Agile Cat — in the cloud

いったい誰が、クラウド版の iTunes を作れるのか? いや、作るべきなのか?

Posted in Apple, Entertainment by Agile Cat on January 23, 2011

Who Will Create iTunes for the Cloud?
By
Michael Wolf
Jan. 21, 2011, 10:30am PDT
http://gigaom.com/2011/01/21/who-will-create-itunes-for-the-cloud/

_ Gigaom

If you’re like me, your digital media life is messy. If I were to take inventory of where all my digital media resides, the list would include Flickr, Facebook, iTunes, Android, Netflix, YouTube, Picasa, Flipshare, Amazon, Kindle, iBooks, Windows PC, Mac, iPad and so on.

私のデジタル・メディア・ライフは混乱しているのだが、あなたも同じだろうか。 私にとっての、すべてのデジタル・メディアが置かれている場所を数えてみると、Flickr/Facebook/iTunes/Android/Netflix/YouTube/Picasa/Flipshare/Amazon/Kindle/iBooks/Windows PC/Mac/iPad などを含んだリストが出来上がってしまう。

Like I said, a mess.

先ほども言ったように、それは混乱である。

image

And while I’m an early adopter, I’m probably not very different from tens of millions of consumers who face digital media anarchy every day across the various screens, accounts and software populating their life.

それぞれにおいて、私はアーリー・アダプターであるが、無政府状態とも言えるデジタル・メディアに、日々直面している無数の消費者と、それほど異なる状況にあるとも思えない。つまり、私たちは、各種のスクリーン/アカウント/ソフトウェアの向こう側に、日々のデジタル・ライフを移動してしまったわけだ。

Apple is the first company to even come close to helping us manage this chaos, with iTunes. After it was first introduced a decade ago, the service became hugely popular partly because it was the first cohesive management tool for first music, then later other types of media.

Apple は、こうしたカオスを iTunes で改善しようと、私たちに言い寄ってきた最初の企業である。 10年前に iTunes が最初に導入されてからというもの、このサービスは、音楽のための管理ツールとして結合力があるという理由により、一部で人気を集めた後に、他のメディアにも対応してきた。

But iTunes has gotten flabby with age, and the creaking has gotten more noticeable lately as the cloud becomes more and more important for digital media storage. In a way, iTunes has become the Windows of consumer media management — dominant but a relic of a past era.

しかし、この iTunes も寄る年波には勝てず、また、デジタル・メディア・ストレージとして、これまで以上にクラウドが重視されるにつれて、その軋み音が目立ってきた。 ある意味、iTunes は、コンシューマ・メディア管理におけるWindows になってしまったのだ。 つまり、市場を占有してはいても、すでに過去の遺物となっている。

The bottom line is that consumers want their media storage simpler, not more complicated; the push of content upward into the cloud presents that opportunity, not just for  Apple, but for a handful of competitors as well. Proximity and control over content management and playback means a bigger stake in consumer purchase behavior (both for content itself and, in the case of Apple, the playback devices).  The bigger the stake, the more monetization through a direct storefront, affiliate/partner, or advertising.

ここで肝心なのは、消費者がもっとシンプルなメディア・ストレージを求めており、面倒なのはもうゴメンだと言っている点にある。つまり、コンテントをクラウドにプッシュしていくという状況において、Apple だけがビジネス・チャンスを持つのではなく、いくつかのコンペティターたちにも、それが等しく提供されているのだ。コンテント管理に近づき制御していくこと、そして、それらを再生することは、消費者の購入行動に大きく左右される(Apple の場合は。コンテンツ自身と、再生のためのデバイス)。  こうした依存性が、直販ストアや、アフェリエイト、パートナー、そして広告を通じて、大きな経済価値をもたらしている。

So who could — and should — create iTunes in the cloud?

いったい誰が、クラウド版の iTunes を作れるのか? いや、作るべきなのか?

Google. Google has already entered the e-book market, but its rumored music locker is perhaps the best indication of what a Google trans-media management service would look like: purchase, rights locker, playback and sharing. As with most things Google, any cross-media management service it offers will be tied back to a consumer’s single account, most likely Gmail.

Google. すでに Google は、電子ブック市場に参入している。 しかし、その Music Locker に関するウワサは、Purchase/Rights Locker/Playback/Sharing といった、Google のメディア横断型マネージメント・サービスを知る上で、最適な指標になるだろう。 その他の事柄と同様に、Google が提供するクロス・メディア・マネージメント・サービスは、Gmail と極めて似たかたちで、消費者のシングル・アカウントと、緊密に結び付けられるだろう。

Facebook. The social network behemoth is the world’s biggest digital photo site at this point,has payments, is device-agnostic and has growing platform ambitions. However, anything Facebook does will likely center on sharing and possibly purchase; it will likely leave the heavy lifting management to someone else.

Facebook. このソーシャル・ネットワークの巨人は、現時点における世界最大のデジタル写真サイトであり、また、ペイメント機能を持ち、デバイスを選ばないという、将来性のあるプラットフォームを有している。 しかし、 Facebook が注力するのは、共有と購入の中心として機能することであろう。したがって、大きな労力を必要とするマネージメントに関しては、他の誰かに任せることになる。

Amazon. Perhaps the biggest dark horse is Amazon. While the company is largely about purchases today, it’s shown with Kindle it can do a well-executed digital content management platform. Since the company clearly sees all forms of content as a big growth area, who’s to say it won’t eventually extend its reach beyond e-books and create an iTunes for the cloud?

Amazon. 最大のダークホースは、おそらく Amazon である。 現時点において、同社の主要な業務は購入に関連するものであるが、Kindle により示されたのは、きわめて適切に運用されるデジタル・コンテンツ管理プラットフォームである。同社が、大きく成長するエリアとして、あらゆる形態のコンテントを明確に認識して以来、Kindle が電子ブックを超えて範囲を拡大し、クラウドにおけるiTunes をもたらすと、大半の人々が思っているのではないだろうか?

Apple. But let’s be real. This is Apple’s race to lose, and all indications suggest that Cupertino is looking to revamp iTunes to the new reality of cloud-based media. The only question is whether another competitor with less baggage (and by baggage I mean installed base and proprietary hardware) will get there first.

Apple. ハッキリと、しておくべきことがる。 つまり、これは Apple にとって、何の利益もないレースである。しかし、すべての徴候が Cupertino に促しているのは、クラウド・ベースのメディアというの新しい現実へ向けて、iTunes を修正していくことである。 唯一の問題点は、その重要なポジションに最初に到達するのは、Apple になるのか、あるいは、引きずるものが少ない競争相手になるのかという点である(引きずるものとは、現時点のユーザーとプロプライエタリなハードウェアのことである)。

For more analysis of why owning the consumer media cloud is the new battleground for digital media, see my weekly update at GigaOM Pro (subscription required).

Image courtesy of: flickr user sjon

Related Content From GigaOM Pro (subscription required

ーーーーー

かなり辛口の記事ですが、こういうユニークな視点と、歯に衣を着せない論調は、読者にとって嬉しいですよね。 やはり、Gigaom からですが、以前に 『 歓迎すべきことに、Apple は制空権を失いつつある 』という記事を読んだ時には、デバイスでの強さとは裏腹の、バックエンドの脆弱性について考えさせられました。 それにしても、四つ巴による、かなりエキサイティングな展開が期待できそうですね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
Apple のクラウド戦略が明らかに?
Apple の巨大データセンター on Youtube
Apple はクラウド・プロバイダーになりたくないのか?
今朝の Apple iTunes Cloud 報道から(英語版ニュースを20本ほど)
ついに Apple も、Hadoop ユーザーになるようだ!

Tagged with: , , , , ,

Comments Off on いったい誰が、クラウド版の iTunes を作れるのか? いや、作るべきなのか?

%d bloggers like this: