Agile Cat — in the cloud

スマフォ OS 戦争が終結した: それを示す1枚のチャート!

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 30, 2016
The Smartphone Platform War Is Over
Felix Richter – Aug 22, 2016
https://www.statista.com/chart/4112/smartphone-platform-market-share/
 
_ Statista
 
While the global smartphone market is as competitive as ever in terms of manufacturers fighting for the consumers’ love (and money), the long-raging platform war appears to be over. According to a recent report by Gartner, Android and iOS now account for 99 percent of global smartphone sales, rendering every other platform irrelevant.
 
グローバルにおけるスマートフォン市場では、メーカーたちが消費者の愛情と財布を狙うという意味で、これまでと同様に競合が繰り返されていが、その一方では、長年にわたるプラットフォーム戦争が終結しようとしている。Gartner の最新レポートによると、グローバル・スマートフォン売上の 99% を Android と iOS が占め、その他のプラットフォームが無意味なものにされている。
 
smartphone_platform_market_shareClick to Large >>> 
 
This chart shows the changes in smartphone operating system market share since 2009.
 
 
As the chart below illustrates that hasn’t always been the case. Back in 2010, Android and iOS devices accounted for less than 40 percent of global smartphone sales. Back then, devices running Nokia’s Symbian and BlackBerry accounted for a significant portion of smartphone sales and Microsoft’s market share stood at 4.2 percent.
 
このチャートを見れば、Android と iOS による独占が、以前からの現象ではなかったことが分かる。2010年の時点に戻ると、この 2つの OS を搭載するデバイスは、グローバル・スマートフォン販売台数の 40% 以下を占めるに過ぎない。その当時は、Nokia の Symbian と BlackBerry を搭載するデバイスが、スマートフォン販売台数の大部分を占め、また、Microsoft のマーケット・シェアも 4.2% あった。
 
While Symbian is long extinct and BlackBerry has started transitioning to Android devices, Microsoft has not yet given up on Windows 10 Mobile as a platform aimed at professional users. Whether Windows, or any other platform for that matter, stands a chance against the dominance of Android and iOS at this point seems highly doubtful though.
 
Symbian は絶滅し、BlackBerry は Android デバイスへと移行を開始し、諦めていないのは Microsoft だけとなった。同社は、プロフェッショナル・ユーザー向けのプラットフォームとして、Windows 10 Mobile をプッシュしている。Windows や、その他のプラットフォームが、依然として Android と iOS の支配に立ち向かう、チャンスを狙っているのだろうか? ここまでくると、かなり疑わしいと思われる。
 
ーーーーー
mobile_55この、Gartner の調査をベースにしたチャートは、出荷台数をベースにしたものであり、また、2016年の数字は 1月〜6月の累計となっています。今年の 3月には、「iOS と Android の 占有率は、もはや動かないのか? 7年間のモバイル OS の攻防を1枚のチャートで!」という抄訳をポストしましたが、2015年の内訳は、Android が 81.6% で、iOS が 15.9% でした。その時と比べて、さらに Android が伸びています。強いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
スマフォの浸透率が、シルバー世代でも高まっている:米調査結果を1枚のチャートで!
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple にはクラウドでの成功が不可欠なのか?
 

Comments Off on スマフォ OS 戦争が終結した: それを示す1枚のチャート!

SaaS の調査: このマーケットの売上は、現行の $12 billion から、2024年の $50 billion に成長していく

Posted in Businesses, On Monday, SaaS by agilecat.cloud on August 29, 2016
SaaS: Spending on Cloud Applications to top $50 Billion by 2024
Dick Weisinger – August 25th, 2016
http://formtek.com/blog/saas-spending-on-cloud-applications-to-top-50-billion-by-2024/
_ formtek
Businesses are expected to spend $12 billion this year on cloud-based SaaS applications, according to analyst numbers compiled by price comparison company Better Buys.  Over the next eight years, SaaS spending is expected to increase to $50 billion.  The growth is attributed especially to strong interest in SaaS from small and medium sized companies that account for almost two-thirds of the spending.  Businesses select SaaS because it allows them to be more efficient and enables their companies to grow more quickly.
 
Better Buys が分析した結果によると、2016年におけるクラウドベース SaaS アプリケーションは、トータルで $12 bullion に至るという。そして、これからの 8年間で、SaaS に対する支出は $50億 billion まで増加すると予想している。この成長は、マーケットの 2/3 近くを占める中小企業の、SaaS に対する強い関心に起因しているという。それらの企業が SaaS を選択するのは、自社の効率を高め、素早く成長することを、期待しているからである。
 
SaaS-MarketClick to Large >>> 
 
SaaS subscription growth has been particularly strong in the areas of business intelligence, security, IT, and enterprise vertical applications.
 
SaaS におけるサブスクリプションは、ビジネス・インテリジェンス/セキュリティ/IT/エンタープライズ・バーチカル・アプリケーションの分野で急成長している。
 
Better Buys summarizes in their report that “What’s bolstering this expansive growth? Shifts in technology, particularly mobile devices and reliance on digital… Subscription models now account for more than 50 percent of new software implementations over traditional on-premise licenses… By 2020, about a quarter of organizations in emerging regions will be running their core CRM systems via SaaS, a 10 percent increase over 2012. And… 85 percent of small business executives are willing to invest more in SaaS solutions over the next five years.”
 
Better Buys のレポートは、「何が、この大きな成長の背景にあるのかと言うと、モバイルの躍進と、デジタルへの信頼となる。新たに導入れるソフトウェアに関して、すでにサブスクリプション・モデルは、従来からのオンプレミス・ライセンスの、50% 以上の比率に達している。2020年までに、途上国マーケットにおける企業の 1/4 が、自身のコアと生る CRM で SaaS を利用することで、2012年との比較で 10% の成長となる。そして、中小企業における経営陣の 85% が、これからの 5年間で、SaaS ソリューションへの投資をふやしていく」と述べている。
 
Other findings from the report include:
 
  • By 2019, 90 percent of mobile data traffic will be enabled by cloud applications
  • The primary device used by 43 percent of small business owners is mobile
 
このレポートには、以下のような、注目すべきデータが示されている。
 
  • 2019年までに、モバイル・データ・トラフィックの 90% が、クラウド・アプリケーションにより消費される。
  • 中小企業の経営者が、優先的に使用するデバイスの、43% がモバイルになる。
 
ーーーーー
On Monday先週の「SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している」に引き続き、SaaS マーケットに関するトピックです。すでに、オンプレミス・ライセンスの 50% 以上に達しているという数字や、85% の中小企業が導入を増やしていくという数字に驚きますが、それだけ魅力的なのでしょうね。これからの SaaS マーケットに期待したいです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
 
 

Comments Off on SaaS の調査: このマーケットの売上は、現行の $12 billion から、2024年の $50 billion に成長していく

World Wide Web が 25歳になった:世界への浸透率を1枚のチャートで確認する!

Posted in .Chronicle, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 26, 2016
The Not So World Wide Web
Felix Richter – Aug 23, 2016
https://www.statista.com/chart/3512/internet-adoption-in-2015/
 
_ Statista
 
25 years ago, on August 23, 1991, a British computer scientist made the World Wide Web available to the public. Tim Berners-Lee, who was then working at CERN, could not have imagined the impact his actions would have on the world over the next two and a half decades. Honoring this milestone in the history of the internet, August 23 has become known as Internaut Day.
 
25年前の 1991年 8月 23日に、イギリスのコンピュータ科学者が、World Wide Web なるものを利用できるようにした。彼が、CERN で働くことになった Tim Berners-Lee であるが、その行動が、四半世紀にわたって世界に与えた影響を、想像することも無かっただろう。インターネットの歴史における、このマイルストーンを称えるために、8月23日は Internaut Day として認識されるようになった。
 
internet_adoption_in_2015Click to Large >>>
 
This chart shows how many people around the world use the internet.
 
However, even 25 years after what some call its inception, the World Wide Web is not nearly as universally available as its name suggests. According to the latest estimates by the International Telecommunication Union, a UN agency specializing in information and communication technologies, only 47 in 1oo world citizens use the internet these days.
 
しかし、World Wide Web の立ち上げから 25年も経過しているのだが、その名の通り、世界に広まったとは言えない。情報通信テクノロジーに特化した、国連の機関である International Telecommunication Union の最新調査によると、世界の人々の 100人に 47人だけが、インターネットを使用しているに過ぎない。
 
While internet access in regions such as North America and Europe has become a commodity not unlike electricity and running water, people in less developed regions often still lack access to what has arguably become the most important source of information of our times.
 
North America や Europe でのインターネット・アクセスは一般化しているが、電気や水道ほどではない。また、発展途上国の人々に関して言うなら、この時代における最も重要な情報源である、インターネットへのアクセスが欠落していることになる。
 
The chart below shows how widely internet penetration still varies across different world regions.
 
上記のチャートは、それぞれの地域における、インターネット普及率の格差を示している。
 
ーーーーー
research_55すでに 25年なのか、もう 25年 なのかは別にして、世界への浸透率は、まだまだの World Wide Web ですね。しかし、アジア/中東/アフリカ/南米には、大きな成長の余地が残されていると、捉えることも可能です。そして、このチャートでは、インターネット・アクセスに占める、モバイルの比率が分かりませんが、途上国では大半に相当するはずだと思えます。次の 25年で、どこまで広まるのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!
SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへ!
Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!
スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!
ニュース・メディアへの導線で Facebook が Google を上回る!
 

Comments Off on World Wide Web が 25歳になった:世界への浸透率を1枚のチャートで確認する!

Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!

Posted in AI ML, Cisco, Network, Security by agilecat.cloud on August 25, 2016
Cisco amps up network security with new cloud system and machine learning softwa
Teena Maddox – July 11, 2016
http://www.techrepublic.com/article/cisco-amps-up-network-security-with-new-cloud-system-and-machine-learning-software/
 
techrepublic
 
At the 2016 Cisco Live event on Monday, Cisco CEO Chuck Robbins announced a new cloud policy management system and software to provide better network security for enterprise customers.
 
この月曜日 (7/11) に開催された 2016 Cisco Live で、同社の CEO である Chuck Robbins が発表したのは、エンタープライズのために改善されたネットワーク・セキュリティを提供するための、新しいクラウド・ポリシー管理システムとソフトウェアである。
 
The Cisco Defense Orchestrator is a cloud-based portal that connects on-ground infrastructure and pulls it into the cloud. The Defense Orchestrator allows for security policy analysis, policy orchestration and automation, as well as monitoring and reporting to simplify policy management from the cloud.
 
cisco_chuckCisco CEO Chuck Robbins at Cisco Live 2016.
Image: Cisco
 
それが Cisco Defense Orchestrator と呼ばれるクラウド・ベースのポータルであり、現場のインフラを接続し、それらとクラウドに取り込むものである。そして、セキュリティ・ポリシー分析や、ポリシーのオーケストレーションと自動化を達成し、さらには、クラウドからのポリシー管理を簡素化するための、モニタリングとレポートの機能を実現する。
 
“We’ve got this deployed with early customers. We find customers have different policies across their entire network,” Robbins said. The Orchestrator, however, will give them consistent security management from the cloud and allow users to react to emerging threats faster.
 
Robbins は、「すでにアーリー・ステージの顧客に対して、すでにデプロイメントが開始されている。そして、私たちは、ネットワーク全体を、異なるポリシーで管理している顧客を探しているところだ」と述べている。そして、Orchestrator は、クラウドから一貫したセキュリティ管理を提供し、顧客が遭遇する新たな脅威に対して、迅速な対応を可能するものでもある。
 
“When you see a critical threat, you need to be able to move quickly,” Robbins said.
 
Robbins は、「重大な侵害が見つかれば、それを、迅速に切り離す必要があるはずだ」と述べている。
 
In the morning’s second announcement, Robbins said that Cisco is using advanced machine learning to detect threats. The Cisco Stealthwatch Learning Network License is a simple software upgrade that gives organizations the ability to determine where the most advanced threats are within their network, no matter how deep it goes.
 
この日の二つ目の発表において、Cisco はセキュリティ上の脅威を検出するために、高度な機械学習を使用していると述べた。その Cisco Stealthwatch Learning Network License は、シンプルなソフトウェア・アップグレードとして提供され、顧客に対して新たな機能を提供するものとなる。具体的に言うと、顧客のネットワーク内に潜み、破壊力を最も高めている脅威を、あらゆる深度において見つけ出す能力が提供されるという。
 
“Perimeter security isn’t sufficient any more,” Robbins said.
 
Robbins は、「境界線を保護するだけのセキュリティでは、もはや十分な対処が不可能になっている」と発言している。
 
cisco_stealthImage: Teena Maddox TechRepublic
 
The announcements were made to the more than 28,000 attendees at Cisco Live, which is being held at the Mandalay Bay Conference Center and runs through July 14. The company will touch on a variety of topics throughout the week, including IoT, drones, connected cities, and the cloud.
 
一連のアナウンスメントは、Mandalay Bay Conference Center で 7月14日までを回開催された Cisco Live で、28,000名の参加者に対して発信された。同社は、IoT/ドローン/コネクテッド・シティ/クラウドなどを含む、さまざまなトピックに触れていた。
 
“A year ago I joked technology had moved from the basement to the boardroom. But now technology is fundamentally the strategy of every organization,” Robbins said.
 
「テクノロジーは地下室から役員室へと移動すると、一年前に冗談を言った。しかし、いまやテクノロジーは、すべての組織における戦略の基本となった」と、Robbins は発言している。
 
Innovation in technology has to start at the top, whether it’s a CEO of a company, a mayor of a city, or the prime minister of a country, Robbins said.
 
そして彼は、テクノロジーにおけるイノベーションは、企業の CEO や、自治体の市長、または国家の首相といった、トップから始まっていると述べている。
 
“We hit an inflection point in 2015,” Robbins said. “We moved through this time where we were discussing what it was, what is IoT, IoE, digitization, what is it. We’ve moved to a place now where every organization is trying to understand what does it mean to me, what does it mean to us, and what should we be doing in the context of all the technology that is available.”
 
さらに彼は、「私たちは、2015年に、進むべき方向性の変化に遭遇した。その時期をくぐり抜けながら、私たちは、これまでの事につて、そして IoT/IoE/ディジタライゼーションについて、議論を重ねてきた。そして、私たちがたどり着いた場所は、個人にとって、また、社会にとって意味のあるものを、それぞれが理解しようとする世界だった。言い換えるなら、あらゆるテクノロジーの文脈の中で、私たちが進めるべきものが、実現されていく世界である」と述べている。
 
Robbins also talked about Cisco’s push to acquire companies, mentioning that Cisco has already acquired more than 190 companies, and 15 of those have happened since he became CEO in May 2015. Recent acquisitions include Jasper Technologies.
 
Robbins は、Cisco における企業買収についても触れた。同社は、これまでに 190h社以上の企業を買収してきたが、彼が CEO に就任した 2015年5月以来、その数は15社に昇るという。もちろん、直近の買収は、Jasper Technologies である。
 
“Jasper is the largest commercially-available IoT platform in the world. There are currently 31 million devices connected to Jasper. That’s a good start. We’re adding a million a month right now. As an example, there are 8 million connected vehicles on the Jasper platform today. This is a really important acquisition for us,” Robbins said.
 
「Jasper は、世界で最大の 商用 IoT プラットフォームである。現時点で、Jasper は 3100万のコネクテッド・デバイスを有している。それは、私たちにとって素晴らしスタート・ポイントであり、また、いまは 100万/月のペースで、デバイスが追加されている。たとえば、現時点で 800万のコネクテッド・カーが、Jasper にはある。つまり、私たちにとって、きわめて重要な買収なのである」と、Robbins は述べている。
 
After an acquisition, knowing when to integrate it quickly, or keeping it separate is key. With the acquisition of Lancope, they quickly integrated it in order to hone Lancope’s Stealthwatch product into the one that Cisco announced today.
 
なんらかの買収が行われた後には、素早く統合するのか、もしくは、別々の状況を維持するのかというという判断が、とても重要になる。たとえば、Lancope の買収の場合は、今日の Cisco がアナウンスしたように、そのプロダクトの中に Lancope の Stealthwatch を統合するという判断が下された。
 
“Our acquisition strategy is core. It’s core to our overall innovation strategy,” Robbins said.
 
「私たちの買収戦略は、コアに直結するものになる。つまり、その事自体が、全社的なイノベーション戦略の中核なのだ」と、Robbins は述べている。
 
Innovation will likely continue at Cisco, with the company spending $6 billion annually on R&D, and with $2.2 billion invested in startups around the globe, he said.
 
Cisco では、R&D に年間で $6 billion を費やし、また、世界中のスタートアップに $2.2 billion を投資することで、そのイノベーションが継続されるとも、Robbins は発言している。
 
Last August, Apple and Cisco announced a strategic partnership for iOS enterprise users. At the keynote, Robbins said he’s often asked what happened to that deal and for its status. He said, “Well, we went to work. We’re almost ready to launch.”
 
昨年の 8月に、Apple と Cisco は、エンタープライズ iOS ユーザーのために、戦略的パートナーシップを発表した。今回のキーノートで Robbins は、その契約の内容や状況について質問されることが多いと説明していたが、「両社は協調しており、立ち上げの準備がほぼ整ってきた」とも発言している。
 
Apple CEO Tim Cook appeared in a video at the keynote, and mentioned the Cisco partnership, but didn’t give specifics on the partnership, other than mentioning Cisco’s new Spark app and how it will integrate with the iPhone and iOS 10.
 
キーノートには、Apple の CEO である Tim Cook もビデオで出演し、Cisco とのパートナーシップについて述べている。しかし、Cisco の新しい Spark アプリが、iPhone と iOS10 に統合されると言及したのみであり、それ以外のパートナーシップについては、詳細は提供されていない。
 
As reported in ZDNet, Cisco’s third quarter earnings were better than expected, with fiscal third quarter earnings of $2.3 billion, or 46 cents a share, on revenue of $12 billion. Although, that’s down from $12.1 billion during the same period the previous year. Excluding the company’s divested video business, sales were up 3%. Non-GAAP earnings were 57 cents a share, two cents ahead of expectations.
 
ZDNet がレポートしたように、Cisco の業績は予想を上回るものとなっている。同社の会計年度 Q3 (2月〜4月) は、$12 billion の売上と、$2.3 billion の純利 (1株あたり46セント) となるが、前年同期の $12.1 billion と比べると、若干のダウンとなる。同社が売却したビデオ事業を除くと、売上高は 3% ほど増加している。また、Non-GAAPベースの利益は、1株あたり 57 セントであり、予想を  2セント上回っている。
 
ーーーーー
Cisco文中の、「テクノロジーは地下室から役員室へ」という話は、最近のトレンドを表す、とても面白い表現だと思います。先週に、「NEC と 機械学習:未知のサイバー攻撃を検出し、ダメージを最小に抑える」という抄訳をポストしていますが、大まかなところで、同じ方向性を示しているように思えます。未経験のサイバー侵害を、クラウドと機械学習により防ぐという、この Cisco のソリューションに注目ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google や Microsoft などから出資を取りつけた!
 

Comments Off on Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!

欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Asia, Baidu, Google, Research by agilecat.cloud on August 24, 2016
Google Rules The West, Baidu Top In China
Martin Armstrong – Aug 11, 2016
https://www.statista.com/chart/5472/google-rules-the-west-baidu-top-in-china/
 
_ Statista
 
In the USA and Europe, Google absolutely dominates the search engine market with the likes of Yahoo and Bing left to play mere bit parts. From its Mountain View headquarters in California, Google can also lay claim to predominantly being the search market leader in the rest of the world.
 
USA や Europe では、Google が検索エンジンのマーケットを圧倒的に支配している。そして、Yahoo や Bing などは、このマーケットの一部を構成するに過ぎない。この、Mountain View, California に本拠を構える Google は、USA 以外のマーケットにおいても、絶対的なリーダーとして君臨している。
 
google_baiduClick to Large >>> 
 
This infographic shows search engine market shares based on traffic in July 2016
 
There are, however, some exceptions. In China, Baidu is the undisputed number one. In 2010, Google withdrew from the country due to censorship issues and has since then had no access to one of the largest advertising markets in the world. According to a forecast from the Statista Digital Market Outlook, 26.5 percent of all search engine advertising revenue is generated in China. That adds up to more than 24 billion US dollars.
 
しかし、いくつかの例外も存在する。China においては、Baidu が誰もが認めるナンバーワンである。検閲が問題となり、2010年に撤退してからというもの、この世界で最大の広告市場に Google はアクセスしていない。Statista の Digital Market Outlook によると、すべての検索エンジンにおける広告収入の 26.5% が、Chinaで発生していようだ。そして、この検索エンジン・マーケットに、$24 billion 以上の売上を上乗せしているのである。
 
More data on the development of the search engine market can be found in the free Statista market report ‘Digital Advertising: Search‘.
 
検索エンジン・マーケットの成長に関しては、Statista が提供する Digital Advertising: Search を参照して欲しい。
 
ーーーーー
AdBaidu のシェアと売上が、だんだんと明らかになってきました。そして、クラウド・アドの世界の住み分けが見えてきました。主として Google と Facebook で構成される、欧米のクラウド・アドの売上は $80 billion 〜 $90 billion 前後と言われていますので、Baidu の $24 が 26.5% に相当するという分析も、大まかなところで辻褄があっています。それにしても、中国市場の成長ぶりがスゴイですね。全体としての経済成長が鈍化している中国ですが、この Baidu と、Alibaba や Tencent などが、新しい経済を生み出しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google と Facebook と Baidu が Top-10:世界のディジタル広告売上ランキングとは?
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on 欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

ネットワーク障害でトラフィックが欧州から香港へ:これもヒューマン・エラー!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Network by agilecat.cloud on August 23, 2016
Outage that rerouted European traffic to Asia blamed on ‘human error’
21 June 2016 By Michael Hurley
http://www.datacenterdynamics.com/content-tracks/security-risk/outage-that-rerouted-european-traffic-to-asia-blamed-on-human-error/96425.fullarticle
 
_ DC Dynamics
 
A major network outage affecting disparate services such as WhatsApp, Reddit, CloudFlare and AWS on Monday was apparently caused by an engineer at TeliaSonera, who misconfigured a router and accidentally sent most of Europe’s traffic to Hong Kong, the Register reports.
 
この月曜日 (6/20) に生じた、大規模なネットワークの障害により、WhatsApp/Reddit/CloudFlare/AWS といった多様なサービスに影響が生じた。それは、TeliaSonera のエンジニアが誤ってルータを設定し、Europe における大半のトラフィックを、Hong Kong ヘ向けて送信したことに原因があると、Register がレポートしている。
 
The downtime started at 12:10 UTC when, according to a blog posted on CloudFlare’s website, the Internet security and content delivery service provider detected ‘massive’ packets of data had been lost on Telia’s network.
 
このダウンタイムは、6月20日 12:10 UTC に始まったと、CloudFlare サイトのブログに掲載されている。このインターネット・セキュリティとコンテンツ配信を提供するサービス・プロバイダーは、大量のデータ・パケットが、TeliaSonera のネットワーク上で失われたことを検出している。
 
CloudFlare reported that a fix was implemented at 13:43 UTC, with the issue resolved by 14:22.
 
そして、CloudFlare は、13:43 UTC に問題への対処が実施され、UTC 14:22 に問題が解消したと述べている。
 
datacenterImage – pixabay
 
Data package
 
Data packets are units of data contained in one package so they can be transported along a network path. In this case the transit provider, Telia, appeared to have dropped packets before they reached their destination.
 
データ・パケットとは、データがネットワーク経路に沿って転送されるようにするために、一連のデータをパッケージに取り込んだ単位のことである。今回のケースでは、トランジット・プロバイダーである TeliaSonera が、ディスティネーションに到達すべきパケットを、ドロップしてしまったと推定される。
 
The Register said the issue was caused by an individual engineer redirecting European traffic to Hong Kong.
 
そして Register は、あるエンジニアが、Europe のトラフィックを Hong Kong にリダイレクトしたことにより、障害が引き起こされたと述べている。
 
During the outage, CloudFlare’s status page said the company was “observing network performance issues in some European locations.”
 
この障害が生じていたとき、CloudFlare のステータス・ページには、「いくつかのEurope のリケーションで、ネットワーク・パフォーマンスの問題が検知されている」という状況が示されていた。
 
Such was the severity of the incident that, hours after it ended, TeliaSonera sent a note to other network operators apologizing for the downtime.
 
それは、問題が FIX してから数時間も影響が残るという、深刻な事故であった。そして TeliaSonera は、このダウンタイムいついて謝罪するメモを、他のネットワーク・オペレータたちに送っていた。
 
Telia reliability questioned
 
Swedish multinational TeliaSonera is a Tier 1 network provider operating its own global fiber backbone, delivering a foundation for the exchange of Internet traffic around the world. CloudFlare uses a number of transit providers, including TeliaSonera.
 
Sweden ベースの多国籍である TeliaSonera は、自身のファイバ・バックボーンをグローバルに展開する Tier-1 ネットワーク・プロバイダーであり、世界のインターネット・トラフィックをエクスチェンジするための、基盤を提供する企業でもある。そして CloudFlare は、TeliaSonera を含む、複数のトランジット・プロバイダーを利用している。
 
In response to the downtime, CloudFlare’s chief executive officer Matthew Prince tweeted: “Reliability of Telia over last 60 days unacceptable. Deprioritizing them until we are confident they’ve fixed their systemic issues.”
 
このダウンタイムへの反応として、CloudFlare の CEO である Matthew Prince は、「この 60日間において、TeliaSonera の信頼性は受け入れられない。私たちは、同社の問題が修正されたと確信できるまで、その優先順位を下げる」とツイートしている。
 
In its blog post, TeliaSonera said it has moved towards automation of its systems to help deal with this type of incident and minimize future outages.
 
また、TeliaSonera のブログには、「それは、この種の事故が発生しないための、また、将来におけるダウンタイムを最小限に抑えるための、システムの自動化に向けた移行で生じたものだ」という発言がポストされている。
 
Meanwhile CloudFlare is already working on a mechanism that proactively detects packet loss and moves traffic away from providers experiencing an outage. This system is only currently activated in its most remote locations so did not trigger in Monday’s incident, but capability will be extended over the next fortnight to all of the company’s points-of-presence.
 
その一方で、すでに CloudFlare は、パケットロスを積極的に検出し、障害を起こしているプロバイダーからトラフィックを回避させるという、メカニズムに取り組んでいる。ただし、このシステムは、同社におけるリモート・ロケーションで、限定的に運用されるものであり、今回の事故で発動されることはなかった。同社は、これから二週間の間に、この機能を すべての PoP (points-of-presence) に拡張すると述べている。
 
AWS also reported that its services had been affected by interrupted connectivity. “Between 5:10am and 6:01am PDT an external provider outside our network experienced an issue which impacted internet connectivity between some customer networks and the EU-WEST-1 Region,” said an AWS representative. “Connectivity to instances and services in the region was not impacted by the event. The issue is resolved and the service is working normally.”
 
AWS も、今回のコネクティビティ障害の影響を受けていたと、レポートしている。AWS のスポークスマンは、「PDT 5:10〜6:01 の間で、私たちのネットワーク外のプロバイダーに障害が発生し、いくつかのカスタマ・ネットワークと、EU-WEST-1 Region で、インターネット接続に影響が生じた。ただし、この Region にあるインスタンスおよびサービスへの接続が、この障害に影響を受けることはなかった。すでに問題は解決され、サービスは正常に作動している」と述べている。
 
ーーーーー
Networkこの記事を訳していて、2011年に起こった AWS の障害のことを思い出しました。それは、O’Reilly が「Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる」というタイトルでポストした、クラウドにおける冗長性の考え方を整理するものでした。しかし、クラウド・プロバイダーの外側で起こるエラーだと、対処しようのない状況に陥ることは、いまでも変わらないのですね。そして、大半のケースにおいて、ヒューマン・エラーが原因となっているようです。この領域でも、機械学習による自動化が必須になっていくのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! 中国マーケットの爆発的な成長が!
 

Comments Off on ネットワーク障害でトラフィックが欧州から香港へ:これもヒューマン・エラー!

SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している

Posted in .Selected, IBM, Microsoft, On Monday, Research, SaaS, Salesforce by agilecat.cloud on August 22, 2016
SaaS: Vertical-Specific Software is Largest SaaS Segment
By Dick Weisinger – August 15th, 2016
http://formtek.com/blog/saas-vertical-specific-software-is-largest-saas-segment/
_ formtek
Global Software as a Service market is expected to reach $55 billion by 2026 from $12 billion in 2016, according to a report by Better Buys. Currently about two-thirds of small and medium businesses have started to use SaaS services and that is expected to grow to 78 percent over the next three years.
 
グローバルにおける SaaS マーケットは、2016年の $12 billion から、2026年の $55 billion へ成長すると、Better Buys が予想している。また、現時点において、中小企業の約 2/3 が SaaSサービスを利用し始めているが、この領域は今後の 3年間で 78% で成長していくと予想される。
 
SaaS MarketFrom SaaS report
by Better Buys.
 
Small companies are particularly attracted to SaaS options that are very specific to their industry, rather than broader ‘platform’ offerings from vendors like Salesforce.  Vertical-specific software is now the largest segment of the SaaS market.
 
それらの中小企業は、たとえば Salesforce などのベンダーが提供する、広範におよぶプラットフォーム・プロダクツよりも、自身の業界に特化した SaaS の選択肢に惹かれている。つまり、SaaS マーッケトにおける最大のセグメントは、それらの業務用ソフトウェアに、つまり、バーチカル市場になっている。
 
Stacia Mullaney of Better Buys, said that “SaaS solutions offer significant benefits over on-premise products including cost, accessibility and scalability. SaaS contracts are frequently month-to-month so customers aren’t locked into long-term deals. This means vendors must continually deliver value to minimise flight risk.  The surge in startups has taken a large volume of market share from major competitors like Adobe, Cisco, IBM, and even Salesforce.
 
Better Buys の Stacia Mullaney は、「特定分野向け SaaS ソリューションは、コスト/アクセシビリティ/スケーラビリティの面で、オンプレミス製品を超えていく大きなメリットを提供している。また、SaaS に関する契約は月ごとに更新されるので、長期間の契約にロックインされることもない。つまり、ベンダーたちは、リスクを最小限に抑えた運用上の価値を、ベンダーたちは継続して提供していく必要がある。そして、Adobe/Cisco/IBM/Salesforce といった大手のプレイヤーたちから、急増するスタートアップたちが大きなシェアを奪い取っているのだ」と述べている
 
New SaaS offerings and startups are rising at a rate of more than 1,400 over the last five years among various sectors. Larger organisations like Salesforce will need to learn to pivot and execute faster to keep up. Companies are beginning to look for software that answers needs more specific to an industry rather than utilizing enterprise level SaaS that offer a more ‘platform’ approach, like Salesforce. With this shift, SaaS companies are seeing interesting changes in the marketplace.”
 
そして、彼は、「SaaS スタートアップが特定分野に提供するソリューションでは、この 5年間で 1,400 社以上も増えている。Salesforce のような大手は、この動きを学習し、素早く追いついてくために、学習する必要があるだろう。ユーザー企業が必要とするのは、自身の業界に特化したソフトウェアであり、Salesforce などが提供する、エンタープライズ向けのプラットフォームというアプローチではないのだ。このような移行に伴い、SaaS マーケットでは、とても興味深い変化が生じている」と説明している。
 
ーーーーー
On Mondayこの 6月にポストした、「SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!」という抄訳との対比が興味深いです。ただ、そちらの記事でも、Others の占める割合が 60% となっているので、やはり、特定の業務分野における SaaS スタートアップの勢いはスゴイのでしょう。IaaS と PaaS に代表される、クラウド・プラットフォームにおけるシェア争いが一段落し、これからは SaaS マーケットの動向に注目が集まりそうです。でも、こうした SaaS スタートアップが頼りにするのは、それらのプラットフォームであり、その意味でもクラウドの時代が本格化しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
 

Comments Off on SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している

Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Huawei, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 19, 2016
The Apple of China has hit a wall
Jeff Dunn – Aug 16, 2016
http://www.businessinsider.com/xiaomi-smartphone-sales-china-market-share-2016-8
 
_ Business Insider
 
The so-called “Apple of China” is having a rough go of it.
 
いわゆる China の Apple が、困難に直面している
 
As this chart from Statista shows, Chinese manufacturer Xiaomi saw a 38.8% year-over-year decline in smartphone sales for its home country this past quarter. According to research firm IDC, shipments dipped from 17.1 million to 10.5 million, while its market share fell from 16% to 9.5%. Meanwhile, rivals Huawei, Oppo, and Vivo all saw big gains, which IDC attributes to stronger marketing campaigns and offline channel support.
 
Statista のチャートが示すように、China のメーカーである Xiaomi が、2016年 Q2 において、スマートフォンの売上を前年比で 38.8% も下落させている。調査会社である IDC によると、その出荷台数は 1,710万台から 1,050万台に減り、マーケット・シェアは 16% から 9.5% に下げている。その一方で、パワフルなマーケティング・キャンペーンと、オフラインでのサポートにより、ライバルである Huawei/Oppo/Vivo がシェアを伸ばしていると、IDC は伝えている。
 
smartphone_china
 
Statista
 
In any case, when it comes to its bread and butter, Xiaomi is a ways off from its former position as the world’s most valuable tech startup. One firm it is leading, however, is the Apple of, well, everywhere, as lagging iPhone SE sales gave Apple a 32% year-over-year drop.
 
Xiaomi の屋台骨である収益性の話だが、世界で最も価値のあるハイテク・スタートアップとしての路線から、大きく逸れているようである。しかし、その傾向にあるメーカーとして、世界でシェアを下げているのは Apple だ。iPhone SE の不調により、この China でも 32% もシェアを落としている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2以前から、Huawei と Xiaomi の位置が逆転すると言われていましたが、Oppo と Vivo も伸びているのですね。また、今年の1月には、「iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけ!」という抄訳をポストしています。それは、2015年 Q4 のシェアを分析するものですが、その中国でも、Apple は不振のようです。Agile Cat の周囲にも、Android を MVNO で使う人が増えてきていますが、それで良いと言われれば、それで良いツールなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか?
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる最新タブレットとは?
 

Comments Off on Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

%d bloggers like this: