Agile Cat — in the cloud

Cisco の経営陣は、Google と IBM から学ぶべきだ

Posted in Cisco, Network, OpenFlow by Agile Cat on July 25, 2011

What Cisco’s Leaders Can Learn From Google and IBM
July 20, 2011
http://seekingalpha.com/article/280532-what-cisco-s-leaders-can-learn-from-google-and-ibm

_ seeking alpha

It is finally official, Cisco will layoff 6,500 employees — below the 10,000 rumored, taking $1.3 billion charge. As we wrote in a previous piece, layoffs won’t solve Cisco’s problems. They may give a temporary boost into Cisco’s bottom line, but the won’t help the company’s top line, revenue growth.

結局のところオフィシャルに確認されたが、Cisco は 6,500人の従業員をレイオフする(ウワサでは 10,000人であり、$1.3 billion の支払いを伴う)。 だが、私たちが以前に指摘したように、レイオフが Cisco の問題を解決することは無いだろう。 それにより、Cisco の収支は一時的に改善されるかも知れないが、もっとも重要な、増収の手助けにはならない。

imageWhat will help revenue growth is a sound leadership. And Cisco can get valuable lessons from both Google Inc. (GOOG) and International Business Machines (IBM), as both companies reported robust quarterly results, beating both on the bottom and on the top line.

つまり、増収に欠かせないものは、リーダーシップといった類のものとなる。 そして Cisco は、Google Inc.と IBM から、貴重なレッスンを得ることができる。 この両社が、堅調な四半期決算をレポートできたのは、企業としてのボトム・ラインからトップ・ラインまでを、厳しく見直しているからだ。

From Google, Cisco should learn that leadership is about innovation; and innovation begins with the customer, the center of the economic universe, the beginning and ending of every economic activity, the ultimate boss of every capitalist enterprise. Innovation continues with the development of the right products to address the needs and desires of the customer; and ends with the delivery of these products. Innovation isn’t a commodity that can be purchased in the market, but an organizational capability that must be immersed in a customer-centered vision and imbued in a culture of collective entrepreneurship.

Google から Cisco は、イノベーションに関するリーダーシップを学ぶべきだ。 つまり、イノベーションは顧客を伴いながら始まるものであり、経済の中心に位置し、すべての経済活動に開始と終了をもたらし、すべての資本主義エンタープライズの原点になるということだ。 イノベーションは、適切なプロダクトの開発により継続され、顧客のニーズと要求に取り組み、プロダクトの提供と共に完了する。 イノベーションはマーケットで購入されるコモディティではないが、顧客の中心に存在するビジョンに浸透し、また、共同体として企業文化に染み込むべき、組織的な能力のことである。

From IBM, Cisco should learn that leadership is about leveraging the company’s core resources and capabilities to come up with solutions to customers’ problems, taking advantage of emerging technology trends. Leadership is about setting corporate goals and priorities, deciding which business belong to the past and which business belongs to the future. Leadership is also about execution, sticking with your goals and priorities and make sure that they are reached. Leadership is about “making elephants dance.”

IBM から Cisco は、社内におけるコア・リソースと許容力を活用するための、リーダーシップを学ぶべきだ。 それにより、顧客の問題を解決するソリューションについて思考し、最新のテクノロジーからメリットを得ることが可能となる。企業におけるゴールと優先順位を設定するためのリーダーシップにより、過去を引き戻すビジネスと、未来をもたらすビジネスを選り分けるべきだ。 さらに、執行に関するリーダーシップが、ゴールと優先順位を粘り強く継続し、その達成を約束することを確認すべきだ。リーダーシップとは「象をも踊らせる」ことだ。

ーーーーー

Cisco に限らず、すべての企業が考えるべきことですが、たしかに Cisco には欠落する部分が多いように思えます。 独占は、企業を内部から壊す・・・ という事なのでしょうね。 組織というものの定めなのかも知れません。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

CVNO モデルが、クラウドの未来を作るのか?
OpenFlow と、NDDI、OS3E とは?
OpenFlow 専門家になるための近道とは?
OpenFlow により、ネットワーク業界は HOT になるのか?
OpenFlow のゴールとは?

 

Comments Off on Cisco の経営陣は、Google と IBM から学ぶべきだ

%d bloggers like this: