Agile Cat — in the cloud

TOKYO データセンター事情 1 – Equinix は経産省と協調してディーゼル燃料を優先的に入手する?

Posted in .Save Japan, Data Center Trends, Equinix, Telecom by Agile Cat on March 18, 2011

Japan May Prioritize Power for Data Centers
March 15th, 2011 : Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/03/15/japan-may-prioritize-power-for-data-centers/

_ DC Knowledge

Data center provider Equinix has arranged for priority deliveries of diesel fuel to ensure that its two data centers in Tokyo can continue operating through planned blackouts being implemented by the local utility Tokyo Electric Power. The colocation company said Tuesday that the Japanese government is working to ensure that data centers have power so that communications services remain available across the nation, which is coping with the effects of a magnitude 9 earthquake, a devastating tsunami and a nuclear emergency at damaged power plants.

データセンター・プロバイダーである Equinix は、TEPCO が実施する計画停電の間も、同社の 2つの Tokyo データセンターにおける継続した稼働を保証するために、ディーゼル燃料の優先的な入手を手配し終えた。この、コロケーション企業が火曜日に発表したところによると、データセンターへの電力供給を保証するために、日本政府は懸命に努力しており、マグニチュード 9.0 の地震および、破壊的な津波、そして原子力発電所における非常事態に、上手く対応している。

“Our two data centers in Tokyo are operating as normal,” said Kei Furuta, managing director, Equinix Japan. “There is no facility damage or operational impact since the earthquake happened. So far, we have not heard any news about earthquake damage or operational impact to any data center in Tokyo.”

「Tokyo の 2つのデータセンターは、普段どおりに機能している。 今回の地震が発生してからも、ファシリティに損害はなく、また、運用にも影響は生じていない。 これまでのところ、他社も含めて、Tokyo のデータセンターにおける被災と影響について、何のニュースも聞いていない」と、Equinix Japan の managing director である Kei Furuta は発言している。

imageWhile no data centers in Tokyo were damaged, their resiliency may be tested by a series of rolling blackouts being implemented by Tokyo Electric Power Co. (TEPCO) to cope with the loss of generating capacity at damaged nuclear plants in northern Japan. Over the weekend TEPCO announced plans to implement rolling blackouts to many cities in suburban Tokyo for three to six hours daily. The blackouts will require data centers to switch over to backup generators for extended periods of time. Access to diesel fuel to power the generators will be a key issues should the rolling blackouts persist. Equinix said it has arranged contracts that provide priority access to diesel fuel.

Tokyo のデータセンターは被災していないが、北日本の破損した原子力発電所により失われる電力供給量を穴埋めするために、TEPCO が実施する一連の計画停電により、その弾力性を試されることになるだろう。地震後の最初の週末に TEPCO が発表したのは、Tokyo 近郊の都市における、毎日 3時間~6時間の計画停電の実施である。 この停電により、一定期間におけるバックアップ発電機の利用が、それらのデータセンターに対して要求される。 そして、この計画停電の期間が長引くようなら、発電機に電力を供給するディーゼル燃料の入手が、とても重要な問題となってくる。したがって、ディーゼル燃料への優先的なアクセスが必要となり、そのために契約を修正したと、Equinix は発言している。

“The biggest concern at the moment is power disruption,” said Furuta. “We have fueled the generators at our Tokyo data centers to their full capacity, which will provide emergency backup power in the event of any power disruption. We have a priority contract with our fuel supply company. We are closely monitoring the situation, but depending on future status, they could have to prioritize among the priority contractors, or in an extreme case, the government may have to prioritize the national energy to the devastated area. We do not expect an issue for fuel in the short term, but the mid to long term future is always unknown.”

「 現時点における最大の関心事は、電力供給の停止である。 私たちは、Tokyo データセンターの発電機に燃料を供給したが、それは、あらゆる形態の停電においても、フル機能を実現するためのバックアップ電力のためのものである。 そして、石油会社から優先的な供給を受けるための契約を締結している。 この状況を詳細まで観察しているが、将来においては優先権の中での、さらなる有線権が必要なるかも知れない。そして、極端なケースでは、被災地に対し供給される、国が管理するエネルギーに優先権が与えられるかも知れない。短期的にも見れば、燃料の供給に問題が生じるとは思えないが、中長期的に未知の問題となる」と、Furuta は言う。

Significantly, Furuta said the government recognizes the important role played by data centers in keeping critical services operating in the aftermath of the disasters. “The government (Ministry of Economy, Trade and Industry) is working on prioritizing power and energy supply to data centers which are considered critical information and telecommunication, and we are working with them,” he said.

重要なサービスを提供するデータセンターは、震災後の混乱期においても重要な役割を担うと、日本政府は認識している。 「 経済産業省は、重要な情報を取り扱うと思われるデータセンターと、テレコムのためのデータセンターに、優先的に燃料を供給しようと努力している」と、彼は発言している。

ーーーーー

<関連>

災害から生命を守り、復興を支援するために、クラウド・リソースを活用しよう!
日本近海の、海底ケーブル損傷状況について by TeleGeography
米国メディアが見る、主要 TOKYO データセンターの状況
ありがとう Twitter! 災害時に発揮されたキミの実力をチャートで検証する

One Response

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 頑張れ Telehouse 仙台!● 日本脱出案を提供する Nirvanix● Equinix は経産省と協調してディーゼル燃料を優先的に入手する?● 米国メディアが見る、主要 TOKYO データセンターの状況● […]


Comments are closed.

%d bloggers like this: