Agile Cat — in the cloud

モバイル・アプリの DL 数は 2020年には 2800億にいたる!そして、アジアの占有率は 60% だ!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on September 30, 2016
App Annie predicts worldwide app downloads to hit over 280 billion by 2020
Judith Balea – Sep 8, 2016
https://www.techinasia.com/app-annie-predicts-worldwide-app-downloads-hit-280-billion-2020
 
_ tech in asia
 
Imagine the day when you can order a pizza from Domino’s via a tweet or the Apple Watch, or the day you can just walk into Starbucks and add the song playing in the store to your Spotify.
 
イメージして欲しいのは、Twitter や Apple Watch からドミノ・ピザを注文する日がくることだ。さもなければ、スターバックスでコヒーを飲みながら、店内で提供されるサービスから、あなたの Spotify へミュージックを加えるような状況だ。
 
al-campa-tiatokyo2016App Annie’s Al Campa delivers a presentation during TIA Tokyo 2016. Photo credit: Tech in Asia / Michael Holmes.
 
That day may be coming sooner than later as brands worldwide aggressively adopt mobile apps to engage their customers, said Al Campa, chief marketing officer of App Annie, during a presentation at Tech in Asia Tokyo 2016.
 
そのような日常は、世界的なブランドが顧客を繋ぎ留めるものであり、積極的にモバイル・アプリを採用する以前に、意外と早くやってくるだろう。App Annie の CMO である Al Campa が、Tech in Asia Tokyo 2016 のプレゼンテーションで、そのような内容を語っていた。
 
In 2015, worldwide app downloads stood at 112 billion, with Asia accounting for around 50 percent of the tally, according to App Annie data revealed by Al. This year, the intelligence platform forecasts downloads to go up to 149 billion, and Asia will make up 81 billion – or more than half of that.
 
App Annie が集計した2015年のデータによると、グローバルでのアプリのダウンロード数は1120億であり、そのうちの 50% をアジアが占めているという。そして、今年は、このインテリジェントなプラットフォームにおける、ダウンロード数の予測は 1490億に届くが、その半分以上の 810億を、アジアが占めることになる。
 
The figures are projected to go even higher by 2020 – downloads by then will total 288 billion and Asia’s share will be 165 billion or almost 60 percent.
 
このチャートを見ると、アプリのダウンロード数は 2020年まで伸び続け、2880億に達すると予測されるが、その 60% にあたる 1650億が、アジアのマーケット規模となる。
 
 
app-annie-mobile-app-predictionClick to Large >>>
Source: App Annie
 
Yet downloads “are just the beginning,” noted Al. “If you want to monetize, you have to have good usage, you have to have good engagement with your customers, and retention.”
 
Al Campa は、「ダウンロードはビジネスの始まりに過ぎない。マネタイズが望みならば、ユーザー数を増やし、良好なエンゲージメントを、ユーザーとの間に築かなければならない」と指摘する。
 
App Annie, which started in Beijing, provides rich data and insights on apps to help companies make the right business decisions. It has worked with 94 of the top 100 app publishers and more than 700,000 app professionals globally.
 
北京で設立された App Annie は、ビジネスにおける適切な意思決定を支援するために、アプリに関する洞察と、大量のデータを提供している。同社は、グローバルにおける Top-100 アプリ・パブリッシャーや、70万人以上のアプリ・プロフェッショナルと協力してきた。
 
Al said apps are eating more and more of people’s time. “If you look at how much time we’ve spent on apps over the last two years, it’s grown over a 100 percent. This is because of the explosion in the number of devices and recent growths have come from India, Indonesia, and Vietnam.”
 
「アプリは、膨大な時間を人々に消費させる。それは、私たちも同じであり、それに費やす時間は、この 2年間で二倍になっている。背景にあるのは、爆発的に増えたデバイスの種類と、India/Indonesia/Vietnam などの急成長するマーケットだ」と述べている。
 
He said for every hour last year that people spent on their mobile devices, 51 minutes were spent in apps. That means people are spending less time in the mobile web. In the second quarter of this year, that number rose to 53 minutes of every hour, and it continues to increase, Al shared.
 
昨年の統計によると、モバイル・デバイスに費す、一人あたりの平均時間は 1時間だったが、そのうちの 51分がアプリで消費されている。つまり、モバイル・ブラウザに費やされる時間が、想像するより少ないことが分かってきた。そして、今年の Q2 には、モバイル・アプリでの消費時間は 53分に上昇し、その後も増加し続けている、と彼は述べている。
 
Subsequently, people are doing a lot more things on their devices rather than just play games. “Time spent in communication apps has grown by over 100 percent. Time spent in social apps, by 120 percent, and time spent in media and video apps has grown by over 200 percent.” “We also see apps evolving into new use areas,” he added.
 
人々がモバイル・デバイス上で行うことが、継続的に増えてきているが、単にゲームで遊ぶような用途を意味しているわけではない。コミュニケーション・アプリに費やされる時間は 100% 増であり、また、ソーシャル・アプリは 120% 増、そして、メディアやビデオのアプリは 200% 以上で成長している。しかし、新しいエリアにも、モバイル・アプリは展開され始めていると、Al Campa は述べている。
 
Companies initially used apps for sales and marketing, telling you about different products and services, but they’ve now moved to other verticals such as ticket buying, media streaming, and support services.
 
ユーザー企業は、セールスやマーケティングから、モバイル・アプリを使い始めたが、これまでとはことなるプロダクツやサービスにも、その範囲を広げ始めている。そして、いまでは、チケットの販売や、メディア・ストリーミング、サポート・サービスといった、基幹ビジネスでのモバイル・アプリの採用が始まっているのだ。
 
Banking is one really interesting area, according to Al. In Europe, for example, the number of sessions in the top 10 banking apps has grown dramatically.
 
Al Campa によると、とても興味深い領域としてバンキングがあるようだ。たとえば、ヨーロッパでは、Top-10 の銀行において、処理数が飛躍的に成長している。
 
“What’s going on here is that banks have realized banking through mobile device is popular among people under the age of 25. If they can convince people to use mobile phones to bank, it means they need less ATMs, less branches, and less workers – which means huge cost savings for these banks,” he explained.
 
彼は、「この領域で注目すべきは、モバイル・デバイスによるバンキングが推進され、25歳未満の人々の間で人気を博しているという現実である。つまり、一般消費者が、納得してモバイル・デバイスを使うようになれば、ATM の台数や店舗数が削減され、また、従業員も削減されることになる。そして、それらの銀行は、大幅なコスト削減を達成することになる」と述べている。
 
That’s not all. Banks are also facing rising competition from fintech startups – many of which are mobile-only. These startups are trying to disrupt banking services so the incumbents are playing catch-up.
 
しかし、それだけが全てというわけではない。すべてをモバイル・オンリーで攻めてくる、フィンテック・スタートアップたちとの競争に、それらの銀行は直面しているのだ。こうしたスタートアップが、バンキング・サービスに挑戦してくるため、既存勢力も対抗せざるを得ないのだ。
 
Apart from banking, other sectors that have seen dramatic growth in app usage are fast-food restaurants and retail, Al said.
 
バンキングはさておき、モバイル・アプリの使用状況において、劇的な成長を目の当たりにしてきた業界として、ファースト・フード・レストランやリテールがあると、彼は付け加えている。
 
ーーーーー
On Mondayタイトルには、2020年の 2800億という数字が踊っていますが、文中にもあるように、すでに 2015年の時点で、グローバルでのアプリのダウンロード数は 1120億であり、そのうちの 50% をアジアが占めているようです。そして、今年のダウンロード数は 1490億に届き、その半分以上の 810億を、アジアが占めることになると予測されています。このアプリのダウンロード数は、モバイルの浸透度を測る重要な数値であり、何年も前から言われてきた、アジア市場の爆発的な成長が、本物であることが証明されていますね。頑張れアジアです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート
なぜ Google Fiber は期待されるのか? 各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!
Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!
欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!
Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!
 

Comments Off on モバイル・アプリの DL 数は 2020年には 2800億にいたる!そして、アジアの占有率は 60% だ!

Google の人工知能は、クラウドを制覇する武器になり得るのか?

Posted in .Selected, AI ML, Amazon, Google, IBM, Microsoft by agilecat.cloud on September 27, 2016
Google Uses AI to Lure New Cloud Customers
By Jack Nicas – July 20, 2016
http://www.wsj.com/articles/google-uses-ai-to-lure-new-cloud-customers-1469030402
 
_ WSJ
 
Google is pitching its artificial-intelligence software to commercial customers in a bid to catch rivals in the increasingly lucrative business of renting its computer servers to other companies.
 
Google は、商用で同社のサービスを利用するユーザーに対して、人工知能ソフトウェアを投入しようとしている。つまり、ビジネスでライバルに勝つためには、他社からコンピュータ・サーバーを借りるよりも、Google を選ぶほうが有利になると示唆しているのだ。
 
The Alphabet Inc. unit has fallen behind competitors Amazon.com Inc. and Microsoft Corp. in so-called cloud computing, a rapidly growing business in which tech firms host other companies’ digital businesses on their servers. Forrester Research estimates roughly $10.8 billion in cloud revenues for Amazon this year, $10.1 billion for Microsoft and $3.9 billion for Google.
 
この Alphabet 傘下の企業は、いわゆるクラウド・コンピューティングの世界では、コンペティタである Amazon と Microsoft の影に隠れている。そして、それらのクラウド・プロバイダーたちがホストするサーバー上で、数多くのハイテク産業が、それぞれのデジタル・ビジネスを急速に成長させている。Forrester Research が概算するクラウド収益によると、今年の Amazon は $10.8 billion であり、また、Microsoft は $10.1 billion であるが、Google は $3.9 billion に過ぎない。
 
deep_dreamscopeWikipedia
 
Google is making a renewed push into the cloud business, where it spent much of its $10 billion in capital expenditures last year to build new data centers and tapped Diane Greene, a high-profile Silicon Valley executive, to run the business.
 
Google は、そのクラウド・ビジネスを再構築するために、昨年は新たなデータセンターに $10 billion 以上を投資し、また、Silicon Valley で名の通っている Diane Greene を採用している。
 
A core part of Google’s cloud strategy is artificial intelligence. Wednesday, Google said it would start letting cloud customers tap into two software programs it has used internally to draw meaning from text and convert speech to text. The programs use so-called machine learning, a rapidly accelerating technology that enables computers to make inferences based on data they previously had analyzed.
 
Google のクラウド戦略のコアには、人工知能が座る。Google は 7月20日に、音声をテキストを変換し、テキストから意味を抽出するという、2つのソフトウェア・プログラムを顧客に提供すると述べている。このプログラムは機械学習と呼ばれるものであり、以前に分析したデータに基づいた推論を行い、コンピュータのテクノロジーを急速に加速させるものである。
 
Google said, for example, that clients could use the programs to analyze customer reviews or social-media posts and to automatically transcribe customer-service calls for large-scale analysis. Google also offers programs that translate text and understand images, including the ability to flag pornography and detect emotions from facial expressions.
 
Google の説明によると、このプログタムを利用するユーザーは、カスタマーレビューやソーシャル・メディア・ポストの分析が可能となり、顧客へのサービス・コールを大規模な解析をベースにして、実施することなどが可能になるという。さらに Google は、テキストを翻訳とイメージの認識に関するプログラムを追加していくという。それらにより、たとえばポルノの排除や、人々の表情から感情を検出する能力などが備わっていくようだ。
 
Many tech executives and computer scientists expect artificial intelligence to help transform businesses over the next several years, unlocking new insights from the reams of data companies collect. Analysts expect artificial-intelligence programs to play a growing role in cloud offerings from Amazon, Microsoft, Google and others.
 
ハイテク産業の経営者たちや、コンピュータを研究する科学者の多くが、人工知能によりユーザー企業に蓄積された膨大なデータを解析することで、これから数年でビジネスの変革が進むと期待している。また、アナリストたちは、Amazon/Microsoft/Google などが提供するクラウドにおいて、人工知能の役割が重要になると予測している。
 
Google says its machine-learning programs that convert speech to text, translate it and interpret it have helped one large customer analyze more than two billion minutes of customer-service calls to understand when customers end calls satisfied and when they don’t.
 
Google の説明によると、音声からテキストに変換し、その意味を引き出すプログラムは、すでに顧客のビジネスに役立っているという。ある大手のユーザー企業は、300万時間にもおよぶサービス・コールの内容を分析し、それぞれの顧客が対応に満足しているか、あるいは、不満を持っているのかを、解析しているという。
 
“That’s been an intractable, unsolvable problem,” said Rob Craft, a Google product manager for machine learning.
 
Google の PM of Machine Learning である Rob Craft は、「そこには、手に負えない問題や、解決策の見つからない問題がある」と述べている。
 
Analysts said Amazon, Microsoft and International Business Machines Corp. all offer machine-learning programs that are similar to Google’s with their cloud services.
 
また、アナリストたちは、Amazon/Microsoft/IBM のクラウド・サービスでも、Google と似たような機械学習のプログラムが提供されていると発言している。
 
Google’s machine-learning offering “is great stuff, and it’s finally packaged in a way that developers really want,” Forrester Research principal analyst John Rymer said. “But they’re not alone.…And (Amazon) and Microsoft are far ahead.”
 
Forrester Research の Principal Analyst である John Rymer は、「Google の機械学習プロダクツは素晴らしいものであり、また、究極のパッケージであり、開発者がのむものである。しかし、それを極めようとするのは Google だけではなく、Amazon や Microsoft は、はるか先を進んでいる」と述べている。
 
Microsoft has promoted machine-learning programs as a selling point of its cloud business since last year, including programs that recognize faces and make predictions, said Joseph Sirosh, vice president of Microsoft’s data group. Mr. Sirosh said Microsoft helped the public-school system in Tacoma, Wash., use its data to predict student dropouts and helped Dartmouth—Hitchcock Medical Center in Lebanon, N.H., predict illnesses for certain patients.
 
昨年から Microsoft は、クラウド・ビジネスのセールス・ポイントとして、機械学習プログラムを推進してきた。そこには、顔の認識や、さまざまな予測のためのプログラムが含まれると、Microsoft の VP of Data Group である Joseph Sirosh は述べている。また、Sirosh は、Tacoma, Wash の公立学校で、学生のドロップ・アウトを予測するために、データを活用しているという。そして、 Lebanon, N.H の Dartmouth—Hitchcock Medical Centre では、特定の病気の予測を支援しているという。
 
The tech companies make money from the services by charging a fraction of a cent for every request of the technology. For Google’s image-recognition function released several months ago, “one or two customers using it trillions of times turns it into a lovely revenue stream,” Mr. Craft said.
 
テック・カンパニーたちは、すべての要求されるテクノロジーに対して、数セントという少額を課金するサービスから、収益をあげている。Google の Craft は、「私たちのイメージ認識の機能は、数ヶ月前にリリースされているが、数社の顧客が膨大な時間を費やしてくれるなら、とても素敵な収入源になると」述べている。
 
Read More
 
ーーーーー
google-55aGoogle Now や Siri や Cortana や Echo に代表される、人間が発する言葉を理解し、それに対する回答やアドバイスを提供するというサービスが、パブリック・クラウドを成功させるための、大きな要因となっていくのでしょうか? そして、AiphaGO で世界を驚かさせた Google は、それを武器にして、Amazon や Microsoft に追いついていけるのでしょうか? 誰もが気になっている、クラウドと人工知能/機械学習の関連性を指摘する記事です。この種のテクノロジーは、ユーザーに対して新しいサービスを提供するだけではなく、ネットワークの管理や、是キュリティの強化という面でも、クラウドを支えていくことになるでしょう。コストの削減から始まり、いまではビジネス・アジリティの推進を担っているクラウドですが、そこに新たな差別化の要因が加わりそうな感じですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft が Genee を買収:その AI が Office 365 を変えていく?
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!
Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!
サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう
 

Comments Off on Google の人工知能は、クラウドを制覇する武器になり得るのか?

IoT の調査: 賢いメーターとグリッドで、米国は電力ビジネスを再構築していくのか?

Posted in Energy, IoT, On Monday by agilecat.cloud on September 26, 2016
Internet of Things (IoT): Rapid Deployment of New and Existing Replacement Sensors Drive Smart Meter Market
By Dick Weisinger
September 23rd, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-rapid-deployment-of-new-and-existing-replacement-sensors-drive-smart-meter-market/
_ formtek
Deployment of smart meters is growing quickly.  Hundreds of millions of them have been deployed globally.  In the US there are more than 60 million smart metersEstimates are that more than one billion smart meter data points are logged every day.  The meter data management and analytics market is expected to total  from 2015 to 2024, according to a study by Navigant Research.  IDC estimates that by 2025 that 152,000 devices will connect to the network every minute.
 
グローバルにおけるスマート・メーターの展開が、億単位で急速に進んでいる。そして US では、現時点で 6000万個以上のスマート・メーターが展開されている。さらに言うなら、スマート・メーターから得られる、一日あたりの詳細なデータは、10億に達したと予測されている。Navigant Research の調査によると、2024年に2015年にかけて、全体的なメーター・データの管理/分析マーケットは、$10.3 billion に届いていると推測されている。また IDC は、2025年の時点において、毎分ごとに 152,000 個のデバイスがネットワークに接続されると推定している。
 
chagall_1Stuart Ravens, principal analyst, energy and sustainability technology with Ovum, said that “at the moment we could have a meter reading every year. With smart meters, if they read every half hour, that’s 17,500 meter readings a year. When we talk about ‘exponential’ growth of data, that is really exponential. And that is just considering the billing side.”
 
電力の継続的な供給について研究する、Ovum の主席アナリストである Stuart Ravens は、電力を継続的に供給していくテクノロジーとして、私たちは、この数年でスマート・メーターを手にすることになった。それらのメーターから、さまざまなデータを30分ずつ抽出すると、年間で 17,500個のメーターにしか対応できないことになる。この種のデータは、まさに指数関数的に成長に成長している。したがって、いまは課金という面だけを検討していることになる」と述べている
 
The increase in smart meter spending is being driven from two factors:
 
スマート・メーターを促進する要素として、以下の 2つの項目があげられる。
 
  • Sensor replacement of sensors deployed a decade previous with more advanced and capable technology.
  • The use of distributed energy resources (DER) on the edge of the utility grid.
 
  • この 10年におけるセンサーの置き換えにより、以前と比べて先進的なテクノロジーが利用できるようになった。
  • 送電網のエッジにおいて、Distributed Energy Resources (DER) が利用できるようになった。
 
Lauren Callaway, research analyst with Navigant Research , said that “there is a growing emphasis on converging data from external sources for the purpose of more advanced, predictive analytics. This has supported developments in MDA (Model Driven Architecture) technologies that have the capability of dealing with differently structured forms of data, generating prescriptive and predictive insights.”
 
Navigate Research で調査と分析に携わる Lauren Callaway は、「より高度な予測分析のために、外部のデータ・ソースを集約するという手法が、大きく成長している。そこで用いられるのは、MDA (Model Driven Architecture) というテクノロジーである。それにより、規範的な予測と洞察のためのデータを、複数のデータ・フォーマットから集約することが可能となっている」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayいまの日本は、もんじゅの廃炉で大騒ぎですが、米国ではスマート・メーターを活用する、スマート・グリッドの議論が進んでいるようですね。少数の大規模発電施設で、大量の電力を生成するという発想から、多種多様な発電敷設を、消費に応じて効率よく接続していく方向へと、すでに論点がシフトしているようにも思えます。たとえば、Bloom Energy のようなオンサイト発電を用いて、交通網や医療機関などのクリティカルな分野をカバーしながら、送電網を賢くしていくという流れのほうが、未来があると思えるのですが、日本はどうするのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
File Sharing の調査: クラウド・ファイル共有は、エンタープライズの安全性を満たさない
Mobile and IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
SaaS の調査: このマーケットの売上は、$12 B から、2024年の $50 B に成長していく
SaaS の調査:スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している
 

Comments Off on IoT の調査: 賢いメーターとグリッドで、米国は電力ビジネスを再構築していくのか?

File Sharing の調査: 大半のクラウド・ファイル共有は、エンタープライズ・レベルの安全性を満たしていない

Posted in Enterprise Social, On Monday, Security by agilecat.cloud on September 19, 2016
File Sharing: Most Enterprise Cloud Based Applications Lack Strong Security
Dick Weisinger – September 14th, 2016
http://formtek.com/blog/file-sharing-most-enterprise-cloud-based-applications-lack-strong-security/
_ formtek
Most enterprise cloud-based applications have weak security, according to a new report by Blue Coat.
 
Blue Coat の最新レポートによると、大半のエンタープライズ・クラウド・ベースのアプリケーションは、セキュリティに脆弱性を抱えているようだ。
 
sisley_8The report looked at 15,000 different enterprise cloud applications and 108 million enterprise document.  The following are some of the findings from the study:
 
このレポートでは、15,000種類のエンタープライズ・クラウド・アプリケーションおよび、1,08 億のエンタープライズ・ドキュメントが調査の対象となっている。そして、この調査からは、以下の項目が調べ上げられている。
 
  • Enterprises use about 20 times the number of cloud applications than what they estimate
  • 12 percent of the documents examined in the survey contained regulated or confidential information, like source code and legal information
  • 71 percent of applications don’t use multi-factor authentication
  • 11 percent of enterprise cloud applications have not been updated to defend against well-known exploits like FREAK, Logjam, Heartbleed, Poodle SSLv3, Poodle TLS, and CRIME
 
  • エンタープライズで使用されているクラウド・アプリケーションは、各社が推定した量の約 20倍に達している。
  • この調査で調べたドキュメントの 12% には、ソースコードや法務の情報といった、機密情報が含まれている。
  • 使用されているアプリケーションの 71% において、マルチ・ファクター認証が使用されていない。
  • エンタープライズ・クラウド・アプリケーションの 11% は、著名な攻撃方法である FREAK/Logjam/Heartbleed/Poodle SSLv3/Poodle TLS/CRIME などを、防御するためのアップデートが施されていない。
 
Michael Fey, Blue Coat president and chief operating officer, said that “the new era of cloud usage brings with it a host of benefits, but can also be a significant challenge for security teams, as the expansion of the attack surface grows along the three dimensions of devices, networks and applications… Adopting new cloud applications can increase a business’s productivity and enable organisations to become more agile, but with rapid migration to the cloud comes a significant number of security and regulation challenge.  An effective and comprehensive security solution must provide granular visibility and control over cloud apps and meet new cloud security regulations like the EU’s GDPR to qualify as enterprise-grade for organisations doing business in the cloud.”
 
Blue Coat の President and COO である Michael Fey は、「クラウドの活用が、新しい時代に入ったことで、大きなメリットが生じている。しかし、デバイス/ネットワーク/アプリケーションという、三種類の側面で攻撃が増大するにつれて、セキュリティ・チームには大きな課題がのしかかっている。新しいクラウド・アプリケーションを採用することで、ビジネスの生産性は高まり、組織はアジャイルになってきたが、セキュリティやルールという面での問題が、クラウドへの急速な移行により増大している。包括性のある効果的なセキュリティ・ソリューションにより、クラウド・アプリの細部を可視化し、コントロールすることが必要になってきている。そして、クラウドでビジネスを実践する組織のための、エンタープライズ・グレードを認定する EU の GDPR ような、新しいクラウド・セキュリティの規則を満たす必要がある」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayエンタープライズにおけるクラウド・ファイル共有が、あっと言う間に広まったようです。 たしかに、便利であり、効率も上がる、クラウド・ファイル共有ですが、それらを狙うサイバー・アタックも増大していくと予測されます。エンタープライズ自身が推定しているクラウド・アプリケーションの 20倍が、実際に利用されているという現実に、このマーケットの将来性と脆弱性が同居している感じがしますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Mobile and IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
SaaS の調査: このマーケットの売上は、$12 B から、2024年の $50 B に成長していく
SaaS の調査:スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している
Cloud の調査:データセンターの電力消費量は、どのように推移していくのか?
 

Comments Off on File Sharing の調査: 大半のクラウド・ファイル共有は、エンタープライズ・レベルの安全性を満たしていない

イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on September 14, 2016
70% of IoT adopters in APAC realize significant ROI on IoT investments
By Networks Asia staff – September 12, 2016 – 22:14
http://www.networksasia.net/article/70-iot-adopters-apac-realize-significant-roi-iot-investments.1473689668
 
_Network Asia
 
A majority (70%) of IoT adopters in Asia-Pacific have seen significant return on their IoT investment, compared to 63% globally, and 61% of Asia-Pacific companies are using IoT to support large-scale business transformation, according to Vodafone’s fourth annual ‘Internet of Things (IoT) Barometer Report.
 
Vodafone が提供する、4年目の Internet of Things (IoT) Barometer Report によると、Asia-Pacific で IoT を採用している企業は、投資額の 70% にも達する利益を得ており、グローバルでの 63% を上回っている。また、Asia-Pacific で IoT に取り組む企業が、大規模なビジネスの変革をサポートしているケースは、61% に達している。
 
iot-asiaKeiichi Matsuda
Vimeo
 
For businesses in Asia-Pacific – Australia, China, India, South Korea and Japan – IoT remains a top business focus, as 84% of companies view IoT as critical for the future success of their organization. As a result, companies are focusing on how they invest in IoT, rather than whether they should. In fact, 96% of survey respondents in the region have increased their IoT spend in the past 12 months with 52% planning to launch new connected solutions in the next 12 months.
 
Australia/China/India/South Korea/Japan といった Asia-Pcific 諸国では、企業にとって IoT がトップ・クラスのビジネス・フォーカスとなっている。そして、企業の 84% が、組織の将来において、IoT が成功を導くとしている。結果として、それらの企業は必然性に迫られてというより、どのように IoT に投資していくのかという点に注力している。実際のところ、この地域における回答者の 96% は、これまでの 12ヶ月で IoT への投資を増額し、また 52% は、これからの 12ヶ月で新しいコネクション・ソリューションを立ち上げると述べている。
 
Additionally, 68% of companies have consistently given employees access to IoT data on their mobile devices, a factor in the 51% of adopters in Asia-Pacific who have seen increased staff productivity as a result of implementing IoT.
 
さらに、それらの企業の 68% において、従業員たちは自身のモバイル・デバイス上から IoT データへのアクセスを増やしている。そして、Asia-Pacific で IoT を採用した企業の 51% が、スタッフの生産性向上を確認していると述べている。
 
The Vodafone IoT Barometer also found that companies in Asia-Pacific are creating new ecosystems through IoT – almost a third of IoT adopters are using the technology to connect multiple organizations and/or industries.
 
この Vodafone IoT Barometer では、Asia-Pacific の企業が IoT を介して、新しいエコシステムを構築することが分かった。つまり、IoT を採用した企業の 1/3 ほどが、複数の組織や業種との接続を果たしているのだ。
 
Vodafone’s Head of IoT for Asia-Pacific, Justin Nelson stated, “This year’s report shows that we’ve moved from simply adopting Internet of Things technologies towards realizing the true business value that IoT can bring to organizations. Whether it’s connected supply chains for manufacturers, remote monitoring and control of industrial machines, or a connected health proposition, businesses are seeing significant results from their IoT deployments, changing the way they do business, and even facilitating new partnerships to serve customers in new ways.”
 
Vodafone の Head of IoT for Asia-Pacific である Justin Nelson は、「今年のレポートで示されたのは、単に IoT を採用するというレベルから、組織にビジネスをもたらすレベルへと、移行が進んでいることである。産業におけるサプライ・チェーンの接続や、産業機械のリモートからの監視・制御、そしてヘルスケアという分野においても、IoT を展開している企業は、大きな成果を確認している。その結果として、ビジネスの方式が変化し、新たな顧客サービスを提供するための、新しいパートナーシップが促進されている」と述べている。
 
Important component
 
On a global level, it is clear organizations treat IoT as an important component of their IT commitment. IoT is now attracting a greater share of overall IT spending as it accounts for 24% of the average IT budget – equivalent to IT spending around cloud computing or data analytics.
 
グローバル・レベルで明らかなのは、IT を促進する企業が、IoT を重要な構成要素として捉えていることだ。IoT に費やされる予算は、大きな比率に達しており、平均的な IT 予算の 24% を占めるに至っている。この比率は、クラウド・コンピューティングやデータ分析と、同等のレベンに達している。
 
A little more than half (56%) of organizations have integrated IoT data into their existing core business systems such as ERP, cloud hosting platforms, analytics tools, and mobile applications.
 
また、それらの組織の半分以上(56%)が、ERP/クラウド・プラットフォーム/分析ツール/モバイル・アプリといった、既存のコア・ビジネス・システムに IoT データを統合している。
 
This year’s research also revealed that IoT is playing a major role in helping companies redefine their business in order to meet the rapidly changing demands of today’s customers. For example, IoT data is informing business strategy in new ways, as 64% of businesses consistently use big data and analytics platforms to support decision-making.
 
今年の調査では明らかになったのは、急速に変化する顧客の要求を満たすために、ビジネスを再定義していく企業にとって、IoT が大きな役割を果たしていることだ。たとえば、意思決定をサポートするために、64% の企業がビッグデータと分析のプラットフォームを用いるように、IoT データは新しい方式でビジネス戦略を告げるものである。
 
Additionally, 48% of companies globally are using IoT to support large scale business transformations such as helping to change a manufacturing business into a service company.
 
さらに、グローバルで IoT を活用している企業の 48% が、製造業からサービス業への転身のような、大規模なビジネス・トランスフォーメーションを推進している。
 
ーーーーー
IoTとても嬉しくなるトピックですね。IoT への取り組みではなく、相対的な収益性で、アジアが世界をリードしているわけですが、どのような理由があるのでしょう。いろいろな意味で、伸びしろが大きいアジア市場ですが、その将来性が IoT ビジネスにも現れているのでしょうか? この Vodafone レポートをダウンロードましたので、時間のあるときに、ゆっくりと読んでみたいと思います。なんらかの背景が見えてくることを期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
 

Comments Off on イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

iOS の App Store はゴミだらけ? ついに Apple が大掃除を決断!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on September 13, 2016
Apple’s App Store purge is long overdue — here’s why
Jeff Dunn – Sep. 2, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-app-store-new-policy-remove-old-apps-2016-9
 
_ Statista
 
Apple’s ready to cleanse the App Store. The iPhone maker on Thursday announced that it will soon start to remove apps that “no longer function as intended, don’t follow current review guidelines, or outdated.” In other words, it’s taking out the trash.
 
Apple は、App Store の大掃除の準備を整えている。9月1日のことだが、この iPhone のメーカーは、「もはや意図したとおりに機能していない」、「現在のレビューガイドライン従っていない」、「すでに時代遅れになっている」アプリを、削除し始めることになると発表した。言い換えるなら、ゴミを捨てる作業である。
 
zombie_apps_biClick to Large >>> 
 
Statista
 
This chart from Statista should show why Apple feels compelled to make such a move. Citing data from app analytics firm Adjust, it shows that the number of “zombie” apps — i.e., ones that can only be found by directly searching for them — in the App Store has risen astronomically over the past three years. This year, those invisible apps make up about 90% of the Store as a whole. Getting rid of those should please users and developers alike.
 
この Statista によるチャートは、Apple の行動が必然だと感じられる理由が示されている。アプリ分析会社である Adjust のデータが引用すると、ダイレクトな検索だけにより見つかる、膨大な数のゾンビ・アプリが見えてくる。App Store では、そのようなアプリが、この 3年間で天文学的に増大しているのだ。そして、2016年の時点では、それらの、ユーザーに相手にされないアプリが、全体の 90% ほどを占めている。今回の Apple の表明は、ユーザーとデベロッパーにとって、好ましいものとなるだろう。
 
ーーーーー
appleiPhone と Android が競い合っていたころは、それぞれのプラットフォーム上に提供されるアプリの数も、人気を計る指標となっていましたが、もはや、そのような時期も過ぎたのでしょう。この、Apple の大掃除は、理にかなった行動だと思います。Google Play も、同じように整理して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on iOS の App Store はゴミだらけ? ついに Apple が大掃除を決断!

Mobile and IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す

Posted in .Chronicle, IoT, On Monday, Research by agilecat.cloud on September 12, 2016
Mobile and IoT: Number of Connected Sensors and Devices to Surpass Number of Mobile Devices in 2018
Dick Weisinger – September 1st, 2016
http://formtek.com/blog/mobile-and-iot-number-of-connected-sensors-and-devices-to-surpass-number-of-mobile-devices-in-2018/
_ formtek
The number of Internet of Things (IoT) sensors and devices is expected to exceed the number of mobile devices by 2018, according to a report on mobile devices from Ericsson.  IoT connected devices include cars, machines, utility meters, remote metering and consumer electronics and wearable devices.  The number of deployed sensors and devices is growing at an annual rate of 23 percent and that there will globally be 16 billion by 2021.
 
Ericsson がまとめたモバイル・デバイスに関するレポートによると、IoT に用いられるセンサーおよびデバイスの数が、2018年までにはモバイル・デバイスの数を超えるようだ。ここで言う、IoT 接続デバイスには、自動車や機械類に加えて、電気や水道などの公共メーターや、各種のリモート計測器、そして、家電やウェアラブル・デバイスなどが含まれる。そのようなフィールドに配備されるセンサーとデバイスの数は、年率で 23% の勢いで成長しており、グローバルにおいて、2021年までには 160億個に到達するとされる。
 
ericsson-mobility-report-2016 Click to Large
 
Part of the reason for the rapid growth is because prices for device and sensor costs is rapidly dropping.  An acceleration is expected to happen in 2020 with the introduction of 5G networks that will include additional capabilities like network slicing that will help increase network capacity beyond what is capable today.
 
デバイスやセンサーのコストが急速に低下していることも、この急速な成長の背景にある。そして、2020年に始まるとされる、5G ネットワークの導入により、さらなる加速が期待されている。つまり、いまの常識となっているネットワークのキャパシティを超えて、サービス網を拡張していく、ネットワーク・スライシングなどが追加されることになる。
 
Ulf Ewaldsson, chief technology officer at Ericsson, said that “IoT is now accelerating as device costs fall and innovative applications emerge.  5G is the next big step in mobile communication technologies. It will help realise the vision of essentially unlimited access to information and sharing of data anywhere and anytime for anyone and anything. 5G will enable new applications and use cases in areas such as cloud-enabled robotics and intelligent transportation that can benefit people, business and society—and it will therefore help realise the full potential of the Networked Society.”
 
Ericsson の CTO である Ulf Ewaldsson は、「デバイスのコストが落下し、革新的なアプリケーションが出現したことで、いまは IoT が加速している時期である。また、モバイル通信テクノロジーにおいて、次の大きなステップは 5G である。それは、本質的に無制限な情報へのアクセスと、時と場所と人を選ばないデータ共有のビジョンを、大きく推進していく役割を担う。5G により、個人と企業を社会に利益をもたらす、クラウド対応ロボットや、インテリジェントな移動体といった分野で、新しいアプリケーションとユースケースが育っていくだろう。つまり、ネットワーク社会の可能性を、最大限に引き出す方式が、さまざまな局面で推進されていくのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Monday単なる IoT センサー/デバイスではなく、インターネット網に接続される IoT センサー/デバイスの数というと、この程度の数量なのでしょうか? まぁ、Ericsson の調査がベースなので、信ぴょう性はあると思いますが、気になったので、参照元のレポートから、根拠となるチャートを引っ張りだしてみました。その一方で、2015年6月に BI Intelligence がマトメた、6社による予測値のチャートでは、最も慎重であった Gartner が、2018年の IoT デバイス数を 150億前後と予測しています。そのチャートでは、最も強気の Cisco が 350億と予測しており、かなりのバラツキが認められます。IoT において、とても重要なセンサー/デバイス数に関する情報ですが、誰もが納得できるスタンダードな統計値が欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
 

Comments Off on Mobile and IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す

なぜ Google Fiber は期待されるのか? その背景となる、各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!

Posted in Asia, Google, Network, Research by agilecat.cloud on September 9, 2016
Here’s why Google sees a huge opportunity to bring super-fast internet access to you
Matt Rosoff – Aug. 5, 2016
http://www.businessinsider.com/fiber-access-as-percentage-of-total-broadband-by-country-2016-8
 
_ Statista
 
Google’s parent company Alphabet has an audacious plan to bring super-fast fiber-based internet access to a lot more of the United States.
 
Google の親会社である Alphabet は、US の多くの地域において、超高速ファイバ・ベースのインターネット・アクセスを展開するという、大胆な計画を有している。
 
And there’s certainly room for improvement.
 
たしかに、そこには、改善の余地が存在する。
 
fiberClick to Large >>>
 
 
Statista
 
As this chart from Statista shows, the U.S. lags way behind most other developed countries when it comes to fiber broadband. Part of the problem is simply that the U.S. is much geographically larger and more spread out than any of these countries, which creates logistical challenges when it comes to running fiber to every home. But Alphabet’s Access and Energy group also believes that the cable and telco companies who dominate internet access today have no particular incentive to build fiber out any faster, as most Americans have been stuck with one or two local providers.
 
この、Statista によるチャートが示すように、ファイバ・ブロードバンドの視点で見ると、先進国の中で US は遅れを取っている。すべての家庭にファイバで接続するという事業を展開する上で、US 固有の問題として挙げられるのは、はるかに地理的に広く、都市部が拡散しているという現実である。しかし、いまの US でインターネット・アクセスを支配しているケーブル TV やテレコムには、より高速な光ファイバを構築するための、特別なインセンティブが無いと、Alphabet の Access and Energy グループは確信している。つまり、その結果として、1社〜2社のローカル・プロバイダーに、ユーザーは依存せざるを得ないと捉えているのだ。
 
ーーーーー
google_fiberresearch_55このポストは、Google Fiber が期待される背景である、米国におけるファイバ・ネットワークの問題を指摘するものです。たしかに、面積が広くて都市部が拡散している米国よりも、領土が狭くて密度が高いヨーロッパやアジアの方が、ファイバ事業は展開しやすいのでしょう。ただし、その一方では、ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代に成りつつあります。こうしたテクノロジーとファイバの住み分けも、これからは重要になっていくでしょう。とは言え、こんなにもファイバ・サブスクリプション(FTTH/FTTP/FTTB )が浸透している、日本のインターネット・ユーザーは幸せですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Fiber:ピアリングに課金しないのは、それが Win Win Win モデルだからだ
アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
 

Comments Off on なぜ Google Fiber は期待されるのか? その背景となる、各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!

%d bloggers like this: