Agile Cat — in the cloud

Uber の中国進出がオフィシャルに認められる:そのための法体系は、世界で初の試みとなる!

Posted in .Chronicle, Asia, Uber by agilecat.cloud on July 29, 2016
Uber is officially legal in China
Avery Hartmans – July 28, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-didi-legal-china-2016-7
 
_ Business Insider
 
It’s official: Uber and Chinese rival Didi Chuxing have the green light to operate in China.
 
China 政府が公式に認める:Uber および、そのライバルである Didi Chuxing に対して、同国での営業を認める青信号が灯った。
 
Bloomberg reports that the government plans to formally allow both companies to operate starting in November,  and wants to encourage the growth of the sharing economy in  China.
 
Bloomberg のレポートによると、China 政府は 11月から、この両社の運営を正式に許可し、同国におけるタクシー配車サービスを介して、成長を促進していく考えであるという。
 
China_ExpresswayImage -Wikipedia
 
The new laws do come with certain rules, however. Drivers for ride-hailing apps can’t have a criminal record, will have to  have three years of experience as a professional driver, and be  licensed by a local taxi regulator, according to The New York Times. Drivers also may not operate a vehicle with more than 600,000 kilometers (about 370,000 miles) on it.
 
ただし、そのための新しい法律には、一定の条件が加えられている。具体的に言うと、その配車アプリを利用する運転手に関しては、犯罪歴を持つ者は認められず、また、プロとして3年以上の経験が必要であり、地方都市のタクシー管理組織から提供されるライセンスが必要になると、The New York  Times が伝えている。そして、走行距離が60万キロ以上の車両は、利用できないという規定も付加されるようだ。
 
While both companies have been offering their services in China for years, the move by the Chinese government is important for several reasons. First, it creates a legal  framework for both ride-hailing services, something which countries in Europe and many states throughout the U.S. haven’t been able to figure out. The move also legitimizes the battle between Uber and Didi, who are bitter rivals in the fight to become the most popular ride-hailing app in the world’s biggest market.
 
この数年において、両社は China でサービスを提供してきたが、今回の China 政府の動きは、いくつかの点で、きわめて重要となる。まず、US と Europe が明確な指針が出せずにいた、タクシー配車サービスに関する法体系が作成されたことが挙げられる。また、この動きは、世界で最大の市場において、あらためてタクシー配車サービスを合法化するものになる。
 
Just last week, Uber investors called for a “truce” between the two companies. Investors are worried that the costly fight will damage both companies in the end, and reports say that investors between the two companies have talked  about a deal. Uber said in February that it’s losing more than $1 billion each year in China in its efforts to win over customers.
 
つい先週のことであるが、Uber の投資家たちは、両社間での「休戦」を呼びかけていた。つまり、この戦いが両社の負担を増大させ、ダメージを与えることを懸念した動きであり、また、両社の投資家たちが話し合いに入っているとも報告されていた。この 2月のことだが、Uber は China での戦いに勝つためには、年間で $1 billion 以上の支出を余儀なくされると述べていた。
 
ーーーーー
Uber Logo政治は規制しても、経済は開放していくという、中国政府のスタンスは明らかですね。この点だけを切り出して、日本と中国を比較すると、どちらが資本主義の国なのか、分からなくなってしまいます。この 5月に、「Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?」という抄訳をポストしましたが、Uber のグローバル展開はクラウド・プロバイダーにも大きな影響を及ぼすようです。ますます注目の、Uber ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
 

Comments Off on Uber の中国進出がオフィシャルに認められる:そのための法体系は、世界で初の試みとなる!

スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Research, Wearable by agilecat.cloud on July 28, 2016
Smartwatches – The Next Big Thing That Wasn’t
Felix Richter, Jul 22, 2016
https://www.statista.com/chart/5328/smartwatch-shipments/
 
_ Statista
 
When Apple introduced the Apple Watch in April 2015, many pundits expected smartwatches to become the next big thing and emulate the success of smartphones and tablets. And while the Apple Watch definitely made its mark and quickly became the most popular smartwatch out there, the market as a whole never really took off.
 
Apple Watch が市場に投入された 2015年4月の時点では、スマートウォッチは次のマーケットを構築し、スマートフォンやタブレットの成功を再現するものになると、数多くの評論家たちが期待していた。そして Apple Watch は、間違いなく一定の成功を収め、最も人気のあるスマートウォッチになっていったが、このマーケット全体が離陸したとは言えないだろう。
 
smartwatch_shipments_nClick to Large >>>
This chart shows estimated global smartphone shipments since Q2 2014.
 
Doubts about the added benefit of smartwatches in between smartphones and considerably cheaper fitness armbands always lingered, and the lack of obvious killer features didn’t help broader adoption either.
 
スマートフォンと安価なフィットネス・バンドが、それぞれのマーケットを維持する中で、スマートウォッチは何らかのメリットを加えようとした。しかし、独自の機能が欠如しており、広い範囲で受け入れられる状況にはならなかった。
 
In the past quarter, the global smartwatch market saw its first contraction, with worldwide shipments declining by more than 30 percent year-over-year. According to IDC’s estimates, shipments amounted to 3.5 million units between April and June this year, down from more than 5 million in the past year. While it needs to be noted that last year’s June quarter marked the launch quarter of the Apple Watch, it took both the smartphone and tablet markets years to see their first year-over-year declines after Apple had entered and thus made them the next big thing.
 
最近の四半期ごとのデータを眺めてみると、グローバルでのスマートウォッチ市場は、前年比で出荷台数が 30% 以上も下落するという、初めての後退を見せている。IDC の推計によると、今年の 4月〜6月の出荷台数は 350万台となるが、前年同期は 500万台というレベルにあったのだ。ただし、昨年の 4月〜6月期は、Apple Watch の立ち上げ時期と重なっていることを、指摘しておく必要がある。それは、Apple のスマートフォンやタブレットが、前年比で初めてマイナスを記録した直後であり、同社として新たなマーケットを模索していた時期でもあった。
 
ーーーーー
Wearableそういえば、このところ、スマートウォッチが話題になりませんね。その一方で、Pokemon GO のような、人々を物理的に移動させるアプリが登場しましたが、それを動かすのもスマフォです。Apple Watch について言うなら、あくまでも iPhone のアクセサリーという位置づけであり、それでは、大ヒットは望めないと思えます。とは言え、いまのスマフォのパワーが、腕時計の容積に収まるまで、それほどの時間が必要とも思えません。いまから数年度には、再びスマートウォッチが注目されると、期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
Apple Watch 2 の、3月発売という見込みは無くなったようだ
 

Comments Off on スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!

Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

Posted in .Chronicle, Facebook, Google, Research, Yahoo by agilecat.cloud on July 27, 2016
With the Yahoo deal, Verizon will pass Google and Facebook to become the biggest web network
Matt Rosoff – July 25, 2016
http://www.businessinsider.com/yahoo-and-aol-combined-get-more-viewers-than-google-or-facebook-2016-7?
 
_ Business Insider
 
You might not think of Verizon as a web powerhouse, but with the purchase of Yahoo, it has the potential to own the biggest audience of online users in the United States.
 
Verizon は Web の大国と捉えられていないだろうが、Yahoo を買収することで、US で最大のオンライン・ユーザーを抱える、大きな存在になるのかもしれない。
 
Yahoo_AOL
Statista
 
This chart from Statista shows ComScore’s June 2016 measurements of visitors to the most popular networks of web properties in the United States. Yahoo has long been number three behind Google and Facebook, and now has about 206 million unique visitors. Verizon also owns AOL’s network of sites, including properties like the Huffington Post, Engadget, and TechCrunch, which account for another 153.6 million.
 
この Statista のチャートは、6月に実施された comScore の調査結果をマトメたものであり、US で最も人気のあるネットワークへの、2016年におけるビジターの測定値を示すものである。Yahoo は、約2.06億人のユニーク・ビジターを持ち、Google と Facebook を追いかける三番手のポジションを、長期間にわたり維持している。また、Verizon は AOL のネットワークも所有しており、その傘下にある Huffington Post/Engadget/TechCrunch などを合算すると、1.536億人というユニーク・ビジターが加算される。
 
There’s almost certainly overlap between the two audiences, so the total will be somewhat less than the 359.4 million you’d get if you simply add the two audiences together. But the total could certainly be bigger than Google’s monthly US traffic of 241.9 million.
 
Yahoo と AOL にアカウントを持つという、重複するユーザーもいるはずなので、両者を合算しても 3.594億人を下回るオーディエンスになるだろう。とは言え、US における月間のトラフィックとしては、Google の持つ 2.419億人を、確実に上回ると推定される。
 
ーーーーー
yahooついに 米Yahoo が、Verizon に買収されてしまいます。寂しいというか、時代の流れというか、そんな感傷に浸ってしまう出来事です。いくつかのメディアが報道しているように、おそらく Verizon は、Yahoo と AOL を連携させることで、なんらかの相乗効果を生み出そうとするはずです。二年ほど前に、「広告ビジネス: Yahoo と AOL を統合しろという声があるが、Google と Facebook は止められない」という抄訳をポストしましたが、その中に含まれるチャートを見ると、広告に関しては、それほど容易な道筋ではないようです。これからの二社の動きに注目ですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている
Yahoo の ロゴが新しくなる : その候補を Youtube で!
Yahoo と Marissa Mayer の新体制: Pinterest からスター・エンジニアを GET!
 

Comments Off on Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

Posted in .Selected, AI ML, Asia, Government, Microsoft by agilecat.cloud on July 26, 2016
Singapore chats up Microsoft bots in smart nation initiative
Eileen Yu for By The Way – July 12, 2016
http://www.zdnet.com/article/singapore-chats-up-microsoft-bots-in-smart-nation-initiative/
zdnet-logo
Singapore is looking to tap artificial intelligence technology to enable more natural and simpler interactions with its e-government services.
 
Singapore では、電子政府サービスにおける自然で簡潔なインタラクションを実現するための、人工知能の活用に関心が集まっている。
 
Led by industry regulator Infocomm Development Authority of Singapore (IDA), the new initiative would see the use of Microsoft’s “conversations as a platform” pitch to explore opportunities in developing the country’s next-generation government services based on “conversational computing”.
 
この新たな取り組みは、Infocomm Development Authority of Singapore (IDA) という、産業政策のための組織に率いられ、Microsoft の Conversations as a Platform を用いられると予測されている。それは、会話のためのコンピューティングに基づき、同国における次世代の政府サービスを、発展させるチャンスを探求するものになる。
 
singaporeImage – pixabay
 
According to Singapore’s Minister for Foreign Affairs and Minister-in-Charge of Smart Nation Vivian Balakrishnan, IDA and Microsoft would co-develop “chatbots” to support selected public services. These intelligence software tools would assume the role of digital representatives, simulating human behaviour, and enable interactions that were more user-friendly and consistent, said the minister, who announced the new initiative at this week’s World Cities Summit.
 
Singapore の  Foreign Affairs と Smart Nation を率いる Vivian Balakrishnan によると、IDA と Microsoft が、いくつかの公共サービスをサポートするために、Chat Bot を共同開発するようだ。今週に開催された World Cities Summit で Balakrishnan は、それらのインテリジェントなソフトウェア・ツールは、人間の行動をシミュレートすることで、さらにユーザー・フレンドリーで、一貫性のあるインタラクションを実現する、デジタルによる窓口という役割を担う、と述べている。
 
New proof-of-concepts would be built to integrate conversational intelligence into public services, with efforts focused on making these more “anticipatory” and engaging for the general public.
 
一般市民に未来を提供し、より以上のエンゲージメントを得るために、会話のインテリジェンスを公共サービスに統合するための、新しい PoC (proof-of-concepts) が推進される。
 
“I believe there are more intuitive ways for government services to be delivered to our citizens,” Balakrishnan said. “Everybody expects responsive and personalised interactions in real-time. The recent quantum improvement of natural language processing means that ‘conversations’ will be the new medium.”
 
Balakrishnan は、「市民に提供されるべき行政サービスにおいて、より直感的な方法があると考えている。誰もが望むのが、リアルタイムで応答する、パーソナライズされたインタラクションである。このところの、自然言語処理における量子コンピューティングの進化により、新しいメディアとしての会話が成立するだろう」と述べている。
 
Microsoft CEO Satya Nadella said in a statement: “As everything around us becomes more digitised, conversations as a platform is a new shift that applies the understanding of human language to computers and computing, which can transform every industry.”
 
Microsoft の CEO である Satya Nadella は、「私たちを包み込む、すべてがデジタライズされるにつれて、コンピュータによる自然言語の理解を活用するための、会話のプラットフォームへと向けた新たなシフトが起こる。それにより、すべての業界に変革が起こるだろう」と述べている。
 
The software vendor added that its strategy here centred on the use of human language, artificial intelligence, and machine learning to improve computing interfaces and interactions. Using these technologies to power bots, services could be transacted within a conversation–be it spoken or text–rather than through the navigation of icons, webpages, or applications.
 
このソフトウェア・ベンダーは、コンピューティングにおけるインターフェイスとインタラクションを改善するために、自然言語/人工知能/機械学習の利用を、その戦略の中心に加えている。このテクノロジーがもたらすパワーをボットで用いることで、会話の中でトランザクションを実施するサービスが成り立つ。つまり、アイコンや Web ページやアプリケーションに換えて、音声やテキストによる操作が実現されるのだ。
 
Under the agreement with Microsoft, IDA would implement the proof-of-concept in three stages during which the chatbots would first tap a database to answer simple questions from users of selected e-government services. They then would be used to help users complete simple tasks and transactions on government websites. At the final third phase, the chatbots would have the capabilities to respond to personalised user queries.
 
今回の Microsoft との契約に基づき、IDA は三段階で PoC を実施していく。最初のステップでは、選択された電子政府サービス・データベースと Chat Bot を連携させ、ユーザーによる簡単な質問に答えていく。第二のステップでは、ユーザーのシンプルなタスクと、政府の Web サイト上でのトランザクションを処理することになる。第三のステップでは、パーソナライズされたユーザーのクエリーに対して、Chat Bot が応答していくことになるだろう。
 
The initiative also would assess support for multi-languages and multiple user age groups. The prototype would be developed and tested at Microsoft’s Centre of Excellence for digital transformation for government and industry.
 
今回の取り組みでは、複数の言語をサポートすること、そして、それぞれのユーザーの年齢層をカバーすることが評価される。政府と産業界におけるデジタル・トランスフォーメーションのために、Microsoft の Centre of Excellence で、プロトタイプの開発と試験が推進されるのだろう。
 
IDA had previously rolled out its own artificial assistant initiative, called Ask Jamie, across several government agencies.
 
これまでの IDA では、いくつかの政府機関をカバーするために、Ask Jamie と呼ばれる AI アシスタントの取り組みが進められていた。
 
ーーーーー
asia-pacific 2シンガポール政府が進めている政策として、Smart Nation というものがあります。その名の通り、国民自体がスマートになり、IT をフル活用するようになろうという試みのようです。地理的にコンパクトで、世界の IT 企業が進出しているシンガポールは、最先端のアイデアを実施するには、とても適した都市国家なのでしょう。この5月に、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」という抄訳をポストしましたが、ベースとなる ACCA のレポートによると、シンガポールは2位にランクされています。Microsoft の Cortana が、電子政府で活躍することになれば、とても先進的な事例が確立されます。成功して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果をチャートで!
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用
 

Comments Off on シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

Shadow IT の調査: シャドウ IT アプリが、この2年間で 30倍にも増大している

Posted in On Monday, Privacy, Security by agilecat.cloud on July 25, 2016
Shadow IT Risk: 30x Increase in Third-Party Apps Used on Enterprise Networks
Dick Weisinger – July 20th, 2016
http://formtek.com/blog/shadow-it-risk-30x-increase-in-third-party-apps-used-on-enterprise-networks/
 
_ formtek
The risks associated with shadow IT have exploded in size over the last couple of years.  A survey of ten million users with personal devices connected to enterprise systems found nearly 160,000 different apps being used, a 30 times increase over the number of apps found to be used in 2014.  The average number of apps used at any one enterprise among all companies surveyed was 733.  More than a quarter of those apps were classified as high risk and 58 percent as medium risk.
 
この数年間において、シャドウ IT に関連するリスクが、爆発的に高まっている。エンタープライズ・システムに接続された、パーソナル・デバイスを所有する、1000万人のユーザーに対する調査では、約 16万種類のアプリが使用されるという状況が明らかになっている。それは、2014年の時点で使用されていたアプリと比べて、30倍に達する値である。また、今回の調査の対象となった企業で、日常的に使用されているシャドウ・アプリの数は、平均で 773 であったという。その中で、高リスクだと分類されるアプリは 25% に達し、中リスクとしてされるものは 58% に達したという。
 
Dali_5The report was conducted by the company CloudLock and used a risk evaluation metric called Cloud Application Risk Index (CARI). Each app was scored on factors like community trust ratings, past breaches, and application threat intelligence.
 
このレポートは、CloudLock から提供されたものであり、また、リスクを評価するために、Cloud Application Risk Index (CARI) という指標が用いられている。
 
それぞれのアプリは、コミュニティにおける信頼や、過去における侵害行為、そして、脅威に対するインテリジェンスといった、要因を用いて評価されている。
 
Interestingly, while healthcare has seen a spike in recently reported breaches, that industry reported the lowest number of third party apps connecting to the network (138 on average), while industries like retail and manufacturing had more than 2000 different apps having access to the network.  The report found that “in industries with more tech-savvy users, applications are abundant and increasing in use at faster rates.”
 
興味深いことに、このところ侵害の報告が絶えないヘルスケア業界では、そのネットワークに接続されるサードパーティ・アプリが、最低数(平均で 138)だったと報告されている。その一方で、小売業や製造業などでは、そのネットワークにアクセスするサードパーティ・アプリが、2000種類以上に昇ったとされる。このレポートは、「テクノロジーに精通したユーザーが多い業界ほど、サードパーティ・アプリが豊富であり、また、その数も急速に増大している」と述べている。
 
Kaya Firat, CloudLock director of customer insights and analytics, said that “the shift to the cloud creates a new, virtual security perimeter that includes third-party apps granted access to corporate systems.  Today, most employees leverage a wide variety of apps to get their jobs done efficiently, unwittingly exposing corporate data and systems to malware and the possibility of data theft.”
 
CloudLock の Director of Customer Insights and Analytics である Kaya Firat は、「クラウドへの移行が、仮想的なセキュリティ境界線を生み出し、企業のシステムへのアクセスできるサードパーティ・アプリを、その中に取り込んでいる。現時点において、ほとんどの従業員が、自身の作業を効率よくこなすために、多様なアプリを活用している。それらが、知らず知らずのうちに、企業のデータおよびシステムを露出させ、マルウェアなどによるデータ侵害の可能性を高めている」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayセキュリティの境界線を守ることは、もちろん重要なことですが、それだけでは、すでに対処できない状況に至っていることが、この調査の結果から読み取れます。先日に、「サイバー攻撃の 60% にインサイダーが絡んでいる: IBM のデータをチャートで!」という抄訳をポストしましたが、大半の企業が、そのような実態を把握しているとも推測できます。つまり、シャドウ IT だけを厳しく制限しても、万全のセキュリティ対策が整うというわけでもないのでしょう。その一方で、シャドウ IT は個人の生産性を高めることで、企業の生産性も高めるという、プラスの側面も持っているのです。なにやら、セキュリティのポリシーとソリューションが、曲がり角に差し掛かっているように思えます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?
Data Security の調査: 政府が要求する情報開示と、暗号化の関係とは?
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
nternet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
 

Comments Off on Shadow IT の調査: シャドウ IT アプリが、この2年間で 30倍にも増大している

ニュース・メディアへの導線で Facebook が Google を上回る: 驚きの展開を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on July 23, 2016
Online news sites get 80% of their readers from two sources: Facebook and Google
Matt Rosoff – Jun. 30, 2016
http://www.businessinsider.com/where-online-news-sites-get-their-readers-facebook-and-google-2016-6
 
_ Business Insider
 
 On Wednesday, Facebook caused quite a stir among journalists and news companies when it acknowledged that it was changing the mix of material Facebook users would see in their News Feeds. The company said it was going more back toward its roots, favoring updates from friends and families, and showing less news.
 
6月29日のことだが、ある事実が認められたことで、騒然とした雰囲気がジャーナリストやニュース・メディアを包み込んだ。それは、Facebook ユーザーが News Feed で参照する、コンテントの変化に関するものである。以前の Facebook は、友人や家族からのアップデートが好まれ、ニュースの参照は少ないという、ソーシャルメディアとしての基本に立ち戻ると述べていた。
 
Facebook_Google
Statista
 
This chart from Statista shows why this is such a big deal. Facebook is now the number-one source of referrals to news sites, according to January-February 2016 data from Parse.ly, a digital media analytics provider. Google is right behind it, and the two of them together provide almost 80% of all traffic to news sites. If you broaden the categories beyond specific brands, 86% of traffic comes from social (including sources like Twitter) and search (Google, Bing, Yahoo, and others).
 
しかし、Statista のチャートを見ると、大きな変化が生じていることが分かる。デジタル・メディアを分析する Parse.ly の、2016年 1月〜2月のデータによると、ニュース・メディアへと誘導する No.1 のサイトとして、Facebook が踊り出ているのだ。Google が僅差で続くが、この二社を合わせると、ニュース・サイトへと向かう全トラフィックの、ほぼ 80% を占めていることが分かる。そして、Twitter などを含むソーシャル・メディアおよび、Bing や Yahoo などを含む検索サイトにまで範囲を広げると、その比率は 86% にまで拡大しているのだ。
 
ーーーーー
research_55ついに、この日がやってきたという感じがします。 Agile Cat も、Facebook にページを持ち、ポストへと誘導していますが、 その参照数が Google 検索と同じレベルに伸びてきたと、昨年あたりから感じるようになっていました。依然として、古いポストへの導線は Google 検索がメインですが、新しいポストへの導線としては、Facebook の方が勝るという状況です。つまり、Agiel Cat の Facebook ページにイイネを下さった、みなさんの Facebook News Feed が、このブログへの入口として、素晴らしい役割を担っているわけです。それは、すべてのニュース・メディアにとって言えることであり、また、世界のトレンドなのだと、文中のチャートが示しているのでしょう。数年前には、予想もしなかった展開に、正直なところ、驚いています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告ランキングとは?
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: その脅威の成長エンジンをチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
 

Comments Off on ニュース・メディアへの導線で Facebook が Google を上回る: 驚きの展開を1枚のチャートで!

Web ブラウザ世界大戦: IE と Chrome の7年間の興亡をマップで眺めてみる

Posted in .Chronicle, Google, Microsoft, Research by agilecat.cloud on July 22, 2016
See how Chrome beat out its competitors to become the most popular browser in the world
Nathan McAlone – Jul 14, 2016
http://www.businessinsider.com/web-browser-popularity-since-2008-2016-7
 
_ Business Insider
 
There was a time when Microsoft’s Internet Explorer ruled the world. That doesn’t mean that everyone liked it, but Microsoft’s firm commitment to the web browser meant it made its way onto most computers.
 
かつて、Microsoft の Internet Explorer が、世界を支配した時代があった。誰もが気に入る IE というわけでは無かったが、Web ブラウザに対する Microsoft の確固たるコミットメントにより、大半のコンピュータ上へと広まっていった。
 
IE_ChromeClick to Large >>>
 
But as these maps, created by Jody Sieradzki at Dadaviz show, there’s only so long you can prop up a product that most people despise. These maps show the change in popularity of internet browsers from 2008 to ’15, as Chrome, Firefox, and Internet Explorer fought to see who would emerge as the web browser of the future.
 
Dadaviz の Jody Sieradzki が作成したマップには、ユーザーに支えられたプロダクトと、見向きもされないプロダクトの、興亡がのみが示されている。これらのマップは、Chrome/Firefox/Internet Explorer などによる戦いの歴史であり、また、2008年〜2015年におけるインターネット・ブラウザの人気の変化を示すものである。 将来の Web ブラウザとして、何が浮上してくるのだろうか?
 
ーーーーー
google-55aWikipedia で、Chrome の歴史を調べてみたら、2008年のデビューと記されていたました。そして、このマップを見ると、その当時は IE の全盛時代であったことが分かります。Agile Cat も、そのころは Windows 上で IE を使っていましたが、メインとサブの PC で、ブックマークが共有できないことが不満でした。 そして、Firefox + Delicious の組み合わせに移行し、Opetra を長いこと使った後に、Chrome で落ち着いているという経緯があります。あらゆるプラットフォームに対応し、共有するものを選択できる点が、Chrome の良さだと思っています。でも、最近の Edge は、動画の再生などで素晴らしいパフォーマンスを発揮しているようなので、これからが楽しみです。Chrome のように、そして Office 365 のように、Edge ではマルチ・プラットフォームに取り組んで欲しいですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Chromebook の出荷台数が、ついに MacBook を上回った: 米市場からのレポート
ヨーロッパにおける Google の占有率: Search/Android/Chrome のシェアをチャートで!
Android N の N は、Nutella の N :Chrome OS との統合は どうなる?
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on Web ブラウザ世界大戦: IE と Chrome の7年間の興亡をマップで眺めてみる

Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

Posted in .Selected, IoT, Mobile, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on July 18, 2016
SoftBank’s $32 bln ARM bet gives investors a shock
Katrina Hamlin July 18, 2016
http://blogs.reuters.com/breakingviews/2016/07/18/softbanks-31-bln-arm-bet-gives-investors-a-shock/

_ reuters

The author is a Reuters Breakingviews columnist. The opinions expressed are her own.
 
Masayoshi Son’s “crazy ideas” are alive and well. The conglomerate led by the Japanese tech tycoon is buying UK chip designer ARM Holdings in an all-cash deal worth $32.2 billion, according to multiple reports. It is an expensive bet on Son’s vision of a future where everything is connected and computerized – the so-called “Internet of Things”. For investors who thought the Japanese conglomerate was focusing on paying down debt, it is a painful jolt.
 
Masayoshi Son の、クレージーなアイデアは健在だ。いくつかの報道によると、この Japan のテック・タイクーンが率いるコングロマリットは、$32.2 billion のキャッシュを揃えて、UK のチップ・デザイナーである ARM Holdings の買収を進めている。Son の未来のビジョンにおける大きな賭けは、すべてがコネクトされコンピュータライズされる、いわゆる Internet of Things の世界で展開される。この、Japan のコングロマリットが、借入金の返済を進めると思った投資家にとって、それは痛みを伴う衝撃である。
 
SoftbankImage Flickr
MIKI Yoshihito
 
In recent months SoftBank has sold $10 billion of stock in Chinese e-commerce giant Alibaba and raised $7.3 billion by selling “Clash of Clans” maker Supercell. Buying the British tech group that supplies almost all the blueprints for chips used in smartphones will suck up all of those proceeds, and more. The deal dashes any hope that SoftBank might reduce net debt which reached $54 billion at the end of March – almost four times the company’s EBITDA – not including its struggling U.S. telecoms subsidiary Sprint.
 
この数カ月の間に Softbank は、China の大手コマース・サイト Allibaba の株式を $10 billion で売却し、また、Clash of Clans の メーカー Supercell 株を $7.3 billion で売却している。そして、この売却益以上のものが、ほぼすべてのスマートフォン・チップのデザインを提供する、UK のテック・ループの買収に吸い上げられていく。今回の契約により、3月末に $54 billion に達した有利子負債を、Softbank は軽減したいとが考えているはずだ。ただし、その金額は、同社の EBITDA (税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値) の 4倍であり、なおかつ、US で苦労している Sprint の財務を含むものではない。
 
Son is adding chips to the Japanese group’s already sprawling portfolio at a time when the semiconductor industry is changing quickly. Though smartphones account for the bulk of ARM’s royalty revenues, growth of handset sales has peaked. The British company is now investing in new business lines which embed communications technology in everything from fridges to watches to tractors. ARM reckons these connected devices could generate as much revenue as mobile phones by 2020.
 
半導体業界が急速に変化したときから、この Japan のグループにおける広大なポートフォリオの中で、すでに Son は掛け金を積み上げていた。ARM のロイヤルティ収益においては、いまはスマートフォン・チップが大部分を占めているが、その売上高における成長は、すでにピークに達している。そして、この UK 企業は、冷蔵庫や、腕時計や、そしてトラクターに至るまでの全てに、コミュニケーション・テクノロジーを埋め込むための、新たな基幹事業に投資しているところだ。ARM の目論見によると、それらのコネクテッド・接続されたデバイスは、2020年までにスマフォと同程度の収益を生み出すとされる。
 
ARM’s diversification remains a work in progress, however. The company has also warned that macroeconomic uncertainty could hurt consumer and enterprise spending this year. That makes the offer price of 17 pounds per share – a 43 percent premium on Friday’s closing price and a multiple of 48 times next’s year earnings – look a bit rich.
 
ARM における多様化は、いま進化している状態である。しかし、同社は、マクロ経済の不確実性により、消費者と企業の支出が、今年は損なわれる可能性があると警告している。マーケットで提供される同社の株価は、一株当たり 17 pound であり、金曜日の終値に 43% のプレミアムが乗せられている。そして、マルチプル・レシオは、来年の収益の 48倍という、リッチな状況である。
 
An unpredictable chairman is another reason to insist on a big discount for the Japanese group, which only last month abruptly parted ways with heir apparent Nikesh Arora, the former Google executive. At the time Son said he wanted to stick around for at least another five years and “work on a few more crazy ideas”. Investors were warned.
 
予測不可能な行動をとる会長の存在は、この Japan グループの評価に影響をおよぼす、もう一つの理由である。つい先月のことだが、Google から迎え入れ、後継者とされていた、Nikesh Arora との決別が表面化している。そのとき Son は、少なくとも 5年間は経営の指揮を取り、いくつかのクレージーなアイデアを実現したいと、投資家たちに警告を発していた。
 
This piece has been refiled to update the value of the deal and details of the offer in the headline and throughout the piece.
 
ーーーーー
IoTSB-ARM驚きました! 正直なところ、「ARM って買えちゃうのですね」という感じの話ですが、それだけ、$32.2 billion のキャッシュが強烈なのでしょう。世界も大注目のトピックであり、Google で [ Softbank ARM ] を検索すると、こんな感じでニュースが続々という状況です。それにしても、孫さんの考えることは、とてもダイナミックです。Sprint では苦労しているようですが、これでは終わらないぞという、メッセージが伝わってきます。この先の展開に、興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る
 

Comments Off on Softbank が ARM Holdings を、$32.2 billion のキャッシュで買収する!

%d bloggers like this: