Agile Cat — in the cloud

Google が最新データセンターへの取り組みを再開!

Posted in Data Center Trends, Google by Agile Cat on October 18, 2010

Google’s Data Center Spending Soars
October 15th, 2010 : Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2010/10/15/googles-data-center-spending-soars/

_ DC Knowledge

Google’s data center spending soared in the third quarter of 2010, as the company reported capital expenditures of $757 million, the second-highest quarterly total in the company’s history. The only precedent for these spending levels is the first quarter of 2008, when Google (GOOG) was building three major data center projects in the U.S.

Google のデータセンター支出は、2010年の第3四半期において、同社が $757 million の資産計上をしたように、これまでで 2番目に最も高いレベルへと上昇した。 Google における最大の支出は、アメリカ国内に 3つの主要データセンターを構築していた、2008年の第1四半期である。

Google throttled back its capital spending after the economic meltdown gripped Wall Street in the third quarter of 2008. In 2009 the company’s quarterly CapEx spending ranged between $139 million and $263 per quarter. Google’s data center investment began to rise in the second quarter, when it spend $476 million on infrastructure.

経済の崩壊が Wall Street を襲った 2008年の第3四半期に、Google は設備投資を絞り込んだ。そして、2009年の各期における CapEx 出費を、$139 ~ $263 million の範囲に留めることになった。そして、今年の第2四半期に、インフラストラクチャに $476 million を費やしたた時から、Google のデータセンター投資は上昇し始めた。

The change in course can be clearly seen in this chart of Google’s historic capital expenditures:

こうした、Google における方針の変更は、その計上資産の履歴を見れば明らかになる:

Google CapEx

A capital expenditure is an investment in a long-term asset, typically physical assets such as buildings or machinery. Google says the majority of its capital investments are for IT infrastructure, including data centers, servers, and networking equipment. The company’s CapEx spending has closely tracked its data center construction projects, each of which requires between $200 million and $600 million in investment.

計上資産とは、一般的にはビルディングやマシンといった、長期的な投資による資産を指す。 Google における計上資産は、その大半が IT インフラストラクチャであり、そこには、データセンターや、サーバー、ネットワークなどの設備が含まれる。 また、同社の CapEx 出費は。そのデータセンター建設プロジェクトに同期しており、それぞれに対して、$200 ~ $600 million という金額が必要となる。

The company said it made some investments in infrastructure in the third quarter to prepare for the launch of Google Instant, the company’s new search mode that generates 5 to 7 times more results pages for most searches. “We did increase our back-end capacity, but we also pursued a variety of strategies to efficiently address the incredible demand from Google Instant,” Google’s Ben Gomes wrote in a blog postabout the back-end preparation for the Instant launch.

同社の説明によると、Google Instant を立ち上げるために、そのインフラストラクチャに対して、第3四半期に若干の投資が行われている。なお、Google Instant とは、同社の新しい検索モードのことであり、大半のケースにおいて、これまての 5~7 倍の検索結果を可能にするものである。 『 私たちは、バックエンド容量を増強しているが、Google Instant からの信じ難い要求に取り組むために、効率化に関する多様な戦略を追求している 』と、Insrant のバックエンドの立ち上げに関するブログ・ポストで、Google の Ben Gomes は記述している。

Google has not announced any new data center builds in the U.S. since June 2007, and has confirmed just one international project in Hamina, Finland. The surge in infrastructure investment over the past two quarters could mean that Google has commenced work on unannounced data center construction projects.

Google は、アメリカ国内における新規データセンターの構築については、2007年 6月以降は何も発表していないが、Finland の Hamina でのインターナショナル・プロジェクトについては、その存在を認めている。 これまでの、今年の 第1と第2の四半期にまたがるインフラストラクチャへの投資額の急上昇は、未発表のデータセンター・プロジェクトに、Google が着手したことを示しているのだろう。

Google has often sought to maintain secrecy about its data center development, but that approach has become harder to maintain as the company has taken advantage of tax incentives to reduce operational costs in recent builds. These economic development incentives typically require approvals from local and state officials, widening the circle of awareness of the projects, which often are given code names.

大半のケースにおいて、Google のデータセンター開発は秘密とされてきたが、その構築に関する税金優遇措置を利用するにつれて、こうしたアプローチの継続が難しくなってきた。 これらの経済発展のインセンティブは、地元や州の認可を必要とするのが一般であり、通常はコードネームで呼ばれるプロジェクトの認識が、結果的に輪を広げていくことになる。

Expanding Existing Sites?

Another possibility is that Google has begun to ramp up construction on additional phases of existing data center campuses. The company’s recent projects typically include plans for two and sometimes three data center structures in a single location.

もう1つは、Google が既存のデータセンター・キャンパスに対して、次のフェーズの構築を進めていくという可能性である。同社における最近のプロジェクトでは、2 ないし 3つのデータセンター構造を、シングル・ロケーションに取り込むことが通常となっている。

Google’s recent CapEx “breather” has been enabled by the company’s building boom in 2007-08, during which it announced major data center construction projects in Lenoir, North Carolina; Goose Creek, South Carolina; Pryor, Oklahoma and Council Bluffs, Iowa. In late 2008, Google announced that it would delay construction of the Oklahoma project.

最近の Google に見られる CapEx の 『一息』は、2007-08 年に同社がアナウンスした Lenoir, North Carolina ; Goose Creek, South Carolina ; Pryor, Oklahoma ; Council Bluffs, Iowa などでの大規模データセンター計画によりもたらされている。 2008 年の末には、 Oklahoma プロジェクトの推進が遅れると、Google は発表している。

ーーーーー

このところ、最新データセンターの話題となると、Yahoo!/Microsoft/Facebook の名前ばかりで、Google は一世代前という感じになっていました。 しかし、そろそろ容量も足りなくなりそうということで、新しい構築に取り組むようです。どのような斬新なアイデアを見せてくれるのかと、ワクワクしてしまいます。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Google が大規模データセンターをフィンランドに構築
年間で 30億円以上になる Google サーチの電気料金は、Instant の登場で跳ね上がるのか?
Google コンテナ・データセンターを Youtube で!
Google データセンターの水冷設備を Youtube で!

 

Windows Live Space を撤退するという Microsoft の声明

Posted in Microsoft by Agile Cat on October 18, 2010

WordPress.com and Windows Live partnering together and providing an upgrade for 30 million Windows Live Spaces customers

Sep 27
http://windowsteamblog.com/windows_live/b/windowslive/archive/2010/09/27/wordpress-com-and-windows-live-partnering-together-and-providing-an-upgrade-for-30-million-windows-live-spaces-customers.aspx

image

1780311a-bbfe-47ca-b615-207078a82799 by Dharmesh Mehta

Over the last few weeks, we’ve spent a good bit of time talking about our approach to partnering with the web, and as part of that, how we’re deeply integrating with the leading consumer services that you find most valuable. Earlier today, I had the opportunity to get on stage at TechCrunch Disrupt, and with Toni Schneider, CEO of Automattic (the parent company of WordPress.com), announce an exciting partnership between our companies.

私たちは、これまでの数週間において、Web と連携するアプローチについて、かなりの時間を費やして議論してきた。その一部として、ユーザーにとって最も価値のあるコンシューマ・サービスと、いかにして密接に統合できるかという方式も話し合われた。 今朝(9/27)のことだが、TechCrunch Disrupt のステージ上で Automattic(WordPress.com の親会社)の CEO である Toni Schneider と、エキサイティングなパートナーシップについて発表する機会を得た。

Providing a great blogging experience

As we looked at customers’ blogging needs and what different companies were providing, we were particularly  interested in what WordPress.com is doing. They have a host of impressive capabilities – from a scalable platform and leading spam protection, to great personalization and customization. WordPress powers over 8.5% of the web, is used on over 26 million sites, and WordPress.com is seen by over 250 million people every month. Not only that, Automattic is a company filled with great people focused on improving blogging experiences. So rather than having Windows Live invest in a competing blogging service, we decided the best thing we could do for our customers was to give them a great blogging solution through WordPress.com.

カスタマーのブログに対するニーズと、それを他社が提供しているという現実を考えるにつれて、とりわけ WordPress.com に、私たちの興味は集約されていった。WordPress は、スケーラブルなプラットフォームや最先端のスパム・プロテクションから、優れたパーソナライズやカスタマイズにいたるまで、たくさんの素晴らしい機能を有している。 WordPress は、Web 全体の 8.5% 以上にパワーを提供し、2,600 万以上のサイトで用いられ、2億5000万人以上の人々に毎月参照される。 それだけではなく、Automattic 社は、ブログ・エクスペリエンスを改善することにフォーカスする、優秀な人々により構成される企業である。 したがって、Windows Live に競争力のあるブログ・サービスを持たせるために投資するより、素晴らしいブログ・ソリューションを WordPress.com からカスタマーに提供することが、ベストであると判断した。

image

As we looked at how we brought Windows Live and WordPress.com together, there were three big things we wanted to deliver:

Windows Live と WordPress.com を結合する方式について、私たちは以下の 3つの項目を提供したいと考えた:

  • Giving existing Windows Live Spaces customers an easy upgrade of their blogging experience to WordPress.com
  • Letting anyone connect their WordPress.com blog to Messenger so their Messenger friends are updated when they publish a new post on WordPress.com
  • Allowing Windows Live customers to easily create new blogs on WordPress.com

 

  • 既存の Windows Live Spaces カスタマーが、そのブログ・エクスペリエンスを WordPress.com へ向けて、容易にアップグレードできるようにする。
  • 誰もが WordPress.com ブログを Messenger に接続できるようにする。 それにより、WordPress.com 上に新しいポストが発行されたときに、Messenger の友人たちに更新情報が伝わるようにする。
  • Windows Live Spaces カスタマーが、新しいブログを WordPress.com 上で、容易に作成できるようにする。
Upgrading a Windows Live Spaces blog to WordPress.com

There are 30 million people who are actively using Windows Live Spaces and have been eagerly awaiting the next set of new blogging features. For these customers, Windows Live and WordPress.com have worked together to build a simple way to move your blog posts, comments, and integrated photos right over to WordPress.com and start taking advantage of all their new features. And we’ll also redirect all your old Spaces URLs to your new blog, so you don’t lose any visitors along the way. If you want to get started today, just visit your existing Space and you’ll see a prompt like this:

3000 万人の人々が、Windows Live Spaces をアクティブに利用しており、新しいブログ作成に関する新しい機能をセットを待ち望んでいる。 それらのカスタマーのために、Windows Live と WordPress.com は、シンプルな運用方式を構築するために、共同で作業してきた。具体的には、それぞれのブログ・ポスト/コメント/写真などを、正確に WordPress.com へと移行させ、その先進的な機能を、容易に利用できるようなる。 そして、WordPress での新しいブログに対して、これまでのSpaces URL をリダイレクトするため、ビジターが戸惑うこともない。 すぐに移行を望むなら、既存の Space へ行き、以下のプロンプトを確認して欲しい:

249eadb4-1755-466f-93ab-daae0ef67789

If you’re not ready to migrate today, you can also choose to download your blog content, migrate later, or delete your Space. There’s more information posted online to help you with your options, and if you have additional questions on the migration, please visit the WordPress.com support center.

すぐに移行する準備ができていない場合には、ブログコンテントのダウンロードおよび、後の移行、Space の削除なども選択できる。 あなたの選択に合わせたヘルプにより、さらに詳細な情報がオンラインで提供されている。 そして、この移行に関する質問があるなら、WordPress.com サポート・センターを参照して欲しい。

Easily share with your Messenger friends

With Messenger Connect, any website can easily give their customers the ability to share updates with their Messenger friends, and WordPress.com has done exactly this.

Messenger Connect により、あらゆる Web サイトであっても、Messenger フレンドたちとのアップデートの共有が実現されるが、WordPress.com においても、この機能は正確に反映されている。

9d118600-13c7-4773-aa5d-b7e4f807e7ac

So, if you have a blog on WordPress.com, we know that one of the things that is likely important to you is the ability to share the blog with your friends. Of course, on WordPress.com, you can make the blog public and people can subscribe to the blog via RSS or you can just email a link to the site. But when you connect your Messenger account to WordPress.com, you can have new posts on your WordPress.com blog automatically send a notification for each new blog post to your Messenger friends’ feeds.

したがって、WordPress.com 上にブログを持つ場合であっても、あなたにとって重要な友人たちと、そのブログを共有できることを確認している。 もちろん、WordPress.com においても、パブリックなブログが可能であり、RSS によるサブスクライブや、メールによるサイト・リンクの提供が可能である。 それに加えて、Messenger アカウントを WordPress.com に接続する場合には、WordPress.com ブログにおける新しいポストにより、自動的な通知を Messenger フレンドたちに送信することも可能となる。

Windows Live customers getting started with a new blog

Starting today, when new Windows Live customers go to create a new blog on the web, we’ll help them create that new blog on WordPress.com. And when Windows Live Essentials 2011 releases later this fall, Windows Live Writer will also use WordPress.com as its default blogging solution.

Windows Live カスタマーが Web 上で新しいブログを作成するとき、それを WordPress.com 上で実現するための支援が今日から始まる。 さらに、今秋にリリースされる Windows Live Essentials 2011 では、Windows Live Writer が WordPress.com をデフォルトのブログ・ソリューションとしてサポートする。

3412fd42-ecdb-477e-b54f-267e075753b4

Windows Live and WordPress.com

We’re very excited to work with WordPress.com to give our shared customers a great experience that connects the fantastic blogging capabilities on WordPress.com with the leading communications and sharing services on Windows Live. We hope you enjoy this too, and we look forward to partnering with even more great services from around the web.

私たちは WordPress.com と協調していくことで、共有されたカスタマに対して、素晴らしいエクスペリエンスを提供できることを喜んでいる。 つまり、Windows Live 上の、先進的なコミュニケーションと共有サービスを、WordPress.com の素晴らしいブログ作成機能を接続できるようになる。 誰もが、さらに楽しめるようにと期待している。そして、Web に関連する素晴らしいサービスと、さらなるパートナーシップを組めるようにと望んでいる。

Dharmesh Mehta

Director, Windows Live Product Management

ーーーーー

う~ん。 ついに来るべきものが来た、、、という感じです。 実は、Agile_Cat 自身も、もとは Live Space で始まり、2009年 5月ころに WordPress に引越してきたという経緯があるので、なおさら感慨深いものがあります。

この話、実は先週に知人から教えてもらったのですが、Live Space がクローズの方向へ向かっているとは、まったく知りませんでしが。 そういえば、文中にあるとおり、新しい Live Writer では、既存のブログと接続するときのリストが、① WordPress 、② SharePoint、③ LiveSpace の順で並んでいたので、アレ? っと思ってはいたのですが・・・

Microsoft としても、適切な判断を下したと評価できることです。 ただ、もう少し早くても良かったことなのかもしれません。 なんせ、2009年 7月の Financial Analyst Meeting 資料には、すでに、その名前が無かったのですから。 ーーー A.C.

Comments Off on Windows Live Space を撤退するという Microsoft の声明

%d bloggers like this: