Agile Cat — in the cloud

Rackspace と Akamai が、CDN サービスで提携

Posted in Network, OpenStack, Rackspace by Agile Cat on January 14, 2011

Rackspace Adds Akamai as CDN Partner
January 12th, 2011 : Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/01/12/rackspace-adds-akamai-as-cdn-partner/

_ DC Knowledge

Rackspace Hosting has struck a deal with Akamai Technologies to provide expanded content delivery ootions to its cloud computing customers, the company said today. Rackspace will resell Akamai’s web acceleration and cloud optimization services as part of its dedicated and cloud hosting portfolio.

今日(1/12)のことだが、Rackspace Hosting はクラウド・コンピューティングに対して、コンテント配達の選択肢を提供するために、Akamai Technologies と提携したと発表した。 Rackspace は、専用のクラウド・ホスティング・ポートフォリオの一部として、Akamai の Web アクセレーションとクラウド・オプティマイゼーションのサービスを再販することになる。

The agreement reflects Rackspace’s continuing focus on offering customers additional tools to manage complex web sites on its cloud platforms. Last month the San Antonio-based provider acquired CloudKick to enhance its cloud management tools.

この合意は、同社のクラウド・プラットフォーム上の複雑な Web サイトを管理するために、顧客が追加するツールにも対応するという、Rackspace の継続的な取り組みにも、影響をおよぼすものとなる。 先月のことだが、この San Antonio ベースのプロバイダは、自身のクラウド・マネージメント・ツールを強化するために、CloudKick を買収している。

Rackspace logo

“The next decade presents new opportunities for two industry leaders, Rackspace and Akamai, to better help customers succeed with their cloud strategies, especially around feature-rich content, SaaS applications, and dynamic websites,” said Lew Moorman, president, cloud and chief strategy officer for Rackspace. “Having independently served hundreds of Akamai’s customers, we are excited to streamline the customer experience on dedicated and cloud platforms with the leading cloud optimization services provider, all backed by our trademark Fanatical Support.”

『 これからの 10年の間に、業界を牽引する二社である Rackspace と Akamai に対して、新しいビジネスチャンスが訪れる。それは、顧客のクラウド戦略や、豊富な機能のコンテント、SaaS アプリケーション、動的な Web サイトなどを、成功に導くことで達成される。Akamai の何百という顧客に対して、個別にサービスを提供することで、私たちのトレードマークの Fanatical Support により支援される、最先端のクラウド・オプティマイゼーション・サービス・プロバイダを活用した、特化されたクラウド・プラットフォーム上で、顧客のエクスペリエンスを合理化できることに興奮している 』と、Rackspace の社長であり、cloud and chief strategy officer である Lew Moorman は発言している。

Services from Limelight Will Continue

Back in 2008 Rackspace (RAX) announced a similar arrangement with Limelight Networks (LLNW), Akamai’s leading competitor in the CDN sector. “We continue to use Limelight to help us provide our customers with a great service experience,” Rackspace said in a statement.

2008年の段階に話を戻すと、Rackspace(RAX)は Limelight Networks(LLNW)と同様の提携を行ったが、同社は CDN 領域における Akamai の最大の競争相手である。そして、『 私たちの顧客を、素晴らしいサービス・エクスペリエンスで支援している Limelight を使い続ける 』と、 Rackspace は発言している。

File:Akamai logo.svg

Rackspace said that integrating Akamai’s services into the Rackspace product portfolio addresses four common challenges for cloud customers: latency, availability, scalability and security. Akamai distributes customer content across 77,000 servers located in 71 countries.

Rackspace は、同社の製品ラインの中に Akamai サービスを統合することで、クラウドの顧客における4つの共通した課題に対処すると発言している。それらは、レイテンシー/可用性/スケーラビリティ/セキュリティである。 Akamai は、71ヶ国に配置された、77,000 台のサーバーのいたるところへ、顧客のコンテントを配信していく。

“This is a strategic relationship for Akamai and Rackspace aimed at helping our enterprise customers realize the full potential of cloud services from the data center to the end user,” said Willie Tejada, vice president, application and site acceleration for Akamai. “By combining two best-of-class solutions for application hosting and cloud acceleration, Rackspace customers can gain improved performance, security and reliability for their Web-based applications.”

『 この、Akamai と Rackspace における戦略的な提携により、データセンターからエンドユーザーにまでいたる、クラウド・サービスのフル・ポテンシャルをエンタープライズは具体化していく。アプリケーション・ホスティングとクラウド・アクセレーションという、2つのクラスのベスト・ソリューションを結合することで、Rackspace の顧客は、Web ベース・アプリケーションにおけるパフォーマンス/セキュリティ/信頼性を改善できる 』と、Akamai における application and site acceleration の VP である Willie Tejada は発言している。

The initiative will begin with Akamai’s content delivery services being integrated with Cloud Files, a Rackspace service that provides online storage for files and media. Rackspace said it plans to provide support on a range of Akamai services to be sold in conjunction with Rackspace dedicated and cloud hosting services beginning in the second quarter.

このイニシアティブは、Cloud Files と統合されている Akamai のコンテント配達サービスおよび、Rackspace におけるファイルとメディアのためのオンライン・ストレージから開始されるだろう。 Rackspace は、今年の第2四半期に、Rackspace のクラウド・ホスティング・サービスと組み合わせた、Akamai サービスのサポートを提供する計画だと、発言している。

ーーーーー

おそらく、Amazon/Google/Microsoft クラスになると、自前で CDN を整備しているはずなので、Akamai と RackSpace というか、OpenStack 勢との組み合わせというのは、これも時間の問題だったのだと思います。 今年も、こうした、ある種の垂直統合が、どんどんと進んでいくのでしょうね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
Akamai って、どんな会社なの?
Akamai が 3.45 TBits / 秒のピークを記録
Windows Azure CDN の価格が発表された
Windows Azure CDN で Blob も OK!
なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?
Amazon の Media Streaming – CloudFront
Streaming Media East 2010 Conference の速報
Apple はクラウド・プロバイダーになりたくないのか?

 

Tagged with: , , , ,

Comments Off on Rackspace と Akamai が、CDN サービスで提携

Amazon Elastic MapReduce のアップデート – 5TB オブジェクトにも対応

Posted in Amazon, Big Data, Hadoop by Agile Cat on January 14, 2011

Elastic MapReduce Updates – Hive, Multipart Upload, JDBC, Squirrel SQL
http://aws.typepad.com/aws/2011/01/elastic-mapreduce-updates-hive-multipart-upload-jdbc-squirrel-sql.html

Amazon

I have a number of Elastic MapReduce updates for you:

  • Support for S3’s Large Objects and Multipart Upload
  • Upgraded Hive Support
  • JDBC Drivers for Hive
  • A tutorial on the use of Squirrel SQL with Elastic MapReduce

Support for S3’s Large Objects and Multipart Upload

We recently introduced an important new feature for Amazon S3 — the ability to break a single object into chunks and to upload two or more of the chunks to S3 concurrently. Applications that make use of this feature enjoy quicker uploads with better error recovery and can upload objects up to 5 TB in size.

先日に紹介した、Amazon S3 の新しく重要な機能は、シングル・オブジェクトを複数のチャンクに切り分けた後に、それらを S3 へ向けて、コンカレントにアップロードするものである。 この方式を利用するアプリケーションは、これまでよりも優れたエラー・リカバリを用いて、5 TB までのオブジェクトを、迅速にアップロードできる。

Amazon Elastic MapReduce now supports this feature, but it is not enabled by default. Once it has been enabled, Elastic MapReduce can actually begin the upload process before the Hadoop task has finished. The combination of parallel uploads and an earlier start means that data-intensive applications will often finish more quickly.

この機能は、Amazon Elastic MapReduce でもサポートされているが、ディフォルの設定には入っていない。 ただし、それを ON にしておけば、Hadoop タスクが終了する前から、Elastic MapReduce によるアップロード・プロセスが開始される。そして、このパラレル・アップロードを、早めにスタートすることで、データ・インテンシブなアプリケーションは大半のケースにおいて、その処理を短時間で完了することになる。

big-hadoop-logo

In order to enable Multipart Upload to Amazon S3, you must add a new entry to your Hadoop configuration file. You can find complete information in the newest version of the Elastic MapReduce documentation. This feature is not enabled by default because your application becomes responsible for cleaning up after a failed upload. The AWS SDK for Java contains a helper method (AbortMultipartUploads) to simplify the cleanup process.

Amazon S3 へ向けた Multipart Upload を利用するためには、Hadoop コンフィグレーション・ファイルに対して、新しいエントリーを加える必要がある。詳細な情報に関しては、Elastic MapReduce documentation の最新バージョンで参照して欲しい。この機能は、アップロードが失敗した後のクリーニングを個々のアプリケーションに要求するため、ディフォルトでは OFF にされている。 このクリーニング・プロセスを簡単に処理するために、(AbortMultipartUploads) というヘルパー・メソッドが AWS SDK for Java に含まれている。

Upgraded Hive Support

You can now use Hive 0.7 with Elastic MapReduce. This version of Hive provides a number of new features including support for the HAVING clause, IN clause, and performance enhancements from local mode queries, improved column compression, and dynamic partitioning.

Hive 0.7 と Elastic MapReduce を組み合わせて、利用することが可能になった。 この Hive のバージョンでは、HAVING clause と IN clause のサポートが提供されるだけではなく、強化されたローカルモード・クエリーおよび、カラム圧縮、動的パーティショニングの改善などが実現されている。

You can also run versions 0.5 and 0.7 concurrently on the same cluster. You will need to use the Elastic MapReduce command-line tools to modify the default version of Hive for a particular job step.

なお、同一のクラスタ内で、Ver 0.5 と Ver 0.7 を、コンカレントに実行すること可能となっている。 特定のジョブ・ステップに関しては、Hive のデフォルト・バージョンを修正するために、Elastic MapReduce コマンドライン・ツールを使う必要が生じるだろう。

JDBC Drivers for Hive

We have released a set of JDBC drivers for Apache Hive that have been optimized for use with Elastic MapReduce. Separate builds of the drivers are available for versions 0.5 and 0.7 of Hive:

Apache Hive と組み合わせて用いる際に、Elastic MapReduce を最適化する JDBC ドライバーをリリースした。Hive の 0.5 と 0.7 に対応する、それぞれのビルドのドライバーが提供されている:

Squirrel SQL Tutorial

We have written a tutorial to show you how to use the open source Squirrel SQL client to connect to Elastic MapReduce using the new JDBC drivers. You will be able to query your data using a graphical query tool.

この新しいドライバーを用いる Elastic MapReduce と接続する、オープンソース Squirrel SQL client の用法を示す、tutorial を記述している。グラフィカルなクエリー・ツールを用いて、それぞれのデータをクエリーすることが可能となっている。

— Jeff;

ーーーーー

Amazon の素晴らしいところは、すべてにおいて、シッカリと整合性が取れていところです。 今回も、5TB の S3 シングル・オブジェクトをリリースしたら、その直後に Elastic MapReduce でも対応するといった、理にかなった戦略を見せつけてくれました。

ーーーーー

<関連>
実行中にノードを追加できる、新しい Elastic MapReduce とは?
Amazon S3 – 5 TB のシングル・オブジェクトは お好き?
Amazon EC2 で GPU を正しく使うために
GPGPU を用いたソートについて考える – James Hamilton

Comments Off on Amazon Elastic MapReduce のアップデート – 5TB オブジェクトにも対応

%d bloggers like this: