Agile Cat — in the cloud

未来派 クラウド OS を、かたちにする Joyent とは?

Posted in .Selected, Joyent by Agile Cat on August 17, 2011

Joyent launches a new OS for the cloud
By Stacey Higginbotham Aug. 15, 2011
http://gigaom.com/cloud/joyent-launches-a-new-os-for-the-cloud/

_ Gigaom

Joyent, the company behind private cloud software and the Node.js event-driven programming language, has open-sourced its cloud operating system. Called SmartOS and already utilized in Joyent’s public cloud and SmartDataCenter private-cloud software, it will be available via an open-source license much like the Joyent-led Node.js effort is, says Joyent CTO Jason Hoffmann.

プライベート・クラウド・ソフトウェアと、Node.js イベント駆動型プログラム言語を支える Joyent は、そのクラウド OS をオープン化している。それは SmartOS と呼ばれ、また、Joyent パブリック・クラウドと、SmartDataCenterプライベート・クラウドにおいて、すでに利用されている。そして、Joyent がリードする Node.js のケースのように、オープンソース・ライセンスにより利用できるようになると、Joyent の CTO である Jason Hoffmann は発言する。

Jason Hoffman ⇒

Hoffman calls SmartOS the “only modern OS,” and the only new one developed in about a decade. In a conversation with me, he went through the details of SmartOS as well as the changes occurring in IT that merit a new operating system.

Hoffman は SmartOS のことを「 唯一の近代的な OS」と呼び、また、この 10年で開発された、唯一の新しい OS だとする。 私との会話の中で彼は、SmartOS の細部を説明するだけではなく、新しいオペレーティング・システムにメリットをもたらす、IT に起こりつつある変化についても言及した。

Regardless of what the rest of the world thinks of the offering, Joyent will be using SmartOS as part of its cloud buildouts for companies, including telecommunications firms; it is more efficient and more secure because it offers a container model. From the release:

Hoffman は SmartOS のことを「 唯一の近代的な OS」と呼び、また、この 10年で開発された、唯一の新しい OS だとする。 私との会話の中で彼は、SmartOS の細部を説明するだけではなく、新しいオペレーティング・システムにメリットをもたらす、IT に起こりつつある変化についても言及した。Joyent のオファーに対して、その他の世界が何を考えるかには関係なく、Joyent はSmartOS を、顧客となる企業のクラウドを形成する、パーツとして利用していくだろう。それらの顧客には、テレコム企業も含まれるが、コンテナ・モデルが提供されるため、さらなる効率と安全が実現される。 以下は、同社のリリースから:

Joyent is the only vendor that offers enterprises and developers the best of both virtualization worlds in a single operating system: One can employ hardware virtualization with KVM when there are operating system dependencies, and operating system-level virtualization when the language runtime is important, as in a Platform as a Service (PaaS) or Software as a Service (SaaS) offering. With Joyent’s operating system-level virtualization, companies are able to host more users on a single server, realizing greater efficiency and increased revenue potential while saving on unnecessary hardware investments.

Joyent は、エンタープライズとデベロッパーの両者に対して、シングル OS によりベストな仮想化の世界を提供する、唯一のベンダーである:OS への依存性があるときには、KVM を用いたハードウェア仮想化を利用できる。 そして、開発言語ランタイムが重要なときには、OS レベルの仮想化を利用できる。さらに、それらは、SaaS においても PaaS においても、同様に提供される。 Joyent における OS レベルの仮想化を用いれば、顧客となる企業は、シングル・サーバー上に、これまで以上のユーザーをホストできる。それにより、不要なハードウェア投資を抑えながら、さらなる効率化と、増収の可能性が得られる。

Because it is open source, anyone can license it if they like. Hoffman says Joyent open-sourced the OS because it was good, and Hoffman believes in offering high-quality tools back to the community and “making the world a better place.”

それがオープン・ソースであるが故に、それを望む誰もが、それを利用できる。 そして、良いものであるから、この OS を Joyent はオープン・ソースにしたと Hoffman は発言する。 そして、さらに、高品質のツールがコミュニティを支え、[ この世界をもっと良い場所にする」と、Hoffman は信じている。

So what exactly is SmartOS? It’s an OS for servers akin to Windows Server or RHEL from Red Hat, or VMware’s ESX. Here is a breakdown of the OS package:

正確にいうと、SmartOS とは、どのようなものなのだろう?それは、Windows Server と同類と言えるし、Red Hat に基づく RHEL や、VMware の ESX とも同類だと言える。以下に、この OS のパッケージ分類を示す:

  • KVM Hypervisor: for abstracting the software from the underlying hardware
  • DTrace: for troubleshooting and systems monitoring
  • ZFS file system: to connect the servers to a variety of storage systems

KV-what? Just tell me why this is happening!

_ joynetMore than what it is, a more interesting question about this is, Why? While some might point to Android or iOS as entirely new operating systems, Hoffman has a more narrow view and is thinking in terms of servers and webscale applications. But Smart OS tries to build on that to take advantage of the virtualization hooks now built into chips and then looks ahead. As I see it, SmartOS could take advantage of the following trends:

それが何かという質問よりも、それは何故かという問のほうが、興味深くないだろうか? 何人かの人々は、Android や iOS を、まったく新しい OS として指摘するかもしれないが、Hoffman は、さらに絞り込んだ視界を持っており、サーバーと Web スケール・アプリケーションについて考えている。 そして、まさに Smart OS は、いまではチップに実装されている仮想化のアドバンテージの上に構築され、さらなる未来を見つめている。 私の観点からすると、SmartOS は、以下のトレンドを活用することが見えてきた:

  • A flatter network architecture inside the data center. By using ZFS, which allows data-center architects to connect a variety of storage to their servers, the Smart OS falls in line with those toward more commodity gear and less hierarchy in the data center. Where there was once a fine line between servers and storage, that line is blurring as companies want faster access to stored data.
  • ZFS を用いることで、各種ストレージとサーバーを接続するための、データセンター・アーキテクチャを実現すしていく。 そして、Smart OS は、データセンター内のコモディティ製品に浸透させ、階層を減らしていく。 かつて、サーバーとストレージの間に、紙一重の違いがあった場合、ストレージ・データへの高速アクセスが望まれるにつれて、その境界線が曖昧になっていった。
  • Distributed compute nodes. The addition of DTrace helps sys admins see where issues might arise in their architectures when they are running SmartOS, and because they can see them, theoretically they can solve those issues quickly, making it faster and easier to build out distributed nodes.
  • DTrace を追加することで、SmartOS を実行する個々のアーキテクチャに生じる問題を、システム管理者が探し易くする。そして、それらを発見した後に、問題を論理的かつ迅速に解決することが可能となり、その結果として分散型ノードを、さらに短期間で容易に構築させる。
  • The rise of embedded devices. SmartOS only requires 128 MB of RAM to boot, which means it can be used for a variety of smaller gadgets such as digital signs, set-top boxes and even high-end sensors. Looking ahead, having an OS that can work at both the data-center level and on sensors in the field enables a sensor-rich network.
  • SmartOS のブートに必要なのは、128MB の RAM に過ぎない。 したがって、デジタル・サインや、セット・トップ・ボックス、ハイエンド・センサーといった、多様で小型のガジェットにも利用できる。 将来を見据えて、データセンターとフィールド・センサーの双方で機能する OS により、センサー・リッチなネットワークを実現していく。
  • The acceptance of virtualization. The KVM hypervisor aspect of SmartOS takes advantage of virtualization hooks that chip makers have been including in their silicon for the past few years. This makes it run faster and more efficiently. Other hypervisors also take advantage of these hooks but in their second- or third-generation versions.
  • SmartOS における KVM ハイパーバイザーのアスペクトは、この何年かの間にチップ・メーカーがシリコンの中に取り込んだ、仮想化のための Hook を活用するものとなる。 それにより、されに高速で、効率のよい環境が実現する。 もちろん、他のハイパーバイザーも、これらの Hook を利用するが、その 第2世代あるいは、第3世代のバージョンでとなる。

Joyent launched SmartOS soon after VMware upset some of its customers by changing its VSphere licensing model. Although it changed the pricing in response to customer complaints, it’s possible that SmartOS could rise in popularity as folks become disenchanted with VMware, although there are still other options available. For more on SmartOS, check out the page dedicated to it.

VMware が、VSphere ライセンス・モデルを変更したことで、その顧客に若干の動揺がが走った直後に、 Joyent は SmartOS を立ち上げた。 WMware は顧客からの苦情に応えるかたちで、その価格設定を変更したが、人々が VMware に幻滅するなら、その他の選択肢の中から、SmartOS が急上昇する可能もある。 SmartOS の詳細については、以下のページでチェックして欲しい

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

 

ーーーーー

Amazon-EC2-Comparison1-525x389いままで、ずっと気になっていた Joyent ですが、ようやく、概要を説明する記事に出会って、とても嬉しいです。 今年の初めに、Jack of all Clouds で存在を知りましたが、4月には ProgrammableWeb が、右のグラフにあるような、Joyent の強烈なパフォーマンスを説明するにいたりました。 その時にも、訳しておきたいと思ったのですが、手付かずで今日まで来てしまいました。 この Gigaom の記事を読むと、AWS との違いや、このフラフが示すデータの、裏付けも分かってきます。 なお、vSphere 対抗とのことですが、同じフィールドには Citrix もいれば、Red Hat もいます。  そんな強敵を相手にして、どこまで Joyent が頑張るのか、興味シンシンといったところです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

VMware が目指す、クラウド OS への道とは?
NYSE と EMC と VMware が、ウォール・ストリートに浮かべるクラウドとは?
Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
OpenStack は商用化へ向けて準備を整える
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった

%d bloggers like this: