Agile Cat — in the cloud

ビンラディン報道を追いかけ続けたのは、モバイル/タブレット・ユーザーたちだった!

Posted in Mobile, Research by Agile Cat on May 12, 2011

Seeking Osama: Anatomy of a News Firestorm in a Cross-Platform Environment
By Andrew Lipsman – May 5, 2011
http://blog.comscore.com/2011/05/osama_news_cross_platform.html

comScore

When the news broke late Sunday evening that U.S. armed forces had managed to hunt down and kill Osama bin Laden, a range of emotions washed over me, including relief, elation, pride and so many others. But soon after the initial “pinch-myself, is this really finally happening?” moment subsided, I was immediately consumed with a voracious appetite to read anything and everything covering the details of the capture and the geopolitical analysis. I had the news on the TV and about 15 tabs open in my web browser as I flipped back and forth between my favorite news sites to see what other details of the operation were beginning to leak out. I am sure I was not alone in feeding this news addiction. 

そのニュースが日曜日の夜更けを揺るがしたとき、すでにアメリカ軍はオサマ・ビンラディンを追い詰めて、殺害していた。そして、安心感や、高揚感、プライドといった、すべての感情に、私自身も押し流されていった。 しかし、まずは、私自身を目覚めさせ、『 それで終わりで良いのか?』と自問してみた。そして、ただちに、今回の捕捉と地政学的な分析カバーするために、あらゆるデータと、すべての情報を、むさぼり読むことになった。 私は TV のニュースを見ながら、およそ 15 個のタブを Web ブラウザに開き、お気に入りのニュース・サイトを行ったり来たりした。なぜなら、この作戦について、漏れ始めてきた詳細を知りたかったからだ。 そして、このニュースに熱中していたのは、私 1人ではなかったと確信している。

imageHere at comScore, we were curious to understand how others may have experienced this news, so we decided to do a little digging. Our analysis looks at the 24-hour period beginning at 7:00 PM ET on Sunday, May 1, and ending at 7:00 PM ET Monday, May 2. To understand Americans’ news consumption patterns in the aftermath of the news, we’re going to begin by gaining some overall perspective into how Osama Bin Laden (OBL) news coverage was consumed across various media, then we’ll examine some of the consumption patterns in relative terms.

さらに comScore は、このニュースを多くの人々が咀嚼していくときに用いられた、その方式を理解したいと考え、この現象を深堀りしていくことにした。 私たちの分析は、5月1日(日)東部時間 7:00 PM から、5月2日(月)7:00 PM までの、24時間に集中するものになった。 この出来事の余波としての、アメリカにおけるニュース消費のパターンを理解するために、各種メディアでの OBL(Osama Bin Laden)ニュース報道の傾向について、その全体を把握するところから始め、続いて、関連する言葉の利用パターンについて調べることにした。

Consumption of #OBL News Coverage Across Platforms

The illustration below shows us that, not surprisingly, computers accounted for the vast majority of OBL-related news consumption throughout the 24-hour period. However, during a few segments of the day, tablet and mobile traffic accounted for notable percentages of the total.

以下のグラフが示すものは、その24時間を通じて、OBL 関連のニュースの消費では、コンピュータが圧倒的な多数を占めているという、驚きに値しない事実である。 しかし、いくつかの時間帯においては、タブレットとモバイルのトラフィックが、全体の中で注目すべきパーセンテージを占めている。

注記:上記のグラフは、シンプルに『 Osama Bin Laden 』に関する記事なのだと思います。 そして、これから先は、たとえば  『 Al-Qaeda / Al Jazeera / Taleban / 911 』などの、今回の事件を深掘していくための、関連用語も含めたニュース消費だと捉えています。 つまり、メディアが提供するニュースを消費するだけの人と、その裏を探る人の、デバイス利用に関するパターンの違いを浮き彫りにしていくことが、このポストの狙いなんだと理解しています。 そうでないと、この記事全体の整合性がとれません。ーーー __AC Stamp 2

Next, we decided to see how this news story affected the composition of all news traffic to understand just how pervasive the coverage and resulting reader interest was. We specifically looked at OBL-related news consumption as a percentage of total news consumption. OBL-related news coverage was estimated by analyzing the traffic patterns for all news sites with URLs including broad matches of the terms “Osama” or “Bin Laden,” as the majority of related news stories included these terms in their URLs. News coverage spiked dramatically around 10pm ET Sunday night with about 10 percent of all computer traffic to news sites being Osama-related – a fairly sizeable percentage given how expansive and diverse news reporting can be. This percentage spiked substantially higher among tablet users – between 20-25 percent – and was highest at around 30 percent among mobile Internet users. These figures are pretty staggering, especially when considering that these figures only account for articles that were obviously OBL-related (per their URL structure).

私たちは続いて、このニュースが拡散していった経路と、読手が興味を持った内容を理解するために、何がどのように影響して、全体的なニュース・トラフィックが構成されたのかを確認することに決めた。 とりわけ、全体的なニュース消費に対する比率として、OBL 関連ニュース消費のパーセンテージを見ていった。 OBL 関連のニュース範囲は、『 Osama 』あるいは 『Bin Laden 』などの用語を URL に取り込んだ、すべてのニュース・サイトに対するトラフィック・パターンを分析することで推測された。つまり、この件に関連するニュース記事の大半が、それらの用語を URL に含んでいたことになる。 Osama に関連するニュースを取り扱うサイトは、東部時間の日曜 10:00 PM 辺りで、すべてのコンピュータ・トラフィックの約 10% を占めていた。この数値は、広範囲におよぶ多様なニュース報告があり得た状況において、きわめて大きなパーセンテージである。 このパーセンテージをタブレット・ユーザーに適用させてみると、20-25 % にまで上昇する。 そして、最も大きな値をもたらしたが、モバイル・インターネッ・トユーザーでであり、30% 前後という結果になる。以下のグラフでは、OBL 関連(URL 構造)を持つ記事だけを示しているが、驚くべき結果と言えるだろう。

注記:このグラフは、最初のものと比べて、色の割り当てが違っている点に注意してください。 なんというか、最悪! ーーー __AC Stamp 2

We also wanted to understand how consumer behavioral patterns might shift by medium throughout the day. We looked at the share of each medium’s OBL traffic for each of the 24 hours as a percentage of overall OBL traffic for that medium. Interestingly, we see that tablet readership saw the highest relative percentage of its activity occur in the immediate aftermath of the news on Sunday night. Mobile news consumption was also relatively high during that period, while PC consumption that time was more modest in comparison to other dayparts. Notice that there is another spike in mobile activity between 7:00-9:00 AM on Monday, most likely as people glued themselves to their phones during their commutes to work. PC traffic saw its highest relative consumption during this 24-hour period in the late morning and early afternoon, as people checked out news during the workday from their computers.

さらに私たちは、当日における消費者の行動パターンが、メディアにより変化していった様子を理解したいと考えた。 そのため、この 24時間における、全体的な OBL トラフィックに対するパーセンテージとして、個々のメディアごとの OBL トラフィックの比率を調べてみた。 興味深いことに、日曜日の夜に起こった この出来事の直後の、タブレットを用いる読者の相対的なパーセンテージが、きわめて高いことが確認された。この時間帯においては、モバイルによるニュース消費も相対的に高かったが、PC による消費はさほどでもなかった。 また、通勤時間帯にモバイルが活躍することを証明するかのように、月曜日の 7:00-9:00 AM の間に、モバイルによる別のピークがあることを指摘しておく。そして、PC によるトラフィックは、就労時間におけるニュース・チェックが始まる 9:00 AM 以降から、それが終了する夕刻までの間に、そのピークを迎えている。

注記: 上記のグラフは、最初と同じ色の割り当てに戻っています。 その点に注意してください。ーーー __AC Stamp 2


The Future of News Consumption?

The quest for news about Osama bin Laden exhibited in these charts illustrates how increasingly dependent on technology we’ve become to keep informed of developments especially as they pertain to important breaking news. Mobile and tablet devices are becoming a more significant part of the digital media landscape, as it’s becoming clearer how they help fill in the gaps when consumers may not always be right by a computer. From our analysis of news consumption in recent days, we’ve shown that many people opted for these devices – myself included – to feed our need for news in the wake of this historic event. This behavior is only going to grow more prevalent with time with the plethora of devices coming out to support growing information needs. And in this real-time environment where we can always be plugged in, one can expect news consumers will only become savvier in consuming a constant stream of news from multiple platforms. The capture and killing of Osama bin Laden may have just given us an important glimpse into the future of news consumption.

これらのチャートが示す、オサマ・ビンラディンに関連するニュースの調査は、突発性の重大ニュースであるほど、そして、その展開を人々が追い続けるほど、テクノロジーへの依存が高まることを証明している。 つまり、常にコンピュータの近くにいない人々の、情報参照に関するギャップを埋めるの手法が明確になるにつれて、モバイルとタブレットが重要なパートを占めてきたという、いまのデジタル・メディアの在り方が顕在化している。この数日におけるニュース消費を分析することで、こうした歴史的な出来事の後に生じる、ニュース取得への要求を充たすために、人々が適切なデバイスを選択している状況が明らかになった(私自身を含めて)。 こうした傾向は、時間という概念にだけ寄り添って成長していくものであり、増え続ける情報への要求に対応するため、さらに多くのデバイスが必要とされていく。そして、何時でもプラグインが可能なリアルタイム環境において、マルチ・プラットフォームから絶え間なく流れこむニュースを消費することで、人々は知見を高めたいと望む。オサマ・ビンラディンの捕捉と殺害は、未来におけるニュース消費の在り方について、私たちに重要な視点を与えたのかもしれない。

ーーーーー

ものすごく、面白い視点からの分析ですが、大きな意味でのコンテキストが不明確であり、良く分からないところがあるので、Agile_Cat なりの注釈を途中に加えました。冒頭の 『 あらゆるデータと、すべての情報を、むさぼり読むことになった 』という一節からして、そのような事なのだろうと推測しています。 (それとも、relative terms という用語で、分かる人は分かってしまうのかも?) このコンテキストについて、また、グラフの色使いについても不満がありますが、情報の伝搬という視点で、モバイル/タブレット/PC を比較するのは興味深く、また、素晴らしい調査だと思います。 こうした調査は、誰もが予想し得なかった大事件が、突発的に起こった時にのみ可能であり、その時点におけるインターネットと社会の関係を炙り出してくれます。 Agile_Cat では、June 29, 2009 の 『 Google と、Yahoo と、Bing に、マイケルがくれたもの 』 以来の出来事ですが、その時に比較されたものは検索エンジンの即応性でした。 それを考えるだけでも、インターネットと社会の関係が、この2年の間に変化している様子が見えてきます。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

タブレットの伸びが、Gartner の予測を押し上げる
モバイル・トラフィックの爆発は、2015年には 6.3 エクサ・バイトに至る!
モバイル Web トラフィックで世界を二分する Nokia と Apple

Comments Off on ビンラディン報道を追いかけ続けたのは、モバイル/タブレット・ユーザーたちだった!

2億 4600万台の Android デバイスを来年に – Google

Posted in Google, Mobile by Agile Cat on May 12, 2011

More than 246 million Android devices this time next year?
Posted in Main on May 11th, 2011 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2011/05/11/246-million-android-devices-next-year/

_ pingdom

According to Google, there are currently 100 million activated Android devices, and the user base is growing by leaps and bounds. Each day, 400,000 new Android devices are activated. That’s the equivalent of 146 million new Android devices per year.

Google によると、現時点において 1億台のアクティベイトされた Android デバイスが存在し、そのユーザー・ベースは急激に増大している。そして、1日あたり 40万台のペースで、新しい Android デバイスが販売されている。 それは、1億 4600万台の新しい Android デバイスが、1年間で市場に投入されたに等しい。

4069025342_2d34137574_oDoes that mean that one year from now, we’ll have 246 million Android devices? At the current growth rate, yes, but here’s the thing: Android’s adoption rate so far has been accelerating.

そして、今後の 1年間に 2億 4600万台の Android デバイスが出回るということなのだろうか? 現在の成長曲線において、たしかに、そうなのだが、Android の導入比率は加速しているのだ。

With that in mind, Android should be even farther ahead in a year, especially if it takes off as a tablet OS – the iPad has given a big boost to Apple’s iOS numbers, so there’s no reason to think the same won’t apply to Android.

その前提に加えて、Android が タブレット OS として離陸する場合は、今後の 1年間における成果はさらに大きくなる。つまり、iPad が Apple iOS の普及を強くブーストとしたように、Android についても、そのような展開が当てはまらないという根拠はない。

The only thing that can mess with Android right now is if it ceases to be the darling mobile OS of the various mobile makers out there. If they for some reason decide to rally behind some alternative effort, for example Microsoft’s Windows Phone 7, that could spell trouble for Google.

唯一の懸念は Android の混乱(バージョンとアップストア?)であるが、それによりモバイル・メーカーたちが、このモバイル OS から引いていく可能性もある。 いくつかの理由により、たとえば Microsoft Windows Phone 7 などの、別の選択肢にメーカーたちが依存するようになると、Google にとって大きな問題となるだろう。

But at this point, how likely is that to happen?

しかし、現時点において、そのようなことが生じる可能性は、どれくらなのだろうか?

ーーーーー

おそらく、Android の市場は、Google 自身もコントロールできない、バケモノに変容してしまったのでしょうね。 私たち全てが、初めて目にする光景であり、どのような結末になるのか、誰も分からないのではないかと思います。 モバイルという、巨大マーケットの構造を、いとも簡単にぶち壊してくれた G 先生には、やはり拍手なのでしょうね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Android – キャリアの App Store がもたらすのは混乱か? それとも利便性か?
Android の独自仕様にはしる HTC – 分裂へと向かうのか?
Android Market と Windows Phone 7 Marketplace が急成長している!
やはり、全米 No.1 スマートフォンは Android だった
Verizon の市場では HTC が優勢? Thunderbolt vs iPhone 4
Microsoft は主張する – Apple と Google はアプリケーション数を誇張していると
iPad 2 と戦う 10 インチ Android や Blackberry などが勢揃い
Motorola の 次期 Android Phone は、Quad Core を搭載する?

 

Comments Off on 2億 4600万台の Android デバイスを来年に – Google

祝! WordPress.com が 2000万ブログ・サイトに到達! でも、Tumblr が迫っている!

Posted in Research, Social, Tumblr by Agile Cat on May 12, 2011

WordPress.com about to hit 20 million blogs. Tumblr in hot pursuit.
Posted in
Main on May 10th, 2011 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2011/05/10/wordpress-com-about-to-hit-20-million-blogs-tumblr-in-hot-pursuit/?

_ pingdom

WordPress.com, the popular blogging service from Automattic built on top the world-famous WordPress software, is about to hit another major milestone: 20 million hosted blogs.

WordPress.com は、Automatticが提供する世界的な WordPressソフトウェア上に構築される人気のブログ作成サービスであり、2000 万ものブログをホストするという、偉大なマイルストーンを打ちたてようとしている。

Now on to the insane part: Tumblr, which has to be considered a relative newcomer on the blogging scene, has now almost caught up with WordPress.com. The difference between the two is currently just 1.5 million blogs, and that is shrinking fast.

そして、尋常ではない勢いで Tumblr が急成長し、ほとんど WordPress.com に追いついてきた。つまり、ブログ・シーンで対比すべき、新しい勢力が台頭してきている。 この両者の差は、わずか 150万のブログ・サイトであり、それは急速に接近している。

That is all the more impressive when you consider that things are going great for WordPress.com. Automattic’s service hosts twice as many blogs now compared with the same time last year. Going from 10 to 20 million blogs in a year is awesome work, but Tumblr is just growing like crazy.

それは、WordPress.com を賞賛する人々にとって、なおさら印象的な現象である。 Automattic のサービスは、去年同時期と比較して、およそ 2倍のブログをホストするに至っている。 1 年間で、1000万のブログから、2000万のブログに到達したことに驚嘆すべきだが、Tumblr も猛烈に成長している。

The past five months for WordPress.com and Tumblr

Here’s how things looked like back in December of 2010:

Compare that with the situation today (May 10, 2011):

WordPress.com is still ahead, but Tumblr is right at its heels. In the same amount of time, Tumblr has grown almost 2x as much as WordPress.com (absolute growth, not relative). As we said, impressive.

現時点では、WordPress.com がリードしているが、すぐ背後まで Tumblr が接近している。 この、期間において、Tumblr の成長率は、WordPress.com に対して約2倍である(相対値ではなく絶対値として)。 すでに説明したように、それは印象的な出来事である。

Final words

WordPress was started in 2005, Tumblr in 2007. Despite that two-year head start for WordPress.com, the two services will soon be on an equal footing in terms of the number of blogs they host. It also looks like Tumblr’s momentum will carry it past WordPress.com within the next couple of months.

WordPress は 2005年にスタートし、Tumblr は 2007年にスタートしている。  つまり、WordPress.com には2年間の先行利得があるが、ホストするブログ数という観点におては、それら 2つのサービスは対等の立場になるだろう。そして、数ヶ月のうちに、Tumblr が WordPress.com を追いぬくだろう。

We suspect that part of the explanation for Tumblr’s rapid growth is its different approach to blogging, using a model very suitable for microblogging or lifestreaming, while WordPress.com is more old school, targeted at “traditional” blogging. Tumblr may simply have a wider appeal.

Tumblr の急速な成長について説明すると、マイクロ・ブログやライフ・ストリームなどに適したモデルを用いる、これまでとは異なるアプローチを Tumblr は採用しているが、WordPress.com は従来からの「伝統的」なブログ作成をターゲットにした、いわゆる昔気質である。 そして、Tumblr の方が、より広い層にアピールするのかもしれない。

The big challenge for Tumblr hasn’t been to grow, but to grow gracefully. There have been significant growing pains while they have tried to scale the service to meet demand. This culminated late last year but has since improved, although our monitoring (via the Pingdom uptime monitoring service) shows that Tumblr still has occasional issues handling the massive, and continuous, increase in traffic.

Tumblr のビッグ・チャレンジは困難を伴い、洗練された成長過程を示してきたとは言えない。 つまり、ユーザーからの需要に応じて、サービスのスケールを達成しようとする間に、成長に伴う痛みを経験してきた。 それは、昨年の後半に頂点に達し、いまは改善はされているが、私たちのモニタリング( Pingdom uptime monitoring service )によると、大量のトラフィックが絶え間なく押し寄せ、それが増加していく状況をハンドリングする Tumblr には、依然として問題が生じることもあるようだ。

That said, big congratulations to both services are in order. Both teams are bound to be working their collective rear ends off. Running a fast-growing service at this scale is challenging work.

この 2つのサービスは順調であり、また、祝福されるべきである。 それぞれのチームは、そこに集まった人々と、協調しながら進んでいく。 このスケールにおいて、急速に成長するサービスを実現することは、チャレンジングなことである。

Data sources: Tumblr and WordPress.com (Automattic).

ーーーーー

えぇ~~~。 こうして Agile_Cat がお世話になっている WordPress.com さんには、言っても、言っても、言い足りないほどの、祝福と感謝を表明したいと思います。 しかし、この Tumblr の成長を見ると、ちょっと複雑な気持ちになってしまいます。 すでにマイクロ・ブログは有名ですが、ライフ・ストリームというのは初めて聞きました。 世の中、変わっていくんですねぇ。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat 探偵団 – Twitter と Facebook からの参照数を比較する
Facebook の Sergy Brin アカウントは 本物なのか?
Happy Birthday Twitter – 5 歳になりました!
Twitter と Facebook の、人間関係すったもんだ


Comments Off on 祝! WordPress.com が 2000万ブログ・サイトに到達! でも、Tumblr が迫っている!

%d bloggers like this: