosystem players came fast and furious, OpenStack wasn’t without some controversy regarding the open-source practices it employs. Some contributors were concerned with the amount of control that Rackspace maintains over the project, which led to the changes in the voting and board-selection process. Still, momentum was overwhelmingly positive, with even the federal government supposedly looking seriously at OpenStack as a means to achieving one of its primary goals of cloud interoperability.

新しいコードおよび、コントリビュータ、エコシステム・プレーヤーによる議論がたけなわだが、そこで採用されるオープンソース・プラクティスに関する、いくるかの論争なくして、OpenStack は存在し得なかった。 何人かのコントリビュータは、このプロジェクトを維持してきた、Rackspace の発言権について関心を持った。それにより、投票の方式と委員を選定するプロセスが変更された。 OpenStack の圧倒的な勢いは、依然としてポジティブであり、クラウド・インターオペラビリティの主要な目的の一部を達成する手段として、おそらく、連邦政府さえ注視しているという状況である。

What’s next

According to OpenStack project leader Jonathan Bryce, the next year for OpenStack likely will be defined by the creation of a large ecosystem. This means more software vendors selling OpenStack-based products — he said Piston is only the first-announced startup to get funding — as well as implementations. Aside from public clouds built on OpenStack, Bryce also thinks there will be dozens of publicly announced private clouds build atop the OpenStack code. Ultimately, it’s a self-sustaining cycle: More users means more software and services, which mean more users.

OpenStack プロジェクト・リーダーである Jonathan Bryce によると、次年度の OpenStack は、大規模エコシステムの構築により定義されていくだろう。 つまり、OpenStack ベース・プロダクトを販売する、より多くのソフトウェア・ベンダーだけではなく、インプリメンターがいることを指している(Piston に関しては、資金を得るための、最初のアナウンスメントにすぎないと、彼は言う)。 OpenStack で構築されたパブリック・クラウドは別として、その OpenStack コード上でプライベート・クラウドを作成するという、たくさんのパブリシティ・アナウンスメントがあるだろうとも、Bryce は発言している。最終的に、それは自立したサイクルになる。 つまり、より多くのユーザーが、より多くのソフトウェアとサービスを生み出し、そして、さらに多くのユーザーを生み出していく。

There’s going to be competition, he said, but that’s a good thing for the market because everyone will be pushing to make OpenStack itself better. The more appealing the OpenStack source code looks, the more potential business for Rackspace, Citrix, Piston, Dell, Internap and whoever else emerges as a commercial OpenStack entity.

競合が生じてくるだろうと、彼は言う。しかし、誰もが OpenStack 自身を、さらに良くしようと努力するため、このマーケットにとっては歓迎すべきことになる。 OpenStack のソースコードが、さらに魅力的になってくると、Rackspace や、Citrix、Piston、Dell、Internap などに、さらなるビジネスの可能性が生じ、商用 OpenStack の実体となっていく。

If this comes to fruition, it’ll be a fun year to cover cloud computing and watch whether OpenStack can actually succeed on its lofty goals of upending what has been, up until now, a very proprietary marketplace.

それが達成されると、クラウド・コンピューティングをカバーしていくという、面白い 1年になるだろう。 そして、きわめてプロプライエタリであった、これまでのマーケットを逆転させるという、OpenStack の高度なゴールの達成についても、その可否が見えてくるだろう。

Image courtesy of Flickr user chimothy27.

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

ーーーーー

最初は、どうなるものやらという、ある種の不安のカタマリだった OpenStack ですが、予想以上の成果を残す 1年となったようですね。 日本でも、すでに Bit-Isle / TERRAS / Midokura による実証実験がスタートしていますが、昨日は NEC が参加を表明するなど、さらに勢いがついてきた OpenStack です。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

HP も OpenStack への参加を表明
Dell は OpenStack を、Lotus 1-2-3 のように簡単にする!
OpenStack は商用化へ向けて準備を整える
OpenStack を後押しする、Citrix Synergy での発表とは?
オープンソースはクラウドに適合するのか?
OpenStack の検証プロジェクトが日本で始まる – Bit-Isle / TERRAS / Midokura
Internap が構築する、OpenStack-Based のオリジナル・パブリック・クラウドとは?
OpenStack の PaaS は、幅広い文脈の中でアプリケーションを駆動する

Comments Off on OpenStack の 1年を振り返り、次の 1年を予測する

%d bloggers like this: